新約全書 使徒パウロ コリントびとおくれる前書さきのふみ

第 十 四 章



  1. なんぢら愛を追求おひもとめかつみたま各樣さまざまたまものしたふべし ことしたふべきは預言する事なり
  2. 方言を語る者は人に語るにあらず神に語るなり そはみたまより奥義おくぎを語るといへどさとる者なければなり
  3. されど預言する者は人に語りてその德をたて勸勉すゝめをなし安慰なぐさめあたふるなり
  4. 方言を語る者はおのれの德をたて預言する者は敎會の德をたつるなり
  5. われ爾曹なんぢらがみな方言を語る事をも願へど最も願ふ所は爾曹なんぢらが預言せん事なり 方言を語る者はやくして敎會の德をたつるにあらずば預言する者これよりまさるなり
  6. されば兄弟よ われもし爾曹なんぢらいたたゞ方言を語りて默示あるひは知識あるひは預言あるひは敎誨をしへを語らずば爾曹なんぢらなんえきあらん
  7. それれいなくして聲をいだすものあるひは笛あるひは琴もしそのわかちなくばふくところひくところ如何いかしり得んや
  8. もしらっぱさだまりなきおといださばたれたゝかひそなへをなさん
  9. かくの如く爾曹なんぢらも舌をあきらかならざることばいださばいかで語る所の事をしり得んや これなんぢら空氣に語るなり
  10. 世間よのなか口音こゑたぐひおほしといへどひとつとしてその義あらざるなし
  11. 是故このゆゑもしわれその聲の義をしらざれば語る者に對してわれゑびすとなり語る者はわれに對してゑびすとなるなり
  12. され爾曹なんぢらみたまたまものを慕ふ者なるにより敎會の德をたつためそのたまもの豐盛ゆたかならん事を願ふべし
  13. 是故このゆゑに方言を語る者はみづかこれやくせんことを祈るべし
  14. もし方言をて祈らばれいは祈るなれどが心は人のためを結ばず
  15. しからば如何いかにせん われれいて祈らん 又心をて祈らん われれいうたはん われ心をうたはん
  16. しからずばなんぢれいて祝するときおろかなる者はなんぢの語ることをしらざればなんぢが感謝するとき如何いかにしてアメンといはんや
  17. なんぢの感謝するはよし されどほかの人は德をたて
  18. われ爾曹なんぢらよりも多く方言を語るをて神に感謝す
  19. 敎會のうちありわれ方言をもて一萬のことを語らんよりむしろ人ををしへんためにが心を五言いつことばを語るをよしとす
  20. 兄弟よ 智慧においては嬰兒おさなごとなるなかれ 惡においては嬰兒をさなごとなれ 智慧においては成人おとなとなるべし
  21. 律法おきてしるしてしゅいひ給はく 異なることばことなる唇をもてこの民に語らん しかれども彼等はわれきかじとあり
  22. 是故このゆゑに方言は信ずる者のためあらず 信ぜざる者のためしるしなり されど預言は信ぜざる者のためあらず 信ずる者のためなり
  23. もし全會一處ひとゝころあつまるとき皆方言をて語らばおろかなる者あるひは信ぜざる者入來いりきたらんとき爾曹なんぢらくるへる者といはざらん
  24. されもしみな預言せば信ぜざる者あるひはおろかなる者入來いりきたらんときこのすべての人により自己みづからせめこのすべての人によりおのれの罪を認むべし
  25. かくの如くその心にかくれたることあらはるゝがゆゑふして神をおがみまた神はまこと爾曹なんぢらうちいますといは

  26. しからば如何いかん 兄弟よ 爾曹なんぢらあつまれる時おのおのにあるひ頌詩うたありあるひ敎誨をしへありあるひは方言ありあるひは默示ありあるひ繙譯ほんやくあり ことごとく德をたてんためにこれなすべし
  27. もし方言を語る者あらば二人またおほくとも三人にすぎ次序ついでよりて語りこれやくする者一人あるべし
  28. もしやくする者なきときは敎會のうちもくしておのれと神に語るべし
  29. 預言する者は二人あるひは三人かたり其餘そのほかの者はこれわきまふべし
  30. もし旁邊かたはらするもの默示を得ば先に語るもの緘默だまるべし
  31. そは爾曹なんぢらみなすべての人に學ばせ又勸勉すゝめうけしめんため一々ひとりひとり預言することをうればなり
  32. 預言者のれいは預言者に制せらる
  33. それ神はみだれの神にあら和平やはらぎの神なり

  34. 聖徒の諸敎會の如く爾曹なんぢら婦女等をんなたちも敎會のうちもくすべし 彼等の語るを許さず 彼等は律法おきていへる如くしたがふべき者なり
  35. もしまなばんとする所あらばいへありそのをっととふべし そはをんな敎會において語るははづべきことなればなり
  36. 神のことば爾曹なんぢらよりいで また爾曹なんぢらにのみきたりし
  37. 人もし自己みづからを預言者としあるひみたまに感ぜし者とせばわがなんぢらに書遺かきおくることはしゅめいなりとしるべし
  38. もししらざる者あらばそのしらざるにまかすべし
  39. されば兄弟よ 預言することを慕ひ又方言を語ることを禁ずるなか
  40. すべてのこと端正たゞしくかつ次序ついでしたがひて行ふべし


| 新約全書目次 | 哥前 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 |
| 總目次 |