第 十 一 章 



 この章において神は独り子のために大いなるしるしを示したまいます。十章においてユダヤ人は主を棄てました。また主は謙遜の道を歩みたまいました。この章において神はご自分の棄てられた聖子のためにユダヤ人の眼前に明らかなしるしを示したまいます。そのしるしは何でありますかならば死にたる者を甦らすことであります。
 主は四たびベタニアに行きたまいました。またそのたびごとに私共の学ぶべき貴きことがあります。
 第一 マリアは主の足下に坐って主の言を聞きました(ルカ十・三十九)。
 第二 主はラザロを甦らしめたまいました(十一章)。
 第三 主は一人の心を引きたもうてご自分は全き愛を受けるべき者であることを示したまいました。マリアは主にその心の愛を献げました。香油を流して全き愛心を献げました(十二・一〜七)。
 第四 はルカ二十四・五十、五十一であります。その時は昇天の時でした。弟子に向かって天のうち地の上のすべての権をその聖手に賜りしことを告げまた昇天によってそれを証したまいました。そうですからこの処において主はご自分が王の王、主の主なることを示したまいました。
 ベタニアは主の愛したもう処でした。ラザロの家は主の愛したもう家でした。今この世の中にも主の愛したもう処があります。喜んで主を迎える心はすなわち今日の主のベタニアです。また主は今日のベタニアにもご自分が教師なること、生命の与え主なること、愛を受くべき者なること、および万物の上に権を有っていたもうことを示したまいます。
 また次のことをご覧なさい。ルカ十・三十九において主はマリアに神の言を宣べ伝えました。主はマリアの預言者でした。この章において主はマリアのために神よりその兄弟の生命を受けたまいました。主はマリアの祭司でした。祭司の務めはいつでも死と生命のことです。また十二・一〜七においてマリアは喜んで主に一切を献げました。主はマリアの王でした。主は現今でもご自分を愛する者に預言者祭司王であることを示したまいます。
 この章において主が神の聖子であることを示されます。格別に四節をご覧なさい。十二・十二、十三において主はダビデの裔であることを示されます、すなわちイスラエルの真の王なることを示されます。ただ一人のユダヤ人のみならず人の子は全世界の一人であることを示されます。格別に二十三節の『人の子が栄光を受ける時が来た』をご覧なさい。
 そうですから主はいま私共にご自分の三つの性質を示したまいます。主は神の子ですから私共に神を示したまいます。ダビデの裔ですから私共が拝すべき王であることを示したまいます。人の子ですから私共に同情を表したもう者なることを示したまいます。このヨハネ伝研究の最初において神が私共に聖子の栄光を示したもうように祈りました。私共は今明らかに聖子の栄光を見ることができます。どうぞ眼を挙げて主の栄光をご覧なさい。ユダヤ人のごとくならずして真正の弟子たる心をもって今その栄光をご覧なさい。どうぞ真正の羊たる心をもって主の聖声を聴き主に従いとうございます。
 また神は一番終わりに、主の神たることを明らかに示したまいます。主はいかなるしるしをもっていたもうかならばすなわち甦りであります。それによりて神たることを示したまいます(ロマ書一・四、使徒十七・三十一)。

【一〜四節】

 『神の子がそれによって栄光を受けるのである』。そうですから父なる神も子なる神もこれによって栄えを受けたまいます。死は悪魔の働きです。けれども神はそれによってご自分の栄光を顕したまいますから実に大いなる勝利です。人間の眼から見ますならばラザロの死はかえって死の勝利であると思いましょう。けれどもほんとうにそれによって父なる神も子なる神も栄えと勝利を得たまいます。私共はここで失敗を見、かしこで暗黒を見ます時に、軽率なる判断を下しますならばかえって悪魔の勝利であると思うかも知れません。けれども終わりまで俟ち望みますならば神は必ずそれに由りてなお大いなる勝利を得たまいます。いま神は暫時悪魔の力を堪え忍びたまいます。何のためにラザロの死を許したまいましたか。それはなおなお大いなる勝利を得んがためです。そのためにそれを許したまいました。今サタンは働きます。けれども主はサタンの働きをも統御する権を持っていたまいます。

【五節】

 キリスト・イエスを言い顕すものは教会より追い出されました(九・二十二)。そうですからこの三人はそのような迫害を受けましたかも知れません。それゆえに主はなおなおこの三人を愛したまいました。

