第五章 血による平和



 『神は凡ての滿足れる德を彼に宿して、その十字架の血によりて平和をなし、或は地にあるもの、或は天にあるもの、萬の物をして己と和がしむるを善しと爲給ひたればなり。』(コロサイ一・十九、二十)

 平和と言えば、その以前に戦い、衝突、混乱のあったことを意味する。さて神との関係における人の実際の事情がかかる有様であることを、人々に覚らしめるのは容易のことでない。けれども我ら自身の思念の混乱した想像でなく、神の御言に振り向く時に、すべては明白になる。神はその御憐憫をもって、戦の事実も平和の途も共に示しいたもう。敵対の事実が示され、取り扱われるまでは、そこに平和はあり得ぬのである。『その主を弑せしジムリよ 平安なるや』(列王紀下九・三十一)。

   一、平和の事実

 『彼は我等の平和にして己が肉により、樣々の誡命(いましめ)の規(のり)より成る律法(おきて)を廢し……給へり。これは……平和をなさしめん爲なり。』(エペソ二・十四、十五)

 聖パウロはそのエペソ書において、我らの神に対する関係に二重の怨恨すなわち敵対のあることを語っている。すなわち(一)我らの破った神の律法の我らに対して持つところの敵対、(二)我らの生来の心の神に対して持つところの敵対である。覚醒した良心と覚罪した心はこの恐ろしき二つの命題のいずれも真理であることをあまりによく認めるが、ここに我らの語るはその第一の部分である。
 神の律法は我らに敵している。それは歩哨のごとく厳然とその位置に立ち、我らが神の聖潔の庭に入ることを禁ずる。覚罪した良心はその事実を我らに知らしめ、しかして我らを『神よ、罪人なる我を憫(あはれ)みたまへ』(ルカ十八・十三)、『主よ、我を去りたまへ。我は罪ある者なり』(ルカ五・八)、『禍(わざは)ひなるかな 我ほろびなん』(イザヤ六・五)と叫ぶに至らしめる。されど神は頌むべきかな、キリストは我らに敵する律法の敵対を永久に取り去りたもうた。彼は我らの無政府主義、無関心、罪悪に対して、律法が正しき宣告を下した時、その我らに負わせた要求を一切破棄したもうた。キリストは『その十字架の血によりて平和をなし』(コロサイ一・二十)たもうた。『彼は我らの平和にして』(エペソ二・十四)感謝すべきことには『かつ來りて……平和を宣べ』たもうた(エペソ二・十七)。我らは主イエスを仰いで、その峻厳なる義務をもって我らの入るのを禁ずる律法の代わりに、『手と脅(わき)とを見せ』て『平安なんぢらに在れ』と言いつつ(ヨハネ二十・十九、二十)近づくべく招きたもう彼を見ることができるのである。されば覚罪したる心の、おお如何に喜びをもって、信ずるよう躍進することぞ。『今……キリストの血によりて近づくことを得たり』(エペソ二・十三)、これこそ実に覚罪した霊魂の幸いなる鎮痛剤である。
 昔、エジプトにおいて、かの滅ぼす天使の戸外を行きめぐる時にも、鴨居に塗られた血が心に平和をもたらしたごとく、神に感謝せよ、主イエスの十字架とその流血、すなわちかの歴史的大事実は我らの霊魂に平和をもたらすのである。
 主が我らを恐るべき失望の坑、罪の泥土から引き出だしたもう時に、我らの足を立たしめたもう堅き岩は、その贖いの御血である。我らは平和の事実の上に立ち、安らい、また讃美するのである。
 この文を読む人にして、もし未だ神と和らいでおらぬ人があるならば、私はその人に、ほとんど霊感を受けた者のごとく語っている或る記者の次のごとき言葉を告げる。
 「あなたの心が熱心な期待と強い願望の翼を広げてキリストの血に遁れんことを願う。永遠の死より遁れよ。永遠の生命のために遁れよ。無数の犯罪にて破られた律法は無数の呪詛をもってあなたを追い来る。神の復讐の剣はあなたの滅ぼさるべき頭上に閃いている。死の棘なるは千度もあなたの惨めなる胸に射込まれており、その微妙な恐ろしい毒は、あなたの頑固な悩める心の中に働いており、罪の棘である有罪感の決して止まないその働きは、絶えずあなたの鈍い霊魂を麻痺せしめるか、或いはあなたの不安な良心を蝕む。
 十字架の血のほか何ものも消すことをなし得ざる地獄の火の火花なるすさめる肉欲、すなわちその速やかに襲来せんとする暴風雨を予告する地獄の電光を閃かす烈しい情欲があなたの悩める霊魂の中に勃発する。これは苦しめ悩ます焔の必ず臨むことのまことの保証である。
 サタンはその無思慮な帰依者に罠をかけ、或いはその冒険的な崇拝者を喰い亡ぼさんと求めて、吼ゆる獅子のごとく行きめぐり、はあなたの軽率な動悸打つ胸に、その鋭い槍を差し向け、地獄はそれ自らあなたの来るを迎えんとて下から動き、はその詛われた餌食の上にその口を閉じんと用意して、あなたの足許に口を開きおる」と。
 かかる苦しみのいかほどかを味わえるすべての人のために、もしただ彼らがキリストの御血に遁れさえするならば、そこに神の平和は待ちつつあるのである。

