第 十 九 章 



【一〜七節】

 愛に充たされたる神は世を救わんがために降りたまいました。けれども世の人々はかえってこれを亡ぼそうと思います。神は愛と恩寵をもって世に降りたまいました。けれども人間は神を堪え忍ぶことができません。神はご自分の権威を捨てて世に降りたまいました時に、世の人々はかえってこれを亡ぼそうと致します。これは人間の生来です。私共の生来もかようなものでした。私共もたびたび十字架に釘けよと叫びました。神は恩寵をもって私共を罪より救おうとしたもう時に、私共はこれを謝絶して十字架に釘けよと叫びました。『十字架につけろ』。人々がかように救い主を謝絶しましたから救い主はこの世を退きて天国に帰りたまいましたか。罪人がかく滅亡を願いましたから神はその欲するに任せたまいましたか。決してそうではありません。神はこの謀叛人に対してなおなお深き恩寵を示したまいます。なおなお罪人をご自分に和らがせたまいとうございます。人間は喜んで神を謝絶しとうございました。けれども神は罪人を捨てることができません。死に至るまで罪人を堪え忍びたまいました。生命を捨ててこの罪人のために贖罪の道を設けたまいとうございます。そうですから私共はこのところにおいて罪人が神に対する生来の嫉忌と憎悪と謀叛を見とうございます。またこの罪人に対する神の忍耐と恵みと愛とを見とうございます。神は死に至るまで罪人を堪え忍び、罪人のために生命を捨てたまいました。ここで神の深き愛が現されます。また罪人の深き憎悪が現れます。ここで人間の最深の憎悪と神の最深の愛とが出会います。これにより罪の恐るべきことが分かりませんか。神は愛をもって顕れたまいました。けれども罪人はこれを亡ぼしとうございます。人間はかえって神がないことを好みます。今でも人間の生来はかようなものであります。過去を顧みますならば私共の生来もちょうど同じことです。主を十字架に釘けました者は啻にローマの兵卒とユダヤの祭司のみではありません。実に私共各自でありました。私共の生来は神が在したまいませんことを好みました。また他の方面からこれをご覧なさい。神は悪魔の工を全く亡ぼすことのできる者をこの世に遣わしたまいました。悪魔の国を亡ぼして悪魔の奴隷を解き放つことのできる者をこの世に与えたまいました。けれども人間は神に救われることよりも、自分の罪におることを願います。人間は罪より救われとうございません。神の国よりもかえって悪魔の国を好みます。悪魔の国より罪人を救う者が現れたまいました時に、罪人はその救い主を亡ぼそうと思います。これにより悪魔の行為と悪魔の力を見ませんか。
 悪魔に憑かれた者はいつでも同じことを願います。マルコ一・二十三、二十四をご覧なさい。ここにも悪魔に憑かれた者の神に対する嫉忌と憎悪とを見ます。この悪魔に憑かれた者はでき得べくんばイエスを亡ぼしとうございました。主の恩寵を全く謝絶して主を追い出しとうございました。このように今ユダヤ人はすべて悪魔に憑かれております。悪魔の感化を受けて主に対します。悪魔に憑かれたる人間は如何なることを願いますかならば、救い主を十字架に釘けよということでした。
 けれども、この十九章を見ますならば主は威厳と聖潔をもって人間の憎悪と悪魔の攻撃に向かいたまいます。この章において人間は神を亡ぼそうと思いました。けれども神はかえって栄光を得たもうたことを見ます。表面より見ますならば十字架は神の失敗のごとくであります。けれども真理によりて見ますならば神は十字架によりて栄光を得たまいました。
 主は十八・四十において、軽蔑せられたまいました。
   十九・一において、鞭打たれたまいました。
   十九・二において、侮られたまいました。
   十九・三において、掌にて打たれたまいました。
 どうぞピラトが『見よ、この男だ』と申しましたごとく、ヨハネが『見よ、世の罪を取り除く神の小羊だ』(一・二十九)と申しましたごとく、またピラトが『見よ、あなたたちの王だ』(十九・十四)と申しましたごとく、私共は三つの方面より主イエスを見なければなりません。
 ローマの兵卒はかように主を打ちました時に、格別に主ご自身を辱めたくはありませんでした。けれども公然ユダヤ人の代表者として主を鞭打ちました。ユダヤ人を辱めとうございましたゆえに一節にてイエスを鞭打ちます。それは恐ろしい刑罰でした。ローマの鞭は短き杖の端に革の紐を数本付け、その紐の所々に金属が付けてあります。その鞭で打たれる時は肉が裂けてたびたび死ぬることがあります。またこの刑罰は極めて恐ろしいものでしたから、ローマ人にはこの刑罰を加えることを許しませんでした。ただ奴隷のような者にのみ加えることを許されてありました。
 主は裂かれたる肉をもって、流されたる血のままにて祭司長の前に立ちたまいました。
 『見よ、この男だ』。私共も自分の罪のために打たれたもうたこの人を見とうございます。主はこの世の王となるために降りたまいました。義と平安とを与えるためにこの世に降りたまいました。そうしてこの世はいかなる冠を主に戴かせ奉りましたか。すなわち棘の冠でありました。私共は主に自分の罪の印なる棘の冠を与えました。けれども主は私共に栄光の冠を与えたまいます。
 『十字架につけろ』。これについて、使徒十三・二十八をご覧なさい。『死に当たる理由は何も見いだせなかったのに、イエスを死刑にするようにとピラトに求めました』。またエレミヤ十二・八をご覧なさい。『わたしの嗣業はわたしに対して森の中の獅子となり、わたしに向かってうなり声をあげる。わたしはそれを憎む』。ちょうどその通りでした。この八節はいま主イエスに成就せられました。
 ピラトは三度主イエスに罪の無きことを申しました(十八・三十八、十九・四、十九・六)。ユダヤ人の訴えは何でありましたかならば、イエスは自己を高くしましたということでした。ナザレのイエスは自己を高くしましたということがユダヤ人の訴えでした。けれども事実は全く反対でした(ピリピ二・六、ヘブル五・五)。

