第十章 血による献身



 『されば兄弟よ、われ神のもろもろの慈悲によりて汝らに勸む、己が身を神の悅びたまふ潔き活ける供物として獻げよ、これ靈の祭なり。』(ローマ十二・一)

 私は献身の問題がここに挿し入れられることが不適当に見えると共に、再び、贖いによる献身というこの表題が不思議に思われることを恐れる。多くの人々には、献身は聖化の前に来るべきものであると思われる。しかし本章を終わる前に、本章の位置もその表題も、間違いでも不思議でもないことがわかると私は信ずる。
 記者はこの肝要なる題目に関して、自ら少しも誤解していないと思うが、神の子供等の大多数は、我らがその持つところ、またその在るところの一切を献げるのが心の聖化の一条件であると考える。彼らは全き聖化、すなわち聖霊の盈満は、献身或いはしばしば絶対降服と呼ばれることを通して得られると考えていると言っても良いようである。されど聖言は、我らはその信仰によって心を潔められ(使徒十五・九)、しかして我らは約束された御霊を信仰によって受ける(ガラテヤ三・十四)ということを、強くまた紛れもなく言明している。決してそれが献身と信仰によって受けられるとも、ましてや献身のみによって受けられるとは言っておらぬ。
 献身は「祝福」の喜ばしい幸いな結果、また成り行きとして来るものである。ローマ書十二章の主題は六〜八章の主題の後に来る。その前に来るものではない。我らは聖化を受けて内心が聖くせられるまでは献身を為し得るものではない。我らが聖化を要するのは、それなしには喜びと幸いなる確信をもって絶対降服をなしあたわぬからである。「我はあたわぬ」「我は欲せぬ」というこの無能と偶像は、我らが主に降服し献身し得る前に、主イエスによって、その潔める御能力をもって放逐されるべきものである。
 現代の教師が、心の浄めと聖霊の盈満の条件に献身を置くところに、もっとよく聖書に教えられていた我らの師傅たちは、「信仰の悔い改め」ということを置いているが、それは潔める信仰の基礎として深い実地の罪の自覚痛悔を指すのである。彼らは我らに一切を神に献げることに注意を向けしめる代わりに、我らの罪深いこと、残れる反逆心、および心の無能に目を着けさせるのである。
 真の信仰は痛悔改悛の雰囲気と、主の御前に謙れる態度の中に働くものである。我らがすべてこの能力を絶対に神にささぐべきは議論の余地なき当然のことであるけれども、我らは喜んでこれに応じるあたわず、そこにこの降服委譲に対する恐怖と不信と嫌悪する心のあることを自覚する。しかして我らをして聖化の恩恵を受けるために主イエスに行かざるを得ざらしめるものは、この自覚である。しかして主がそのお約束(エゼキエル書三十六・二十五〜二十七)に従い、すべての汚れ、すべての偶像、およびすべての石の心を清め除きたもう時、ただその時にのみ、真の献身ができ得るのである。
 ダビデは真実の心、清い心、また砕けた悔いた心(詩篇五十一・六、十、十七)を受けたのちに、『その時(しかり、ただその時にのみ)なんぢ義のそなへもの……を悅びたまはん かくて人々……さゝぐべし』(十九)と言っている。
 我らはこれらの序言を述べて、さて本章の血による献身という主題に来る。血による献身という題は「キリストの死の効果を通しての献身」と言った方がもっとよいであろう。パウロはロマ書の十二章において、献身の大題目、すなわち当然の潔き活ける悦び、受け入れられる供え物として己が身を献げるという題目を、詳しくまた厳密に取り扱っているが、彼はこの『獻げよ』という命令に先立ち、まず『凡ての物は神より出で神によりて成り、神に歸すればなり』(十一・三十六)と言い、しかして『されば兄弟よ、われ神のもろもろの慈悲によりて汝らに勸む、己が身を……獻げよ』(十二・一)と言うのである。
 されば以下、論ずるところは献身のこの主題に関係して用いられているものとしてのこれら三つの前置詞の開示である。

   一、献身の力

 『凡ての物は神より出づ……されば兄弟よ、われ神のもろもろの慈悲によりて汝らに勸む、己が身を……獻げよ。』(ローマ十一・三十六、十二・一)

