第七章 血による新生



 『イエス答へて言ひ給ふ「……人あらたに生れずば、神の國を見ること能はず」……ニコデモ答へて言ふ「いかで斯る事どものあり得べき」イエス答へて言ひ給ふ「……モーセ荒野にて蛇を擧げしごとく、人の子もまた必ず擧げらるべし」』(ヨハネ三・三〜十四)

 『血による新生』という表題は不思議に思われるであろう。けれども既に緒言に述べたように、『キリストの血』という言い表しは単にキリストの死と同義語なることを知れば了解される。聖書に用いられおるキリストの十字架、キリストの苦難などもその同義語である。
 それゆえにパウロは、我らのキリストと偕に十字架につけられたることを語るところにて、キリストの死が人間の霊魂の新生に対していかに働くかを我らに悟らせんとしておる。キリストの十字架、キリストの流血、キリストの生命を棄てたもうたことには、人の意志を更新し、その全性質を全然変化せしめる力がある。これは実に驚くべき奥義、幸いなる真理、栄光ある事実である。
 されど我らなお暫く、キリストの死によって確保される赦罪という前章の主題を続け、赦罪と、神の御霊に由りてなされる霊魂の新生との関係を、考察する必要がある。救い主がニコデモに対して、畢竟ずるに新生は血の流されることによってのみでき得ることを語りたまえる時に、それによって、我らの期待し得るように、赦罪と新生には深い根本的関係がある。義とする御憐憫を離れて新生せしめる御恩恵はあり得ない。血による赦罪は新生の条件である。これは、救いの宮殿に入って、愛、喜び、潔き、及びすべて聖き生活の大広間に住まわんと願う者の必ず通るべき入口である。さて今日ほど新生の必要を強調することを要する時代はない。多くの人は、キリストの我らのために成し遂げたまえる救いは罪の赦しに過ぎぬと、我らに信ぜしめんとする。けれどもキリストは、その救いはその神たる御霊による霊魂の新生更新であることを、争う由なきほどに明瞭になしたもうた。我らも単に赦されただけに止まりあたわぬということを繰り返し述べる必要がある。もし我らが実際に赦されたならば、もし実地の釈放があったならば、必ず我らの性質に根本的な変化が起こらねばならぬ。これについて疑いあるべきでない。私はついでに言う、ここにローマ教会の懺悔所の虚しいことが曝露される。すなわちもし懺悔所の告白がその言い表した罪からの根本的絶対の救いを惹起し、将来またその必要のなからしめるのでないならば、それはむしろ霊魂を辱める。敵の虚偽の作り事で、救いの恩寵の確実な結果である真心の謙遜を生ずる主に対する罪の告白でないことが証明される。
 或る人は、人が赦罪されてもなお世俗的、虚栄的であり得るということ、また罪の赦しが霊魂の回心の全部であるということを不思議にも想像していることを私は知るけれども、これは実にたわいもなき妄想である。欺かれてはならぬ。赦罪と新生とは神の合わせたまえるもので、離すべきでない。誰でも、自らキリストに来り、その罪の赦しのために彼を信じたと思いつつ、なおこの世の人と異ならぬ生活をなしおることを自覚するならば、それを真の救いと想像することのなきよう、私は注意する。愛する友よ、あなたはまだ砂の上に立っている。あなたの基礎は磐の上の置かれておらぬ。あなたはただ門を眺め、それを嘆美し、入ることを告白した。けれどもあなたはまだ外にいる。しかして神の赦罪の恩恵には無経験の人であるのである。
 かく救いはただ赦罪だけでなく、必ずこれに新生を伴うべきことを強調するは極めて肝要なると同時に、新生が、小羊の贖いの御血による赦罪を通してのみでき得ることを言明するは、等しく必要である。私は思う、我らはみな、かつては或る他の道にて救われることを欲した時もあったけれども、神に感謝せよ、今はそうではない! 赦罪はいと甘美であり、彼の赦しの愛はいと優しい愛であった。されば我らはほかのいずれの道を通ることも欲せぬ。我らは神の定めたもうた大道を喜ぶのである。

   一、キリストの死によって愛情が新たにせられる

 『キリストの愛われらに迫れり。我ら思ふに……その凡ての人に代りて死に給ひしは、生ける人の最早おのれの爲に生きざらん爲なり。』(コリント後書五・十四、十五)
 『赦さるる事の少き者は、その愛する事もまた少し』(ルカ七・四十七)

