第 十 八 章 



 十七章において、主イエスは天の処において私共のために神に禱告したもうことを学びました。十八章においては、その天の処を降りて十字架を負いたもうことを読みます。今まで父なる神と交わり親しく祈りたまいました。今からサタンとサタンのごとき人間に対して戦いたまわねばなりません。ちょうど変貌山から降りたまいました時に悪魔と悪魔に憑かれたる者に遇いたまいましたと同様です。
 祭司長がユダヤ人のために贖罪をなす時に、まず至聖所に入り香を焚き、後に民のために山羊を献げました(レビ十六・十二、十五)。十七章において私共の祭司長は至聖所に入りて祈りの香を焚きたまいました。十八章において民のためにご自分を犠牲として献げたまいます。
 私共は福音書の中に主の経験とその心状を見ることは少のうございます。けれども詩篇を研究しますならば主の経験とその心状が充分に解ります。詩篇の言葉はみな主によりて成就せられました。詩二十七篇は主の歌ではありませんか。殊に一〜六は主の有様によく符合します。主はかくのごとくヱホバに依り頼み、敵に対したまいました。多勢の敵が四周に参りましても恐怖がありません。この詩二十七・二は、ヨハネ十八・六と符合します。そうして四節において主はご昇天を俟ち望みたまいます。またその敵に勝利を得ることを確信して俟ち望みたまいます。これは実にこの時における主の歌でした。私共は十字架を負うために参ります時はどうぞこの歌をうたいとうございます。

【一節】

 主はこのケデロン川を再び渡りたもう筈ではありませんでした。主は王のごとくエルサレムに上りたまいました。また人民は大いなる表示をもってこれを歓迎いたしました。けれども直ちに叛いてこれを退けましたから、今再び退いてケデロン川を渡りたまわねばなりません。サムエル後書十五・二十三を引照なさい。当時エルサレムは叛して正統なる王を退けましたから王は退いてキデロン川を渡らなければなりませんでした。今そのようにエルサレムの正統なる王は退けられたまいましたから、退いて再びケデロン川を渡りたまわねばなりません。

【二節】

 そうですからこの処においてたびたび主の慈愛が顕れました。この処において主はたびたびユダとほかの弟子を熱心に教訓したまいました。この処においてたびたび天国の談話がありました。この処においてユダは他の弟子と共に主の祈りたもうことを目撃いたしました。この処は実に聖別せられた処でありました。けれどもかのユダはそれをも懸念せず、この最も聖なる所に入り最も大いなる罪を犯しました。ユダは今まで大いなる特権がありました。すべての特権がありました。けれども彼は主の慈愛と主の言葉に自分を委ねませんから、心がやわらぎませずしてかえってなおなお頑固になりました。ユダはたびたび主の言葉を拒みました。彼の真正の性質は今や漸く顕れて参りました。兄弟よ、私共はユダの躓きに警戒されまして、柔和なる心をもって主の言葉を受け入れとうございます。必ずユダは突然かような大罪を犯しませんでした。平素主の言葉を受け入れませんから漸次心が頑固になりまして、ついにはこの大いなる罪を犯すに至りました。

【三節】

 時は過越の夜でしたから満月でありました。けれども主を罪人のごとく探すために炬火と提灯を携えて参りました。黙示録十七・十四、十五をご覧なさい。サタンは諸国諸民を支配しましたから羔と戦いました。その羔と戦うとは何でありますか。この節はその戦でした。悪魔は悪魔に属ける武器をもって参りました。羔は何をも携えずして彼らに向かいたまいます。けれども勝利を得たまいます。

【四節】

 『何もかも知っておられ』。十三・三の『悟り』と同じことです。主はこのことを悉く知りたまいました。そうですから逃げとうございますならば逃げることができました。けれども喜んでご自分の生命を捨てたまいます(十・十七、十八)。ローマの兵卒でもユダヤの祭司でも主の生命を奪うことはできません。主は自らご自分の生命を捨てたまいました。

【五、六節】

 『わたしである』。これは実に貴き言葉でした。旧約のヱホバの名の意味は『我あり』です。いま主はここにおいてその言葉を言いたまいました。この『わたしである』とある原語は『我あり』、すなわちヱホバと同義です。彼らはこの厳粛なる言葉を聞きました時に退きて地に仆れました。ローマの兵卒でもただ主の一言を聞きました時に退きて地に仆れました。そうですから必ず主の生命を奪う者はありません。黙示録一・十六、十七を対照なさい。主イエスはこれより後幾分かご自分の栄光を示したまいました時に同じことがありました。
 かようにただいま栄光の主は幾分かその栄光を示したまいましたから主を捕らえようと思った兵卒は退きて地に仆れました。列王紀下一章にも同じ力を見ます。王はエリヤを捕らえんがために兵卒を使わしました。けれども兵卒はエリヤを捕らえることができませんでした。エリヤを捕らえようとして悉く火に焚かれました。けれども、エリヤは喜んで自分を兵卒の手に委ねました時に初めて王の前に出ました(列王紀下一・十五)。いま主イエスもご自分を兵卒の手に委ねたまいませんならば彼らは必ず主を捕らえることはできません。
 『かれら退きて地に仆れたり』(詩篇九・三、二十七・二、四十・十四)。

