第九章 血による贖い



 『なんぢらが……贖はれしは……キリストの貴き血に由る』(ペテロ前書一・十八、十九)

 贖いとははなはだ厳粛な、しかもなおはなはだ幸いな題目である。それは本書の諸章にて既に考察し来った他の題目とは別個の方面である。聖書における称義、宥め、和らぎ、新生、聖化などのごとき大いなる言辞は、各その特殊の肝要なる重要性を持っているが、贖いも最大なるもの、最も意義あるものの一つである。
 本章において、我らは贖いの三つの単純なる基礎的特質を考察したい。すなわち、一、その目的、二、その価、三、その範囲、である。

   一、我らの贖いの目的

 『汝らは己の者にあらざるを知らぬか。汝らは價をもて買はれたる者なり』(コリント前書六・十九、二十)
 『なんぢらが先祖等(せんぞたち)より傳はりたる虛しき行狀より贖はれしは……キリストの貴き血に由る』(ペテロ前書一・十八、十九)

 「贖い」という言葉そのものが、我らの生まれながらにはなはだ悪しき状態にあることを暗示しているが、実際その通りである。贖うということは、奴隷市場、束縛、残酷などを連想せしめる。原文には「贖い」ということを表すために三つの語が用いられている。すなわち(一)価を払うことによって救い出す、(二)市場より買い出す、(三)釈放する、である。
 それゆえに贖いという語ははなはだ恐るべきものからの実地の救い出しを意味する。すなわちキリストは『律法の詛より』(ガラテヤ三・十三)、『諸般(もろもろ)の不法より』(テトス二・十四)、犯罪より(エペソ一・七)、しかして来るべき日には、朽ち果てるべき身体より(ローマ八・二十三)贖いたもうのである。
 これらは我らの牢獄であり、我らの鎖であり、我らの駆使者であるが、我らはこれらすべてのものから釈放されたのである。されど多くの人の心には、贖いと言えばただ釈放だけを意味するけれども、この贖いという大いなる語にははるかにこれより多くの意味がある。ペテロが『なんぢらが虛しき行狀より贖はれし』と言った時にはなはだ明瞭にこれを言い表し、パウロは『汝らは己の者にあらざるを知らぬか。汝らは價をもて買はれたる者なり』(コリント前書六・十九、二十)と言って、その贖いの力を言明している。ここに全体の中心がある。すなわち贖いは単に救い出しばかりでなく、他の所有となるために買われたということを我らに語る。すべてこれらの悪しきことどもから救出されることは真実であるけれども、第一の点は我らが買収されたということである。我らは買われた。我らはもはや我ら自身にも、この世にも、悪魔にも属せず、我らは我らの救い出しのために価を払った御方の所有となった。これが贖いの中心思想である。ここに贖いの実際の目的がある。もちろん我らは神が創造し保存したもうたのであるから、神のものであるが、神はそのことをすべての議論を超えて当然とならしめるよう、また彼の我らを愛したもうこと、我らが彼の御目に非常に価貴きものとなったことを我らに確信させ、またすべての似て非なる異論に答え、すべての要求を満足せしめるよう、永久に徹底的に我らを買収したもうたのである。ズールー人の一改宗者は「キリストの十字架は聖徒となるべく我を処分した」と言ったが、同じように我らも処分を受けた者であるべきであり、贖いという語によって『汝らは己の者にあらず』と我らに語らしむべきである。すべて我らの持てるもの、すなわち我らの霊魂、我らの身体、我らの時間も才能も所有物も、もはや我ら自身のものでない。それらをわがもののごとく取り扱うのは盗みであり叛逆である。これは新生しない心には厳しすぎること、また随分無理なことのように響く。けれども『心の霊を新にし』(エペソ四・二十三)、キリストの『軛は易く』その『荷は輕ければなり』(マタイ十一・三十)ということを知ったキリスト者は、それを道理に適うとともに甘美なことと知り、アダム・ギヨンとともに以下のごとく歌い得るのである。
  神の御旨よ
   実に楽しき愛すべき御旨よ、
  なれは我が
   錨のかかる底つ岩根、砦の山、
  わが霊の
   しずけき住まい、美わしの家、
  汝がうちに
   われは隠れて、静けかり。
 かくも神聖なる御意図のために神を頌めよ。神は、我らが神のために、ご自身特有の民となり得るよう、ご自身にまで我らを贖いたもうたのである。

   二、我らの贖いの価

 『なんぢらが……贖はれしは、銀や金のごとき朽つる物に由るにあらず、瑕なく汚點(しみ)なき羔羊の如きキリストの貴き血に由ることを知ればなり。』(ペテロ前書一・十八、十九)
 『神の己の血をもて買ひ給ひし敎會』(使徒行伝二十・二十八)

