新約全書 使徒パウロ コリントびとおくれる前書さきのふみ

第 八 章



  1. 偶像にさゝげし物については我儕われらみな知識あることをしる 知識は人をほこらしむ されど愛は德をたつるものなり
  2. もしみづからよくものをしるおもふ者はいまそのしるべきほどをもしらざる者なり
  3. 人もし神を愛せばこれ神にしられたるなり
  4. 偶像にさゝげし物をしょくするについては我儕われら偶像の世になきものなるをしる またひとりの神のほかに神なきをしる
  5. 神ととなふるものあるひは天にありあるひは地にありおほくの神おほくのしゅあるが如しといへど
  6. 我儕われらおいては惟一たゞひとりの神すなはち父あるのみ 萬物よろづのものこれよりなりわれらこれに歸す 又ひとりのしゅすなはちイエスキリストあり 萬物よろづのものはこれによりわれらもこれよれ
  7. されどみなかゝる事をしらず 今に至りてなほ心に偶像をかへりこれを偶像にさゝげし物とおもひしょくする者あり 是故このゆゑにその心よわくしてけがさるゝなり
  8. 神と我儕われらの關係は食物しょくもつよるあらしょくするもまさることなくしょくせざるもおとることなし
  9. され爾曹なんぢらつゝしみてその自由を柔弱者よわきものつまづきとなすなか
  10. 人もし知識ある所のなんぢ偶像のみやしてしょくするを見ば柔弱者よわきものの心これすゝめられて偶像にさゝげし物をしょくせざらん
  11. 又キリストのかはりしにたまひし弱き兄弟なんぢの知識により淪亡ほろびざらん
  12. かくの如く爾曹なんぢら兄弟に罪を犯しその弱き心をいためしむるはキリストに罪を犯すなり
  13. 是故このゆゑ食物しょくもつわが兄弟をつまづかせばわれは兄弟をつまづかせざるため永久いつまでも肉をくらはじ


| 新約全書目次 | 哥前 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 |
| 總目次 |