【七、八節】

 弟子を守るためにご自分を捨てたまいました。

【九節】

 主はただ一二時間以前にそれを言いたまいました。けれども主の言葉は聖書の言葉のごとく、成就せられなければなりません。主は善き牧者であります。いま狼が参りましたからご自分を捨ててその羊を救いたまいます。私共はこのことにより主の犠牲を見ます。これは主が後に羊のために生命を捨てたもうことの小さき雛形です(エペソ五・二十五、出エジプト記十四・十九)。いま主は弟子と敵との間に立ち弟子を救うためにご自分を捨てたまいます。

【十、十一節】

 ペテロは剣をもって神の子を護りとうございます。実に愚かなることです。神の使者なる主はペテロの剣を要しません。私共もたびたびかくのごとく肉に属けるものをもって主イエスやまたこの教えを守ろうと思います。けれども主はこのようなことを願いたまいません。主は肉に属ける勇気を願いたまいません。主は自ら自分を守りたもうことができます。もしペテロのごとく主のために肉に属ける勇気を出しますならば、啻に無益なるのみではありません。かえって主イエスの働きを妨げます。
 コリント後書十・三、四をご覧なさい。思うにペテロは真心をもってかようなことを致しました。またこれにより自分の忠実と愛を示しました。自分は喜んで主イエスのために生命を捨てる者なることを示しました。けれどもペテロの心中の悟りは未だ浅くございました。ペテロの愛と献身は誠に美しくありました。けれども未だ真実に主の栄光を見ませんでした。不信仰にも自分の勇気をもって主のために戦おうと思いました。ここで主イエスとペテロを比較なさい。主は祈りたまいました時にペテロは眠っておりました。主は自己を捨てたまいました時にペテロは戦いました。後に主は勇気をもって証したもうた時にペテロは臆病にも主を知らずと申しました。主は霊によりて歩みたまいました。ペテロは肉によりて歩みました。
 『父がお与えになった杯は、飲むべきではないか』。主は信仰をもってこれは神より与えられた杯なることを知りたまいました。主は人間の手よりこの迫害と戦いを受けるのみではなく、父なる神がこれを許したまいましたから父の手より賜うたものなることを信じたまいました。これは主の勝利の秘訣でした。私共は人間より迫害や戦いを受けますならば、これは人間の手より受けるものでなく、父の手より賜いたるものなることを信じ、『父がお与えになった杯は、飲むべきではないか』という精神をもってどうぞ柔和にそれを受け入れとうございます。

【十二節】

 そうですから兵卒は勝利を得ましたか、決してそうではありません。この十八、十九両章を見ますならば主イエスが断えず勝利を得たまいましたことを知ります。いま主は兵卒に勝利を得たまいました。これより進んで祭司長にもピラトにもサタンにも勝利を得たまいます。この両章において勝利を得たる者は誰ですかならば主イエスです。またこの時に神の栄光が輝きました。主はこのとき火の消えたることは毫もありません。迫害の中にも苦痛の際にも断えず神なる栄光が輝きました。例えばただいま読みました主の言葉をご覧なさい。六節において主の威厳を見ます。八節において主の平安を見ます。主はこの時でも少しも心が騒ぎたまいません。平安がありました。また同じ八節において主の犠牲を見ます。十一節において主の服従を見ます。実に神たる栄光が輝いているではありませんか。ユダを比べてご覧なさい。ユダは頑固なる心をもって、憎悪と怨恨とをもって主と戦いました。多勢の兵卒と武器を携えて一人の主と戦いました。けれども彼は負けました。或いはペテロを比べてご覧なさい。彼は赤心をもって主を愛し、また主に従いとうございました。けれども未だ主の栄光を見ませんから無益なることを致しました。かえってそれによりて自分の薄弱なることを示しました。けれども主イエスはこの時にも断えず威厳をもっていたまいました(ヘブル十二・三)。
 『イエスを捕らえて縛り』。その手はかつて風と波を治めたもうた手であります。かつて死者を甦らせ、癩病をも癒し、悪鬼を追い出したもうた手であります。今や、敵の手に渡され繋がれて曳き往かれたまいます。いま力のない有様にて敵の手に売られたもうたと見えます。けれども真実はそうではありません。いま主イエスの生命を奪う者はありません。ご自分が捨てたまいませんならば他より奪うことはできません。この繋がれることについて士師記十五・十四を参照なさい。主はいま悪魔の手に渡されて繋がれたまいました。けれどもこれはただ暫しの間でした。三日の後に綱と足枷を破りて甦りたまいました。全く悪魔の鍵を火に焼ける麻のごとく破りて甦りたまいました。サムエル前書四・十一をご覧なさい。その時に神の櫃はエリの家の罪のために敵の手に渡されました。その櫃は神の在したもうことを表すものでした。そのとき誰もこれを守る者なく力なきものの如くに敵の手に渡りました。けれども敵はそれを如何ともすることはできませんでした。敵の手に渡されたる神の櫃はかえってイスラエル人に勝利を与えました。いま主イエスも弱きもののごとく護られざるもののごとく敵の手に渡されたまいます。けれども敵は神の聖子を亡ぼすことはできません。神の櫃なる主イエスは漸く勝利を得たもうて、敵に亡ぼされずしてかえって敵を亡ぼしたまいました。

