第十六章 結   論



 されば、我らにとってこの驚くべき主題の結論は何であるべきであろうか。我らが聖書を探る時に、我らはほとんどその各ページに、それに関する聖霊のご命令を見出すのである。そこに聖霊はもの言う血に耳を傾けるべく、勝れる犠牲をささげるべく、その御血を尋常のものとすることを畏れるよう、御血の力を通して自らを死ねるものと勘定すべく、十字架においてのみ誇るべく、その血をもって我らの衣を洗うべく、その象徴を通して彼を憶えるべく、その肉を食らいその血を飲むべく、その血による罪の赦しをすべての人に宣べ伝うべく、命じたもう。
 これらは我らの霊魂に対する、聖霊なる神の厳かな命令のうちの数件である。冀わくは、我らが聖書に熱心な注意を払い、再三再四これを探り、聖書が型と影において、教訓と比喩において、教理と実例において、カルバリのキリストをいかに取り扱うべきか、彼の流血が乏しき助けなき有様の我らのために獲得せんと企てたまえるすべてを我らのものとなし、またこれを用いる道を顕すに至らんことを。
 我らをして我らがイエスの御血を評価するその程度をもって我らの霊的状態を測る標準となすよう努めしめよ。
 ここに誤りのない試験がある。もし我らが黙示録に顕されおるごとく、天の奥義や栄光を見るように時を取るならば、我らはすべての幕の除かれたその所で、インマヌエルの血の栄光は殺されたもうた神の小羊であることを見るであろう。啻に諸種の族、国語、民、国の中より贖われた者どもが小羊に向かって讃美の歌を歌うばかりでなく、贖いの恩寵の何も経験しなかった天使の軍勢さえ、
  『屠られ給ひし羔羊こそ、
   ‥‥‥受くるに相應しけれ』(黙示録五・十二)
との歌に和するのである。叛ける世のためにその御血を流したまえる神の小羊は天の栄光である。そのごとく彼の王位も、彼の歌も、彼の新婦も、彼の婚筵も、彼の生命の書も、彼の御血も、また天の栄光である。しかり、殺されたまえる小羊は常に礼拝、崇敬、讃美の対象であり、生命、光明、喜悦の源泉である。殺されたまいし主は審判主であり、来るべき王であり、全地の主にて在す。その御衣は血に浸され、その新婦の衣は御血に洗われ、彼らの歌はすべての罪より彼らを贖いて、彼ご自身に帰せしめたる御血を永遠に語るのである。
 もし天においてかくあるならば、我らも地において、それが我らにとって何であるかを見んと急ぐは善いことではなかろうか。我らはペテロのごとく、それを我らの心の貴きものと呼びうるであろうか。
 それは我らの記憶に何であるか。我らの思念と思想に何であるか。それは我らの不死の霊魂に何をなしたであろうか。
 これによって我らの霊的生活を試みよ。パウロは世とその慾より彼を清めたこの御血のほか、何をも誇ることを拒否した。彼の心は、キリストとその十字架のほか何をも人々のうちに知るまじと決心した。我らにとってもかくあるであろうか。探り見るべきである。
 マデレーのフレッチャーは、救い主が実に鋭い、心を探る言葉をもって我らに語りたもうがごとくに述べている。それは既に一世紀半を経た今であるけれども、なお我らの霊魂に聞くべき言葉である。すなわち救い主がかく言いたもう、と彼は言う。
