贖 罪 の 動 力

          パゼット・ウィルクス著
          大  江  邦  治訳


第一章 キリストの流血



 本書において、我らは神たる我らの贖い主がその生命の御血を注ぎ出したまえる御目的を共に考察したいと思う。私はこの考察によって、贖罪の理由──キリストの驚くべき犠牲により生ずる幸いなる結果が我らの思念に明瞭になり、従ってそれが我らの心情を動かすに至るべきを信ずる。
 まずこの始めの章において、御霊の御助けを得て、主の大逝去を御有様、すなわち救い主はいかなる死を遂げたもうたかを描写したいと思う。
 願う、我らが神の恩恵を徒に受けることのないように、聖霊が我らに迫って、悟りを明らかにすると共に、心を溶かしたまわんことを。
 さて聖書のうちで、キリストの死を最も美わしく説明しているところの一つは、ペテロがその書翰の中に『僕たる者』に勧めた言葉の中に見出される。ペテロの時代の僕は多くは奴隷であったから、キリストの奴隷たる我らもその仲間と心得てよいであろう。さればこれを我らに当て嵌まる言葉として大いに注意して学びたい。我らペテロ前書二・二十一、二十二を開けばそこで第一に見出すことは主イエスが苦痛の死を遂げたもうたということである。

   一、主イエスの死は苦痛の死であった

 『キリストも汝らの爲に苦難(くるしみ)をうけ』(ペテロ前書二・二十一)

 主は死というものに伴う恐るべくまた残酷な一切の毒悪に満ちた死を味わいたもうた。それは単なる死ではなく、長く苦悩の時を経る十字架上の死であった。主はその苦痛の緩和されることを一切否み、悩む神経を麻痺させて苦痛を和らげるために差し出した没薬を混ぜた葡萄酒を退けて受けたまわなかった。
 死はすべての生ける者に来るが、しばしば苦痛懊悩を伴わぬ場合がある。また苦痛を伴わないと共に卒然と来ることもあるけれども、神の御子の死はかかる死でなく、彼は苦しみたもうた。ペテロは大いにこの点に注意を惹いているのである。
 詩篇第二十二篇に、聖霊は預言のうちに、贖い主の三重の御苦痛を描写したもうた。すなわちその責め苛まれたまえる肉体の苦痛(十四〜二十節)。主が癒し、助け、恵みたもうた数千の人々のうち誰一人も、この最後の御苦痛御患難の中に、お慰め申し上げんとてみそばに立つ者もなく、みな棄て去り、ただ独り残されたもうた淋しき救い主の心の御苦痛(六〜十三節)。しかしてその上に霊の御苦痛(一〜五節)があった。実にご自身の御目から聖父の御顔の隠されたるお苦しみは、ああ誰がそれを述べ得るであろう。
 『彼はわれらの愆のために傷けられ』(イザヤ五十三・五)。我らは限られたる貧弱な想像力しか持たぬ。よしやすべての人間の想像力を一つに集めても、神の羔の御上に置かれたる世の罪の苦痛を描き得ようか。
 言うことも考えることもできぬ地獄の汚穢にて漲る世界の不義の大洋が、潔くして汚斑もなき主の霊に押し迫るという、その恐ろしき奥義、『不法の秘密』(テサロニケ後書二・七)、私の贖い主の御苦痛を誰が理解し得るであろうか。

   二、主イエスの死は無罪の死であった

 『彼は罪を犯さず、その口に虛僞(いつはり)なく』(ペテロ前書二・二十二)

 キリストは死にたもうた。罪なき御方が罪ある者のために死にたもうた。この一事ほど人の心を衝動せしめることはない。それは啻に無罪の御方の御受難であるばかりでなく、無罪の方が有罪人の代わりに、有罪人のために、有罪人の手によって苦難を受けたもうたのである。
 殺人者の刃によって流された血が、その殺人者の罪の救治そのものであり、犯罪者の罪がその犯罪者の救いを生ずるとは、ああ何たる驚異、何たる奥義のここにあることぞ!
 『彼は罪を犯さず』とあるごとく、彼の御手は何の罪もなく、『その口には虛僞なく』とあるごとくその御唇に何らの詐りもなく、『罵られて罵らず』とあるごとく、その御心に何の悪意も持ちたまわなかった。かかる無罪の御方が罪ある者のために苦しみたもうたのである。
 我らがかくのごとく我らの罪を見るまでは、我らはまだ自己の罪というものを見たと言われぬであろう。
 無罪の御方が有罪者の代わりに! 無罪の御方が有罪者のために!! 無罪の御方が有罪者の手にかかりたもうとは!!! しかもかく無罪の御方! 私が後に指示するごとく完全なる道徳美の化身にてありたもうた、かくも無罪の御方が、かくも甚だしき罪のために死にたもうとは! しかしてその甚だしき罪は我がもの、無罪は主のものであるのに、我がために苦しみたもうたと信じ悟るまでは、罪というものが深い意義を持たず、わが眼の前に些細のこととしか見えぬであろう。

