新約全書 使徒パウロ コリントびとおくれる前書さきのふみ

第 四 章



  1. よろし我儕われらをキリストの役者つかへびとの如く神の奥義おくぎつかさどる家宰いへづかさの如くおもふべし
  2. 又この世にあり家宰いへづかさもとむる所はその忠信ならんことなり
  3. われ爾曹なんぢら審判さばかあるひは人に審判さばかるゝことをもっと細事ちひさきこととなす われ自己みづから審判さばか
  4. われみづからかへりみるにあやまちあるをおぼへしかれどもこれよりて義とせられず われ審判者さばくものしゅなり
  5. されしゅきたらんときまで時いまだ至らざるうち審判さばきするなかしゅ幽暗くらきにあるかくれたることてらし心の計謀はかりごとあらはさん その時おのおの神よりほまれべし
  6. 兄弟よ われなんぢらのため此等これらの事をわれとアポロになぞらへたり 我儕われらの事により爾曹なんぢらをしてしるされし所にすぎて人を思議はかるべからざる事を學ばせ 彼に從はんとてこれさからおのおのほこる事なからしめんためなり
  7. なんぢをして人に異ならしむる者はたれなんぢなに受領もらはざる物をもつもしこれを受領もらはなに受領もらはざる如くほこる
  8. 爾曹なんぢらすでにあきなんぢら既にとめ爾曹なんぢらわれとともならずして王たり われじつ爾曹なんぢらが王たらん事を願ふ そはわれも爾曹なんぢらともに王たらんがためなり
  9. われおもふに神は我儕われら使徒を死にさだめられし者の如くすゑの者としてあらはし給へり そはわれらは宇宙のものすなはち天の使つかひおよび人々に觀玩みものにせられたればなり
  10. 我儕われらはキリストのためおろかなる者となり爾曹なんぢらはキリストにありさとき者となれり 我儕われらは弱く爾曹なんぢらは强し 爾曹なんぢらたふと我儕われらいや
  11. 今の時に至るまで我儕われらうゑまたかわきまた裸またうたかくさだまれる住處すみかなく
  12. ほねをりて手づからわざをなしのゝしらるゝときはしゅくせめらるゝときはしのび
  13. そしらるゝときはすゝめをなせり 我儕われら今に至るまで世の汚穢あくたまたよろづの物の塵垢あかの如し
  14. われなんぢらをはづかしめんためこれかくあらかへりが愛する兒女こどもの如く爾曹なんぢらいましめんとてなり
  15. 爾曹なんぢらキリストにありたとひ師は一萬ありとも父は多くあることなし そはわれキリストイエスにありて福音を爾曹なんぢらうめばなり
  16. 是故このゆゑわれなんぢらがわれならはんことをすゝむるなり
  17. これよりが愛子 しゅありちうなるテモテをわれなんぢらにつかはせり 彼はわれキリストにありをしふるところすなはあまねく敎會ごとにをしふ模範のり爾曹なんぢら記憶おぼえさすべし
  18. 爾曹なんぢらうちわれを爾曹なんぢらに至らずとしてみづから誇る者あり
  19. されしゅの心にかなはゞわれすみやかに爾曹なんぢらに至り誇る者のそのことばあらそのちからしらんとす
  20. そは神國かみのくにことばあるあらちからあればなり
  21. 爾曹なんぢらなにを願ふや むちわがなんぢらに至ることを願ふ はた愛と柔和の心をて至ることを願ふ


| 新約全書目次 | 哥前 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 |
| 總目次 |