第 十 五 章 



 十四章において主は私共に聖霊時代の栄光を示したまいました。また聖霊を受けますならばいかなる恩寵、いかなる光を受けますかについて教えたまいました。ただいま十五章において、その恩寵の生涯は続く生涯であること、その秘密はキリストにおることであること、またその生涯は果を結ぶ生涯であることを教えたまいます。十四章のごとく神の異象を見ますならば、それはただ自分一人のためのみではありません。これにより神と人間のために果を結ぶことができることを教えたまいます。そうですから十四章においてキリスト信者は父と子と聖霊とに交わることを見ます。十五章において地上における信者の生涯を見ます。すなわち
 第一 信者と主との関係が記されてあります(一〜十一)。
 第二 信者相互の関係が記されてあります(十二〜十七)。
 第三 信者と世に属ける者との関係が記されてあります(十八〜二十七)。
 どうぞこれを読むことのみでなく、頭脳で悟ることのみではなく、今これについて新しき経験を神より受けとうございます。

【一節】

 神は旧約時代において葡萄樹をもっていたまいました。詩篇八十・八をご覧なさい。『なんぢ葡萄の樹をエジプトより携へいだし もろもろの國人をおひしりぞけて之をうゑたまへり』。昔のイスラエル人は神の葡萄樹でありました。また彼らは神のために聖霊の果を結ぶ筈でした。けれども、『その樹は火にて燒かれまた斫りたふさる』(詩篇八十・十六)。彼らは失敗いたしました。いま神はその昔の葡萄樹の一つの枝を取りたまいまして真の葡萄樹に植え付けたまいます。イザヤ十一・一をご覧なさい。『エッサイの株より一つの芽いで その根より一つの枝はえて實をむすばん』。イスラエルという葡萄樹は全く伐り倒されたと見えました。けれどもその株より一つの芽が出ました。いま真の葡萄樹ができて参りました。昔の葡萄樹は自分のために実を結びました。ホセア十・一の英語訳には、『イスラエルは空しき葡萄樹なり、彼は己のために実を結べり』とあります。けれども今ただ神のために実を結ぶ葡萄樹ができて参りました。『わたしはまことのぶどうの木、わたしの父は農夫である』。そうですから子なる神と父なる神を見ます。霊なる神も含んでおります。霊なる神はこの葡萄樹の液でありますから、三位一体なる神が共に働きたもうて私共の益をなしたまいます。
 『わたしの父は農夫である』。第一、農夫は葡萄樹を顧みたまいます。主は私共のごとく父なる神に依り頼まなければなりません。ご自分を空しくして父なる神に依り頼みたまいます。父は農夫であります。また父は私共の農夫であります。私共は葡萄樹より内部の恵み、内部の生命を受けます。農夫より外部の恵みを受けます。或いは肥料を受け、或いは剪り除けられることによって種々の外部の恵みを受けます。そうですから私共は、実を結ぶために内外より恵みを受けます。真の葡萄の枝が実を結びませんならば枝の過失です。主は葡萄樹でありますから内部の生命を与えたまいます。父は農夫でありますから外部の恵みを与えたまいます。私共の農夫は或いは枝を剪りたもうこともあります。表面の摂理を与えたもうことは農夫の働きです。そうですから私共は実を結ぶために最も好き状態にいるのであります。