 元来、愛情の更新より意志の更新を第一に語る方がよいはずではあるが、我らが霊的方面を取り扱う前に、まず考えるべき心理的な方面があるのである。それはすなわち赦されたることの自覚から結果する愛情の更新である。我らは既に、更新なき赦罪、また赦罪なき更新のあり得ざること、すなわち神学者の言辞でいえば、新生を離れた称義、また義とせられたることを離れた新生のあり得ざることを見た。人の思念の諸法則を知れば、我らは赦罪を受けたという自覚が、何ら聖霊の超自然的な作用なしに、必然的に道徳的性質に変化を生ずることを期待すべきである。されど悲しいかな、罪は心理学の良い予測を覆した。しかして我らは罪の赦しの経験に伴う愛情の新生が、単に人間の心の法則の作用のみに帰せられないということは、大いにこれを強調すべきである。それはキリストの死と、聖霊なる神の生まれ変わらしめる御力の働きに帰すべきである。もっとも、聖霊はその働きをなしたもうにあたって、我らの思念に感応し、心情を動かすべく、思想の通常の方法を用いたもうことはもちろんである。
 次に挙げる例証は、もしそれとともに私が強調せんとしたところを心に留めるならば、キリストの死と聖霊なる神のお働きを通して来る愛情の更新と赦罪との間の関係を、一層容易に理解するよう我らを助けるかと思う。
 数年前、或る日本の商人が私を訪ねて来た。この人はその妻や他の人々からキリスト教について久しく聞いているので、自分の救いの必要について或る程度目覚めておりながら、その心はなお暗く混乱していた。しかし彼はなお、宗教を通して安定した義しい性格を得たいとの切望をもっていた。私はすべて真のキリスト者人格の基礎としての赦罪について彼に語るように導かれ、彼もまた大いにこれに興味を感じ出した。我らはルカ伝に記しある罪ある一人の女の話を開き、この女が多く赦されたゆえに多く愛したということを指し示した。しかして私は、愛というものを分解すれば、(1) 自己については謙り、(2) 我らを恵みたもう神に向かっては感恩と讃美、しかして (3) 同胞人類に対しては同情と好意を持つこととなる、ここに真の人格と美と秘密がある、ここに人間の自己に対し、神に対し、その隣人に対する義務の全部がある、しかしてすべてその基礎は赦罪の事実とその自覚であるということを語り、続いて私の論点を次のごとく例証した。
 「たとえば、私が或る恩人から多年の間非常に親切に取り扱われたと想像しよう。しかるに何らかの理由で、私は彼の親切をありがたく思わず、彼をはなはだ薄遇し、彼の悪口を言い、彼の親切を無視し、あまつさえはなはだしく彼の利益を害することを行ったとする。けれども暫くして、私はわが無恥の行為を深く覚り、悔悟をもって彼に行き、私の悪行を言い表して赦しを求める。そのとき彼は愛情ある寛大さをもって自由に私を赦し、何ら憎悪や非難の痕跡もなく彼は赦した上に、それを忘れるように約束した。私はその容貌に愛を見、それが彼の心からであることを実感したとする。さればすべてこれは私の性格にいかなる影響を与えるであろうか。
 第一に、私は深く謙らしめられる。彼の愛と寛容は、私をしてわが性格と行為がいかに全然卑劣無恥であったかを実感せしめるであろう。
 かくのごとき赦罪は、心の実地の謙卑をわが衷に生ずる。
 第二に、私はかくも寛大に赦す人のために、力の限りを尽くすように決心するであろう。私の感謝の念は実行となって表れ、私は彼の僕となり、力の限り償いをなして彼の恩深き親切に報いるであろう。
 かくのごとき赦罪は、わが衷に感恩感謝の精神を生ずる。
 第三に、私はわが同胞人間の最悪の者でも私自身よりなお悪しきことはなし得ないことを実感し、かくも高貴なる性質に対して、これを尊重して倣い、私もまた自ら取り扱われたるごとくに他人を取り扱い、霊的欠乏にある人々に同情し、また助けるように努めるであろう。
 かくのごとき赦罪は、わが衷にわが同胞人間に対する同情を生ずる。
のである」と語り、この例話を神と我らの関係に当て嵌めた。かくてかの人はますます深く感じ、私が強調せんと努めつつあったことどもは、彼がまだ決して経験せぬところであることを実感した。かくて我らは共に頭を垂れて、共に祈りまた告白したことであったが、彼は間もなく、神の御霊のお働きを通して、赦罪を受けるとは実に驚くべくまた幸いなることであるを感じ、また経験し始めた。しかして数年後に私は彼が支那から書き送った手紙を受け取ったが、彼はかつて私の書斎でその罪の赦しを通して見出した救いをば、なお喜びつつあるということであった。
 神を頌めよ! この人の経験したごとく、この文を読む何人にも同様の経験があり得るのである。聖霊はあなたを熔かしたもうであろう。もしあなたがこの聖なる入口より入るならば、聖霊はあなたの霊を柔らかにし、あなたの心を愛をもって、あなたの目を涙をもって、あなたの口を論証をもって、満たしめたもうであろう。

