新約全書 使徒パウロ コリントびとおくれる前書さきのふみ

第 二 章



  1. 兄弟よ われさき爾曹なんぢらいたりし時もことばと智慧のすぐれたるをもてなんぢらに神のあかしつたへざりき
  2. そはわれイエスキリストと彼の十字架につけられし事のほか爾曹なんぢらうちありなにをもしるまじとこゝろを定めたればなり
  3. われなんぢらとともをりし時はよわくかつおそれまた多く戰慄おのゝけ
  4. わがいひし所またわがのべし所は人の智慧の婉言うるはしきことばを用ゐずたゞみたまちからあかしを用ゐたり
  5. そはなんぢらの信仰をして人の智慧によらず神のちからよらしめんとおもへばなり
  6. しかれども我儕われら全き者のうちに智慧を語る これこの世の智慧にあらまた此世このよ有司つかさ すたらんとする者の智慧にあら
  7. 我儕われらの語る所は秘密かくれたりし神の奥義おくぎの智慧なり 創世よのはじめの先より神のあらかじめ我儕われらをしてさかえを得しめんがために定め給ひしものなり
  8. 此世このよ有司つかさこれしるもの一人もなし しらさかえしゅを十字架につけざりしならん
  9. しるして神のおのれを愛する者のために備へ給ひしものは目いまだ見ず耳いまだきかず人の心いまだおもはざる者なりとあるが如し
  10. されど神はそのみたまをもてこれ我儕われらあらはせり みたま萬事すべてのこと究知たづねしりまた神の深事ふかきことをも究知たづねしるなり
  11. そは人のことその内にあるれいほかたれこれしらんや かくの如く神のことは神のみたまほかしるものなし
  12. 我儕われらうけしは此世このよれいあらず 神よりいづみたまなり これ神の我儕われらたまひし所のものをしるべきためなり
  13. かつわれらこの事を語るに人の智慧のをしふる所のことばを用ゐず聖靈のをしふる所のことばもちゐるなり すなはみたまことばみたまことあつるなり
  14. 性來うまれつきのまゝなる人は神のみたまことうけこれ彼等にはおろかなる者とみゆればなり 又これをしることあたはず そはみたまことみたまよりわきまふべき者なるがゆゑなり
  15. されみたまつける者は萬事すべてのことわきましる しかしておのれは人にわきましらるゝことなし
  16. たれしゅの心をしりしゅをしふる者あらんや され我儕われらはキリストの心をもて


| 新約全書目次 | 哥前 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 |
| 總目次 |