新 約 全 書 ヨ ハ ネ 默 示 錄

第 九 章



  1. 第五の天使てんのつかひらっぱふきける時われ天より地におちたるひとつの星を見たり この星 底なきあなかぎあたへられたり
  2. かの底なきあなひらきければおほいなるけぶりの如きけぶりあなよりのぼり日と穹蒼そらとはこのあなけぶりためくらくなれり
  3. おほくいなごけぶりなかより地にいづ このいなご地のさそりちからの如きちからあたへらる
  4. 又地の草もろもろの青綠あをきものおよびもろもろそこなふことなくたゞひたひに神のいんなき人々をそこなふべしとめいぜられたり
  5. かつこれに人をころすことを許さずたゞ五ヶ月のあひだかれらをくるしむる事をゆるされたり その痛苦くるしみは人さそりさゝれたる時の痛苦くるしみの如し
  6. この時に人々死をもとめんとすれどもあたはず しなんことをねがへども死は遁去のがれさるべし
  7. このいなごかたちいくさのためにそなへたる馬の如し かしらにはきんかんむりごときものを戴きそのかほは人のかほの如し
  8. こゝをんなかみのけの如きかみのけあり その齒は獅子しゝの齒の如し
  9. またてつ胸當むねあての如き胸當むねあてあり そのつばさおと數多あまたの馬の戰車いくさぐるまひき戰塲いくさばはするが如し
  10. かつこれにさそりの尾の如き尾とはりとあり このいなご五ヶ月のあひだ人をそこなちからもて
  11. このいなごに王あり 底なきあな使者つかひなり ヘブルのおんにてその名をアバドンといひギリシヤのおんにてアポリオンといふ
  12. ひとつわざはひすぎさりてなほふたつわざはひ至らんとす

  13. 第六の天の使つかひらっぱふきし時われ神の前なるきん祭壇まつりだん四角よつのかどよりいづる聲ありて
  14. このらっぱもてる第六の天の使つかひかたるをきく いはく かのつながれて大河おほかはユフラテのほとりにある四人よたり使者つかひゆる
  15. すなは四人よたり使者つかひゆるされたり 年月ねんげつ日時じつじに至りて人の三分の一を殺さんためこれそなへしものなり
  16. 騎兵のかず萬々まんまんあり われそのかずきけ
  17. われ異象まぼろしこの馬とこれのれる者を見しがその形狀ありさまかくの如し 彼等は火色ひいろ、紫色、硫磺色いわういろ胸當むねあてつく 馬のかしら獅子しゝかしらの如くその口よりは火とけぶり硫磺いわういづ
  18. この馬の口よりいづる火とけぶり硫磺いわうみつのものゝために人の三分の一ころされたり
  19. この馬の力量ちからは口と尾にあり その尾は蛇のごとくにしてかしらあり これて人をそこななり
  20. このわざはひにてころされざるのこりの人々はなほその手なす所を悔改くひあらためず惡鬼あくきを拜しみることきくことあるくことを得ざるきん、銀、あかゞね、石、木の偶像を拜し
  21. 又その兇殺きゃうさつ、魔術、姦淫、盜竊たうせつ悔改くひあらためず


| 新約全書目次 | 默 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 |
| 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 總目次 |