   二、キリストの死によって意志が新たにせられる

 『我キリストと偕に十字架につけられたり。最早われ生くるにあらず』(ガラテヤ二・十九、二十)

 罪は心理学の良き推定を覆すということは私が既に陳べたとおりである。元来、我らは聖霊の神的すなわち奇蹟的作用によらず、単に感恩の情が人をして悔い改めてその主に立ち帰るに至らしめ、またただ赦罪の事実そのものが、人のうちに心の道徳的変化を生ずることを慥かに期待すべきであるが、悲しいかな、実際そうでない。しかして、たとえ我らが既に見たごとく、心情の変化は神的赦罪の事実に続いて起こるものであるとも、これは単なる心理学的原則に従って生ずるものでない。我らは道徳的更新の実際の秘密を見るために、一層深く観察せねばならぬ。かくて我らは進んで、意志の更新を考えることにする。
 パウロはそのローマ書五章にて、信仰による称義および罪の赦しを取り扱いつつあったが、彼はまだ新生の問題に触れない。それゆえに第六章において、彼はまず、もし赦罪がさほど容易であり、称義が全く恩恵で信仰によって受けられるものならば、絶えず赦罪の喜びを保ち得るため、また神の恩恵の増し加わるために、我らが罪を犯し続けることに何の妨げがあるかという異論を掲げて議論の先回りをなし、直ちに聖化の問題を導く。すなわちそれは新生(すなわち聖化の始め)および完き聖化(すなわち聖化の完成)である。
 ローマ書の第六章は前者を扱い、第七章および第八章は後者を扱う。「何故に罪に留まるべからざるか」という問いに対して、パウロは三重の答をなすのである。第一に『なんぢら知らぬか』という言葉をもって始め(六・三〜十四において見るごとく)意志の更新を取り扱い、第二にまた『なんぢら知らぬか』なる言葉をもって始まる十六〜二十三節において良心の更新を取り扱い、第三にまた同じ『なんぢら知らぬか』という言い表しをもって始まる第七章および第八章において願望の更新を取り扱っているが、我らのいま考察せんとしているのは、その第一の点である。パウロは答えて、我らは罪におらぬ、何となれば我らの意志が更新されて、道徳的にそれをなしあたわぬからであると言う。キリストの死は我らの意志のうちにある敵対心を殺した。我らの思念も心情も変化せしめられた。我はキリストと共に十字架に釘づけられた。キリストの死はただわが罪を贖っただけでなく、旧き人、すなわちかのわがままな強情な罪を好む利己的な自我を殺したのである。意志の更新すなわち霊魂の新生は、流したまえるキリストの御血の結果である。毒は既に抜き出されたのである。蛇すなわち実際の蛇でなく、銅の蛇の挙げられたように、主イエスは我らの代わりに罪となされたもうた。主はご自身実に無罪にてありたまいながら、罪ある肉の形にて木の上に挙げられたもうた。かくて信仰をもって見上げ、その驚くべき犠牲に依りすがる時に、我はその瞬間に罪の能力から自由にせられるのである。我は見、しかして癒される。その奥義はわが決して理解し得ざるところであるけれども、我は信じ、しかして『肉によりて弱くなれる律法(おきて)の成し能はぬ所を神は成し給へり、即ち己の子を罪ある肉の形にて遣はし、罪の爲の犠牲によりて、肉に於て罪を定め』たまえること(ローマ八・三=英改譯)、すなわち聖霊が現実の永遠の処刑を執行しつつありたもうことを悟る。ハレルヤ! パウロは言う、我らは道徳的にあたわぬがゆえに罪におることをせぬ。キリストの死はその業をなした。我らの意志は変えられた。讃美は神にあれ!

