第十一章 血により近づくこと



 『然れば兄弟よ、我らはイエスの血により……憚らずして至聖所に入ることを得』(ヘブル十・十九)

 前世紀の大救霊者ジョン・スミスの言葉に「私は今かつてなきほどにイエスの御血の必要を感じている。今はこれまでになくイエスの御血を用いることを得ている」ということがある。これは実に意味深い言葉である。ここに彼の驚くべき生涯の秘訣がある。それは神の御子の犠牲を即時実地に用い得ることである。
 ヘブル書第九章には、聖書におけるすべての霊感による言葉のうち、キリストの宝血についての最も深い数箇条の教えが含まれている。ヘブル書の記者はその教理的教訓を終わるにあたり、至聖所に入るべきことを熱心に論じて、憚らずして至聖所に入る権はイエスの御血にあることを確言し、その秘訣の意味をこの第九章のうちに開示している。しかしてそれがちょうど私が上に引いた前世紀の聖徒のかくも親しくまたよく知っていたその秘訣である。
 もし我らが神の聖所に入り、憚らず聖なる神に近づかんと思うならば、我らもまたこの聖なる勝利の奥義を知り、疑い或いは恐れなくそれを用いるために、その理由を確かめる必要がある。
 ヘブル書の記者は、神がその民と立てたもうた新しき契約について語ったのち、それに関して或る定め(ディカイオーマタ)のあることを言わんとしてその詳細を語ることを差し控えるが、ただその一つ、すなわち血の流されることを強調する時と場所だけを持つ。かく彼は新約の最も肝要なる題目、すなわちキリストの血の効力を我らに紹介するのである。
 さてここに書き録されたるところより、我らはただ三つの肝要なる学課を選ぶ。しかして我らがその聖なる秘密を決して忘れぬよう、聖霊がそれを深く我らの心に書き記したまわんことを祈る。

   一、良心にそそがれる血

 『まして……キリストの血は、我らの良心を死にたる行爲(おこなひ)より潔めて活ける神に事へしめざらんや。』(ヘブル九・十四)

 活ける神に仕えること、すなわち活ける神を待ち望み、彼を礼拝すること、しかも至聖所にてかくなすことは、我らの驚くべき目標である。
 これはヘブル書の驚異の一つである。キリストが至聖所において我らの仲保者であり弁護者でありたもうを知るは幸いなことであるが、更に驚くべくまた幸いなるは、キリストがそこに彼と偕なるべく我らを召し、また彼と偕なることを期待したもうということである。
 昔の祭司等は聖所より奥には進み入ることを得なかった。彼らの務めは幸いなことではあったが、これらの限界のうちにとどまっていた。されども我らの特権は至聖所に入り、我らの大祭司と共に活ける神を待ち望むことである。我らの良心に灑がれて、罪より、咎より、恥辱より我らを浄める血は、それに加えて、死にたる行為、すなわち死ねることを行うことから我らを救い出す。詳しく言えば、我らのなすを要しまたなすを願うところのことを、我らが自らなす代わりにそれをすべて我らのためになさんと待ちたもう活ける神を待ち望むように、我らを自由にするのである。
 されば血が良心に灑がれるとは、自己にそれを当て嵌める積極的のことである。多くの人は、他人に対して咎めなき良心を持つということに安んじて、『良心に灑がれたる血』という語に顕されおる積極的な活かす経験の何も知らないが、我らの恐れを鎮めるものはこれであり、我らに大胆を与えるものもこれであり、我らをして自覚的に神に近づかしめ得るものもこれである。願うは、我らがかかる重大な目的を遂行する、かくも偉大な、有効な方法を用いんことである。
 我らはここで少しく本筋を離れて論ずる。ヘブル書の記者が、ここで潔められた良心と言っているは、罪から浄められた良心を言うのでなく、死にたる行為から清められたそれであるは注意すべきである。しかしてその何を暗示するかは明白である。すなわちそれはモーセの律法による犠牲の第七番目のものに関している。犠牲の第一は、出エジプトに当たって民の贖いのために殺された過越の小羊であり、その次に来る五つの犠牲はレビ記に録されている、礼拝の方法として贖われた民のためのものである。しかしここに言及されおるはこれらのいずれでもない。第七の犠牲、すなわち終わりのものは、ただ民数記にのみ録されおる牝牛のそれである。その牝牛の灰を潔き水に混ぜ、屍に触ることから受けた汚穢を清めるために用いるのである。それゆえに『死にたる行爲』という言葉がある。祭司等は多日の間、活ける神を待ち望む代わりに、殺された人の屍を葬ることに忙しかったので、彼等がその汚れよりの浄めを願ったのは当然である。しかもそれは清き水に混ぜ、またそれによって当て嵌められる、犠牲の血を通してのみなされ得たのである。
 このことはよく我らにも語る。何となれば、我らが神に近づく時、御言の水によって我らの心に当て嵌められる、汚点なき犠牲の血のみが、よく我らに大胆を与え得るからである。
 久しく、しかり、あまりにも久しい間、我らは既に「キリストと偕に十字架に釘けられたる舊き人」を取り扱いつつあった。さても! さても! 旧き人の葬りは、はなはだ手間取る厄介な仕事で、必要以上長くかかったのである。けれども救い主がご自身の最も貴き御血を通し、その最も貴き御言を通して、我らを近づかしめたもう時に、『死にたる者にその死にたる者を葬らせよ』(マタイ八・二十二)と叫びたもう。それで充分である。ただ信ぜよ! 汝の信仰のごとく汝になるべし。しかして我らはキリストと偕に彼の禱告の大祭司的御奉仕に与るべく入り得るのである。