 ここに幸いな成功の秘訣がある。ここにこの命令に従うことのできる希望がある。すなわち『神より』というのが彼の我らに命じたもうところを行う能力である。献身について語る時に、我らは自然にレビ記に記されある型、すなわち燔祭に立ち帰って考える。そこに我らは、その聖父に対して汚点なき犠牲、完き従順と完き献身の馨しき香としてささげられたもうた主イエスを見る次第である。
 燔祭の牲をほふる、その奉献者はまずその犠牲の首に手を按く。しかしそれは罪祭に対してするように、自己の犯罪を犠牲に移すためではなく、この転移によって犠牲の徳を彼自身に受けるためである。
 罪祭としての小羊の犠牲はその奉献者の咎を取り去り、心にある内住の罪を滅ぼす。そのごとく燔祭としての小羊の犠牲は、我らの衷に志を立て、ことを行わしめたもう神に、一切を献げる力を我らに与えるのである。能力は彼より出ずる。それゆえに我らは、献げよというこの幸いなる命令に躊躇なく従うほか、何の言い遁るべき途もないのである。
 我らがローマ書十二章にて命ぜられおる供え物は活ける供え物であるべきである。世間には、その死後何らかの善きことのために用いられるよう、金銭或いは財産を手放すに、その臨終の時または死を待つ者のいかに多きことぞ。それは、彼らが死ぬる時に彼ら自身欲するも欲せざるも空し手で去るべきであるからである。けれども主は活ける供え物を要求したもう。我らが健康で、強力で、生活の精力の旺盛な時に献げることを求めたもう。我らが殺され甦りたまえるキリストと信仰にて自らを一つにする時、すなわち我らが信仰によってそのみかしらに我らの手を按き、聖父の御顔の前にその最も貴き御血を献げる時、聖霊が神に一切を献げる能力を我らに移し与えたもうを知るはいかに幸いなることぞ! さればパウロがここにかくなさねばならぬ理由として『神のもろもろの慈悲』を挙げて勧告しているは当然である。
 この献げるという肝要なことにつき、私の知る最も著しい例証の一つは、かの有名なパルマー夫人の経験である。その著書の一つ(もし二つでなかったならば)にその話を語っている。彼女はメソジストの教えとその雰囲気の中に育ったが、彼らの用いる全き聖化という言い顕しに対して一種の嫌厭を持っていた。それゆえにそれを斥けて自ら聖書キリスト者というものになろうと決心した。そこで彼女はまず第一に、彼女が真に神の子であるかどうかを見るために聖書を探り、聖書のうちに見出される真理を自分に当て嵌めてみた。その点では彼女は自分のそのある状態で自ら満足したが、そののち彼女は神が彼女の全く献身しおることを期待したもうという事実を見出した。そこで彼女は厳密な徹底さと骨折りをもって、一切を祭壇の上に置こうとした。いわば彼女はその生活の詳細な財産調べをした。彼女は一点一点神に委譲し、また喜んで委譲してついにその夫にまで至った。彼女はしばしばその唇をもって夫も子らも共に神のものであると言った。けれどもこのたび彼女がその夫を主に献げた時に、ちょうど神が「もし汝が彼を我に献げるならば、我は汝の言葉をそのままに受けて、夫を汝より取り去るであろう。しかし献げなかったならば、彼はその自然の寿命を生き続けるであろうが」と言って、彼女の献身に挑戦したもうように見えた。彼女がかく重大な結果に直面した時に、彼女の献身は、ほかの点はとにかく、夫に関してはただ言葉だけのことであり、唇の礼拝であったことを見出した。彼女は今、彼女の胸中にあって、神の御声に対して「我はあたわず」「我は欲せず」と言う、致命的なものを見出したのである。されども、彼女がすべてその無能と偶像崇拝を主に告げまつり、謙遜な告白と熱心な願望をもって主の御前に待ち望んでおった時に、彼女はその最親愛なるものでも愛する主に献げまつる、不思議な静かな快諾がそのうちに湧き出ずることを発見した。彼女がその起こったことを驚き、どうしてこんなことができたかと自ら怪しみおる時に、聖霊はその心にささやき「汝の心に起こったこの奇蹟は何の力によるぞ」と問いたもうに、彼女が「おお主よ、汝の御力によりて」と答えまつれば、主はまた「これは完き聖化ではないか。これが心の聖きではないか」と仰せられた。しかして、彼女がかくも嫌いいたる語も言い顕しも、直ちにいま聖霊がその恩深き御能力によって彼女にもたらしたもうた思念と感情の状態を適確に描写する唯一の語また言い顕しとして、その心に現れたのである。その後、彼女は、我らが神の恩恵とその御目的のために全然自己を献げる能力さえも『凡ての物は神より』であるというこの幸いなる秘訣を宣べ伝えることに、その残りの時を費やし、その御奉仕のために何たる喜びと能力を持ったことぞ!