   二、平和の経験

 『彼は我らの平和にして……十字架によりて怨(うらみ)を滅ぼさん爲なり』(エペソ二・十四、十六)

 私は既に二重の怨恨すなわち敵対の、第一のものについて語ったが、今その一層恐るべき第二の敵対に移る。もし我らに逆らうところが、破られた神の律法の敵対だけであったならば、キリストの死にたまえるために、どんなに容易に人が救われたであろう。人はまたどんなに容易に救われることを願ったであろう。されど悲しいかな、我らはなおさらに恐るべき障壁の人の心の中にあることを見出す。聖パウロはそのコロサイ書の中に、我らは『もとは惡しき業を行ひて神に遠ざかり、心にて其の敵となりし』者であるということを語っている(一・二十一)。平和はなされ、宣言されているけれども、「神は平和の側にありたまい、我らは戦の側にいる」のである。今日我らの説教者の多くは罪を道徳的疾患として説き、人を罪深き者と認めるけれども、我らが生まれながら聖き神に対して叛逆しているということを否定する傾きをもっている。『我らのなほ弱かりし時』(ロマ書五・六)、『なほ罪人たりし時』(同八)、『我等敵たりしとき』(同十)、すなわち我らは道徳的無力の者、罪を愛好する者、神に敵対する者であったとは霊感による聖書の憂鬱な記事である。されど悲しいかな、我らが常に発火線上におらず、また我らの心に創造主とその律法に対して現実の憎悪と叛逆を自覚せぬために、とにかく我らは生まれながら創造主と戦っている者でないと信ずるよう、自ら欺くのである。しかし恩恵によって更新されぬ限り、我らは神に敵しており、我らの傲慢な心は『我らは此の人の我らの王となることを欲せず』(ルカ十九・十四)と言うのである。我らは神を信じ、神を礼拝し、神の御摂理を認めもするかも知れぬ。けれども神をして我らの生活を統御し支配せしめまつることを拒む。しかもなお我らがその叛逆の事実を認めないというところに事情が一層悪くなっている。しかして我らがその叛逆の事実を自ら認めるまでは、これが救治の途はあり得ないのである。我らが『われらはみな……迷ひて』(イザヤ五十三・六)という我らについての神の御言、『おのおの己が道にむかひゆけり』(同)という我らに対する神の御裁決を受諾するまでは、決して『ヱホバはわれら凡てのものの不義をかれのうへに置きたまへり』(同)という我らのための神の御声明を、深い謙遜と喜びをもって信ずることをなし得ぬであろう。
 これらの言葉があなたの目に触れる時に、あなたはあなたの心の生来の叛逆の啓示を受けているか、自ら反問せよ。聖霊はあなた自らの生来の有様をあなたに示し得たもうたであろうか。我らは、すべての更生せざる霊魂の状態はかかるものであるということ、したがって我ら自身の霊魂もかかる状態であるということ、更生するまでは人のうちに実際の利他主義のないこと、神の御霊によって覚醒された時でさえも、神ご自身のために神を愛し神に仕えることより、むしろ地獄からの救い、心の平安を願うのみであるということを、充分に覚り得ているであろうか。