   三、キリストの死によって良心が新たにせられる

 『まして……キリストの血は、我らの良心を死にたる行爲(おこなひ)より潔めて活ける神に事へしめざらんや』(ヘブル九・十四)

 しかしていまパウロは、我等はなお罪におってもよいという異論に対して、なお進んだ答をなすのである。彼は『然らば如何に、我らは律法の下にあらず、恩惠(めぐみ)の下にあるが故に罪を犯すべきか』(ローマ六・十五)と自問を発し、『汝等は……罪より解放(ときはな)されて義の僕となりたり』(同十八)、これを『なんぢら知らぬか』(同十六)と叫ぶ。換言すれば、彼は我らは罪を犯してはならぬから罪におらぬと言うのである。我らの新たにせられた良心が罪を犯すことに反対する。我らは旧い律法の下にはおらぬけれども、一つの新しい律法の下におる。何故なれば、彼は進んで我らは『義の僕』と言う。しかしてそれは無論一種の律法の下にあることであるからである。さて更新された良心は単に潔き良心のみではない。私は知る。主イエスの御血はすべて罪を訴える良心の叫びを黙さしめ、これを潔くするは言うまでもないが、御血はまだそれ以上のことをなす。それは良心を更新するのである。ヘブル書の記者は『ましてキリストの血は、我らの良心を潔めざらんや』と言うが、それは有罪の感からの潔めであるか。否、彼はかく言わず、『死にたる行爲より潔めて活ける神に事へしむ』と言っている。すなわち我らの良心が(単に潔くせられ、鎮められるよりも、さらにまさって)活かされ新たにされて、全然罪におることに反対するのである。それは新しい奉仕を主張する。それは、有罪感の除かれたことだけで満足し、過去の罪の赦しを喜ぶことで安んじておらぬ(それは潔められたれば無論であるが)。それはこののち罪を犯してはならぬことを主張する(しかしてそれこそ良心の更新された証拠である)。意志は既に新たにせられており、良心もその意志に与して正義と生活の真の聖きを要求する。この更新する能力はいずこから来るかと言えば、そこに、我らの贖い主の注ぎ出したまえる御血という唯一の源泉がある。
 私はこの驚くべき真理の哲理を説明すると自任する者でないことは、既に言ったとおりであるが、今一度かく言ってもよい。元来、人間の思念はその奥義を測知し得るものでない。私は単にこの事実の神的啓示を提供するのみである。私は信じてその真実なることを発見する。私はキリストの死に対する信仰を通して、喜び、頌め、また礼拝しまつる。私はただ私のすべての罪の赦しを得たばかりでなく、再び生まれた。すなわち心も意志も良心も聖霊なる神のお働きを通して更新されたのである。
 私がニコデモと共に『いかで斯る事どものあり得べき』と問いまつる時に、主は十字架よりほかの何の答えも与えたまわぬ。モーセが蛇を挙げたごとく人の子も挙げられたもうた。蛇に咬まれたイスラエル人が信仰をもって竿の上を見上げた時に、癒し活かす能力が、彼の血管から熱病を取り除くを知ったごとく、わが覚罪した心も、悔悟した信仰をもって、十字架に釘づけられたまえる贖い主を見上げる時に、すべての叛逆も敵対心も罪もわが衷に死に絶えるのである。
 古昔のイスラエル人は蛇の毒牙によって蒙らせられた苦痛と死からの救いを求めた。すなわち彼らは実に罪そのものからでなく、罪の結果からの救いを求めた。けれども主は彼らに罪の性質を示したまわねばならぬので、癒しの方法として挙げらるべく命ぜられたのは小羊でなく蛇であった。
 多くの人は我らの罪を負い去る、殺された小羊としてのキリストを知る。されど神の汚点なき御子が蛇として挙げられたもうたこと、すなわち我らの代わりに詛われる者となされたもうことを見た者は、いかほどあるであろうか。
 十字架上のキリストは、芸術家にとって何ら美の対象ではない。アダムの息子娘らに蛇ほど嫌われるものはない。我らが、我らのために詛われて裸にせられ、血を流し、唾せられ、嘲弄され、苦しめられたもうキリストを見る時に、そこには我らの慕うべき何らの美わしさもない。しかしてなお我らは礼拝しまつる。何故なれば、我らはそこに、ただそこにのみ、我らの悪しき性質、すなわち残酷な、欺瞞的な、蛇のごとくに有害な性質を見、その上に神に感謝せよ、そこにまたそれが象徴的に既に死ねるを見るからである。
 新生は新しいものの生命と共に古きものの死を意味する。
 かく十字架とキリストの流血を通して我らの霊魂は上より生まれるのである。
 本章の表題は我らの耳になお不思議に響くであろうか。もし我らが信仰によって、御霊の約束を受け得るために我らのために詛われたる者となりたまえる神の御子を、信仰をもって見たならば、もし我らが我らの血管の中に蛇の歯の毒のあることを感じたならば、もし我らが我らの堕落した心を見たならば、もし我らが、我らの旧き人の死が救いの唯一の道であることを実感したならば、もし我らが見て生きまた生きつつあるならば、キリストの死が我らの衷に死を働かせ、我らの彼と共に十字架に釘づけられおることを見出したならば、キリストの死による新生という表題はもはや不思議に響かぬであろう。



||| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 || 目次 |