   二、書にそそがれる血

 『モーセ……血……をとりて書(ふみ)……にそそぎ』(ヘブル九・十九)

 かくして契約は遺言になる。契約は、契約者と契約を受ける者の双方が生きている間のみ有効であるが、遺言の場合はちょうどその反対である。遺言は遺言者が死ぬまでは実行されることができぬ。新しき契約はキリストの最後の遺言であり、遺言書である。しかして遺言者の死にたまいしによりて永久に有効となっている。このことのために神に感謝せよ。書の上に灑がれた血は、それが遂行され得る確かな証拠であり、また神を頌めよ、それが遂行されつつある。すなわち偉大な、驚くべき、この契約の執行者なる聖霊は、遺言の条項に含まれおるすべてのことが、それを要求するすべての者に与えられるよう、取り計らいたもうのである。
 これによって我らは憚りなきことを得るのである。良心の上に灑がれたる血はすべての恐れを消散し、書の上に灑がれたる血はすべての疑いを消散する。願う、我ら、我らの偉大なる驚くべき恩人の遺言書をカルバリの光にて読まんことを。その時、地の上に普く臨んだ暗黒も、その御遺言より輝き出ずる光を我より隠しあたわぬのである。おお、我らをしてそれを再読せしめよ。しかしてそれは単なる契約でなく、我らが憐憫を受け、機に適う助けとなる恵みを得んために、恵みの御座に来る大胆を与えるところの御遺言であることを、書に灑がれた血によって確かにすべきである。
 我らは、我らの思念が神の御約束によって支えられ、御言によって銘せられ、御子の御血によって印せられるのでなければ、決して聖霊によって祈り、信仰にて近づくことをなし得ぬ者である。これはすべて、我らの祈禱の基礎である。神が昔、先祖ら、預言者らに語りたもうた時に、彼らの心は直ちに祈禱に激励刺戟されたが、我らもまたその御声を聞き、その上に灑がれた血の印を憶える時に、祈りを聴きたもう神に近づくよう励まされる。我らを祈禱に励ますものは多くある。他人の必要や重荷は言うも更なり、我ら自身の必要、我らの罪、我らの憂慮など、みな祈禱に励ますが、その最も主要なるものは、カルバリの山から我らと語りたもう神の御声である。
 キリストの御血は、アベルの血に勝れることを語る。『遙にたちて拜むべし』『近よるべからず』(出エジプト記二十四・一、二)はシナイ山からの声であったが、『近づくべし』(ヘブル十・二十二)『憚らずして來るべし』(同四・十六)は地より我らに叫ぶ声にあらず、『天より示し給ふ』(同十二・二十五)キリストの御血の頌むべき声である。

   三、天にそそがれる血

 『己が血をもて只一たび至聖所に入り……たまへり。』(ヘブル九・十二)
 『また同じく幕屋と祭のすべての器とに血をそそげり。……天にある物は此等に勝りたる犠牲(いけにへ)をもて潔めらるべきなり。』(ヘブル九・二十一、二十三)