【八、九節】

 ピラトは今までに明らかなる証拠を得ました。けれどもそれを受け入れませんから、いま主は答えたまいません。神は私共に明らかなる証拠を与えたまいますのになおそれを拒みますならば、神は私共が暗黒に行くに任せたまいます。

【十、十一節】

 神は今その権威を与えたまいました。今までその時が来りませんから誰も主に触れることができません(七・三十)。けれども神は今そのことを許したまいます。
 『わたしをあなたに引き渡した者の罪はもっと重い』。祭司長は神をよく知りました。そうですからその罪は最も大いなるものでありました。主はピラトのために弁解したまいとうございます。主はいつまでもピラトを救いたまいとうございます。

【十二、十三節】

 『そこで、ピラトはイエスを釈放しようと努めた』。そうですからピラトは自分の心の中に決心しました。もはや幾分か主を信じました。
 『しかし、ユダヤ人たちは叫んだ。「もし、この男を釈放するなら、あなたは皇帝の友ではない。王と自称する者は皆、皇帝に背いています」。ピラトは、これらの言葉を聞くと、イエスを外に連れ出し、ヘブライ語でガバタ、すなわち「敷石」という場所で、裁判の席に着かせた』。実にピラトは囚人であります。ピラトは主の前に審かれました。この時に、主の前に彼の心は明らかになりました。彼は明らかなる証拠を得ました。けれども主を十字架に釘けよと命じます。ピラトは光を得ました。またほとんど主を赦すことを決心しました。けれどもユダヤ人を恐れました。誰でも福音を聞きますならばピラトのごとく主を審かなければなりません。主がピラトの前に曳かれたまいましたごとく、私共は福音を聞きますならば主は私共の前に曳かれたまいます。また私共は主を審かなければなりません。或る人は主を受け入れて主の味方となります。或る人はただおろそかに主を赦します。或る人は主の救いを断り主を十字架に釘けます。人間は何故に主を十字架に釘けますかならば、
 一、或る人はユダのごとく利益のためです。
 二、或る人は祭司長のごとく神の光と聖なることを憎むからです。
 三、或る人はピラトのごとく人間を恐れて自分の名誉を惜しむからです。
 四、また或る人はローマの兵卒のごとく自ら主について何の定見もなく徒に雷同するからです。
 どうぞこの四種の方面によりて自分の心を顧みとうございます。この四つの種類のものが相助けて主を十字架に釘けます。私共は今までこの四つの種類の中の一人ではありませんか。いま十三節にピラトは自分の良心に逆らって主を死罪に宣告いたします。この審判の座に坐るは罪人を死罪に宣告するためでした。これは最も厳粛なる処でした。