【六節】

 『是故に』(元訳・英改訳)すなわち愛のために、その処に二日留まりたまいました。私共人間の思想をもって度りますならばこのゆえに早くベタニアに往きたまいましたと思いましょう。けれどもこのゆえに二日留まりました。主はたびたび今でも愛のために急に私共の祈りに応えたまいません。暫く待っていたまいます。それから後はなおなお願うところのものよりも大いなる恩恵を施したまいます。主は二日留まりたまいましたからその信仰の試錬の時にもどうぞ信仰を保って主の働きを俟ち望みとうございます。けれどもついに主はベタニアに往きたまいます。

【七、八節】

 そうですから生命を懸けてラザロの許に参りたまいました。人間の方から見ますならば極めて危険なことでした。主は人間に生命を与えるためにいつでもご自分の生命を懸けて往きたまいます。

【九節】

 何人の生涯にも十二時間あります。その十二時の間は必ず日が暮れません。神の定めたまえる時間があります。人間は神の許可を得ませずして生命を奪うことはできません。そうですから大切なることは何でありますかならば生命を救うことでなく神の聖旨を行うことです。光に従うことです。これは大切です。主の答えはユダヤへ行くことは父の聖旨ですから安全ですという意です。

【十節】

 神の聖旨に従わず自分の心に従って歩むことは夜間歩むことです。そうしますなら躓きましょう。『その人の内に光がないからである』。自分の心中に光はありません。人間はただ神より光を受けなければなりません。自分の生命を救うために自分の心に従いますならば夜間歩むごとく躓きましょう。

【十一節】

 そうですからその時にもラザロを甦らすことを預言したまいました。けれども弟子は心が鈍いためにそれが解りません。

【十二〜十六節】

 後からトマスは不信仰に陥りました。けれども十六節を見ますならばここでは心の忠実なる者でした。
 『あなたがたが信じるようになるためである』(十五)。そうですから信仰を養うために主は祈りに答えたまいません。死ぬることを許したもうことによって、暫く悪魔の勝利を許したもうことによって弟子の信仰を養いたまいます。苦痛によって悲哀によって弟子の信仰を育てたまいます。しかですから私共は或いは悲哀、或いは暗黒、或いは暫時サタンの勝利に会わなければなりませんならばそれに驚きませずして、そのために主は私共の信仰を養いたもうてついになおなお大いなる勝利を得たもうことを信じて喜びとうございます。暫時サタンが勝利を得ましたことはかえって喜ぶべきことです。『わたしがその場に居合わせなかったのは、あなたがたにとってよかった』。何故なればそれによってなおなお明らかに神の栄光が輝くからです。

【十七〜十九節】

 たぶんこの家は財産家でありましたでしょう。

【二十、二十一節】

 のちの三十九節を見ますならば『死にてより既に四日経たり』。そうですから主は三節の音信を聞きたまいました時にラザロはもはや死にましたと見えます。マルタはここで主に呟く筈はありませんと思います。これは悲しむべきことです。主がここに在したもうたならばわが兄弟は死にませんでしたと思いました。マルタもマリアもたびたびそれを言いました。

【二十二節】

 『今でも』。もはや望みがありませんでした。されど今にても主は恩恵を与えたもうことができます。私共は今にてもと言うことができますか。時によってそれを言うことは実に信仰の勝利です。サタンの勝利を見る時に今にてもと言うことは信仰の祈りです。

