新約全書 使徒パウロ コリントびとおくれる前書さきのふみ

第 五 章



  1. 爾曹なんぢらうちに姦淫ありと常にきこその姦淫は異邦人のうちにもあらざるほどの事にて人その父の妻をもつきこ
  2. なんぢら誇るか かゝる事を行ひし者の爾曹なんぢらうちよりしりぞけられんことをねがひ痛哭なげかざる
  3. われ身は爾曹なんぢらうちをらずといへどれいをれわれをるが如く既にこれを行ひし者を審判さばきたり
  4. すなは我儕われらしゅイエスキリストの名により爾曹なんぢらあつまらんときわがれいともあり
  5. 我儕われらしゅイエスキリストのちからよりかくの如き者をサタンにわたその肉躰をほろぼそのれいをしてしゅイエスの日にすくひを得しめんとさだめたるなり
  6. 爾曹なんぢらの誇るはろしからず 少許すこし麪酵ぱんだねその全團かたまりをみなふくらすをしらざる
  7. 爾曹なんぢら麪酵ぱんだねなきが如き者なればふる麪酵ぱんだねを除きて新しき團塊かたまりとなるべし それわれらの逾越すぎこしすなはちキリストは既にほふられ給へり
  8. され我儕われらふる麪酵ぱんだねもちゐずまた惡毒あしき暴很よこしま麪酵ぱんだねもちゐず眞實と至誠まことなる無酵麪たねなきぱんもちゐていはひを守るべし

  9. われ爾曹なんぢらに姦淫を行ふ者とともまじはなかれと既に書遺かきおくれり
  10. され此世このよいんを行ふ者または貪婪者むさぼるものまたは勒索者うばふものまた偶像を拜む者とまじはることを全く禁ずるにはあらもししからば爾曹なんぢらは世を離れざるべからず
  11. わがなんぢらに書遺かきおくりしは兄弟ととなふる者もしいんを行ひ又は貪婪むさぼりまたは偶像ををがみまたは詬誶のゝしりまたは沈湎さけにゑひまたは勒索うばふことをせばこれと共にまじはることなくかゝる者と共にしょくすることだにざらしめんとてなり
  12. 外にある者をさばくことはなにわれあづからん 爾曹なんぢらさばく所は内の者にあらずや
  13. 外にある者は神これをさばかゝ惡人あしきひとこれ爾曹なんぢらうちよりしりぞくべし


| 新約全書目次 | 哥前 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 |
| 總目次 |