 「あなたは火の蛇に戯れた。しかして蛇はあなたの心を咬んだ。けれども私はその死の毒の最悪のものを既に吸い取った。
 この危険な企てに、わが霊魂は死に至るほどの悲しみに襲われた。わが身に血の汗のにじみ出るほど、かつて聞きしこともない苦悩を感じた。
 呵責の十字架は、その上にわが身を引き伸ばされた寝台であり、鋭いとげは疲れ切った頭を置く枕であり、最も辛辣な諷刺はわが慰めであり、酢と胆汁はわが清涼剤であり、殺伐な兵士や残酷な悪徒はわが血管を突き破らんと指さしおり、鞭、釘、鎚、槍はこの恐ろしきことをなすために彼らに許された道具であった。
 数時間、我は彼らの無慈悲な手のもとに血を流した。おお、罪人よ、あなたの恐るべき詛いはわが血と共に流れた。その時、真昼の光が夜の暗さに変わった。それはわが苦悩の霊魂を蔽う暗黒の象徴であった。しかして最後に地震が私を死の眠りに揺さぶる間に、私は叫んでわが霊を渡した。この叫びはわが最も残酷な敵を驚かし、その胸を打たしめたところであった。
 その時、あなたをしてわが救いを施す健康に与らしめんために、あなたの致命的病患の恥ずべき痛ましき結果をわが上に取った。今、罪人よ、かかる驚くべき愛を軽視することをやめ、信仰の目をもってこれに報いよ。あなたの良心がわが傷の驚くべき結果を感ずるまでこれを思い見よ。それがあなたの疾患を癒すとあなたが証しうるまでに、わが贖いの血を熟視せよ」と。
 確かに、ここに真の認罪あり、ここに悔い改めと痛苦のところあり、ここに医癒と生命と能力の秘訣がある。
 神はその御子の御血に対する我らの心の態度につき責任を問いたもう。これは神の試みであり、我らの心と性格と生涯とを試みたもう神の試金石である。我らをして常にこの試験によって自ら試み、我らの心を謙らせ、我らの語るこれらのことを自ら感じ、また知るに至るまで、御顔を求めしめよ。
 今の時代において、「我らの新生せざる聴衆が、救いの道につきて正統派の思想をその頭脳に得、イエスの愛に関する福音的言い顕わし方をその口に得、彼らの教派と得意な形式に対する熱心をその心に得、それ以外、何の面倒もなく、自ら神の子等の中に列せんとするを、助けぬよう注意するはよい。悲しいかな、キリストの義を自ら自己に帰することが、人を天に入らしめないように、自ら自己を神の家族なりとすることが、人をして天国の民ならしめるものではない。そのとき立ち得るは御霊の御業、ただその御業のみである」。アーメン。
 されば、キリストの御血に対する『信仰の量(はかり)』(ロマ書十二・三)を、それによって自ら思うべきがごとく自己につきて思うところを量る標準となさしめよ。我らをして決して我らの賜物、能力、成功、或いは克己の標準によって自らを量ることを求めしめざれ。かかる標準の測度はただ我らを悲惨な失敗に導くのみである。
 さて、我らが我らの霊の測度のこの標準を有益に当て嵌め得るために、我らは何をなすべきであろうか。

