新 約 全 書 ヨ ハ ネ 默 示 錄

第 十 七 章



  1. なゝつ金椀かなまりもて七人しちにん天使てんのつかひその一人きたりてわれかたりいひけるは きたわれなんぢにおほくの水の上に坐する大淫婦だいいんぷ審判さばきを示さん
  2. 地の王たちこれといんを行ひ地にすめる者その淫亂の酒にゑひたり
  3. われみたまに感じ携へられて野にゆき絳色あかきいろけもののれをんなを見たり このけものあまねくからだ僭妄せんばうの名あり 又なゝつかしらとをつのあり
  4. このをんな 紫ところもまときんと寶石と眞珠をて身を飾り手に憎にくむべきもの及びおの奸淫かんいんけがれもれきんさかづきもつ
  5. そのひたひに名をしるせり いは奥義おくぎ おほいなるバビロン 地の淫婦いんぷと憎むべき者との母
  6. われこのをんなの聖徒の血にゑひイエスのあかしなし者等ものどもの血にゑひたるを見たり われこのをんなを見ておほいおどろあやしめり
  7. 天使てんのつかひわれにいひけるは なんぢなにゆゑおどろくや われなんぢにこのをんなおよびこれするなゝつかしらとをつのあるけもの奥義おくぎかたら
  8. なんぢが見しけものさきにはありしが今はなし のち無底坑そこなきあなよりのぼりて沈淪ほろびゆかん 世のはじめより生命いのちふみその名をしるされざる地にすめるものさきにあり今あらずのちまたいづけものを見ておどろかん
  9. こゝ智慧ちゑの心あるべし このなゝつかしらをんなの坐するなゝつの山なり
  10. なゝつの王あり そのいつゝは既にたふれひとつなほあり のこりひとついまきたらず きたらば暫くとゞまらん
  11. さきありて今あらざるけものは第八なり すなはなゝつの王よりいでし者にてつひには沈淪ほろびゆか
  12. なんぢが見しとをつのとをの王なり 彼等はいまだ國を得ざれどもこのけものとも一時ひとゝきのあひだ王の如き權威をとるべし
  13. 彼等はみな同心おなじこゝろにておの能力ちからと權威をけものあた
  14. かれらこひつじと戰はん しかしてこひつじこれにかつなり そはこひつじもろもろしゅしゅ 王の王 これとともにある者はみなめさえらばれたる忠信の者なるによる
  15. 天使てんのつかひまたわれにいふ 淫婦いんぷの坐する所のなんぢが見し水は庶民、群衆、諸國、諸音しょいんなり
  16. なんぢが見しとをつのけもの淫婦いんぷを憎みこれをして荒墟さぶしくかつ裸裎はだかなさしむ 又その肉をくらひ火をこれやくべし
  17. そは彼等に神おのがむねしたがふの心をあたへ彼等をして心をおなじうせしめかつ神のことばことごとなるまでその國をけものあたへしめ給へばなり
  18. なんぢが見しをんなは地の諸王に王たるおほいなる城邑まちなり


| 新約全書目次 | 默 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 |
| 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 總目次 |