【二十三、二十四節】

 神はただいま恵みを与えたまいとうございます。マルタはただ未来においてその恵みを頂戴することを望みます。ここにマルタの不信仰をご覧なさい。
 第一に二十一節において『主よもしあなたがここにいて下さったならば』と申しまして場所について不信仰を抱きました。主がここに在したまいませんために信仰が起こりません。
 第二に二十四節において時について不信仰がありました。主はただいま恵みを与えたまいとうございます。しかるにマルタは未来において主の恵みを願います。
 第三に三十九節において『四日もたっていますから、もうにおいます』と申しました。ここでは主の権能の大きさを限りました。権能の及ぶべき処に制限を定めました。キリストは死人を甦らすことはできるかも知れません。けれども四日も経たる者はできないと思いましてその権能の大きさを限りました。
 現今でも不信仰は場所により或いは時により或いはキリストの権能を限りまたその権能の大きさを限りまして種々なる過失に陥ります。たとえばいま主が罪人に生命を与えたもうように祈る時にも同じように三つの要点の不信仰がたびたび起こります。第一には罪人は大いなるリバイバルのある処ですならば悔い改めができると思いましょう。けれども主は何処においても恩恵を与えたまいます。第二に主は何時かは恩恵を与えたもうかも知れんと言います。けれども主はただいま恩恵を与えたまいます。第三には主は罪人を救うことができるかも知れん、けれどもそれほど大いなる罪人、もはや臭くなりました罪人を救うことはできないと言います。けれどもこれは不信仰です。主はこういうような罪人にも、もはや人間の眼前には臭くなりましたほど大いなる罪人にも生命を与えることができます。これは信仰の話です。
 二十一節の『主よ、もしここにいてくださいましたなら』。このならばは不信仰のならばです。けれども四十節の『もし信じるなら』。すなわち信ずるならば何事でもできると言いたまいます。これは信仰のならばです。
 また二十二節の『あなたが神にお願いになることは何でも神はかなえてくださると、わたしは今でも承知しています』。マルタは主の能力が解りました。けれども主ご自身の栄光が解りませんと思います。主ご自身の神と等しくあることを知りませんから主は二十五節にその誤謬を正したまいます。マルタにその点を教えたまいます。ご自分の独立の栄光を教えたまいます。

【二十五、二十六節】

 『わたしは、復活であり、命である』。そうですから主は甦りの力を持っていたまいます。主を受け入れる者は必ず甦りを受け入れます。我は愛なりというのと同様なる意味です。主は必ず甦りを施したまわねばなりません。何故ならばこれは主のご性質です。そうですから誰にでも生命を与えたまいます。どうぞ不信仰をもってそのことを限らないように気を付けとうございます。主は必ず生命を与えたまいます。豊かなる生命を与えたまいます。ただ主を受け入れさえしますならばこの甦りを受けます。
 『命である』。死にたる者の甦りにして既に生命を得たる者の生命です。私共は罪人たるときに主によって生命を得ました。今生きる者として主によって生命を保ちます。
 『わたしを信じる者は、死んでも生きる』(二十五)。罪人でありましても生命を得ます。『生きていてわたしを信じる者はだれも、決して死ぬことはない』(二十六)。既に生命を得たる信者は死ぬることはありません。

【二十七節】

 けれどもこれは正しい答えではありません。マルタは主の言の意味を暁りませんと思います。主よしかりと申しましても主の言が解りませんと思います。けれども神の子なることを信ずることは善き信仰です。

【二十八節】

 マルタは自分には主の言が分かりませんから主の足下に坐って主の聖言を聞きました妹を呼びました。たぶん妹はそれを悟り得ると思いまして主を去って妹を呼びます。

【二十九〜三十七節】

 『心を慟(いたま)しめ身ふるいて』(三十三=元訳)。主は何故その時に心をいたましめ身ふるいたまいましたか。また何故涙を流したまいましたか。ヘブル四・十五を引照なさい。私共の祭司の長は私共の弱いことを知ってかく嘆きたまいます。けれどもこの処ではそれのみではないと思います。主はもはやラザロを甦らせることを心に確かめたまいました。また弟子等にも既にそれを預言したまいましたからかえってこの時に喜びたもう筈ではありませんか。『彼女が泣き、一緒に来たユダヤ人たちも泣いているのを見』たまえる時に今その歎きを取り除きたまいますから喜びたもう筈ではありませんか。ルカ七・十一〜十五の死人を甦らしめたまいました時には主は涙を流したまいません。寡婦に涙を流すことを止めたまいました。これは当然のことです。ご自分がただいま甦らしめたまいますからさもあるべき筈です。けれどもこの処ではそういう慰めと喜びとを見ません。『心を慟しめ身ふるいて』。これは原語では極めて強い意味です。幾分か怒りの意味が含まれております。すなわち主はサタンの業を見て怒りたまいます。かつ人間の不信仰を見て悲しみたまいます。主はユダヤ人の不信仰を見て堪え忍ぶことができました。けれどもご自分の愛する者の不信仰を堪え忍ぶことはできません。ご自分の奥義を悟りました者の不信仰を堪え忍ぶことはできません。ラザロの死よりもマリアの不信仰の涙は嘆くべきことであります。この涙はルカ十九・四十一の涙と同じ涙であると思います。エルサレムの不信仰のために泣きたまいました時と同じ涙です。
 私共は信仰がありますならば主と共に心をいたましめ身ふるいましょう。ロマ書八・二十二、二十三、二十六をご覧なさい。私共は主と共にサタンの業を見ますならば、死ぬることを見ますならば、また不信仰を見ますならば、かくの如く嘆くべき筈です。