 「神の血」、この語はほとんど我らを驚倒せしめる。もしそれが聖書にある言葉でなかったならば、我らはそれを書くことを敢えてせぬであろう。けれども、我らの贖われた価の貴いことの認識を確かにするためにそれを書く。我らが我らの贖いのもたらす自由を悦び、しかして新たに課せられる制縛を憶える時、我らがいかなる時にも我らの忍ぶべき抑制に苛立つよう試みられぬよう、我らはよくかつて我らを束縛した絆と、それから解き放つために払われた価とを考えるべきである。
 第一に、払われた価の大きいことは、買われたものの価値を示す。我らはその買い取りに払われた価の高さによって、その取得物の価値を量り得るのである。我らの贖いに当たって、牡牛や山羊の血も、人や天使の血も、銀も金も、否、天に在り地に在るいかなる貴きものも、贖う力を持たなかった。我らが我らの生まれつき悪しき者、価値なきものであり、神にも人にも益なき者であることを憶えるはよい。けれども我らの贖いのために払われた価は非常に大きいので、我らは神の御目の前に非常に貴重なものとなったのである。活ける神の教会は御子の御血によって買われたものである。されば贖われた最も小さい者を侮る者は、その贖い主を侮るのであり、彼自身の霊魂を侮る者もその贖い代として流したもうた御血を踏みつけるのであるから、我らのうちに決してかかる不義があってはならぬ。否、キリストの貴き御血のゆえに、我ら自身の贖われた霊魂また神の全教会の価値を、我らの目にいよいよ貴く見たいものである。我らは彼によって贖われたことを悟れば、いかに温和に歩み、いかに神の聖徒を優しく取り扱い、我らの主のために、我ら自身すなわち我らの霊も身体もいかに慎みて守るべきことぞ!
 第二に、払われた価の大いなることは、神のご要求の幸いなること、また一切を神に渡しきることの安全を、我らに語る。
 我らが買いとられて、我ら自身のものでなく他の方の絶対所有になるということ、換言すれば一の奴隷から他の奴隷に移るという考えは、もし我らの新しい主人が誰であり、いかにして買いとられたかを知るのでないならば、我らの心が憂慮に満たされるも当然である。されども我らが、それは主ご自身の死、ご自身の流血によって成し遂げられたということを知り、また実感するならば、必ずや我らの霊が恐怖に悩まされることもなく、安心するに至るであろう。しかして奉仕は愛の奉仕となり、束縛の縄は絹のように柔らかいものとなるであろう。我らの贖いの贖い代として苦を受け、血を流して死にたもうた主は、完全な主人のほかでありたまい得ようか。彼に事える奉仕は完全なる自由よりほかであり得ようか。
 第三に、価の大きいことは、この贖いの業の計りがたき困難事であったことを語る。神はその御言によって世界を創造し、その御力によってこれを破壊し得たもう。されどこれを贖い得たもうは、ただその御血によるのみである。神の御子の犠牲のほか、神の宇宙の何物も、それより贖うに役立ち得ないほどに、律法破壊のために来る詛いは峻厳であり、人心における悪の存在は深く根ざして癒しがたきものであるのである。
 されば贖いの御血がこれらのことどもを間断なく確と我らの心に語り、それによって買われた所有の価値あること、贖い主のそれをご自身のものと要求したもうことの幸い、しかしてまた主が失われたる世の救いのためにカルバリへの道を進み行きたまえる時、彼の企てたまえる業はいかに困難なことであったかを確と語り聞かせんことを。

   三、我らの贖いの範囲

 『キリストは……律法(おきて)の詛より我らを贖ひ出し給へり。……われらが信仰に由りて約束の御靈を受けん爲なり。』(ガラテヤ三・十三、十四)
 『是われらを諸般(もろもろ)の不法より贖ひ出して、善き業に熱心なる特選の民を己がために潔めんとてなり。』(テトス二・十四)
 『子とせられんこと、即ちおのが體の贖はれんことを待つなり。』(ローマ八・二十三)