 我らは、神とその御愛に疑念を懐くよりして、我らの衷に恵み深き神に降服することを欲しない心のあることを発見しているであろうか。もしそれを発見したならば、我らは幸いなるかな。『一人の不從順によりて多くの人の罪人とせられし如く、一人の從順(すなわち主イエスの流血)によりて多くの人、義人とせらるるなり』(ロマ書五・十九)という福音の使言と音楽に耳を傾けるべき準備ができたのである。聖名を頌めよ!
 しかり、主イエスはすべてをなしたもうた! 彼はあなたのためのダビデにてありたまい、あなたの衷なるゴリアテを殺したもうのである。さればあなたはヨナタンにてあれ! ただ信じまつれ! しかして君の全心を彼に献げまつれ!
 救い出しは、罪人となったのとその仕方が平行する。あなたの側にて何ら努力せずして、あなたは反逆者とせられ罪人とせられた。それはただかの大敵の虚言を信ずる信仰を通してであった。そのごとくあなたはまた偉大なる救い主の御言に対する単純なる信仰によって義人とせられるのである。
 既に我らに敵する神の律法の敵対がキリストの十字架の血によって除かれたこと、しかしてそこにあなたのために平和のあることを悟ったあなたは、なお一層深い覚罪、すなわちあなたの心が福音の晩餐に来ることを欲しないこと(ルカ十四・十八)、あなたが『生命を得んために我に來るを欲せぬ』(ヨハネ五・四十)こと、彼の『督斥(いましめ)にしたがひて心を改め』ること(箴言一・二十三)を欲せぬこと、たとえキリストが『牝鷄(めんどり)のその雛を翼の下に集むるごとく』したもうともあなたはそれを好まぬこと(マタイ二十三・三十七)を悟るに至る。もしあなたがこの深い覚罪に達し、「おおいずれの時かわが霊魂安きを得べき、この努力この奮闘の終わるはいずれの時ぞ」と叫びつつあるならば、私は、あなたのために即刻の救いのあることをあなたが直ちに信ずるよう迫り勧めたい。あなたは徒にもがき、もはや打ち棄てんばかりに失望している。けれども神を讃美せよ。主イエスは、神に対するすべての叛逆を、あなたのために破壊し得んために、しかしてもしあなたが欲するならば、それが破壊されおるをあなたの衷に見出すために、その生命の御血を注ぎだしたもうた。すなわち『肉によりて弱くなれる律法(おきて)の成し能はぬ所を神は成し給へり、即ち己の子を罪ある肉の形にて遣し、罪の爲の犠牲によりて、肉に於る罪を罪し給へり』(ロマ書八・三=英改訳)。
 あなたは全癒を欲せぬか。あなたは神をして、あなたをその御子なる贖い主に対して忠信なるものとなさしめることを欲せぬか。もし君がそれを欲するならば、君は聖霊の示したもう、神に対する不信、すなわち憎むべく、不忠にして、狐疑するすべての不信を、謙遜なる霊をもって告白するほか、何も要せぬ。何らの恐れもなくそれを主の聖前に認めまた告白せよ。主の御目の前に自らを卑くせよ。かくして、その十字架の御血を通して外部に成就しおるごとく、主は内部にもなしたもうたことを敢えて信ぜよ。