【二節】

 エゼキエル十五・一〜四をご覧なさい。また同六をご覧なさい。葡萄樹が実を結びませんならば他の働きのために何も利益がありません。少しも他の働きができません。その時に神はイスラエル人の模様によって実を結ばないものと見たまいましたから、イスラエル人は実に役に立たぬ民でありました。今でも私共は神のために実を結びませんならば、他のことのために役に立たぬものであります。その樹の目的が成就せられませんから剪り除けられなければなりません。
 『わたしにつながっていながら、実を結ばない枝はみな、父が取り除かれる』。そうですから私共は父の刑罰或いは懲治に遇わねばなりません。これは苦痛であるかも知れません。けれども神が剪りたもう懲治は私共をして『実を結ぶものはみな、いよいよ豊かに実を結ぶように手入れをなさる』のであります。
 この二節を見ますならば、父なる神は不断私共の心霊上の生涯を顧みたまいます。私共に実を結ばしめんがために不断働きたまいます。そうですから神は私共に懲治を与えたもうても、どうぞ神の慈愛を信じてそれを受け入れとうございます。
 『いよいよ豊かに実を結ぶように』。これは私共の行くべき道であります。神はそのために力を尽くしたまいます。そうですから信者がますます繁く実を結びませんならば神の目的に逆らいます。テサロニケ前書三・十二をご覧なさい。『また願ふ 主爾曹の愛を增しかつ滿たしめ』。これはますます繁く結ぶ実です。またテサロニケ後書一・三をご覧なさい。『そは爾曹の信仰彌(いや)增し』。これは今読みました祈りの応答です。その時に葡萄の枝はますます繁く実を結びました。これは真に幸いです。神はいま私共に対して同じ目的を持っていたまいます。またそのために私共を教え導きたまいます。
 この実はどういう実でありますか。これは一番最初に伝道の成功ではありません。私共はこのことについてたびたび誤解をいたします。第一に伝道の成功を願います。けれども神はまず私共の心に実を結ぶことを願いたまいます。ガラテヤ五・二十二、二十三をご覧なさい。これは霊の結ぶ実です。神は第一にこの霊の実を結ぶことを願いたまいます。私共の心の中にかような実がありませんならば、伝道の成功を求めることは神の順序に背きます。けれども心の中に実ができますならば、必ずそのために他の人々は悔い改めまして自己も葡萄の枝となりたく思います。私共は実を結ぶことによって葡萄樹の価値を示します。葡萄樹の価値はどこで分かりますかならば、ただその実によってであります。他の樹の価値は或いは花であります。或いは材木であります。けれども葡萄樹の価値はただ一つ善き果を結ぶことによって分かります。いま私共の周囲にある人々は私共によって主の価値を知ります。私共は善き果を結びますならば、大いなる果を結びますならば、ますます繁く果を結びますならば、それによって主の価値を知ります。これは第一に主を証しする方法であります。自分の心の愛と平和、喜悦を現すことは第一の証です。また枝によって葡萄樹はだんだん大きくなります。私共によってキリスト教の感化は拡がります。キリスト教会は広められます。
 葡萄樹はその最も善き滋養分を与えて枝に実を結ばせます。実はその樹の元素です。主は私共に実を結ばしめんがためにご自分の最も善き液汁と元素を与えたまいます。ご自分の血、ご自分の生命を与えて私共に実を結ばしめたまいます。また枝なる私共は実を結びとうございますならば自分の最も善き元素を与えなければなりません。身も魂も自分の生命をも献げまして、主のために実を結ばねばなりません。
 『實をむすぶ枝は之を潔む』。農夫は如何にして葡萄樹を潔めますか。或いは枝を剪ります。或いは葉を剪ります。よく剪り取ることによって繁く実を結ばせます。私共の農夫も同じように私共に繁く実を結ばしめんがために私共の小さき枝や葉などを剪ります。農夫はそれを剪り取りませんならば、樹はその小さき役に立たぬ枝に液汁を出します。そうですから無益なる枝に液汁を費やしませずして、実を結ぶ枝のためにその液汁を費やさねばなりません。農夫はそのために役に立たぬ枝を悉く剪り取ります。兄弟よ、私共の務めは何でありますか。ただ実を結ぶことであります。それを妨げる種々なる目的がありますならば、各様なる働きがありますならば、神は厳重にその目的、その愛する肉の働きを剪り取りたまいましょう。そうですから私共は力を尽くして生涯を尽くしてこの一事を務めることができます。すなわちそれは神の栄光のために生涯を暮らすことです。神は私共の心より、また私共の生涯より他のことを剪り取りたまいますならば、それは神の慈愛の印です。神は知恵ある農夫でありますからどうぞ神の聖手に自分を委ねて、懲治を与えたまいましても喜んでそれは神の慈愛の印であると思いとうございます。

【三節】

 そうですから、神は格別にその一言において私共を潔め、私共に実を結ばしめたまいとうございます。『わたしが話した言葉によって』。主は私共に神の言葉の大切なることを示したまいます。また私共は実を結びとうございますならば心の中に神の言葉を受け入れることは第一に必要であります。葡萄樹の枝は必ず農夫の刃物の疵を受けましょう。私共も神の言葉を受け入れることが必要です。
 葡萄樹の枝は或いは潔めを受け、或いはこれを拒む自由なる働きがありません。けれども私共には選択の自由があります。この潔めを拒むことができます。また喜んで受け入れることができます。
 私共は神の言葉を拒みましょうか。或いは受け入れましょうか。神は『話した言葉によって』私共に十字架を負わせたまいますならば、それを受け入れましょうか。どうぞいつでも神の言葉をそのまま受け入れとうございます。その言葉に従いますならばたびたび種々の苦痛があると思います。けれども神はその苦痛を与えたまいとうございます。その苦痛によって私共を潔める目的を持っていたまいます。またその潔めを与えるために言葉を与えたまいます。私共はどうぞ不断神の『話した言葉』、すなわち聖書に記されてある言葉を受け入れとうございます。