   一、我らをして憚らずして恵みの座に来らしめよ

 『心は濯がれて……神に近づくべし。』(ヘブル十・二十二)
 『汝らの近づきたるは……灑ぎの血なり』(ヘブル十二・二十二、二十四)

 しかり、我らは灑ぎの血に来ている。それは我らの恐れる心、悩める良心に平和を語るところの、鴨居に塗られた血であった(ヘブル十一・二十八)。それは遺言者の死を我らの心に永久に確証し、かくして嗣業に対する我らの権利を確実に保証する、契約の書に灑がれたる血であった(ヘブル九・十九)。
 それは活ける神に仕えるために、我らの良心に灑がれている(ヘブル九・十四)。
 我らがただ従順ならんために信じさえするならば、それは我らの心に灑がれる。しかして我らはその罪を破壊する力を感ずるのである。我らは、それがすべて罪への傾向を排除し、我らの心をして神の聖意に従順ならしめ得ることを知るのである(ヘブル九・十九、出エジプト二十四・七〜八、ペテロ前書一・二)。
 それは天に在るものに灑がれている(ヘブル九・二十三)。それはまた、我らが罪深き者なれども、なお近づき得るために銅の壇に灑がれている。
 我らが憚らずして聖所に入り得るために、祈禱の金の壇に灑がれている。
 我らが我らの偉大なる大祭司と共にそこに入ることさえなし得るために、至聖所の贖罪所にもそれが灑がれている。
 或る人々は、主イエスの宮の庭の生活、すなわち主の地上の御生涯、十字架とその教え、御愛の御職務だけを知り、或る人々は進んで入り、復活の主の生活、すなわち死より復活したまえる後の聖所における御生活を知る。されど哀しいかな、昇天の主として彼を知りまつり、メルキゼデクの範のごとき偉大なる大祭司と共に執り成す者たるべく、共に至聖所に入る者のいかに少なきことぞ。けれどもなおすべては我らに開かれている。灑ぎの血は、そこに入るべき途の権利を我らに確保している。されば我らをして近づかしめよ。
 血は、大祭司たる彼に灑がれているごとく、彼の子らにして共に祭司たる我らの上にもまた灑がれる。彼の御衣はまた来るべき日にボズラより血染めにされたもうのである(イザヤ六十三・一)。
 しかり、我らは灑ぎの血に来ている。しかしてその血はもの言う。されば我らをして近づいてその声に耳を傾けしめよ。至聖所に入る路は活ける路である。それ自ら我らを運び行く路、さながら天への自動階段である。しかしてその路は神の御子の磔殺されたもうた御体である。彼の肉を自己のものとして受け、これを食することによって、悪であるすべてのものが彼と共に十字架に釘づけられていることを見出す。彼は、我らが取り除きあたわぬところのものを取り除きたもうたのである。これが、我らのそれによって近づき得る活ける路である。十字架に釘づけられたまえる栄光の主の御血による大胆と、その肉による能力とが、我らをして近づかしめるのである。されば我らをして憚らずして恵みの御座とそこに坐したもう彼に来らしめよ。何となれば、我らは灑ぎの御血に来りおると言っても、まず我らのちょうどそのありのままの悔悟の霊にて近づくことなくして信じまた領有せんと求めることを、恐れて警戒すべき要があるからである。
 現代には啻に聖書に来り、教理に来り、正統説に来り、霊的想念にだけ来るという、大いなるおそれがある。我らをして聖書を通して、神、すなわち彼を俟ち望む者のために働かんと待ちおりたもう活ける神ご自身に来ることを努めしめよ。血を灑がれたる路はその道である。けれども目指すところは活ける神ご自身であるのである。さてまたその上さらに進んで我らは何をなすべきであろうか。

   二、我らをして贖い主ご自身に対する活ける信仰を働かしめよ

 『約束し給ひし者は忠實なれば、我らの言ひあらはす所の望(信仰=欽定訳)を動さずして堅く守るべし。』(ヘブル十・二十三)