【十三節】

 主は七度審かれたまいました。
 第一 アンナスの前において(ヨハネ十八・十三)
 第二 カヤパの前において(ヨハネ十八・二十四、マルコ十四・五十三)
 第三 ユダヤの長老の前において(マタイ二十七・一、マルコ十五・一、ルカ二十二・六十六)
この三つの審判はユダヤ人の審判でした。
 第四 ピラトの前において(ルカ二十三・一)
これは私なる審問でした。
 第五 ヘロデの前において(ルカ二十三・七)
 第六 ピラトの前において(ルカ二十三・十一)
 第七 ピラトの前において(ヨハネ十九・十三)
これはピラトがガバタの審判の座に坐り審きたる最も厳粛なる審判でした。
 もう一度十二、十三をご覧なさい。いまイエスの苦難が始まります。サタンの力が顕れます。今この世の主が近づきまして主はその手に渡されたまいます(十四・三十)。これは暗闇の勢いです(ルカ二十二・五十三)。昔よりサタンは救い主を傷つけるように預言せられました(創世記三・十五)。今その預言が成就せられます。ヨブは暫くサタンの勢いの下にありました。サタンはヨブに種々の苦難を与えました。けれどもその時にサタンの力は限られました(ヨブ一・十二、二・六)。神はヨブをサタンの手に委ねたまいました。けれどもサタンの力は限られました。いまサタンは自分の心に従って主を取り扱うことができます。自分の心のままに主を試みることができます。けれども主のこの杯はやはり父より与えられたる杯であります。神は予めこのことを計画なしたまいました。また悉く旧約においてそれを録さしめたまいました。
 今までサタンは主に種々の苦難や誘惑を与えました。主は喜んでそれを堪え忍びたまいました。それは父の聖顔の栄光の中にそのような戦いに遭いたまいましたからであります。けれども今から父に詛われてサタンの戦いに遭いたまわねばなりません。これは恐ろしいことです。父の恩寵の下にその戦いに遭うことは、或いは喜んで堪え忍ぶことができましょう。けれども最も苦しいことは父より捨てられて単身敵に遭うことであります。

【十四節】

 そうですからカヤパは不公平なる者でありました。彼は公平をもって審きません。彼は最早審きを定めました。またこの節を見ますならばカヤパは主の奇しき事跡を明らかに聞いておりました。彼はラザロの甦りについて詳しく聞いておりました。けれどもなお信じません。主がラザロに生命を与えたもうたことを知りつつなお主を殺そうと謀ります。彼は、かように頑固なる罪人であります。

【十五節】

 『中庭に入った』。これは実に大胆なことであります。この二人は大胆に主に従いました。ペテロはもはや十字架の道を歩み始めました。けれども全くそれを歩み終える力がありませんでした。いったん主と共に歩みました。けれども後に戦いのために退きました。
 この二人は遠く離れて主に従いました。遠く離れて主に従うことはいつでも危険であります。私共は主と共におり主と共に十字架を負いますならば大丈夫です。けれども主と交わりませずして遠く離れて従うことは危険なことであります。またこの二人は幾分か主に従いました。けれども主の聖旨を解ることができませんでした。主に同情を表することができませんでした。主はゲツセマネの園の中でその同情を願いたまいました。けれどもこの二人はそのときにも同情することができませんでした。また主はここで単身戦いに出でたまわねばなりません。一人も共に行く者はありません(イザヤ六十三・三、五;五十九・十六;詩篇六十九・二十)。この終わりの引照により主は慰める者を求めたまいましたことを悟ります。これは実に考えるべきことであります。主は慰める者を求めたまいました。主は真正の人間であります。ご自分に憐憫を施す者を願いたまいました。けれども一人だにありませんでした。一人として慰める者はなく極めて淋しく戦いに出でたまいました。

