新約全書 使徒パウロ コリントびとおくれる前書さきのふみ

第 七 章



  1. なんぢらわれ書遺かきおくりし事についてはをとこをんなふれざるをよしとす
  2. しかれども淫行をまぬかるゝために人おのおのその妻をもちをんな各々おのおのそのをっともつべし
  3. をっと其分そのぶんを妻になすべし 妻はまたをっとしかすべし
  4. 妻はみづかその身をつかさどることを得ず をっとこれをつかさどる かくの如くをっとみづかその身をつかさどることを得ず 妻これをつかさどる
  5. 相共あひともこばむなかれ されたがひこゝろあはせてしばら祈禱いのりためわかるゝはよし のちまた共にあふべし これサタン爾曹なんぢらじゃうたへざるに乗じて爾曹なんぢらいざなはざらんためなり
  6. されわれこれをいふは命ずるにあらゆるすなり
  7. われ衆人すべてのひとわがごとくならんことを願ふ され各々おのおの神よりおのれたまものうけたり これこれの如くかれかれの如し
  8. われいまだ婚姻をせざる者および嫠婦やもめいはもしわが如くしてをらば彼等によきなり
  9. もしみづからおさふることあたはずば婚姻するもよし そは婚姻するは胸のもゆるよりもまさればなり
  10. われ婚姻せし者に命ず 妻はをっとに別るゝなか如此かく命ずるはわれあらすなはしゅなり
  11. もしわかるゝ事あらばとつがをるまたをっとやはらぐことをすべし をっともまた妻をさるべからず
  12. そのほかの人にわれこれをいふ しゅいふあらし兄弟不信なる妻をもてるとき妻ともにをらんことを願はゞこれさるなかれ
  13. またをんな不信なるをっともてるときをっとともにをらんことを願はゞこれさるなかれ
  14. そは不信なるをっとは妻によりきよくなり不信なる妻はをっとよりきよくなればなり しからずば爾曹なんぢら子女こどもきよからず されど今はきよき者なり
  15. 不信者ふしんじゃみづから離去はなれさらそのはなるゝに任せよ かくの如き事あらば兄弟あるひは姊妹つながるゝ所なし 神の我儕われらめし給へるは我儕われらむつまじくをらしめんためなり
  16. 妻よ なんぢいかでをっとを救ふことをうるいなやしらをっとなんぢいかで妻を救ふことをうるいなやをしら
  17. されど神の各人おのおの頒予わかちあたふる所またしゅ各人おのおのめすところにしたがひてかくの如く行ふべし われすべての敎會にさだめたるもかくの如し
  18. 割禮ありてめされたる者は割禮をすつなかれ 割禮なくしてめされたる者は割禮をうくなか
  19. 割禮をうくるもなんうることなく割禮をうけざるもなんうることなし うるところはたゞ神のいましめを守るにあり
  20. 各人おのおのそのめされし時にありし所のぶんとゞまるべし
  21. なんぢ奴隷にてめされなば思煩おもひわづらなかされゆるさるゝことを得ばむしこれうくべし
  22. めされてしゅにをる奴隷はしゅにつける自主なる者なり かくの如くめされし自主の者はキリストの奴隷なり
  23. 爾曹なんぢらあたひをもてかはれたる者なり 人の奴隷となるなか
  24. 兄弟よ 各々おのおのめされし時にありし所のぶんとゞまりて神とともをるべし

  25. 處女をとめの事についてはわれいまだしゅめいうけされわれしゅ矜恤あはれみを蒙りて忠義なる者となりたればおもひのぶべし
  26. 今のわざはひよりわれ婚姻せざるをよしとす かくの如くなるは人によし
  27. なんぢ妻につながるゝ者なるか しからばとくことをもとむなかなんぢ妻のつなぎなき者なるか しからば妻をもとむなか
  28. なんぢもしめとるとも罪を犯すにあら處女をとめもしよめいりするとも罪を犯すにあらされかくの如き者はその身なやみあはわれ爾曹なんぢらをしてわづらはしむるにしのび
  29. 兄弟よ われこれをいはん 今よりのちの時はちゞまれり そは妻をもてる者はもたざるが如く
  30. なくものはなかざるが如く喜ぶ者は喜ばざるが如くかふものはもたざるが如く
  31. この世をもちゐる者はもちゐざるが如くすべきためなり それこの世の形狀ありさま過逝すぎゆくなり
  32. われなんぢらが思煩おもひわづらはざらんことを願ふ 婚姻せざる者は如何いかにしてしゅよろこばせんとしゅの事を思煩おもひわづら
  33. 婚姻せし者は如何いかにして妻をよろこばせんと世の事を思煩おもひわづらふなり
  34. 妻となれる者と處女をとめたる者とのわかちあり よめいりせざる者は身もれいきよからんためしゅの事を思煩おもひわづらよめいりせし者は如何いかをっとよろこばせんと世の事を思煩おもひわづらふなり
  35. われこれをいふ爾曹なんぢらえきせんためなり 爾曹なんぢらほだしおかんとするにあらたゞ爾曹なんぢらをしてことはりかなは紛擾こゝろづかひなく慇懃ねんごろしゅつかへしめんとてなり
  36. 人もしその童女むすめに對しておのが行ふことことはりかなはずとおもふとき童女むすめときすぎかつやむことを得ざる事あらばそのこゝろまかすべし は罪を犯すにあらず 彼等に婚姻さすべし
  37. されど人もしその心を剛毅かたくやむを得ざることもなく又おのが隨意こゝろのまゝなすことを得てその童女むすめ留置とゞめおかんと心のうちさだめなばしかするはよきことなり
  38. かくごとくなればよめいりせさする者のおこなひよし されどよめいりせさせざる者のおこなひは更によし
  39. をっといけうちは妻おきてつながるゝなり されをっともししな隨意こゝろのまゝよめいりする事を許さる たゞしゅにある者にのみゆくべし
  40. されわれおもふにをんなそのまゝとゞまりなばことさいはひなり われまた神のみたまに感じたりとおも


| 新約全書目次 | 哥前 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 |
| 總目次 |