【三十八節】

 その時に信仰の友を願いたまいました。自分の権能を信ずる者を求めたまいましたが一人もありません。

【三十九節】

 マルタは死の力を信じました。主の甦りの力を信じませんでした。

【四十節】

 これは四節の言葉を指します。マリアとマルタはそのことを信じましたならばその信仰によって主を喜ばせ奉ったことでしょう。かつ自分の心の悲痛が取り除かれたでしょう。その信仰がありましたならば、主の栄光を見物する信仰がありましたならば、それは信仰の勝利でした。けれども主の言葉を信じませんでした。主が十字架に懸かりたまいました時に弟子等は主の言葉を信じましたならば毫も悲しみませずして主の甦りを待ち望みましたでしょう。どうぞ主の言葉をそのままに信じとうございます。そういたしますならば主の聖旨を喜ばせます。また自分の心の痛みが失くなります。また人間の眼前に主の栄光をあらわすことができます。

【四十一節】

 主はもはや得たりと信じて祈りたまいます。

【四十二〜四十四節】

 主はご自分の権能をもってラザロを甦らしめたまいました。けれどもラザロを助ける仕事を人間に委ねたまいました。罪人を生かしめることのできるのはただ主ばかりです。けれども私共をも使用したまいます。
 第一にはキリストを罪人に近づかせることです(三十四)。すなわち談話に由りてまた祈禱をもってキリストを死にし者の側にお連れ申すことです。
 第二には石を取り除くことです(四十一)。主とその人の心の間に隔たりがありますならば、偏頗の隔たり、不信仰の隔たりがありますならばそれを取り除くことです。これは私共の務めです。それゆえに死にし者とキリストの間に隔たりなしに顔を合わせて相会うことができます。どうぞその時に己を出さざるように注意致しとうございます。人間は死にし者を甦らすことはできません。罪人を主に近づけなければなりません。
 第三に罪人が生命を得ましたのちに彼を釈くこともできます(四十四)。罪人がほんとうに悔い改めましても幾分か墓の布などが残っているかも知れません。心の中に偶像の棚や間違った思想または悪しき習慣などが残っているかも知れません。そうですから私共の務めは甦りました者を助けて、そういう布などを除くことを務めなければなりません。彼を釈いて、自由に行かしめることは私共の喜ばしき特権です。
 人間たる主は一週間のうちに自分が墓に入りたまわねばなりません。それは人間たる主の試錬でしたと思います。そうですからその時のすぐ前に神は主の信仰を助けるためにラザロの甦りを見物なさしめたまいました。神はラザロを四日目に甦らしめたもうたならばご自分をも甦らしめたもうことを信ずる信仰を助けるためでした。これは極めて深遠なることです。もし信仰がありませんならばそういうことを調べぬ方がかえってよろしいかも知れません。けれども私の心の中にそれを考えましたからただ参考のために申します。時によって主の人間たる信仰を見ますならば自分の信仰の道を歩むことのために益であると思います。

【四十五、四十六節】

 そうですから神が明らかにこの世の中にご自分の奇しい業を示したまいますならば二つの結果があります。第一は四十五節のごとく神を信ずる者が起こります。第二は四十六節のごとく頑固なる心をもって神を追い出そうと考える者も起こります。ルカ十六・三十一をご覧なさい。今それを見ます。死より甦りし者がありました。けれどもかえってこのために人々はなおなお頑固になりました。人々の心を刺す方法は第一に聖書です。