【四節】

 枝の樹に連なると連ならざるとは自分で選択することができません。けれども私共はそれを選択することができます。或いはおることができます。或いは拒むことができます。『わたしにつながっていなさい』。それによりて義とせられます。『わたしもあなたがたにつながっている』。それによりて力と生命とを得ます。
 十四章において主は私共の中にご自分を顕したもうことを教えたまいます。今この四節において続いて父と子と聖霊が我等の衷に在すことを教えたまいます。すなわちすなわち、十四章二十三節は、一時の黙示ではありません。一時の恩寵ではありません。永久の恩寵であります。
 『わたしにつらなっていなさい』。これについて詩篇三十七・三〜七をご覧なさい。第一、『ヱホバによりたのみて善をおこなへ』(三)。第二、『ヱホバによりて歡喜(よろこび)をなせ』(四)。第三、『なんぢの途をヱホバにゆだねよ』(五)。第四、『ヱホバのまへに口をつぐみ忍びてこれを俟望め』(七)。この四つの誡めはいずれも『わたしにつらなっていなさい』ということを説明しております。
 『ぶどうの枝が、木につながっていなければ、自分では実を結ぶことができないように、あなたがたも、わたしにつながっていなければ、実を結ぶことができない』。私共はそれを信じますか。主イエスに連なりませんならば何もできないことが分かりますか。もしそれが分かりますならば潔き真正の生涯をいつでも暮らすことができます。主はそれを知りたまいました。ヨハネ五・十九、三十をご覧なさい。『子は、父のなさることを見なければ、自分からは何事もできない』。『わたしは自分では何もできない』。そうですから人間たる主は不断父にいたまいました。
 十四章十節をご覧なさい。『わたしが父の内におり、父がわたしの内におられることを、信じないのか。わたしがあなたがたに言う言葉は、自分から話しているのではない。わたしの内におられる父が、その業を行っておられるのである』。そうですから主のごとく生涯を送ることを私共に命じたまいます。主は私共の心霊上の模型であります。主が父に依り頼んで生涯を暮らしたまいましたように、私共も主に依り頼んで生涯を暮らさなければなりません。そうでありませんならば何事でも行うことができません。兄弟よ、それについて自分の心を判断いたしとうございます。私共は主の葡萄樹に連なる枝でありますか。或いは他の種々のものより液汁を摂りますか。ただイエス・キリストより智慧と力を吸いますか。或いはイエス・キリストより幾分かそれを吸い、またほかのことによりて幾分かそれを吸いませんか。肉に属ける信者はいつでも半分は主の枝であります。私共は全く真の葡萄樹の枝でありますか。『わたしにつながっていなさい』という言葉はいかなる意味でありますかならば、キリストで満足することです。キリストさえあれば他に何も要らぬ意味です。
 もし私共がキリストにおりますならば、キリストご自身は私共におりたもうて私共の満足となりたまいます。『わたしもあなたがたとつながっている』。これは充たされることです。
 私共は献身がありませんならば充たされることはできません。けれども両方共に続かなければなりません。献身は一時のことではありません。充たされることは一時のことではありません。両方共に続かなければなりません。

【五節】

 そうですからキリストと共に教会がありませんならば全きものではありません。枝がありませんならば葡萄樹は全き樹ではありません。主は私共にその大いなる位と特権を与えたまいます。私共がありませんならばご自分は全きものではありません。コリント前書十二・十二をご覧なさい。『体は一つでも、多くの部分から成り、体のすべての部分の数は多くても、体は一つであるように、キリストの場合も同様である』。そうですからキリストはご自分一人で止まりたまいますならば全き者ではありません。キリストと教会と一緒になりますならば全きキリストです。骨と肢と一緒になりますならば全き骨です。これは幸いなる言葉です。またこれによりて私共の大いなる特権が分かると思います。
 『人がわたしにつながっており、わたしもその人につながっていれば、その人は豊かに実を結ぶ』。そうですから多くの実を結ぶ秘密は何でありますかならば、多くの実を結ぶ秘密は他のものではありません。或いは知識、或いは預言、或いは異言など、すべてそういうものではありません。多くの実を結ぶ秘密はただキリストにおることばかりです。どうぞこれを深く学びとうございます。私共はたびたび自分の有様が変わるならば実を結ぶことができると思います。或いは霊の賜物を得ますならばなおなお多くの実を結ぶことができると思います。けれどもそれは大いなる誤りです。私共はただキリストにおることによりて多くの実を結ぶことができます。静かに信仰をもって自分の考えを静めて心に安息を得ましてキリストにおることによりて、多くの実を結ぶことができます。
 『わたしを離れては、あなたがたは何もできないからである』。肉に属ける信者はいつでも心の中に、自分には幾分か力があります、幾分か知識があります、そうですからこの上になくてはならぬ力や知識がありますならば主からそれを受け入れようと思います。けれどもそれは大いなる誤りです。最初よりただキリストばかりに依り頼みませんならば多くの実を結ぶことはできません。私共の不十分と思うものを充たす型としてキリストを見上げてはなりません。
 またこの五節を見ますならば、神は私共に多くの実を結ぶことを願いたまいます。私共は少しの実を結びますならば満足するかも分かりません。幾分か喜楽平和がありますならば、幾分か柔和、慈悲、忠実がありますならば満足を得るかも分かりません。けれども主はそれにて満足したまいません。主は私共が多くの実を結ぶことを願いたまいます。どうか私共は身も魂も神に献げましてこの世の中に多くの実を結びとうございます。私共は身も魂も全く神に献げますならば、多くの実を結んでキリストの価値を世の中に示すことができます。神は私共を管とならしめたもうて、世の中にご自分の恩寵、ご自分の愛を示したもうことができます。あなたがたによってキリストの愛を今一度この世の中に現したまいます。そうですからどうぞ葡萄樹の枝となって身も魂も一切を神に委ね、一切をただキリストより取りまして生涯を暮らしとうございます。
 もう一度『わたしを離れては、あなたがたは何もできないからである』をご覧なさい。そうですから三節で潔められました者でも何事もできません。私共は潔めを得ましたならば幾分かできるかも分からんと思います。けれども潔められました者でもキリストを離れる時は何事もできません。

