新 約 全 書 ヨ ハ ネ 默 示 錄

第 十 八 章



  1. 此後このゝちわれ又一人の天使てんのつかひおほいなる權威をもちて天よりくだるを見る そのさかえ 地をてらし輝けり
  2. かれおほいなる聲にてよばゝいひけるは おほいなるバビロンたふれたり たふれたり いま惡魔の住處すみかまた各樣さまざまけがれたるれいおよびけがれたる憎にくむべき鳥の巢となれ
  3. そは萬國の民かれが奸淫かんいんよりふるいかりの酒をのみ地の諸王かれといんを行ひ地の商賈あきうどかれがはなはだしき奢華おごりよりとみいたせなり

  4. われまた天より聲あるをきけいはく わが民よ 爾曹なんぢらかれの罪に共にあづかりまたかれわざはひに共にあふことを免れんがためそのなかいづべし
  5. それ彼が罪はつもりて天に至り神その不義を心にとめ給へり
  6. 彼が爾曹なんぢらなしし如く彼になしそのおこなひてらし倍してこれに報い彼がくみあたへさかづき爾曹なんぢらまた倍してこれくみあたへ
  7. 彼がみづから高ぶりみづから奢れる如くまた痛苦くるしみ悲哀かなしみを彼にあたへよ かれ心のうちいふ われは女王にょわうの位に坐す われ寡婦やもめあらわれかならず悲哀かなしみあはじと
  8. 是故このゆゑもろもろ災殃わざはひ一日のうちかれの身にきたらん すなはち死、悲哀かなしみ饑饉うゑなり 彼また火にて焚盡やきつくされん そは彼をさばき給ふしゅたる神は能力ちからある者なればなり
  9. 彼といんを行ひ彼と共に奢華おごりくらしゝ地の諸王 彼がやかるゝけぶりを見てこれためなげかなしまん
  10. この諸王かれがうく痛苦くるしみおそはるかに離れたちいはかなしかな かなしかな おほいなるまちバビロン 堅固なるまち なんぢうく審判さばき一時ひとゝきあひだに至れりと
  11. 地の商賈あきうどこれがためなきかなしめり そはかれらの貨物あきなひものかふ人なければなり
  12. その貨物あきなひものは金銀、寶石、眞珠、細麻布ほそきぬの、紫にてそめし物、絹、そめし物、各樣さまざま香木かうぼく、象牙、各樣さまざま器皿うつはものあたひたかき木あるひ眞鍮しんちうあるひは鐵あるひは臘石らうせきにてつくれ各樣さまざま器皿うつはもの
  13. また肉桂にくけい、香料、香膏にほひあぶら沒藥もつやく乳香にうかう、葡萄酒、油、麥粉むぎこ、麥、牛、羊、馬、車、奴隷および人のたましひなり
  14. バビロンなんぢが心たしめ果穀くゎこく熟期みのりどきすでに過去すぎさりすべての奢れる華美のもの既にほろまたこれを見ざるべし
  15. 此等これらの物をあきなひバビロンのためとみを致しゝ者等ものどもバビロンのうくくるしみをおそはるかに離れたちなきかなしみていひけるは
  16. かなしかな かなしかな 細麻布ほそきぬのと紫にてそめし物とそめし物とをまときん、寶石、眞珠にてかざりたるおほいなる城邑まちかくの如きおほいなるとみ一時ひとゝきうち消滅きえうせんとは
  17. すべて舟長ふなをさ 海をわたる人々及び舟子かこと海により生業すぎはひなすものバビロンのもゆけぶりを見はるかに離れたち喊叫さけびいひけるは
  18. いづれまちこのおほいなるまちくらべけんや
  19. またちりかしらの上に散布まきちらなきかなしみつゝ叫びいひけるは かなしかな かなしかな このおほいなるまちその奢侈おごりよりすべて海に舟をもてる者のとみを得たるこのまち一時ひとゝきうちほろびし事
  20. 天よ 聖徒 使徒 預言者よ 爾曹なんぢらこれをよろこぶべし 神なんぢらのためこれ審判さばき給へるなり
  21. 一人の强き天の使つかひ うすの如きおほいなる石をとりこれを海になげいひけるは おほいなるまちバビロンかくの如くはげしく打仆うちたふされて再びあらはるゝ事なからん
  22. バビロンよ なんぢうちに琴をひきがくを奏し笛をふきらっぱならす聲重ねてきこえず各樣さまざま工人こうじん重ねて見えずうすおと重ねてきこえず
  23. 火燈ともしびの光かさねててら新郞はなむこ新婦はなよめの聲かさねてきこえざるべし そはなんぢのうち商人あきうどは地の尊貴者たふときものなればなり また萬國の民なんぢの魔術にまどはされたればなり
  24. 預言者聖徒およびすべて地にありて殺されたる者の血はこのまちに見えたり


| 新約全書目次 | 默 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 |
| 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 總目次 |