   三、平和の宣言

 『かつ來りて、遠かりし汝等にも平和を宣べ給へり』(エペソ二・十七)

 破られたる律法の敵対を我らに告げる良心の訴えをもち、また我らの心の衷なる戦い、叛逆、疑念の意識を持っている我らは、平和の可能を信じる前に極めて現実なる奨励を要するのである。ビカステス監督の
  「罪のこの暗き世界に
    平和、全き平和とか?」
と問うたのも、実にしかるべきことである。それは可能であろうか。神を頌めよ。彼はその次の節にて、
  「イエスの御血は
    衷に平和をささやく」
と答えている。復活のキリストの最初になしたもうたのはこれであった。彼は恐れおるその弟子らの中に現れて『言ひたまふ「平安なんぢらに在れ」。斯く言ひてその手と脅とを見せたまふ』(ヨハネ二十・十九、二十)。彼の死と流血の痕跡は、栄光の主が我らの恐怖に満ちた心に平和を述べ、またこれを堅うしたもうところの記号である。我らはここに立って、仇に立ち向かい、すべての事を成就して立ち得るのである。
 キリストの御血は、我らの覚醒した良心の燃ゆる訴えを永久に沈黙せしめ、我らの霊魂のうちの戦いが終息し得ることを我らに宣言する。キリストの贖罪の犠牲の歴史的大事実なるその流したまえる御血は、我らの平和の証拠また保証である。これは迷信でなく、学説でなく、哲学でなく、観念或いは理想でなく、論理でなく、はたまた感情的の経験でなく、歓喜の熱狂詩でなく、神秘的な夢想でもない。実に他のいわゆる宗教なるもののその信仰と希望を建てる基礎のごとき何ものでもない。それは大いなる歴史的事実である。キリストの贖罪の犠牲のこの不動の磐石は、不安混乱の人の心を満足せしめ得るのである。しかり、キリストの十字架による平和がある。しかしてそれが天より宣言されたれば、そこにはまたその保証がある。
  主イエスの貴き貴き血
   つねにゆたかに流るるなり
  その血をわれは信じ、われは受く
   こはまことにわが身のためなり。
 私は繰り返して言う、かくも脆い、かくも疑い深い、かくも不信仰な、しかしてかくもはなはだ悪しき我らの心を説得するに充分なものは、歴史的事実のほかにない。我らに逆らう律法の敵対が永久に取り去られたということ、また神のご意志に逆らう我らの衷なる敵対心が根絶され得るということを、我らに信ぜしめるには、これ以外の何ものも役立つあたわぬ。我らは世の罪を除くためにその御血を流したもうた神の小羊を、長く熱心に信仰をもって熟視すべきである。何となれば、『彼は我らの平和』(エペソ二・十四)にて在して、『平和をなし』(同十五)たまい、かつ神に感謝せよ、彼はその御手御足御脇の御傷を通して、人の子らのうちのすべて労する者、重荷を負う者にそれを宣べたもうからである。
 主イエスの御血が『アベルの血に勝りて物言ふ』(ヘブル十二・二十四)は極めて真実である。それはもの言う、それは平和を宣べるのである。
 私は、我らの心中における平和の確信が、生けるキリストによりて宣べられたる歴史的事実に基づく事を考えおる間に、日本仏教の歴史における、一つの傷心的な類似を思い起す。
 およそ第十二世紀の頃、日本仏教(北方仏教)すなわちいわゆる大乗仏教が不思議な発達をなした。たぶんシナにおけるネストリウス派のキリスト教の感化を受けて、一個の救い主を案出した。すなわち阿弥陀というものが称え出された。しかしてこの想像による、仏の化身の功徳によってのみ救われると宣言し出したのである。業によって義とせられる教え、すなわち自力教に反対して、他の功徳を信ずることによる救い、すなわち他力教なるこの新教理は速やかに広まり、今日、阿弥陀を宣べるこの特殊の宗派は日本における最も強いまた最も成功した宗派である。
 もちろん、阿弥陀は純然たる捏造で、何ら歴史的存在のものではない。最近或る著者は「哀れなことには、明らかに現今の仏教における最善なる一切のものの原動力である阿弥陀の教説は、事実に基づかずただ空想によるのみである。阿弥陀は世界の創造者、限りなき光明と生命の主、慈悲に満ち憐憫に満てる父として拝せられている。
 阿弥陀は過去の時代に一修道僧としてこの地上に現れ、完全なる人生を送り、世界の罪悪苦難を憐憫をもって見、多くの労苦と受難によって人類を救う充分なる功徳を獲得するまではこの世を去らずと誓ったと言われている」と言っている。この阿弥陀のほかに二つの化身仏が配せられて、三位一体をなしている。平和に対する願望、救い主に対する渇望は充分顕著であるけれども、この教説は全く虚偽と欺瞞に基づいている。
 阿弥陀に対する信仰の結果、多くの日本人の心に、良心の平和のあることは否まれぬが、それはその拠るところの基礎と同じく、真実の平和でない。何となれば、捏造の救い主を信ずる信仰は、想像の平和を生ずるけれども、道徳的変化を結果せず、また罪よりの救いを来らせぬからである。
 それは寓話、すなわち単に賢く作られた説に対する信仰で、人の心を浄め、生活を変化する力は全然ない。幾千の人はこれに縋り付き、幾百万はその上に希望をおく。されども、悲しいかな、それはみな無益である。
 されど我らは、我らの贖い主の流血の歴史的大事実に立ち帰り、その平和の宣言は、その御血に依り頼み、贖い主に信頼するすべての人に偉大なる更生力を生ずるところの事実に基づくがゆえに、真実なることを知る。この事による安息と平和はいかばかりであろうか!



||| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 || 目次 |