【六節】

 『離れたる枝の如く』。やはり元の形が残っております。この枝は活ける樹の活ける枝でありました時に成長しました。またいま離れましても同じ形を保っております。私共はキリストを離れましても表面は以前と同様なる生涯を暮らしましょう。或いは聖書を読み、或いは表面の祈禱を務め、或いは表面の伝道をいたしましょう。けれども生命がありません。また枝は樹を離れましても急に枯れません。しばらくの間はちょうど活けるものと見えます。花もありましょう、実もありましょう。ちょうど活けるままでありましょう。けれども漸次生命がなくなりまして、漸次葉も枯れ花も落ちまして、ついに全く役に立たぬようになります。この離れたる枝の枯れることは、急なることではありませんからなおなお恐ろしいことであると思います。私共はこれを恐れまして、主を離れてはなりません。どうぞ続いて主におるように、聖書を心の中に受け入れることによって、祈禱をもって、断食をもって主を求めなさい。力を尽くして、そういうことを怠ってはなりません。
 この六節に三つの階段があります。
 第一は、キリストにおらぬことです。
 第二は、外に棄てられることです。これはキリストの国より捨てられることです。この世において天国より捨てられることです。
 第三は、『火に投げ入れられて燒かれてしまう』。これは未来において火に焚かれることです。これはバプテスマのヨハネが宣べ伝えましたことと同じことです。『良い実を結ばない木はみな、切り倒されて火に投げ込まれる』(マタイ三・十)。神の恩寵を宣べ伝えたもうたイエス・キリストは、神の審判を宣べ伝えたるバプテスマのヨハネと同じことを宣べ伝えたまいました。
 また火に投げ入れられることについてマルコ九・四十三、黙示録二十・十五、同二十一・八をご覧なさい。主はただいま同じことを言いたまいます。私共は主におることについて心を欺くことができます。心を欺くことはたやすいことです。主はこの恐ろしき言葉をもって私共を醒ましとうございます。
 主におりませんならばどういう結果がありますか。第一に実を結びません(四)。第二に何事もできません(五)。第三に神に棄てられます(六)。第四に火に投げ入れられます(同)。どうぞ自分の心を判断いたしとうございます。第一の結果によって心を判断することができます。主におりませんならば新しき実を結ぶことはできません。活ける樹を離れました枝は今まで結びました実を続いて保っていることはできます。けれども新しき実を結ぶ力と生命はありません。どうぞそれについて自分の心を判断いたしとうございます。
 七節より十節までにおいて、主は私共が主におることの結果を示したまいます。すなわちその結果は三つあります。
 第一は、祈禱の力です(七)。
 第二は、神を崇めることです(八)。
 第三は、主の愛を感じることです(九)。

