緒 論 第 一 



 神は大いなる恩寵をもって私共に四福音書を与えたまいました。一つの福音書のみでは主イエスの栄光を全く顕すことはできません。主は四福音書をもって私共にご自身の生涯を示したまいました。この四福音書は各異なる方面をもっておりますから、私共はこれによってはじめて主の全き栄光を見ることができます。例えばナポレオンの人物を知ろうといたしますれば、その戦争の模様によって大将としての彼を見ます。その立法行政の如何を研究しまして、王としての彼の栄えを見ます。また個人としてのナポレオンを知りとうございますならば、彼が家庭の模様を探らなければなりません。かくのごとくイエスはご自分の全き栄光を示さんがために、私共に四つの方面を残したまいました。四福音書の目的は何でありますか。或る人は以上のことを考えずして、四つを一つに入れ合わせて主の一生涯を漏らさずあらわしたと思います。これは益あることもありましょうが、また大いに損することがあると思います。聖霊はこれを四つに録さしめたまいました。同一の行為を繰り返して彼にもこれにも録されてありますのは、単に重複せしめたのではありません。各異なる方面を示さんがためであります。たとえば主の死について見ますに、レビ記の初めに四つの祭があります。これは四つの方面より主を顕してあります。すなわち主の死は芳しき燔祭の香りであります。神を喜ばす犠牲であります。神の前に詛われたる犠牲、また神より追放されたる犠牲であることを見ます。主の死を全く味わいとうございますならば、このように種々の方面より研究せねばなりません。かく主の四つの生涯は異なる四つの意味を教えます。

 最も大いなる幸福は主を知ることであります。人は無学文盲を恥ずかしく思います。けれども天に属する財宝を知りませんことほど実際恥ずかしいことはありません。学問の最も大いなることは何でありますかならば、主を知ることであります。天に属ける学問の要素は主イエスであります。

 聖書の中で最も美わしき部分は何処であるかは知りません。旧約にも新約にも、福音書にも書簡にも黙示録にも、何処にても主が示されてあります。けれどもそのうち最も明白なのは四福音書でありますが、聖霊を受けますならば、聖書の中いずこにでも主イエスを見ることができます。けれども聖書の骨髄は四福音書で、四福音書の骨髄はヨハネ伝であるかも知れません。

 そうして四つながら各自主の特別なる使命を帯びております。黙示録四・七はこの四福音を示していると第二世紀頃より申されましたが、これは誤りでないと思います。四福音を研究するにはこれは真実のように思われます。黙示録四・七は元来ケルビムの四つの形であります。ケルビムは目に見ゆる形をもって神の勢力を示したのであります。そうですから時として天使はケルビムであります。人もまたケルビムであります。そうして神の子もまたケルビムであります。ここに、第一の活物(いきもの)は獅子のごとしとありますが、マタイ伝において主イエスは獅子として示されてあります。黙示録五・五に、主はユダの族(やから)の獅子・ダビデの萌蘗(ひこばえ)とあります。そのように獅子は恒に王を示します。すなわちマタイ伝に獅子を見ますのは、王を示すのであります。ヨハネ十九・十四に、ピラトがユダヤ人に汝らの王を見よと申しましたが、私共はマタイ伝によって主イエスなる王を見とうございます。マタイ二・二に、博士は王を尋ねて参りました。マタイは主は彼らの求める王であると記しました。マタイ五章には、主は王のごとく命令を与えたまいました。これは天国の憲法であります。モーセの律法に換えて我汝らに告げんとて、主は王の権威をもって号令したまいました。また、マタイ十一・二十八には我に来れと命じたまいました。かくて天国を示し、これを明らかにし、終局に至って『わたしは天と地の一切の権能を授かっている。だから、あなたがたは行って、すべての民をわたしの弟子にしなさい。彼らに父と子と聖霊の名によって洗礼を授け、あなたがたに命じておいたことをすべて守るように教えなさい。わたしは世の終わりまで、いつもあなたがたと共にいる』(二十八・十八〜二十)と、いとも権威ある全き王の言葉をもってこれを結びたまいました。

