新 約 全 書 ヨ ハ ネ 默 示 錄

第 二 十 章



  1. われ一人の天使てんのつかひ底なきあなかぎおほいなるくさりを手にたづさへて天よりくだるを見たり
  2. かれ惡魔ととなへサタンととなふたつすなはち老蛇らうじゃとらへこれ千年せんねんのあひだ縛置しばりおかんとす
  3. これを底なきあな投入なげいとぢこめてその上に封をなし千年せんねんすぐるまで諸國の民をまどはすことなからしむ 其後そのゝちかならず暫時しばらくのあひだ釋放ときはなさるべし
  4. われおほくの座位くらゐを見しにその上に坐する者あり 彼等審判さばきけんあたへらる 又イエスのあかしおよび神のことばために首きられたる者の靈魂たましひを見たり これけものそのざうを拜せずその印誌しるしひたひあるひは手にうけざりし者の靈魂たましひなり 皆いきてキリストと共に千年せんねんあひだ王となれ
  5. そのほかの死人は千年せんねんをはるまでよみがへらざるなり これ第一の復生よみがへりなり
  6. この第一の復生よみがへりあづかる者はさいはひなり これ聖者きよきものなり このともがらの上に第二の死はけんとることあたはず 彼等は神とキリストの祭司となりキリストと共に千年せんねんあひだ王たるべし

  7. 千年せんねんをはりてサタンそのひとやより釋放ときはなさるべし
  8. かれいでて地の四方しはう列邦くにぐにゴグとマゴグをまどはこれあつめたゝかはしめんとす 彼等のかずは海の砂の如し
  9. かれら地にあまね滿みちて聖徒の陣營と愛せらるゝまちとを圍む この時に火 天よりくだりて彼等を焚盡やきつくせり
  10. 彼等をまどはしゝ惡魔 火と硫磺いわうの池に投入なげいれられたり すなはけものおよびいつはりの預言者のをるところなり こゝはも晝も患難なやみ痛苦くるしみありて世々やむ時なし

  11. われ白きおほいなる寳座くらゐこれに坐する者とを見る 地と天とその前をのがれて再びとゞまるべきところを得ず
  12. われまたしにし者の大と小とのわかちなく皆神の前にたつを見たり 其處そこふみありてひらほかに又ひとつふみありてひらく これ生命いのちふみなり しにし者は皆ふみしるせる所の事によりそのおこなひしたがひて審判さばきうくなり
  13. 海そのなかの死人をいだし 死と陰府よみそのなかの死人をいだせり 彼等おのおのそのおこなひしたがひて審判さばきうけたり
  14. 死と陰府よみと火の池に投入なげいれられたり これ第二の死なり
  15. すべ生命いのちふみしるされざる者もまた火の池に投入なげいれられたり


| 新約全書目次 | 默 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 |
| 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 總目次 |