【七節】

 第一 祈禱の力
 言葉を換えて言いますならば、私共は神の言葉を受け入れますならば神は私共の言葉を受け入れたまいます。私共は神の言葉に従いますならば神は私共の言葉に従いたまいます。それは祈禱の秘密です。これに反してゼカリヤ七・十三をご覧なさい。『彼かく呼はりたれども彼等聽かざりき 其ごとく彼ら呼はるとも我聽かじ 萬軍のヱホバこれを言ふ』。これは祈禱の応えられぬ秘密です。神は私共に呼ばわりたもう時に私共はそれを聴きませんならば、私共が呼ばわる時に神は聴きたまいませんかも分かりません。詩篇三十七・四をご覧なさい。『ヱホバはなんぢが心のねがひを汝にあたへたまはん』。すなわちこの節の約束のごとく求めに従って与えられます。私共はそれほどの祈禱の力をもっているはずです。そうですから私共の求めが成就せられませんならば自分の心を省みなければなりません。神は、私共にそれほどの祈禱の力を与えたまいとうございます。『わたしの言葉があなたがたの内にいつもあるならば』。キリストを私共の衷に宿し奉ることと、キリストの言葉を私共におらしめることとは同じことであります。
 私共は何処でキリストを求めましょうか。やはり大いなる感情をもってパウロと共に第三の天に昇りましょうか。否、そうではありません。キリストはご自分の言葉の中に隠れていたまいます。キリストを受け入れとうございますならば、キリストを知りとうございますならば、この活ける言葉の裡にキリストを知ることができます。ヨハネ十四・二十三をご覧なさい。『わたしを愛する人は、わたしの言葉を守る。わたしの父はその人を愛され、父とわたしとはその人のところに行き、一緒に住む』。主はわが言葉を守る者には、『その人のところに行き、一緒に住む』と言いたまいます。キリストの言葉を受け入れますならば活けるキリストご自身を受け入れます。またヨハネ一書二・五をご覧なさい。『しかし、神の言葉を守るなら、まことにその人の内には神の愛が実現しています。これによって、わたしたちが神の内にいることが分かります』。また同二十四をご覧なさい。『初めから聞いていたことを、心にとどめなさい。初めから聞いていたことが、あなたがたの内にいつもあるならば、あなたがたも御子の内に、また御父の内にいつもいるでしょう』。このように、キリストの言葉を宿しますならば、願うところ、求めに従って与えられます。
 マタイ十五・二十一〜二十八をご覧なさい。この婦はキリストの言葉を受け入れました。二十六に、主は汝は犬なりと言いたまいました。婦は二十七にその言を受け入れましてしかりと言いました。そうですから二十八のように自分の求めに従って与えられました。主は『願の如く爾に成るべし』と言いたまいました。出エジプト三十三・十七をご覧なさい。『主はモーセに言われた。「わたしは、あなたのこの願いをもかなえよう。わたしはあなたに好意を示し、あなたを名指しで選んだからである」』。これは祈禱の力です。神はモーセの言えるごとくなしたまいます。私共は祈禱の力を知りますか。まだ祈禱はどういうものであるかを知らぬかも分かりません。神は私共にこの大いなる力を委ねたまいます。けれどもまだその状態を成就しませんならばその祈禱を解ることはできません。どうか祈って神に求めとうございます。

【八節】

 第二 神を崇めること
 『わたしの父は栄光をお受けになる』。栄えを神に帰することです。マタイ五・十六をご覧なさい。『人々が、あなたがたの立派な行いを見て、あなたがたの天の父をあがめるようになるためである』。私共の行いを見る者はたびたび私共を崇めますけれども、私共は主におりますならばこの八節あるいはマタイ五・十六のように人々は父なる神を崇めます。私共を見付けませずして私共によりて父なる神を崇めます。ガラテヤ一・二十四をご覧なさい。『我事に因りて神を崇むることを爲せり』。パウロは自分の行いによりて自分を出しませずしてかえって自分を隠しましたから、人々は神を崇めました。イザヤ六十一・三をご覧なさい。『シオンのゆえに嘆いている人々、灰に代えて冠をかぶらせ、嘆きに代えて喜びの香油を、暗い心に代えて讃美の衣をまとわせるために。彼らは主が輝きを現すために植えられた正義の樫の木と呼ばれる』。大いなる変化によりて神が崇められたまいます。恵みを得ましたから神は崇めを受けたまいます。

【九節】

 第三 主の愛を感ずること
 『父がわたしを愛されたように、わたしもあなたがたを愛してきた』。実に高尚なる真理です。私共はこの言葉を信じましたか。父なる神と子なる神との間の愛が幾分か分かりますかも知れません。いま主は同じように私共を愛したもうと言いたまいます。どうぞ不信仰を捨てて信仰をもってこの言葉を受け入れまして主の恵みを得とうございます。
 『わたしの愛にとどまりなさい』。すなわちわが愛を感ずべし。ユダ二十一をご覧なさい。『自己(みづから)を守りて神の愛の中に居り』。その秘密を十節に見ます。

【十節】

 主はいつでも私共に教えるためにご自分の経験を示したまいます。ご自分の心霊上の秘密を示して私共に聖い生涯の秘密を教えたまいます。神の愛を感ずる秘密は何でありますかならば、神の誡めを守ることです。続いて主におることの秘密は、神の誡めを守ることです。この誡めは主に聖書に記されている誡めです。けれどもそれと同時に霊の導きをも含んでおります。

