新 約 全 書 ヨ ハ ネ 默 示 錄

第 十 五 章



  1. われまたおほいにしてかつふしぎなる異象しるしの天に現れしを見たり 七人しちにん天使てんのつかひ末後いやはてなゝつ災殃わざはひもてり 神のいかりこれにてつくなり
  2. われまた火のまじりたる玻璃ぎやまんの海のごときものを見たり かつけものそのざうおよびその名のかずかちたる者 神の琴をとりこの玻璃ぎやまんの海のほとりたてるを見たり
  3. かれら神のしもべモーセの歌とこひつじの歌をうたひいひけるは しゅ 全能の神 なんぢの行爲わざおほいなるかな たへなるかな 萬民ばんみんの王よ なんぢの道は義なるかな まことなるかな
  4. しゅたれなんぢおそれざらんや たれなんぢの名をあがめざらんや たゞなんぢきよし 萬國の民なんぢの前にきたりて拜せん なんぢたゞし行爲わざすでにあらはれたり

  5. 此後このゝちわれしに天にてあかしの幕屋の殿みやひらけたり
  6. なゝつ災殃わざはひもてなゝつ天使てんのつかひきよくして光ある布をき胸にきんの帶をつかねてこの殿みやよりいづ
  7. よつ活物いきものひとつこの七人しちにん天使てんのつかひに世々かぎりなくいます神のいかりもれきん金椀かなまりあた
  8. 神の榮光さかえ權力ちからよりいづけぶり殿みや滿みちたり なゝつ天使てんのつかひもてなゝつ災殃わざはひをはるまで殿みやいることをうる者なし


| 新約全書目次 | 默 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 |
| 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 總目次 |