NOTES on the
GOSPEL OF JOHN

By Rev. Barcley F. Buxton


B.F.バックストン 講述

ヨハネ傳講義

バックストン記念靈交會



第四版発行に際して

 本書は故ビ・エフ・バックストン師が、明治三十年四月から三十一年六月まで毎週二回松江赤山の聖書研究会においてされた講義の筆記である。筆記者は故堀内文一氏で、同氏はすでに十七年前、主の御国に移された。
 明治三十年といえば(一八九七年)約六十年も昔のことで、当時に比べると凡てのことが遷り変わり隔世の感がある。当時この講義の席に列せられた人々の大半はすでに天に移された。しかし福音の言は今なお光をはなち多くの人々をして本書の再版を熱望されるので、その刊行に取りかかったのであるが、まず第一の困難は聖書の言葉である。本書に用いられていた聖書は元訳で、現代はすでに口語訳の時代である。元訳では若い読者のために困難である。せっかく版を新しく作るのであるから口語訳に改めたが本文としっくりしない点があって誠に不本意であるがなんとも致し方がない、といって本文全体を書き直すことは本書の特長を失うようにも思われ、また先輩の労に対しても申し訳なく思われるのでそのままにした。
 特別に理解を願いたいことは本書は著作でなくて講義の筆記である。しかも日本人のものでなく英国人の日本語による筆記であるからどことなく変わったところがある。これが著作であると文章もよく整っているが、講義の筆記というものは文章としてはなかなか困難なところが多くある。しかしこれに一つ一つ手を加えていると全くその形を変えてしまうのでこれもなるべくそのままとした。
 これが本書の特長でありまた欠点でもある。しかし要はかつて多くの人々に霊の祝福をもたらした本書が更に多くの祝福と霊の恵みを読者の上にもたらせることである。

  一九五六年三月
                       発行者識す



|| 緒1 | 緒2 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 |
| 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 結論 | 目次 |