   二、献身の受け入れられること

 『凡ての物は……神によりて成り、……されば兄弟よ、われ神のもろもろの慈悲によりて汝らに勸む、己が身を……獻げよ。』(ローマ十一・三十六、十二・一)

 我らの神は、我らの献身に関して、単なる快諾、すなわち心より喜んで降参し明け渡すことのほかに、今一つのことを求めたもう。彼はその供え物が聖き供え物であることを要したもうと共に、それがご自身に受け入れられるよう、すなわち悦びたもう仕方で献げられることを要したもうのである。
 それはいかにしてであろうか。我らの献げ得るものが、神の御目の前に聖きもの、すなわち受け入れられるものと認められるはいかにしてであろうか。その答はすぐここに掲げてある。『神によりて』がそれである。マタイ伝二十三・十九には比喩を変え、キリストを犠牲よりむしろ祭壇として『供物を聖ならしむる祭壇』とある。我ら自身の奉献は、その上に献げる祭壇の神聖なるために受け入れられるのである。再びレビ記に帰ってその型を見れば、第一章の三節に『ヱホバの前に彼の受納(うけいれ)れらるるやうに供ふべし』(英改正訳)とあり、しかして四節には『彼その燔祭とする者の首(かしら)に手を按くべし 然らばそれは彼のために受納られん』(同)とある。ここに「彼の受け入れられる」ことと「それは受け入れられ」ること、すなわち献げる者の受納と供え物の受納と、二重の受納のあることに注意せよ(かく英改正訳は欽定訳にて不明なところを明瞭にしている)。我らはまたレビ記二十二・二十七〜二十九に同じ真理を見出す。すなわち感謝の犠牲を献げる時には、それと共に血の犠牲を献ぐべきで、かくすれば神の御目の前に両方共に受け入れられるというのである。すなわち『是はヱホバに火祭とすれば受納らるべし……汝ら感謝の犠牲(いけにへ)をヱホバに献ぐる時は汝らの受納らるゝやうに献ぐべし』と録されている。かくのごとくにして献げる供え物と献げるその人とは共に主に受け入れられるのである。
 ここに我らの献げるものの受け入れられる秘訣がある。それはいつでも彼を通してである。それゆえにここにのみ神の御前における我らの確信がある。冀うは、すべて我らの希望も期待もただ主にのみ、その御流血にのみ置くという、この学課をよく学ぶことである。
 これによりてのみ、我らの体の供え物が主に聖きものであり得るのである。
 しかしてなおここにそれ以上のことがある! すなわちその供え物を神に悦ばれるものとなすために、信仰にて献ぐべきである。そのわけは『信仰なくしては神に悅ばるること能はず』(ヘブル十一・六)であるからである。そこには献身の祈禱も、克己も、奉仕も、種々の熱心努力あるかも知れぬ。けれどもその愛したもう御子の犠牲の効果に対する心よりの幸いなる確乎たる信仰なくしては、神の御前に悦ばれ得る何物もあり得ぬのである。
 我らが信じ、またそのうちに喜ぶところの、神の御子の完き絶対服従とその死は、ほかのすべてにまさって実に我らの供え物を馨しき香となし、我らの神に聖く受け入れられるものとなすのである。我らは信ぜねばならぬ。疑うことはすべての不安の源であるばかりでなく、それは罪である。祭壇は供え物を聖くする。神は祭壇の神聖のゆえに受け入れたもう。しかしてこの祭壇に信頼する信仰は、霊魂に平和と能力とを持ち来るのである。
 悲しいかな、多くの人々は何の安息もなく、主に受け入れられたという何の確信も得ることなく、徒に彼らが献身と想像する踏み車を踏みつつある。彼らの目はいつも、ただ供え物、すなわち彼らの献げた供え物に付いている。もし彼らが『供物と供物を聖ならしむる祭壇とは孰(いづれ)か貴き』(マタイ二十三・十九)との主の御言に耳を傾け、信仰をもって祭壇の神聖と聖化する能力に依り頼むならば、いかに速やかに彼らの疲れたる心に平和と確信が来るであろう。

