結  語



 さて、私はいかに結語を綴るべきであろうか。それには、私が本書中にたびたび引用した、霊感に近い文章の著者によって書かれた語よりもまさって心を探る、またまさって恩恵に満ちた語はあり得ない。
 もし何人でも、これまで本書に書いたところを読んで、キリストがその犠牲によって彼らのために買いたまえるすべてを充分に見たならば、しかして彼らの心がそれに動かされて、棘と釘と槍をもって我らのために開かれた聖所をば求めて見出し、戸を叩き、そこに入らんと欲するならば、私はその人々を導き、次に引用する語をその唇にもって神に近づかしめたいのである。
 「主よ、汝の霊的神殿なるわが霊魂は、いつまで強盗の巣、売買の家にてあるべきぞ。人の手にて造られた汝の神殿が売買する者によって汚されたごとく、いま霊的神殿が無益な思想に汚されて幾許の時を経べきであろうか。善からぬ気質がわが内に宿り、不信仰や、外形的儀式や、偽善や、嫉妬や、肉的快楽の渇望や、霊的悦楽に対する無頓着や、苦痛と恥辱を伴う義務に対する逡巡などが、ここに留まって幾許の時を経べきであろうか。しかり、これらの羊や鴿、山羊や蛇が、至聖所のごとく純潔なるべきわが胸を汚して幾許の時を経べきであろうか。実にこれらのものが、霊と真とをもって汝を拝む者の一人たることから我を妨げて幾許の時を経べきであろうか。おお、願わくはこれらの汚れたる鳥の籠を取り去るよう、我を助けたまえ! 忽然と汝の神殿に来りたまえ! 汝の純潔の御目に障るすべてのものを追い出し、キリスト者たる『汝の民の爲になほ遺れる安息』(ヘブル四・九)に入ることより我を妨げるすべてのものを毀ちたまえ。かくて我はわが生命の神に対して、キリスト教的ヨベルなる霊的安息を守るであろう。かくて我は、汝がその伴侶らにまさって完全なるキリスト者に注ぎたもう喜びの油に与れることを証しするであろう。
 主よ、我は油の欠乏を感ずる。わが燈火はほの暗い。愚かなる処女らのそれのごとく、時には消えんとするごとくにさえ見える。それは燃えて輝く光よりは、むしろ煙れる麻のごとくである。おお、それを消えしめず、焔にまで燃えしめたまえ! 
 汝は、わが汝を信じまつるを知りたもう。わが震える手はなお汝を保ちまつる。しかしてたとえ幾千度、我は汝の赦しの愛を痛めまつるとも、汝の御手は仁慈と憐憫を我にかむらしむべく、わが上にあるとともに、汝の永遠の御腕は、わが生命を滅びより贖うべく、わが下にある。さはさりながら、哀しいかな、我は汝の現在の御慈悲を充分に感謝せず、汝の将来の御恩恵に向かって充分に渇き求めもせぬ。それゆえに我は、汝の聖言のうちに描き出され、汝の最も聖き僕等によって享受された、恩寵の高処に達しおらぬことを自覚して、わが霊魂のうちに痛ましき空虚を覚える。汝の最も聖き僕等の深い経験、彼らが汝の聖旨を行えるその精励と熱心、彼らがその十字架に耐えたその忍耐と剛毅等は、我を非難し、わが様々の欠乏を覚らしめる。我は上よりの能力を要する。我は聖者よりの透徹する永続する油注ぎを要する。我は聡き処女らの顔を楽しげにする油の満ちたるわが器──広い心──を持つことを要する。我らは、神殿における型の燈火のごとく、また祭壇の聖火のごとく、わが胸に日も夜も燃え続く天的照明の燈火と神的愛の火を要する。我はすべての罪より浄める血の充分なる適用と、汝の聖める御言に対する強い信仰を要する。すなわち汝がそれによって、栄光の動かざる望み、わが愛の固定せる対象として、わが心に住むことを得たもうところの、その信仰を要する。我はうちなる託宣所、すなわちウリム・トンミム(ヘブル語にて光と完全を意味する)とともに『靜なる細微(ほそ)き聲』(列王紀上十九・十二)またそれを受ける者のほか誰も知らざる新しき名を要する。