新 約 全 書 ヨ ハ ネ 默 示 錄

第 十 二 章



  1. こゝおほいなる異象しるし天にあらはる 一人のをんなあり 日を着 月を足のしたにふみかうべに十二の星のかんむりいたゞけり
  2. 彼すでにはらをりしが子をうまんとしていたくるし泣叫なきさけべり
  3. またひとつ異象しるし天にあらはる 一條ひとすぢおほいなる赤龍あかきたつあり これなゝつかしらとおつのあり そのなゝつかしらなゝつかんむりいたゞけり
  4. その尾にて天の星三分の一をひきこれを地におとせり このたつ 子をうまんとするをんなの前にたちうむまちその子をくらはんとす
  5. をんな男子をとこのこうめそのてつの杖をもて萬國の民を主理つかさどらんとす かれ神とその寳座くらゐもとあげられたり
  6. をんなのがれてゆけり 神そこにて彼を千二百六十日のあひだくらはしめんためそなへ給へるひとつの所あり
  7. かくて天にいくさおこれり ミカエルその使者つかひひきゐたつと戰ふ たつまたその使者つかひひきゐこれと戰ひしが
  8. かつことあたはかつ再び天にをることを得ず
  9. こゝおいこのおほいなるたつすなはち惡魔とよばれサタンとよばるゝ者 全世界の人をまどは老蛇らうじゃ地に逐下おひおろさる その使者つかひまたともに逐下おひおろされたり
  10. 天におほいなる聲あるをきけいは我儕われらの神のすくひ能力ちからその國と神のキリストの權威 今すでに至れり そはわれらの神の前に夜晝よるひるわれらの兄弟を訴ふる者 既に逐下おひおろされたればなり
  11. 我儕われらの兄弟はこひつじの血およびおのあかしせし所のことばよりこれかてり 彼等は死に至るまでその生命いのちをしまざりき
  12. 是故このゆゑに天と天にをる者は喜べ 地と海はわざはひなるかな そは惡魔おのが時の幾時いくばくなきをしりおほいなるいかりいだき爾曹なんぢらの所にくだればなり

  13. たつおのが既に地に逐下おひおろされしを見て男子をとこのこうめをんななやませり
  14. このをんなおほいなる鷲のふたつつばさあたへられ野にとびおのが所に至り其處そこにて蛇をさけ一年と二年と半年はんねんのあひだ養はれたり
  15. 蛇その口より水をかはの如くをんなうしろはきこれただよはさんとせり
  16. をんなを助け口をひらきたつの口よりはきたる水を呑盡のみつくせり
  17. たつをんないかりてそののこり兒女こどもすなはち神のいましめを守りイエスのあかしたもつものと戰はんとてゆけ


| 新約全書目次 | 默 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 |
| 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 總目次 |