【十六〜十八節】

 『ペテロは門の外に立っていた』。彼処に立つことは実に危ううございます。主と共に敵の中に立ちますならばいつも大胆に証しなければなりません。私共も初めから主を証しませんならばたぶんペテロのごとく失敗しましょう。詩篇一・一を引照なさい。今ペテロは危うき場合に立ちました。もしこの時にペテロが、勇気をもって初めから主の弟子であることを証しましたならば別に仔細はありません。けれどもそのままで弟子たることを隠していることは実に危ううございます。

【十九〜二十三節】

 主はその教えたまいしごとく毫も悪に敵したまいません(マタイ五・三十九、ペテロ前書二・十九〜二十五)。

【二十四、二十五節】

 ペテロは前に偽りましたからこのたびは自ら警戒しそうなものでした。けれども続いてその危うき処に立っております。

【二十六、二十七節】

 その鶏は、時刻を報ずるためにローマの兵卒が吹くラッパの音を鶏鳴と申しました。

【二十八節】

 今までユダヤ人は主を審きました。今またこれを曳きてローマ人の前に携え往きます。ローマの権勢の下に主を解きます。どうぞ深くこのことを考えとうございます。ユダヤ人は長年救い主を待ち望んでおりました。今その救い主が来りたまいました。自分の思いに超えた救い主が来りたまいました。けれどもユダヤ人の長老はその救い主を縛り、異邦人の前に曳き往きます。如何なることを願いますかならばその救い主の殺されることであります。これは実に怪しむべきことではありませんか。このユダヤ人は何のためにかかることをしましたかならば、自分の頑固なる思想に相違せる救い主でありましたからです。このユダヤ人は権勢をもって来る救い主は待ち望みました。けれども謙遜をもって来る救い主を退けました。ユダヤ人は自分に権勢を与える救い主を願いました。けれども自分の罪を認め罪より救う救い主を退けました。ユダヤ人は救われるために己を卑くしなければなりません。けれども己を卑くすることはできませんでした。神はユダヤ人を救わんがために、ご自分の聖旨の愛に従って救い主を降したまいました。神は独り子を与えたもうほどにユダヤ人を愛したまいました。けれどもユダヤ人はかように主を拒みます。私共も同じ罪を犯したことはありませんか。私共は神の救い主を待ち望みました。ユダヤ人のごとく神の救いの約束を俟ち望みました。けれどもその救いが現れました時に、それを得るためには己を卑くしなければなりませんので、それを拒んだことはありませんか。この救いにより大いなる感動を与えられ、大いなる栄光を得るならんと予期するに反して、かえって罪を感じ己を卑くしなければなりませんために、ちょうどこのユダヤ人のごとくかような救いを拒んだことはありませんか。またそのために神の目的が妨げられましたかならば決してそうではありません。これは実に奇しきことです。かえってこの罪により神の恩寵はなおなお明瞭に顕れました。ユダヤ人は神の救いを拒みました。けれども、かえってそれにより神の慈愛と恩寵は多くの人々に顕れました。ユダヤ人も異邦人も心を合わせて主を審きますけれども、怪しむべきかな、この罪によりて神はユダヤ人と異邦人をご自分に連ねたまいます。またユダヤ人と異邦人を一つに合わせたまいます。どうぞこれによりて愛の勝利をご覧なさい。神がこの時に罪人の最大なる罪に勝ちたもうた愛の勝利をご覧なさい。
 二十八節から人間の恐ろしい憎悪が顕れます。またそれに対する神の完全なる愛が顕れます。神に対する人間の憎悪が顕れますならば、それほど神の愛の深さ、高さ、長さ、広さが顕れます。
 『総督官邸に連れて行った』。そのときにただ主お一人その公庁の中に入りたまいました。『彼らは自分では官邸に入らなかった。汚れないで過越の食事をするためである』。実に偽善でした。けれども今までたびたび同じ偽善がありました。宗教の儀式に従うために神の愛の律法を犯しましたことをたびたび見ます。