【十一節】

 『これらのこと』。これは今の特権です。いま誡めたまいましたことです。『わたしの喜びがあなたがたの内にあり、あなたがたの喜びが満たされるためである』。続いて私共を喜びたもうことです。また続いて私共も主を喜ぶことができます。相互に喜び合うことです。主は私共に盈てる喜びを与えたまいとうございます。私共に喜びを満たしめたまいとうございます。私共に満たされたる喜びがありませんならばそれは主の言を受け入れません故です。
 主はただいま何故に私共に語りたまいましたかを言いたまいます。第一は私共に喜びを与えるためです(この節)。また十六・一において第二の理由を見ます。『これらのことを話したのは、あなたがたをつまずかせないためである』。私共に迫害を耐え忍ぶ力を与えるためです。また第三には十六・三十三において『これらのことを話したのは、あなたがたがわたしによっ平和を得るためである』。私共に平安を与えるためです。そうですから何故主の言が与えられますかならば、第一に喜び、第二に迫害に堪える力、第三に平安を与えるためです。聖書の冒頭にこの三つの引照を記しますならば宜しいと思います。この三つのことを与えんために神は私共に聖書を与えたまいます。

【十二節】

 初めに申しましたように十二〜十七はキリスト信者相互の関係です。始めの十二節に、また終わりの十七節に、同じ誡めを見ます。またその残りの十三〜十六節にはその愛の模型を見ます。
 主は私共にたびたび兄弟を愛することを誡めたまいます。兄弟の愛を命じたまいます。けれども教会の中にこの愛はまだ不足であります。兄弟を愛することは第一の誡めでありますからどうぞ大切にそれを守りとうございます。サタンは種々の手本をもって、あるいは誘惑をもって、私共がこの誡めを犯すように導きとうございます。いかなる誘惑がありましてもどうぞいつでも兄弟を愛しとうございます。主は私共がなお敵たりし時に私共を愛したまいましたから、兄弟が私共に罪を犯しましても主が私共を愛したもうごとく兄弟を愛さねばなりません。兄弟は肉に属ける信者でありましても兄弟を愛さねばなりません。主は私共が肉に属ける者でありました時に私共を愛したまいました。主は私共がなお弱かりし時に私共を愛したまいました。私共はこのように、兄弟を愛さねばなりません。
 また私共は如何ほどに兄弟を愛しましょうか。十三節によって如何ほどに兄弟を愛さねばならぬかが分かります。

【十三〜十五節】

 それは愛の模型であります。それほどに友を愛せねばなりません。九節をご覧なさい。父の子を愛したもうごとく子は私共を愛したまいます。十二節をご覧なさい。子の私共を愛したもうがごとく私共は兄弟を愛さねばなりません。そうですから父の愛はだんだん主によって私共をもっていと小さき枝にまで伝えられます。
 『もはや、わたしはあなたがたを僕とは呼ばない』(十五)。そうですからいま新しき経験を与えたまいます。今より後、すなわちペンテコステの日よりですと思います。その日より新しき愛の経験を受けます。今まで弟子は主の僕でありました。けれどもペンテコステの日より友となります。いま信者の中に僕たる者もあります。友たる者もあります。私共の救われました当時、未だキリストの自由を得ません時には、ただキリストの僕でありましょう。忠心をもって主に従いまする義務的の僕であります。放蕩息子は家に帰りました時に僕となりとうございます。けれども父はだんだん私共を導きたもうて子とならしめたまいます。これはキリスト信者の第二の経験です。私共は神の子、主の友となりました。愛の関係がありますから親しき交わりができます。そうですからキリストの所有は悉くわが所有となります。朋友は必ず自分の力のあらん限りはその朋友を助けます。キリストは私共の友でありますからご自分の力のあらん限り、ご自分の富のあらん限りは私共を助けたまいます。箴言十八・二十四の英語訳には、『多くの友をもつ人は友らしく示さざるべからず(A man that hath friends must shew himself friendly =欽定訳)』とあります。そうですから友をもつ人はその友のように示さねばなりません。友に対しては自ら朋友らしくする責任があります。その真理はよほど大切です。私共はキリストの友となりとうございますならば私共も責任があります。すなわちキリストの朋友のようにキリストの愛のためにキリストの権威を成就する者でなければなりません。キリストの聖旨に合う行いをなさねばなりません。またキリストは私共を友と言いたまいますならば、私共がキリストを友と言うよりも深き意味があります。キリストが私共の友でありまするならば私共はいつでもキリストの助力、キリストの恵みを頼むことができます。またキリストが私共を友と言いたまいますならば、キリストはいつでも私共の力、私共の言葉を頼みたもうことができます。キリストは私共を頼みたもうことができませんならば、真正に私共を友と言いたもうことができません。
 この二つのことは大切です。
 第一、あなたは神に依り頼むことができますか。
 第二、神はあなたに依り頼みたもうことができますか。
 第一は神の恵みです。第二は私共の服従です。私共は神の恵みに感じましても神に服従することを忘れますならばそれは罪を犯すことです。どうぞ二つながら全う致しとうございます。高尚なる信仰の手本なるアブラハムをご覧なさい。ヤコブ二・二十三をご覧なさい。彼は神の友と言われます。けれどもその行いを見ますならば友として神の交わりを受けることのみではありません。友として常に神の誡めを守っておりました。そうですから神はアブラハムに依り頼みたもうことができました。アブラハムは誠に神の友でありました。そうですから創世記十八・十七をご覧なさい。『ヱホバ言ひ給けるは我爲さんとする事をアブラハムに隱すべけんや』。ちょうどこの十五節のように神はその友にご自分の秘密を示したまいます。私共は神の友でありますならばそれほどの特権があります。また出エジプト記三十三・十一をご覧なさい。『人がその友に言談(ものい)ふごとくにヱホバ、モーセと面(かほ)をあはせてものいひたまふ』。神はモーセに依り頼みたもうことができましたからモーセにその秘密を示したまいました。神は私共にこの美わしき交際を与えたまいとうございます。主はこのところで何のためにこれを言いたまいますかならば、私共に愛の手本を示さんがためです。私共はそのように兄弟を愛せねばなりません。ただ言葉の愛ばかりではありません。心を合して愛する愛です。また私共はどうしてそのように愛することができますかならば、十六節において主はそれを示したまいます。

