新 約 全 書 ヨ ハ ネ 默 示 錄

第 七 章



  1. 此後こののちわれ四人よたり天使てんのつかひ地の四隅よすみたちて地の四方しはうの風をひきとめ地の上にも海の上にもの上にも風をふかせざるを見たり
  2. 又このほかに一人の天使てんのつかひ活神いけるかみいんもちて東より登りきたるを見たり この使者つかひかの地と海をそこなふ事を許されたる四人よたり使者つかひむかひて大聲によばゝ
  3. 我儕われらの神のしもべひたひ我儕われらいんするまでは地をも海をもをもそこなべからずといへ
  4. われいんせられたる者のかずきゝしにイスラエルのもろもろ支派わかれのうちいんせられたる者あはせて十四萬四千じふしまんしせんあり
  5. ユダの支派わかれにて一萬二千 ルベンの支派わかれにて一萬二千 ガドの支派わかれにて一萬二千
  6. アセルの支派わかれにて一萬二千 ナフタリの支派わかれにて一萬二千 マナセの支派わかれにて一萬二千
  7. シメオンの支派わかれにて一萬二千 レビの支派わかれにて一萬二千 イサカルの支派わかれにて一萬二千
  8. ゼブルンの支派わかれにて一萬二千 ヨセフの支派わかれにて一萬二千 ベニヤミンの支派わかれにて一萬二千なり

  9. 此後こののちわれしに諸国、諸族、諸民、諸音しょいんなかよりたれも數へ盡す事あたははざるほどの許多おほくの人白衣しろきころもをき手に椶櫚しゅろの葉をもち寳座くらゐこひつじの前にきたりてたて
  10. かれら大聲によばゝいひけるは すくひ寳座くらゐせる我儕われらの神とこひつじよりいづるなり
  11. 天使てんのつかひみな寳座くらゐおよび長老等ちゃうらうたちよつ活物いきものとの四圍まはりたち寳座くらゐむか伏俯ひれふして神を拜し
  12. いひけるは アメン ねがはくは讚美、榮光、智慧ちゑ、感謝、尊敬たふとび、權威、能力ちから、世々かぎりなく我儕われらの神にせよ アメン
  13. 長老ちゃうらうの一人われにいひけるは この白衣しろきころもを着たる者はたれかつ何處いづこよりきたりし
  14. われこたへけるは きみなんぢこれをしるべし 彼われにいひけるは 彼等はおほいなる艱難を經てきたれり かつこひつじの血にてそのころもあらひこれをしろくなせる者なり
  15. 是故このゆゑに彼等は神の寳座くらゐの前にありかつ神の殿みやにて夜晝よるひる神につか寳座くらゐする者は彼等のなかをり給ふべし
  16. 彼等はかさねうゑかさねかわかずまた日も熱氣も彼等をそこなはざるなり
  17. そは寳座くらゐの前にあるこひつじかれらを養ひ彼等をいける水の源に導き又神かれらの淚をその目よりぬぐひ給ふべければなり


| 新約全書目次 | 默 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 |
| 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 總目次 |