【四十七節】

 そうですから信ずるほかになすべきことはありません。

【四十八節】

 主の勢力をご覧なさい。これはパリサイ人の恐れるところです。『皆が彼を信じるようになる』。そうですから神の国が来ります。信ずることによって病が癒されました。盲者はその目を開かれました。死にし者は、甦りました。そうですから『皆が彼を信じるようになる』ことは当然の結果です。けれどもパリサイ人はこれを妨げとうございます。人間の心は頑固にして神を追い出そうと致します。
 『そして、ローマ人が来て、我々の神殿も国民も滅ぼしてしまうだろう』。今日でもかくのごとき思想を抱く人がたくさんあります。キリスト教は国体に反すると言います。そのために国が弱くなると言います。悪魔は始めからそういう思想を起させます。今この政治家はキリスト教が拡まるならば、『ロマ人きたりて、我らの土地と國人とを奪はん』と言いました。そういう恐れはありません。かえって主に従うならばユダヤ国は栄光と権力とを受けます。かえってそのために勝利を得ます。けれどもこれが事実でありましてもユダヤ人はいずれを択びましょうか。或いは現世に属けるものの恩恵を択びましょうか。或いは神に遣わされたる主を択びましょうか。創世記十四・十八をご覧なさい。メルキゼデクは神の祝福をもってアブラハムを迎えに出ました。その時ソドム王も世に属ける財宝をもってアブラハムを迎えに出ました(同二十一)。アブラハムはいずれを択びましょうか。天に属ける恩恵を有てるメルキゼデクを受け入れましょうか。或いは多くの財宝を持てるソドム王を受け入れましょうか。いまユダヤ人は同じ場合に臨みました。天に属ける恩恵をもって来たまえる神の祭司なる主イエスを択びましょうか。或いはローマの国の恩恵を択びましょうか。そういう問題です。ユダヤ人は最初から神の属ですから神に属ける恩恵を択ぶべき筈です。けれどもこの時に不幸にしてかえってこの世に属ける恩恵を択びました。私共も、たびたび同じ場合に遇います。いずれを択びましょうか。人間に軽んぜられたる主を択びましょうか。或いは眼で見ゆる大いなるローマ人の恩恵を択びましょうか。

【四十九、五十節】

 この人は自分の心に従ってその言葉を発しました。けれども神はその口の言葉を導きたまいました。これは真実の預言でした。悪人でも自分の口の主人ではありません。この人は怒りをもって主を死罪に定めました。けれども悪人の怒りはかえって神の栄光のためになりました。

【五十一、五十二節】

 ここに主の死の二つの結果を見ます。五十一節に主が人間の身代わりになって死にたまいますことを見ます。これは誰でものためです。五十二節に神の子供を一つに集めんがために死にたまいますことを見ます。この第二の結果は十・十六にそれを見ました。同十五に生命を捨てたもうことを見ます。その結果は『わたしには、この囲いに入っていないほかの羊もいる。その羊をも導かなければならない。その羊もわたしの声を聞き分ける。こうして、羊は一人の羊飼いに導かれ、一つの群れになる』。エペソ二・十四〜十七をご覧なさい。そうですから主が死にたもうことによって神の子供を一つに集めたまいます。それを妨げることがありますならば幾分か主の死の結果を妨げます。たとえば教派の隔たりなどは主の聖旨に反するものです。主は何のために死にたまいましたかならば神の子供を一つに集めんがためです。そうですからその隔たりを悉く毀ちとうございます。詩篇五十・五をご覧なさい。これは同じことであります。

【五十三節】

 黙示録十九・十九をご覧なさい。その時にも反対する者があります。主は栄光をもって天より降りたもう時にも悪魔に起された反対者があります。いま謙遜をもって栄光を捨てて降りたまいました時にも主と戦わんとする反対者があります。

【五十四〜五十七節】

 五十四節をご覧なさい。これはユダヤ国滅亡の初期でした。国民がこの世に属けるものを撰びましたから大いなる恩恵をもって来りたまいました主はこの国を去りたまいました。また主は顕わに行きたまわず、そこを去りて弟子と共にエフライムに留まりたまいました。今この世の中にまたひとたび同じことを見ます。いま主はご自分が受け入れられませんから顕わに行きたまいません。人間が主を捨てとうございますから表面に働きたまいません。けれども弟子と偕に留まりたまいます。窃かに集められたる者と共に行きたまいます。
 またこの節において真実の過越の羔が献げられました。



|| 緒1 | 緒2 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 |
| 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 結論 | 目次 |