新約全書 使徒パウロ コリントびとおくれる前書さきのふみ

第 十 六 章



  1. 聖徒のためかねいだすことについてはガラテヤの敎會にが命ぜし如く爾曹なんぢらおこなふべし
  2. 一週ひとまはりはじめの日ごとに爾曹なんぢらおのおのそのうるところのしたがひてこれを家に蓄へおけ これが到るときはじめいだすことなからんためなり
  3. われいたらばふみ爾曹なんぢらが撰ぶ所の人にあた爾曹なんぢらめぐみをヱルサレムに携へしむべし
  4. もしわれゆくべくば彼等われとともゆくべし
  5. われマケドニヤをとほらんとすればマケドニヤをとほるとき爾曹なんぢらいた
  6. 爾曹なんぢらともとゞまらん あるひ爾曹なんぢらと冬をすごすことあるべし かく爾曹なんぢらわれわがゆくところおくらんことを望む
  7. いま途間みちすがらなんぢらを見ん事をねがはず しゅもしわれに許さばしばら爾曹なんぢらともをらんことを望む
  8. われペンテコステまでエペソにをら
  9. そはひろくかつ功効はたらきなすの門ひらけてわが前にあり またもとる者多ければなり

  10. テモテもしいたらば爾曹なんぢらつゝしみて彼をしておそるる所なく爾曹なんぢらうちをらしめよ そはかれもわが如くしゅつとめつとむる者なればなり
  11. 是故このゆゑ爾曹なんぢらかれを藐視いやしむる事なく平安やすらかおくりもときたらしめよ われかれがほかの兄弟たちともきたるをまてばなり
  12. 兄弟アポロについては兄弟たちともに彼が爾曹なんぢらに到らんことをわれおほいすゝむれど彼さらに今ゆくことをねがはず され便時よきをりあらばゆくべし
  13. なんぢら目をさまかたく信仰にたち丈夫をとこの如くつよかれ
  14. 爾曹なんぢらの行ふ所みな愛をて行ふべし
  15. 兄弟よ ステパナの家はすなはちアカヤのはじめなり 又かれらが聖徒のことに身をゆだねつかふるは爾曹なんぢらしるところなり
  16. われ勸む 爾曹なんぢらかくの如き者およびこれともつとむる者に服せよ
  17. われステパナとポルトナトとアカイコのきたるを喜ぶ これなんぢらにかくる所を補へばなり
  18. 彼等わが心と爾曹なんぢらの心を慰めたり 是故このゆゑ爾曹なんぢらかくの如き者を重んずべし
  19. アジアの諸敎會なんぢらにやすきとふ アクラとプリスキラ及びその家の敎會しゅあり爾曹なんぢら切々ねんごろやすきとふ
  20. すべての兄弟なんぢらにやすきとへ なんぢらきよ接吻くちづけたがひやすきとへ
  21. われパウロ親手てづからなんぢらにやすきとふ
  22. もし人しゅイエスキリストを愛せざればのろはるべし しゅきたらん
  23. ねがはくはしゅイエスキリストのめぐみなんぢらとともにあれ
  24. わが愛すべてイエスキリストにをる爾曹なんぢらともあるなり アメン

新約全書哥林多こりんと前書さきのふみ をはり



| 新約全書目次 | 哥前 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 |
| 總目次 |