   三、献身の目的

 『凡ての物は……神に歸すればなり、……されば兄弟よ、かれ神のもろもろの慈悲によりて汝らに勸む、己が身を……獻げよ。』(ローマ十一・三十六、十二・一)

 しかして今我らは哲学者のいわゆる終極目的、すなわち献身の生活の目的動機を考察するように進むのである。
 すべてはに、のために、の御名の栄光ということに帰するのである。希うは、献身生活を送る我らの能力の秘訣をほかの人々に述べ得んことである。願わくは、人々がそこに彼の御血に力あり、我ら自身の意志力にてなしあたわぬところを成し遂げるを知り得んことを! すべてのことは彼に帰し、彼のためにであるから、我らの証も常に『彼に』でありたいものである。我らは、彼の御旨とその御力に降服しきった生活は『善にして悅ぶべく、かつ全き』(ローマ十二・二)ものであることを、我ら自身の経験にて証明すべきである。彼のために、彼を目的に生活するは善きことであり、幸いなことであり、またそれは実を結ぶことにおいて、奉仕において完きことである。
 多くの人は献身の生活をなさんことを求める。けれどもその動機は『神に歸する』、すなわち彼を目的にするのではない。彼らを行動に動かす力は、称讃を愛し、能力を愛し、名誉を愛し、成功を愛することである。されば悲しいかな、彼らの生活は、最も深い最も真実なる意味において、善い幸福な実を結ぶものではないのである。
 我らのなすすべては、十字架に釘づけられたまえる救い主の栄光にまで撥きかえって来るべきである。我らの献身生活は主の御犠牲、すなわち彼の流血の効力であることを他人に語るべきである。すべての人の凝視はカルバリに向かわねばならぬ。天使の讃美も、人間の讃美も、みな彼の御受難に対してであるべきである。しかして悪魔の驚きも、罪人の驚きも、共に二千年以前に流されたるキリストの血が、ただ罪を赦すばかりでなく、心を浄め、動機を変じ、人をして自己犠牲にして、キリストのため、亡び行く人類のために献身の生活を送らしめ得ることである。
 『凡ての物は……神に歸すればなり』。されば我らをして己が身を活ける供え物として主に献げしめよ。既に学んだように、『神より』また『神によりて』すべて献身の能力とその受け入れられることは来る。さればいま我らは急いで、すべての栄光と称讃を主に帰しまつるべきである。実に栄光と讃美を主の流血、主の死、主の御受難に帰せしめよ。ただこれによりてのみ、叛ける、罪深く、利己的な、亡びつつある人類が、神との平和、心の聖潔、生活の自己犠牲、しかして祝福されたる国における永遠の救いに回復せられるのである。
 かくてなお、血による献身というこの章の表題が奇異に響くであろうか。我らはなお、献身がキリストの十字架、その流血なしになされ得ると想い、それが我らの生活にあらわされ得ると想像するであろうか。また彼の死は、単に我らが自己の意志の力を通して模倣すべき命ぜられるところの、殉教の貴い模範であるのみであろうか。
 さても『信仰の奥義』のいかに大いなることぞ! それはただ『敬虔の奥義』に及ばないのみである。されば我らをして、近づいて聖なる犠牲の上に手を按き、主の贖罪の犠牲を通して、すべての恐怖、すべての不信任、不信仰、御足跡に従うことに対するすべての嫌厭が永久に破壊され得ることを、断乎と信ぜしめよ。さらば我らは己が身を日々、また時々刻々、我らの神に受け入れられる聖き活ける供え物として献げるに至り、また我らの心の霊を新たにして、神の御旨を行うことは地上にて最も楽しく、最も完全な、最も善く、また最も有益なことを知るに至るであろう。



||| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 || 目次 |