【十六、十七節】

 私共がこの実を結ぶことは主の目的であります。主は最初から私共を択びたまいました。また私共にその実を結ばしめんがために力を与えたまいました。そうですからできぬことはありません。己のごとく兄弟を愛することができます。どうぞこれを確信致しとうございます。けれども私共はいかにしてその力を受け入れましょうか、いかにしてその力を求めましょうか、祈りをもってその力を求めねばなりません。
 『また、わたしの名によって父に願うものは何でも与えられるように』。そうですから私共は愛の実を結ぶことを願いとうございますならば祈りをもって父にこれを求めねばなりません。これが主の私共に対する目的です。
 信者相愛することは捨ててならぬ規則です。私共は祈禱によってその力を求めねばなりません。いま愛の不足は何処から生じますかならば、祈禱をもってこれを求めませんからです。そうですからかえって悪魔に祈られて兄弟を悪む心が起こります。どうぞその誘惑に打ち勝ちまして、祈禱をもってこの愛を求めとうございます。

【十八節】

 この節より十六章四節までは信者と世に属ける者との関係です。私共は神の慈愛を味わいますならば、また心の中に兄弟を愛する愛がありますならば、必ずこの世に属ける者から悪まれます。全き愛は世より悪まれます。神ご自身が肉体をとりてこの世に現れたまいました時にこの世の人から憎まれたまいました。私共は全き愛を受けまするほど、この世に憎まれましょう。ヨハネ七・七をご覧なさい。『世はあなたがたを憎むことができないが、わたしを憎んでいる。わたしが、世の行っている業は悪いとを証ししているからだ』。世は私共を憎むことができませんならば私共は世に属しておる者です。実にそれは禍です。かえってどうぞ主におりましてこの十八節のように世に悪まれることを願います。この部分は世に悪まれることについて示されてあります。けれども、それと一緒に聖霊が世の中にどういう働きをなしたもうかを見ます。今まで聖霊は聖徒の中にどういう働きをなしたもうかを見ました。この節から十六章十一節には聖霊は世の中にどういう働きをなしたもうかを見ます。十五・二十六に聖霊は世の中に主を証したまいます。十六・八より世をして罪ありと悟らしめたまいます。

【十九節】

 『わたしがあなたがたを世から選び出した』。十六節を見ますならば主は実を結ばしめんがために私共を選びたまいました。この節を見ますならば全く世を去らしめんがために私共を選びたまいました。第一は主のために恵みを受けることのために、第二は主のために全く汚れを去ることのために私共を選びたまいました。