 マルコ伝において、主は第二の活き物たる牛のごとくであります。牛は忍耐をもって人のために働く動物であります。イザヤ四十二・一に、わが僕を見よとあります。牛は僕を示します。かくのごとく、マタイ伝には王を見よ、マルコ伝には僕(すなわち牛)を見よとあります。主は神の僕となり、また人の僕となり、神と人とのために力を尽くしたまいました。私共はマルコ伝において、生命を惜しまずして労したもうた僕としての主イエスを見ます。

 ルカ伝に顕された主は、第三の活き物たる人のごとくであります。すなわち人の子たる主イエスを見ます。ヨハネ十九・五に、ピラトは人々に向かって、この人を見よと申しましたが、ルカ伝においてこれを見ます。マタイ伝の始めには王たる系図があります。ルカ伝の三章においては人としての系図を見ます。旧約において、多くの預言者は人たる神に交わることができませんでした。けれどもルカ伝において、人となりたもうた主を見ます。いかなる人も、人となりたもうた主と交わることができます。

 ヨハネ伝においては、鷲のごとく主が顕されてあります。天に属けるもの、神の子たる主イエスが顕されてあります。そうですから、ヨハネ伝には主の地に属ける系図がありません。その発端に示した系図は、王ならず人ならず、父母なき祖先なき、永遠の始めより存在したもう道なる主、神の系図であります。主はいかなる御方でありますか。三・十三において、鷲であります。すなわち天より降りたまいました。けれども恒に天に在したもう飛鷲であります。そうですから主はまた天使のごとくであります。ご自分を常に父より遣わされたるものと仰せられました。ヨハネ伝は意義最も深遠であるという人もあります。けれども、私共がなお大いなる悟りを啓かれますならば、ほかの福音書においても同じ深い奥義が示されてあることを見るかも知れません。ヨハネ伝には黄金が明らかに顕されてあります。ほかの三福音書には幾分かこれを隠されてあります。

 さて、主は誰々に向かいてこれを録さしめたまいましたか。主は各自の性質に応じてこれを命じたまいました。すなわちマタイは王の税吏であります。彼は幾分か王に関して生活しておりますから、主は彼をして王の福音を録さしめたまいました。マルコはペテロの僕であります。彼は僕なる主を示しました。ルカは異邦人でありまして、広く人類という思想を持っていると思われます。そうですから彼は人の子としての主を示しました。また、天の父の懐にあるものを書くには、主イエスの懐にありましたヨハネが適当であります。神はかように四種の福音書を与えたまいましたのは、主の栄光を四方より見せしむるためでありました。私共をして、この主に倣わしめんためでありました。

 四福音書を研究することは実に大切であります。四福音の四つの方面は、また私共の経験であります。主はかくのごとく顕れたまいました。私共もまたかくのごとく顕れねばなりません。マタイ伝における主のごとく、私共は主によりて王とせられました。サタンの上に権ある者であらねばなりません。黙示録一・六に、王とせられたる約束があります(『我儕をして王となし祭司と爲て』=元訳)。また、王となってサタンの上に権ある者となりましたときには、いかにして神と人とに仕うべきかを学びますことは大切です。マルコ伝に示されたる主のように、僕とならねばなりません。また、ルカ伝に示されたる主に従って、人の内にあって全き人たるべき筈です。主は深く罪人と交わりたまいましたが、絶えず父の恩寵に浴して聖くありました。汚れたる中にありましても汚されませんでした。私共もかくのごとく完全なる子女でありとうございます。そして、すでに全き人ですならば、またヨハネ伝に示されてありますように、神の子また天使であらねばなりません。神より遣わされたる使者、天に在る者、イザヤ四十・三十一のごとく、翼を拡げてのぼる鷲のごとくならねばなりません。また、この順序も偶然ではありません。進む道筋であります。第一より第二に進むことは、恩寵に進むのであります。王を見よ、これは第一であります。僕を見よ、これは第二であります。進んでたる全きイエスを見、また進んで神の道たる主を見ます。私共の立場は何処にありますか。私共は主を見て誰としますか。マタイ十六・十五の問題は大切であります。その答えによって、その人の信仰の度合いを知ることができます。或る人は王の王、主の主としてのイエスを見ます。或る人は、人のため神のため自己を献げたる僕としての主を見ます。或る人は、人の子としまた神の子と致します。けれども、私共は四方より見まして全き主を知らねばなりません。



|| 緒1 | 緒2 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 |
| 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 結論 | 目次 |