 我らは近づきつつあるか。さらば我らの恩恵に進む第二歩は、主ご自身に対する我らの信仰の告白を堅く守ることである。ヘブル書の記者は『汝らの近づきたるは……新約の仲保(なかだち)なるイエス、及びアベルの血に勝りて物言ふ灑の血なり』(十二・二十二、二十四)と言い、この二つの声につきて語り進み、それをもってその書を終わっている。契約の血は地にて語る。されど契約の仲保者は天より語りたもう。その声は啻に旧き不十分な不安定なものを震うばかりでなく、その震ったものを取り除くためである。もし我らが前述の言葉を通して彼の御血の声を聞いたならば、我らをして今一つの声、すなわち彼ご自身の血をもって印したまえる契約の仲保なる主イエスご自身の声に注意せしめよ。
 彼は仲保する御方である。彼は契約を我らの心に書きしるす御方、天にいます活ける主にてありたもう。約束したまえる彼は忠実にて在せば、我らは彼を信ずる信仰の告白を堅く保つべきである。我らは来りまた近づく以上のこと、すなわち彼を信ずることを要する。『そは神に來る者は、神の在すこと……を、必ず信ずべければなり』(ヘブル十一・六)。すなわち彼は受け入れつつ、赦しつつ、浄めつつ、占領しつつ在すこと、しかして今それをなしつつ在すことを必ず信ずべきである。しかし信仰と正統的信条を持つこととが同じでないように、不信仰は無関心と同じでない。不信仰は霊魂の麻痺である。すなわち彼にあって、また彼によって我らに提供されているすべてのものを領有するに失敗することである。
 この最も肝要なことに関して、私は再び、久しき以前にマデレーの牧師が人をして覚罪せしめる能力をもって言った言葉をここに引用するより以上のことをなし得ぬのである。彼は言う、
 「不信仰についての覚罪を恐れるな。あたかも地中における穀粒の発芽が天に向かって茎を突き出すことに先立つごとく、一般に神的信仰に先立って覚罪が起こるものである。不信仰は特に罪の名に値する犯罪、福音に従って罰せられるべき犯罪である(マルコ十六・十六)。それはすべての他の不正の咎を我らにくくりつけ、我らのすべての腐敗の力を保持するところの罪である。不信仰の直接の結果は心を頑なにすること(マルコ十六・十四)、しかして活ける神より離れしめること(ヘブル三・十二)である。しかしてこの頑なになることと離れることは、我らのすべての現実の諸罪を産み出す真の親で、その罪の数と暗黒さは、不信仰の力の増長あるいは減退するたびに従って増減するものである。
 この不信仰の罪についての覚罪は極めて肝要である。何故なれば、これが極悪とその力強さをしみじみと感ずることのほか何ものも、我らをして全き治癒を得ずして安んじざるに至らしめるものはないからである。
 されども、かく不信仰を覚る時に、君は真の信仰が非常に遠く隔たっているように想像して、信ずることの困難さを増してはならぬ。かえってそれは君の心にはなはだ近いと考えよ。聖パウロのごとく、キリストと十字架に釘づけられたまえる彼のほか、何をも知るまじと決心し、キリストが君のために何にて在し、何をなし、またいかに苦しみたまえるかを、信じ、実感し、当て嵌める見解に至ることを目指して進め。君の罪と不信仰のすべての雲を通して、世の罪と君の罪を除く神の小羊として彼を見まつれ。一切を贖う貴い彼の御血の言い表しがたき価値と、考えも及ばぬ効力を考察せよ。それはご自身の義の律法の刑罰をば我らに代わって受けるために、犠牲また祭司として、罪ある肉のさまをとって顕れたもうた時に、永遠のロゴスによって取られたる肉体の御血、多くの国民にそそがんとて殺されたまえる神の小羊の御血、聖父の御懐と永遠の宝座を充たしたもう御方、その御足下にすべての天の諸権がその冠を投げ棄てるところの奥義的なる御方の御血である。‥‥‥しかして信仰の戸が開かれ、君が神の救いを見始めるまで、かの求めて止まなかった寡婦の熱心をもって叩け。かならずここキリスト教の入口に留まることをなすな。
 イエスの血によって、至聖所に入るべく大胆をもて。ペンテコステの火の十分に来るまで信仰より信仰に進め。すなわち君が上よりの能力を着せられ、聖霊と火にてバプテスマを受け、キリストが聖父より示されたもうた、その高められたもうた時にその僕婢に豊かに注ぎたまえるところの約束の聖霊をもって印せられるまで、信仰より信仰に進み行け。イエスご自身、なお君のために弁護者にてありたもう。彼がその恩恵の永遠の福音を君に宣べたもう間、おお、君の喧しい良心をして沈黙を守らしめよ。しかして君がもし今日、彼の御声を聞くならば、その心を頑なにせず、不信仰の洞より出でて、神の御憐憫の上衣に身を包み、赦したもう神、決して変わらざる真理と永遠の愛の神を拝みまつれ」と言っている。
 さてイエスの御血の驚くべきこの主題を開示するヘブル書は、その結論において第三の勧告を与えている。

   三、我らをしてその能力を証しまた宣べ伝えしめよ

 『互に相顧み愛と善き業とを勵ますべし』(ヘブル十・二十四)

