新約全書 使徒パウロ コリントびとおくれる前書さきのふみ

第 十 三 章



  1. 假令たとひわれもろもろの人のことばおよび天使てんのつかひことばを語るともし愛なくばなるかねひゞくねうはちの如し
  2. 假令たとひわれ預言するのちからあり又すべての奥義おくぎすべての學術に達し又山を移すほどなるすべての信仰ありといへどし愛なくばかぞふるにたらぬものなり
  3. 假令たとひわれわがすべての所有もちものを施し又やかるゝためからだあたふるともし愛なくばわれえきなし
  4. 愛は寬忍しのぶことをなし又人のえきはかるなり 愛はねたまず誇らず驕傲たかぶらず非禮ひれいを行はず
  5. おのれの利を求めず輕々しく怒らず人の惡をおもはず
  6. 不義を喜ばず眞理まことを喜び
  7. おほよそ事包容つゝみおほよそ事信じおほよそ事望みおほよそ事しのぶなり
  8. 愛は永久いつまでおつる事なし されど預言はすたり方言はやみ知識もまたすたらん
  9. 我儕われらの知識まったからず預言もまったからず
  10. まったき者きたるときはまったからざる者すたるべし
  11. われ童子わらべの時は語るところ童子わらべの如くさとるところ童子わらべの如くはかるところ童子わらべの如くなりしが成人ひとゝなり童子わらべの事をすてたり
  12. われら今 鏡をもてみるごとくみるところ昏然おぼろなり されの時にはかほあはせてあひ見ん われいましることまったからず されの時にはしらるゝ如くわれしらん
  13. それ信仰とのぞみと愛とこのみつの者は常にあるなり このうちもっとおほいなる者は愛なり


| 新約全書目次 | 哥前 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 |
| 總目次 |