【二十九〜三十二節】

 主は十字架に釘けられることを預言したまいました。ユダヤ人はたびたび石にて人々を殺しました。それはローマの律法に反することでしたが、彼らはたびたびかような死罪を執行しました。主は十字架に釘けられることを預言したまいました。十字架に釘けられることは、第一に大いなる恥辱でした。十字架に釘けられる者は神より詛われたる者でした。十字架に釘けられることは神に詛われたる表号でした(申命記二十一・二十三)。そうですから主は神の制定に従いたもうて他の死よりもこの死を忍びたまわねばなりません。また他の理由もあります。すなわち啻にユダヤ人のみではなく全世界の罪人の代理人が主を殺しました。ユダヤ人が石にて主を殺しましたならばそれはただユダヤ人の罪のみでした。けれどもそのほかにローマ人も心を合して主を殺しました。ローマ人は全世界の異邦人の代理でした。そうですから異邦人もユダヤ人も心を合わせて主の死罪を執行しました。

【三十三、三十四節】

 主はピラトの心を見透かしたまいました。また幾分か彼が心の中に真理を求める希望があることを見たまいましたと思います。主は何故ピラトに向かってこの言葉を仰せたまいましたかならば、ピラトをして『自分の考えで』と言い表さしめたまいとうございましたからです。けれどもピラトは三十五節のごとく自分の本心を隠します。

【三十五節】

 『おまえの同胞や祭司長たちが、おまえをわたしに引き渡したのだ』。これは実に主の苦痛でした。ユダヤは主が愛したもうた国でした。主はその国のために天より降りたまいました。その国民が主を引き渡したことは実に主の苦痛でした。ご自分の民より捨てられたもうたことは主の苦痛悲嘆でした(一・十一)。
 『いったい何をしたのか』。主のなしたもうたことは使徒十・三十八において分かります。

【三十六節】

 主は続いてピラトの心を刺し透したまいとうございます。主は祭司長の前に沈黙していたまいました。けれどもピラトに幾分か光を与えたまいました。今なおピラトを救いたまいとうございます。今なおピラトの良心を刺したまいとうございます。黙示録十七・十四を対照して主の有様をご覧なさい。

【三十七節】

 主は極めて厳粛に極めて静かに『真理に属する人は皆、わたしの声を聞く』と言いたまいました時に、ピラトは良心を刺される筈でした。けれども彼はその良心を鈍くし、この言葉を聞きませずして愚かにも『真理とは何か』と答えて主を去りました。
 『真理に属する人は皆、わたしの声を聞く』について八・四十七、十・二十七、十四・六、十七・十七を参照なさい。

【三十八節】

 これは無罪の宣告でした。主はローマの厳重なる台前に立ちたまいましたが罪なき者と審かれたまいました(出エジプト記十二・五、三十九)。

【三十九節】

 ピラトの不公平を見ます。主が無罪ですならば直ちに主を赦さなければなりません。

【四十節】

 今でも人間の前に主を宣べ伝えます時に人々は主イエスにあらずしてバラバを受けとうございます。神よりもかえって悪魔を受けとうございます。主を捨てて喜んで盗賊を受けとうございます。
 いま主とバラバを比べますれば、
 イエス 第一 聖なる者(使徒三・十四)
     第二 恩寵を与える者(マタイ十一・二十八)
     第三 平安を来らせる者(ルカ一・七十九、二・十四)
     第四 生命を与える者(ヨハネ十・十)
 バラバ 第一 有名なる囚人(マタイ二十七・十六)
     第二 盗賊(ヨハネ十八・四十)
     第三 騒動を来らせる者(マルコ十五・七)
     第四 殺す者=悪魔(ヨハネ八・四十四、ルカ二十三・十九)
 けれどもキリストを捨ててサタンを択びます。
 またその日は如何なる日でしたかならばバラバと他の二人の罪人は十字架に釘けられなければならぬ日でした。またこの三人のために三つの十字架が備えられてありました。けれどもちょうど処刑の際に急にバラバが赦されまして主はその代わりに十字架に釘けられたまいました。バラバのために備えられたる十字架はいまやキリストのために使用されます。そうですからバラバはその日に自由を得ました。バラバがその日に十字架に釘けられましたならば真ん中の十字架に釘けられる筈でした。けれども身代わりがありましたから彼は全く自由を得ました。
 私共は罪人でした。けれども主は私共の受くべき報いを受けたまいました。私共は滅亡の刑罰を受くべき者でした。けれども主イエスは私共の身代わりとなり、その刑罰を受けたまいました。主は私共のために備えられたる十字架に上りたまいました。そうですから主は死と罰を受けたもうて私共は生命と自由を得ます。



|| 緒1 | 緒2 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 |
| 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 結論 | 目次 |