新 約 全 書 ヨ ハ ネ 默 示 錄

第 八 章



  1. また第七だいしちの封印をひらきしとき天靜謐しづかなりし事おほよ半時はんとき
  2. われ神の前にたて七人しちにん天使てんのつかひをみる 彼等なゝつらっぱあたへられたり
  3. また一人の天の使つかひきん香鑪かうろ持來もちきたり祭壇まつりだんかたはらたつ かれおほくかうあたへられたり 寳座くらゐの前にあるきん祭壇まつりだんの上にこれそなへすべての聖徒の祈禱いのりそへしめんためなり
  4. かうけぶり聖徒の祈禱いのりそひ天使てんのつかひの手より神の前に昇れり
  5. この天使てんのつかひ香鑪かうろとりこれに祭壇の火をもりて地にかたむけゝれば許多おほくの聲 迅雷いかづち閃電いなづまおよび地震おこれり

  6. なゝつらっぱとれ七人しちにん天使てんのつかひらっぱをふくそなへなせ
  7. 第一の天の使つかひらっぱふきければ血のまじりたるへうと火と地に雨降ふりくだり地の三分の一焚亡やけうせまたの三分の一焚亡やけうせすべての青草も焚亡やけうせたり

  8. 第二の天使てんのつかひらっぱふきければ火にやくおほいなる山の如きもの海に投入なげいれられ海の三分の一血になりたり
  9. 海のなかにある造られたる活物いきもの三分の一しに 船三分の一破壞やぶれたり

  10. 第三の天使てんのつかひらっぱふきければひとつおほいなる星明燈ともしびの如くにもえて天よりおつ すなはかはの三分の一および水のみなもとおちたり
  11. この星の名は茵蔯いんちんといふ 水の三分の一は茵蔯いんちんの如くにがなれ如此かく水のにがなれるによりおほくの人しね
  12. 第四だいしの天の使つかひらっぱふきければ日の三分の一 月の三分の一 星の三分の一みなうたれてその三分の一すべてくらくなりひる三分の一光なくよるまた光なし
  13. われ見しにひとつの鷲穹蒼そらの中央をとびおほいなる聲にてよぶをきく いはのちまた三人の天使てんのつかひらっぱふかんとするにより地にすむ者はわざはひなるかな わざはひなるかな わざはひなるかな


| 新約全書目次 | 默 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 |
| 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 總目次 |