 我らの贖いの目的は我らが全く主のものとなるためであり、我らの贖いの価は神の御子の御血であった。それゆえにその範囲もまたその目的や価に相応な程度のことであると期待すべきである。ここに掲げた三つの聖句ははなはだよくこれを明らかにしている。
 第一の聖句(ガラテヤ書三・十三、十四)において、我らはキリストが律法の詛いから我らを贖いたもうたということを学ぶ。すべての律法はその違反者に蒙らせるべき詛いを伴う。すなわちこれを犯す者には刑罰が科せられる。自然界さえもそれに何の赦罪も執行猶予も与えぬ。すなわち自然界の法則を破るものは憐れみを受けることなくして苦しめられる。しかし我らはそのために自然界を咎めもせず、それを無理とも思わぬ。まして神の国の律法のかくあるは当然である。刑罰は受けねばならぬ! 呪詛は落ち来らねばならぬ! されど、永久に感謝すべきかな! キリストは律法の詛いから我らを贖いたもうた。彼はみなそれを負いたもうた。それはみな彼の上に臨んだ。しかして我らは赦されたのである。されども贖いの範囲はなおこれよりも広い。救出しは単に消極的のことでなく、圧倒的に積極的である。パウロは急いで、ここに積極的方面を加えて、我らの自由のために払われた価は再び我らが罪の下に陥らぬよう永久に保つ力、すなわち『父の約束のもの』(使徒行伝一・四)を買い取ったということを付け加えるのである。詛いから我らを自由にする血は、いま祝福を買うところの価となった。彼のその御血を流したまえるゆえに、我らは聖霊を受ける権利を持つ。すなわちかつては詛いを受けてはなはだ暗かった我らの心が聖霊の聖所また住まいとなるのである。「血は神的恩賜を我らに保証する」。誰か神の贖いの恩恵の範囲を記述し得ようぞ! 我らは「内住の神」というこの語をもってこれを約言し得るのみ。
 第二の聖句(テトス書二・十四)にてパウロは同じ秘訣を語り、それについて一層多く語っている。キリストは(このたびは律法の詛いからと言わず)『諸般の不法』すなわち我らの性質にあるすべての悪しき傾向、すなわち詛いの原因なる罪そのものから贖いたもうたと言っているのである。これについては、前に或る程度詳しく学んだことであるが、パウロは急いで再び我らの贖いの充分なることを開示せんとするのである。内住の罪より我らを自由にするところの貴き御血はキリストの御内住を可能ならしめるが、その内住のキリストは我らの衷にすべての聖き生活と善き業に向かう熱心を燃やし得たもう次第である。
 我らはこれらの奥義のゆえに心一杯の喜びをもって声高く叫びたい。すなわち詛いが取り去られるということは幸いであり、詛いの原因が除かれることはなお一層幸いである。けれどもその結果が内住の神に至るというに至っては、実に満ち溢れる祝福である。
 ここに贖いの結果がある。すなわち心の清きことと、善き業に熱心なるように神によって占領されることである。しかしてこれらはすべて我らが贖われたゆえにでき得るのである。
 各国民はそれぞれその特殊の性格を持っている。英国人、仏国人、独国人、日本国人ら、みなその国民性に特有なる性格を持っている。
 ここに主はこの新しい種族、すべての民の中の最も世界共通的な種族、すなわち活ける神の教会について語りたもう。それは天下のすべての種族より成り、ただ『善き業に熱心』という特殊の性格を持つものである。しかしてかく善き業に熱心になり得るは、それがすべての民と異なり、血によって贖われているがゆえである。
 この贖いの事実が深く自覚せられるほど、我々はいよいよますます『善き業に熱心』になるのである。冀うはこの自覚が海の深みほど深からんことである。
 この特性はただ善き業を行うだけでなく、熱心にこれを行うというところにある。さて神の民のうちにかくも熱心の欠けおる理由は、確かに大部分、彼らがその血の贖いと心の純潔、内住のキリストの結果たる可能性を感得認識せざるより起こることである。
 しかして贖いの範囲はこれよりも更に広い。我らの引用した第三の聖句はさらに宏大な方面を開示する。
 我らが神的啓示の書を研究する時に、我らは贖いなる語がもっと広い、もっと充分な意味をもって用いられおることを見る。それはすなわち「我らのからだの贖い」である。
 主は物質的受造物なる全地をご自身に贖いたもうた。それは主の所有である。しかして主はやがて、ご自身の買いたもうたものを、ご自身のものと要求するために帰り来りたもうのである。罪、死、苦しみ、腐朽がこの地から除かれるその日の幸福を誰が語り得るだろうか。『すべて造られたるものの……共に嘆き、ともに苦しみ』その時を待っている(八・二十二)。そのとき贖いは遠く広く及ぶであろう。しかして幸いなる贖いの結果はいずこにも顕れるであろう。自然物はすべてみな花嫁の着飾るごとくに装い、木々はその手を打ち、山々は主の前に共に喜ぶであろう。
 しかもなお、そのとき贖いの範囲の最も驚くべく広く及ぶところは人間の体であるであろう。私は想像する、我らのこの死ぬべき体のうちに潜在しておって、その時に至って充分に発達する諸能力は、我らの決して考え及ばないところであろう。我らの感覚は驚くべく発達し、今は顕微鏡や望遠鏡や、分光器や無線電話やそのほか科学の不思議な装置によってのみ現されるものが、その時は我らの感覚で直接に感知されるに至るであろう。
 しかり、なお更に進んだこと、すなわち心理学的のことと物理学的のこととの間の幕が撤去されるであろう。たとえば、今までは或る条件の下にて或る個人に限ってでき得る、霊気(オーラ)を見ることなども、その時にはすべての人に普通になるであろうと私は想う。かく今は奥義的で、説明しがたき多くの他の現象も、その時は日のごとく明らかになるであろう。私は繰り返して言う、我らの贖いが、いかに広い範囲に及ぶかは、我らの理解の及ばぬところである。
 これに向かって我らは待望しつつある。それが神の御言葉のうちに約束され、前言されており、神の御子の御血によって確保されている。しかしてその来るべき日に我らは、これを我らのものとなすために払われた価を常に憶えつつ、この回復されたる我らの嗣業のために、永遠を通して神を頌めるであろう。
  おお、無限の贖い主よ
   われはた、何を求め何を訴えん、
  汝われを招きたまえば
   我はただ、自らを委ねまつる、
  汝われを受け入れたまえば
   我は愛し、また拝みまつる、
  汝の愛の強迫のゆえに
   我は限りなく汝を頌めまつる。



||| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 || 目次 |