 贖い、聖め、能力を与えるイエスの御血の効力を体験した者の、純真な、無邪気な、心より感じた証よりも、いっそう大きな、いっそう人を励ます能力があろうか。我らをして遠く広くそれを語らしめよ。我らをしてそれを宣べ伝えしめよ。されどもまた我らをして我らの経験したところを証しせしめよ。詩篇の作者は『われ信ずるによりて語れり』(詩篇百十六・十=欽定訳)と言った。神がその約したまえることを我らの衷になしたもうたとの純正な信仰は、我らの唇をもって、告白せざるを得ざらしめる。もし我らが理解し、或いは告白するところのものを、神が我らの中に、また我らのためになしたもうたということを信ぜぬならば、我らは沈黙を守るべきである。されど我らの証をして、主を崇め、主の民をば求めまた見出すよう励ますものにてあらしめよ。それをして愛と信仰の良き業を励ますものにてあらしめよ。我らをして、使徒パウロのごとく、イエス・キリストとその十字架に釘づけられたまえる彼とのほか、何をも知るまじと決心せしめよ。
 我らをして、彼のごとく、十字架のほか誇るところなからしめよ。
 我らをして、ただ十字架にかかりたまえる救い主のみを宣べ伝えしめよ。
 かかる説教、かかる証言、かかる知識、かかる誇りは、確かに人々を励まして、主のなしたまえるすべてのことのため、感恩の心をもって善き業をなすに至らしめるのである。
 その上に我らの記憶すべきことは、我らが至聖所に近づき、これに入る目的が、第一に我らの楽しみまた利益のためでなく、我らが他人のために執り成しそこに立ち得るため、主イエスがその民のために祈りたもう時に彼とともにその祭司的御職掌において一つにせられるためであるということである。
 されば、我らをして互いに顧み、彼らのために取りなすことによって、愛と善き業を励まさしめよ。我らをして他人のために信じ、彼らのために祈願をなすべく近づかしめよ。これこそキリストの御流血がご自身の民たる我らに要求するところである。
 かくて、ただ今一つのことが言うべく残っている。ヘブル書の記者は、彼の結論に一つの言葉を加えて、『此の故に我らイエスによりて常に讃美の供物を神に獻ぐべし、乃ちその御名を頌むる口唇の果なり』と言っている(ヘブル十三・十五)。
 されば我らが、我らの信仰の告白において、我らの使言の宣伝において、人のための執り成しにおいて、近づきまつる時に、讃美をして常に満ち溢れしめよ。
 もし、決して贖罪の血の功績を必要とせぬ天使らが、常にこれらの天的讃美を歌うならば、まして我ら、罪深い叛逆せる死ぬべき人間が、喜びの歌、感謝の讃歌をもって溢れないであろうか。
 讃美はさらに進んで、一層の勝利を得る秘訣である。讃美は実地の信仰の証拠である。讃美は神の御耳には音楽であり、神の民の唇における讃美、感謝、喜びは、神の敵どもの心にはそこに射込む矢のごとくである。しかして喜びほどに人の心に覚罪を起すものはない。
 讃美は神の救いを我らに示すようその道を備える。
 我らをして信仰によって讃美し始めしめよ。されば我らは間もなく感情によってそれを続けるであろう。
 いかに多くの人々は、もし彼らが祈禱懇求の代わりに讃美感謝に破れ出たならば、直ちに自由を得たことであろう。
 『我らはイエスの血により、憚らずして至聖所に入るべし』(ヘブル十・十九)
 『約束し給ひし者は忠實なれば、我ら言ひあらはす所の望を動かさずして堅く守るべし』(同十・二十三)
 『互に相顧み愛と善き業とを勵ますべし』(同十・二十四)
 『此の故に我らイエスによりて常に讃美の供物を神に獻ぐべし』(同十三・十五)
 『己が潔められし契約の血を潔からずとなす者の受くべき罰の重きこと如何許おもふか』(同十・二十九)



||| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 || 目次 |