新 約 全 書 ヨ ハ ネ 默 示 錄

第 四 章



  1. 此後このゝちわれ見しに天に門ひらけありたり はじめきける所のわれに語れるらっぱの如き聲またわれかたりいはく ここにのぼわれこのゝちおこるべき事をなんぢに示さん
  2. われたゞちみたまに感じ天にひとつ寳座くらゐまうけありてその寳座くらゐの上にする者あるを見たり
  3. その座する者のかたち金剛石こんがうせきあかき瑪瑙めなうの如くかつその寳座くらゐ四圍まはりに綠のたまの如き虹あり
  4. その寳座くらゐ四圍まはりに又二十四にじふし寳座くらゐあり 二十四人にじふよにん長老ちゃうらう 白衣しろきころもをきかしらきんかんむりを戴きてその寳座くらゐするを見たり
  5. その中央の寳座くらゐうちより閃電いなづま迅雷いかづちおよび許多あまたの聲いづ 又その寳座くらゐの前にともれるなゝつ燈火ともしびあり これ神のなゝつれいなり
  6. 寳座くらゐの前に水晶に似たる玻璃ぎやまんの海の如きものあり 寳座くらゐの正面とその四圍まはりよつ活物いきものあり 前後まへうしろことごとく目なり
  7. 第一の活物いきもの獅子しゝの如く第二の活物いきものは牛の如く第三の活物いきものかほかたち人の如く第四の活物いきものとぶ鷲の如し
  8. このよつ活物いきものおのおのむつつばさあり その内外うちそとことごとく目なり このものやまずしていふ きよきかな きよきかな きよきかな むかいまし今いまのちいますしゅたる全能の神と
  9. この活物いきもの寳座くらゐする所の世々かぎりなくいける者にさかえを歸しこれを尊びこれに感謝せし時
  10. 二十四人の長老ちゃうらう寳座くらゐする者の前にふしこの世々かぎりなくいける者を拜しおのれかんむりその寳座くらゐの前に投出なげいだしていひけるは
  11. しゅなんぢさかえ尊貴たふときと權威をうくべき者なり なんぢ萬物ばんもつを造り萬物ばんもつ意旨みこゝろよりたもかつ造られたり


| 新約全書目次 | 默 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 |
| 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 總目次 |