【二十節】

 私共は主イエスよりも大いなる者となりとうございますか。世に属ける者の眼前に主より大いなる者となりとうございますか。そういう思想がありますならばまだ主の心を得ません者です。主の心を得ました者の経験を見とうございますならばコリント前書四・九〜十三をご覧なさい。私共はそれより高き位を求めますならばまだキリスト信者の身分が解らぬ者です。『「僕はその主人にまさりはしない」と、わたしが言った言葉を思い出しなさい。人々がわたしを迫害したのであれば、あなたがたをも迫害するだろう。わたしの言葉を守ったのであれば、あなたがたの言葉をも守るだろう』。私共はまだこの言葉を心に留めませんと思います。迫害がありますならばたびたび怪しむかも分かりません。人から罵られますならばたびたび怒るかも分かりません。けれども心の中にこの主の言葉を留めておりましたならば、迫害に遭いましても、人より激しき言葉を受けましても、それを怪しみますまい。かえってそういうことを望みます。私共はそういうことを待ち望みますならば不断謙遜をもって歩みましょう。そうですからサタンの火箭は私共に刺さりません。どうぞ主の言葉を心の中に留め置きまして不断主のごとく迫害を待ち望みとうございます。
 神は私共をそういうことより救いたまいません。神は能わざるところなき御方です。また大いなる愛をもって私共を愛したもう御方です。そうですから子なる私共を必ず迫害より救いたもうと思いましょうか。そうではありません。神は独り子すら人間の手より救いたまいませんでした。まして私共を人間の手より救いたもうことはありません。私共はたびたび旧約の精神をもって、神は奇蹟をもって私共を迫害の中より救い出したもうならばご自分の栄光となると思いましょう。けれどもかえって迫害を堪え忍ぶことが神の栄光を顕すことです。主は十字架を負うことによって神の栄光を顕したまいました。またこのことによって私共を全うなしたまいます。私共をご自分の形に象らしめたまいます。そうですから或いは迫害より、或いは心の痛みより救われようと祈ってはなりません。
 主はいま教会を去りたまいます。また教会がどういう迫害に遭うかをよく知りたまいました。キリスト信者は生命を捨てるまでご自分に従うことをよく知りたまいました。主は教会を去りてこの世に教会を残したまいました。今に至るまでのキリスト信者の苦難をよく知りたまいました。けれども信者を急に天国に移したまいませずしてかえって暫く苦難の中に残したまいます。そうですから信者は世の中に証を立てます。苦の中に喜びを懐くことによって主の力を示します。またそれによって主がこの世を憫れみたもうことを示します。さきに神は世を憐れみたもうて独り子をこの世に与えたまいました。いま神は世を憐れみたまいますから暫くキリスト信者をこの世に置きたまいます。キリスト信者によってこの世を救いとうございます。

【二十一節】

 人が反対するのはその人が知らない証拠です。また、その人の心の暗きことを証拠立てます。神を知りませんから福音に反対しましょう。今一方から見ますならば、福音は何故その成功がそんなに僅少でありますか。それは神を知りませずして福音に反対するからです。人間は主ご自身にも反対しましたから必ずいま神の福音に反対しましょう。この世の最も宗教心のある者が主イエスに反対して十字架に釘けましたから、必ず他の者は主の福音に反対して主を十字架上に殺しましょう。私共は福音を妨げられ、或いは福音に反対せられることはもとより覚悟すべきことであります。

【二十二〜二十五節】

 主は、愛の言葉をもって、愛の行いをもって、恵みの言葉と力ある行いをもって、神を顕したまいました。けれども神の民と称えられた者が主を十字架に釘けました。それによって人心の暗黒と神を悪むことを確かに暁ることができます。その時に神は明らかに人間にご自分の愛と恵みを解り易いように示したまいました。また誰に現したまいましたかならば、毫も神のことを知らない者でなく、充分神の光を受けました者にそれほどの愛を示したまいました。けれどもそういう人間はそれほどの恵みを拒みました。それによって人間の生来の暗黒、心の悪しき模様が分かります。
 『然ど我と吾が父とを已に見かつ之を惡めり』(二十四)。ユダヤ人は初めてそのように父なる神と子なる神を悪むことを示しました。いま福音を聞きましてそれを拒みます者はまた父と子を悪むことを示します。これは人間の生来であります。私共もかような恐ろしい心をもっておりました。けれども神は大いなる恩恵をもって私共の心を熔かして、私共の心の闇の中に光を照らしたまいました。今まで私共の四周にある人々は同じ神を憎む心をもっております。彼らは神を信じません、心の中に神を悪みます。私共の働きは何でありますかならば、その暗き心の中に神の慈愛の光を照らすことです。
 私共はどうしてその光を照らしましょうか。どうして迫害に堪え忍ぶことができますか。主は二十六節にそれに答えたまいます。

【二十六、二十七節】

 聖霊は何のために来りたまいますか。第一に迫害を堪え忍ぶためです。第二にその迫害の中に主を証しする力を与えるためです。第三にこの世の暗黒の中に主の光を照らすためです。『父のもとから出る真理の霊が来るとき、その方がわたしについて証しをなさるはずである』(二十六)。聖霊は風が己がままに吹くごとく、罪人の心の中に証をなしたまいます。『あなたがたも、初めからわたしと一緒にいたのだから、証しをするのである』(二十七)。私共は表面より同じ罪人に対して証をなします。そうですから証者はいつでも二人であります。私共は聖霊と共に働きますならばいつでもただ一人のみではありません、二人の証があります。罪人の心の中に聖霊の証があります。また私共は表面の証があります。どうぞそれを心に留めとうございます。私共は罪人に対して談します時に、神は同じ時にその人の心の中に働きたまいます。またそうですから罪人が急に改めることを待ち望まなければなりません。ただ私共の表面の証だけでありますならば幾分か教える時間がなければならぬかも分かりません。けれども私共の証と同時に罪人の心の中に光が照って参りますから急に改めることを待ち望む筈です。



|| 緒1 | 緒2 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 |
| 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 結論 | 目次 |