 憚らずして近づくべし、我らの良心は血によって浄められ、約束は血によって批准され、確認されている。我らはそれ以上、何を要しようか。しかもなおそれ以上のことがある! 我らをして我らの足より沓を脱がしめよ。我らの踏むところは不思議な奥義的の所である。聖霊は我らが憚らず我らの父に近づくために、一層高い理由を我らに与えたもう。我らはこれらの諸節よりして、もし我らが天そのものに入ることを得たならば、我らはそこにて、いずれの方面にもカルバリの流血のしるしを見るべきことを推測する。
 黙示録もまたそれを我らに言明している。パトモスの預言者は、彼が見たすべての心を奪う異象の中に、いつも殺されたまえる小羊を見たことを述べ、天におけるキリストを語る時にいつもそれを小羊と称えている。小羊の怒り、小羊の新婦、小羊の書、小羊の御座、小羊の歌、小羊の婚姻などと言っている。これらの言い顕しは、彼にも我らにも、カルバリの犠牲、彼の貴き流血は天における讃美崇拝驚異礼拝の中心題目なることを恒に思い出さしめる。
 我らの既に言ったごとく、ここヘブル書九章においてもまた、天における最も聖き神の聖前に入る大胆を我らに与えるために、そこに灑ぎの血のあることが注意されている。我らの見るいずれの所にも深紅の徴が見られる次第である。
 かく我らの大胆は保証されている。すべてが確保されていれば、我らは恐れることを要せぬ。我ら自身のいかなる価値も、いかなる熱心も、いかなる涙も、いかなる悔い改めも、我らのなし得るいかなるわざも、この血の与えるような、そのような大胆は与えぬのである。何となれば、その血は、地に在って御自ら我らの罪の宥めの供え物でありたもうたその贖い主が、天における我らの大弁護者として、ご自身の手にとって自ら捧げたまえる、その御血でないであろうか。
 我らの天の住まいの汚点なき所が何故にキリストの御血を灑がれねばならぬか。我らは理解せぬかも知れぬ。否、理解しあたわぬが、我らはそれを信ずる。信じつつ、信仰の真の確信をもって近づき得るのである。されど後には、我らが驚くべきこの事実を見、たぶんその奥義をいくぶんか理解するその日が来るであろう。
 それまでは、我らも古の聖徒のごとく「イエスの血を用いること」を学び、その効力と神聖なる能力を信じ、聖霊が我らの信仰に応えて、自覚的に神の臨在に至らしめたもうを見出すまで、終日御血を訴え、御血のうちに喜ぶことをなさしめよ。神はそこにてその愛子と偕なる祭司として我らを歓迎し、その御名によって捧げる我らの嘆願に答えることを悦びたもうのである。
 我らは前段において、遺言者の死は我らの嗣業の質であり保証であることを語り、彼の死にたもうたことによってその遺言が有効になったということを見た。けれども我らはここに更に勝れることを見る。すなわちその遺言者が復活したもうたのである。彼は再び生きて、ご自身の遺言の執行を監督したもう。されば遺言はいま再び一つの契約となり、彼は自らその保証となりたもうのである。
 主がご自身の御血をもって天に在して、我らのために常に聖父の御前にその御傷を示し、その御手を広げたもうことは、我らのために確信と喜びの一層深い理由となるのである。
 この章の標題は血によりて近づくことである。しかしてその引用句は至聖所に入る大胆について語っている。我らの注意したごとく、昔日は大祭司のほか誰もそこに入ることを得なかった。祭司等は幔のこちらに立つことしかできなかった。彼らは金の祭壇で奉仕したといえども、至聖所における執り成しの奥義については何も知るところがなかった。しかしヘブル書には不思議中の不思議が顕されている。
 すなわち、カルバリにおけるキリストの犠牲を通して、我らは幔の内にて我らの大祭司の執り成しの御業に与るように召されている。キリストが我らのために執り成さんとて恒に生きたもうは幸いなことであるが、我らが彼の御業に与るように近づかしめられることを学ぶはなお一層驚くべく、幸いなことである。これが我らの語るところの、血によって近づくことである。かくて祈る力、祈って勝利する能力は我らのものとなる。我らは我らの良心に灑がれた血をもって、我らの心に神のすべての約束を印するところの書に灑がれた血をもって、またその血が天に灑がれおるという確信をもって、近づき得るのである。我らは訴えることができ、信ずることができ、説得することができる。かつそればかりでなく、我らの大祭司と共に立ち、彼の御重荷を共に負い、その御国の来ることのためのその御嘆願に与ることは、我らの権利、特権、義務である。
 おお、願う、我ら聖霊によって「キリストの血を用いること」をなし、かくして神が我らのために計画し、備えたまえることを成し遂げしめられんことを!



||| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 || 目次 |