   三、主イエスの死は無抵抗の死であった

 『苦しめられて脅(おびや)かさず』(ペテロ前書二・二十三)

 抵抗せず防御せずして死に渡される者を見るほどに義侠心を刺戟することはない。もし武装した悪漢が、何の武器も持たず自ら防ぐべき何のすべもない人をむざむざ打ち殺すさまを見るならば、いかに情に動ぜぬ人でも心を動かさずにはおられぬであろう。
 『我わが父に請ひて十二軍に餘る御使を今あたへらるること能はずと思ふか』(マタイ二十六・五十三)とは、救い主が十二の随従者らに仰せられたところである。けれども主はかくのごとくにして自ら守りたもうべきではなかった。罪悪はその最悪、最暗黒の状態で顕れねばならなかったのである。もし主が抵抗すなわち自己防御をなしたもうならば、敵をして、これに仮託して復讐的行為に出ずる口実を作らしめたであろう。実に主にはかの防御力のない貧弱な十二人の従者の代わりに、十二軍にあまる天使が御頤使に従わんと待ちかまえておったのであるから、かくも無抵抗の死を遂げたもうは、仰せられたごとくに、やむを得ないからではなかったのである。
 生命が無防御無抵抗のまま取られる多くの場合は、防御も抵抗も不可能であるからである。しかるに救い主の場合は全然事情を異にする。主はもし自らなさんと思し召せば、啻にこれを憤り、これを拒み、これを脅かし、これに返報し得たもうばかりでなく、その生命を求める者を圧倒し亡ぼすこともその御権能のうちにあったのである。されども主の御目的のためには、それはかくあり得ず、またあるべからざることであった。かくて主は無防備無抵抗の死を遂げたもうたのである。

   四、主イエスの死は任意の死であった

 『みづから我らの罪を己が身に負ひ給へり』(ペテロ前書二・二十四)

 『それは我……生命を捨つる故なり。人これを我より取るにあらず』(ヨハネ十・十七、十八)。生命の君にて在す主は死ぬるためにこの世に来りたもうた。本来我らの目的、願望また企図は生きることで、死は我らの望みも迎えもせぬ、恐ろしい侵入者として襲い来る。されば我らは何とかして死を避け、その残酷なる攻撃を逃れようと奮闘努力するのである。しかるにキリストは死ぬるために来りたもうた。
 キリストがこの恐るべきことのために聖父より遣わされたもうたということはもちろん真であるが、ご自身もまたその聖父の御旨をことごとく成し遂げんとて任意的に死にたもうたのである。我らは御しがたいわがままな羊のごとく、己が途に迷い行ったのに、主は羔のごとく導かれ、屠る者にご自身を渡したもうた。主はご自身の運命を知り、ご自身を待ちおる苦難を自覚して、心より望んで、堅くその顔を向けてエルサレムに上り、自ら木に懸かり我らの罪をその身に負いたもうた。
 繰り返して言う。主イエスのこの死の途への旅を執りたもうたのは、強制する者があってやむなくではなかった。ゲツセマネにも、審判の庭にも、カルバリにも、強いて行かしめまつる何者もなかった。主は公義のため、聖父の御為、叛ける世の救いのため、十字架の死を喜び迎えたもうたのである。『なんぢは義をいつくしみ惡をにくむ』(詩篇四十五・七)。すなわち義を愛し悪を憎みたもうた。主をして全世界の罪のために心よりの犠牲とならしめたものはこの愛と憎しみとであった。
 『万軍のヱホバの熱心これを成したまふべし』(イザヤ九・七)とあるが、この熱心は義を愛し悪を憎む、愛と憎悪の合して燃ゆる焔にほかならぬ。

   五、主イエスの死は恥辱の死であった

 『木の上に懸りて』(ペテロ前書二・二十四)

 『木』とは死刑具を表す語である。されば『木に懸らるゝ者はヱホバに詛はるゝ者なればなり』(申命記二十一・二十三)と録してある。
 主のご逝去には一言の讃辞をもって送りまつる者もなかった。主はその敵の厭悪、その友の沈黙、その民の呪詛の中に、極悪人犯罪人として死にたもうた。
 人は或いは名のため、誉れのため、友のため、国のため、自己弁護のため、自己に属する者のために死に、勇士は世に称讃されて戦場に倒れもする。けれども神の御子の死は悪口罵詈のもとの恥辱の死であった。彼は公然の侮辱の中に死にたもうたのである。『その墓はあしき者とともに設けられ』(イザヤ五十三・九)とは彼の碑文とすべき語である。彼はその敵のためにその敵の手にかかりて、しかもその敵に罪人とせられて死にたもうた。
 少しばかりの枯れ草は彼の揺籃であり、棘の冠は彼の死の床の枕であった。
 彼の造りたもうたこの世界はその造り主に何の用もなさず、ご自身の民は彼を受けず、そのなし得るあらゆる侮辱をもって追い出したのである。されども、