要するに、主よ、我は汝の御霊の盈満、聖父の全き約束、汝の配与の完全にまで進んだ信者らの、霊魂の奥より流れ出ずる河々を要する。我は、汝がかく聖霊と火をもって我に施すことを得たまい、また施すことを欲したもうことを信じまつる。冀う、わが不信仰を助け、この肝要なるバプテスマに関してわが信仰を堅くし、また増し加えたまえ。主よ、かく我は汝にバプテスマを受けることを要する。しかして我はこのバプテスマの成し遂げられるまで心に思い逼まる。馬槽における汝の涙のバプテスマ、ヨルダンの水のバプテスマ、ゲツセマネにおける汗のバプテスマ、カルバリにおける血と火と煙の気と燃ゆる怒りのバプテスマによって、バプテスマを施したまえ。おお、わが霊魂にバプテスマを施したまえ。しかして汝の最後のバプテスマが、エバの娘より受けたまえる汝の罪ある肉の形の終わりとなれるごとく、そのバプテスマを我がアダムより受けたる原罪の全き終わりとならしめたまえ。汝の民の或る人々は、罪よりの全き救いは死に至るまで来らぬと思う。されど主よ、我は汝のご命令に随いて汝を見上げまつる。わが霊魂に向かって「我は汝の救いなり」と仰せたまえ。しかして汝が『汝に賴りて神にきたる者を全く罪より救ふ』こと(ヘブル七・二十五)をわが悟性の理解するごとく、わが心に感ぜしめたまえ。儀式、告白、また正統的観念が、わが死ねる暗い石の心に生命と光明と愛を運び来る管か水道でない限り、我はこれらのものに飽き果てた。汝の福音の明白なる文字も、汝の霊の甘美なる前味や、一時的の照明も、わが信仰の大望を満足することはできぬ。聖霊が絶えず汝の愛をわが霊魂の中に灑ぎ得たもうために、汝の内住の御霊を我に与えたまえ。
 おお主よ、その頌むべき御霊をもって来りたまえ。その聖なる慰め主に在って、汝も汝の聖父も来りたまえ。来りて汝の住まいを我と共にしたまえ。しからざれば我はおとなしく嘆きつつわが墓に下り行かん。幸いなる嘆きよ! 主よ、この嘆きを増したまえ。我は汝の霊の賜物の破片をば気まぐれに浪費し、或いはわが過去の経験の汚れたマナをラオデキヤ的満足をもって食せんよりは、むしろ涙のうちに汝の盈満を待ち望まん。義しき父よ、我は汝の義を慕いて飢えまた渇く。御霊をもって我を盈たし、徹底的に我を聖め、永遠の贖い、完成したる救いの日まで、中心的に我に印するために約束の御霊を送りたまえ。「我らの行いし義の業にはよらで、ただキリストのためなる汝の憐憫により」、汝、更生の全き洗いと聖霊の充分なる維新により、我を救いたまえ。しかしてそのために汝の御霊を流し出し、豊かにわが上に注ぎたまえ。わが霊魂の中に活ける水の泉が豊富に湧き出で、我が、汝のわが衷に住みたもうこと、しかしてわが霊はそれを授けたまえる神、始めであり終わりであり、わが造り主、わが終末、わが神、わが一切にてありたもう汝に帰ったと、言葉の充分なる意味をもって言い得るまで、豊かにわが上に御霊を注ぎたまえ」。



贖 罪 の 動 力

頒布価 ¥900


               昭和27年7月20日  初版発行
               
               著述者   パゼット・ウィルクス
               発行所   バックストン記念霊交会
                     武蔵野市境南町4丁目7−5
                     振替口座 東京6−66649番
                     郵便番号    180


||| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 || 目次 |