   六、主イエスの死は勝利の死であった

 『正しく審きたまふ者に己を委ね……給へり』(ペテロ前書二・二十三)

 主は確かな信仰に安んじて死にたもうた。『わが神、わが神、なんぞ我を見棄て給ひし』(マタイ二十七・四十六)の叫びは、『父よ、わが靈を御手にゆだぬ』(ルカ二十三・四十五)に変わった。そこには敗北も失敗もなく、敗訴のごとき何の感もない。数時間にわたる苦闘のあとにおける大声の勝利のお叫びは、彼を十字架につけた、その執行者らの口から、心ならずも彼の神性を告白せしめたのである。
 主は聖父のその義を擁護したもうことという確認に安んじて勝利を得たもうた。それは信仰の勝利、正しき審判主を信ずる信仰の勝利であった。苦難、羞恥、侮辱、虐待の中にも信仰の確信によって平静を保ちたもうた。彼はまたその受けたまえる肉体の苦痛にもまさる、罪人の言い逆らいをも、無害無抵抗をもって忍びたもうた。
 主は自ら進んで荏弱の極みに下り、全世界の救いなるその業の完遂せることを信ずる、権能の確信をもって死にたもうた。これにまさる崇高荘厳なる光景がまたとあり得ようか。

   七、主イエスの死は効果ある死であった

 『みづから我らの罪を己が身に負ひ給へり。……汝らは彼の傷によりて癒されたり。……今は汝らの靈魂(たましひ)の牧者たる監督に歸りたり。』(ペテロ前書二・二十四、二十五)

 主イエスの流血すなわち御苦難と死の効果は私がこれより後の章に詳述せんとするところであるが、ペテロはここにその三つのことを語っている。すなわち
(一)彼はわれわれの罪を負いたもうた。
(二)彼は我らの霊魂を癒したもうた。
(三)彼は我らを主に導きかえしたもうた。
と言っている。
(一)彼は我らの罪を負いたもうた。
 すなわちギリシャ語の示すごとく、彼はご自身の身において、我らの罪を木にまで負い行きたもうた。すなわち我らの罪を容赦することではなくその責任を負うてくださった。我らの罪の寛恕されるためでなく、自ら罪のために罰を受け、我らが罰せられぬようになしたもうたのである。されば我らが第一に望みを置くは、主が我らに対して施したもうその御愛の上にでなく、贖罪の犠牲の公義、不動の巌の上にである。
(二)主は我らの霊魂を癒したもうた。
 主が我らの罪をその身に負いたもうたことを知ることによって、我らの良心が安んぜられるばかりでなく、その砕かれ裂かれたもうたお身体は、かくも迷える頑固な我らの意志を癒し、かくも無秩序に乱れて制しがたき我らの愛情を癒し、病的な汚れた我らの願望を癒し、不信仰をもって毒せられおる、無益な空虚な愚かしい我らの想像を癒し、憂慮煩悶し、暗く乱れた我らの思想を癒し、善は忘れ悪は憶えやすく、神とその慈愛に対して無思慮無頓着な我らの記憶をも癒したもう。
 おおこれは何たる驚くべき医癒、何たる驚くべき治療なる! しかるにかかる医癒を等閑にし、かかる治療を拒否し、我らの霊魂の牧者、監督たる主に対し無情にも無頓着ならしめる不信仰こそ、なおさら驚くべく恐るべきものである。
(三)主はご自身にまで我らを連れ帰りたもうた。
 ここに救い全体の目的がある。我らの罪の赦し、霊魂の医癒は共に我らを神との交際に立ち帰らしめるためである。
 我らは我らの霊魂の牧者監督に帰った。我らの放浪生活は終わった。我らはついに父の家に帰った。しかして主の霊魂の産みのお苦しみは満足させられるのである。
 これらの事どもの光によって、我ら主の僕たる者は、天に在る贖われたる聖徒らと共に、『屠られ給ひし羔羊(こひつじ)こそ、能力(ちから)と富と智慧と勢威(いきほひ)と尊貴(たふとき)と榮光と讃美とを受くるに相應しけれ』(黙示録五・十二)と叫ぶべきではなかろうか。



||| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 || 目次 |