【十四、十五節】

 『それは過越祭の準備の日の、正午ごろであった』。いま過越のために神の羔が備えられました。
 『彼らは叫んだ。「殺せ。殺せ。十字架につけろ」』。罪の奴隷の叫びでした。これはサタンに誘われました者の叫びです。
 『ピラトが、「あなたたちの王をわたしが十字架につけるのか」と言うと、祭司長たちは、「わたしたちには、皇帝のほかに王はありません」と答えた』。これは祭司長等の叫びでした。ユダヤ人の代表者の叫びでした。それによりてユダヤ人は全くメシヤの望みを棄てて、また自分の信仰をも全く抛げ棄てました。『皇帝のほかに王はありません』とは全く神と救い主とを離れた叫びでした。
 これは公然職務上よりキリストを拒んだのです。今まで一個人としてたびたび主を拒みました。パリサイ人も祭司も主を拒みました。けれども祭司長はユダヤ人を代表して主を謝絶します。これは公然の拒絶でした(使徒二・二十三;三・十三、十四;七・五十二)。
 一節の『鞭で打たせた』。このことについて次の引照をご覧なさい。イザヤ五十三・五をご覧なさい。その傷によりて私共は癒されました。また黙示録十九・十三をご覧なさい。ピラトが人民の前に主を曳き出しました時に主は同じように血に染みたる衣を着て顕れたまいました。未来において主は同じように贖いの衣を着て人間の前に顕れたまいます。ヘブル二・十、五・八をご覧なさい。

【十六、十七節】

 創世記二十二・六、民数記十五・三十六をご覧なさい。罪人を営の外に曳きて死罪に処しました。いま主は私共のために罪人となり、営の外に曳かれて死罪に処せられたまいます。コリント前書四・十三をご覧なさい。いま主は私共のために世の塵埃となりたまいます。栄光の王は罪人のために世の垢のごとくなりたまいます。

【十八、十九節】

 そうですから祭司長はそれに反対しましても不審がありましても十字架の上に主の王たる栄光が報告せられました。

【二十節】

 そうですから全世界の人々に向かっての報告でありました。いま世界の真ん中に十字架を立てたまいます。また世界中に主の死たることを布令したまいます。いま世界の王は血に染みたる衣と棘の冠とを着てその位なる十字架に上りたまいました。未来において黙示録十九・十六のごとく王の王、主の主たる名が世界に顕れます。けれどもいま十字架においてその王たることが世界中に布令されました。

【二十一、二十二節】

 そうですから神はこの不信者の心を導きてご自分の聖意を成就なしたまいました。

【二十三、二十四節】

 神は昔、預言者を導き、この言葉を録さしめたまいました(詩二十二・十八)。また今この兵卒どもが知らずしてその預言を成就するように導きたまいます。預言者は知らずして預言しました。兵卒等は知らずしてその預言を成就しました。どうぞそれにより神の深遠なる摂理をご覧なさい。

【二十五〜二十七節】

 主は三年の間母を離れたもうて天の父の聖意を成就したまいました。けれどもただいま母を愛する愛が裕にありましたことをよく示したまいます。私共も神の御意を成就するために、或いは父母を離れ、或いは父母の言葉に背かねばならんかも分かりません。けれども主のごとくいつまでも彼らを愛し彼のためにはからねばなりません。

【二十八〜三十節】

 神はかく死の恐ろしきことを知りたまいました。けれども人間となり死にたまわねばなりません。
 『成し遂げられた』。この言葉について創世記二・一をご覧なさい。その時には主は物を造ることを悉く終わりたまいました。いま主は罪の贖いを悉く終わりたまいました。黙示録二十一・六をご覧なさい。『事は成就した』。これは『成し遂げられた』と同じ意味です。その時には新天新地を造ることを悉く終わりたまいます。サムエル後書二十四・十六にこの贖いの雛形があります。『足れり』。その贖いは足れり。『今汝の手を住(とど)めよ』。神の独り子がすべては終わったと叫びたまいました時に、父なる神は足れりと言いたまいました。その贖いは足れり。全世界の罪は贖われたりと言いたまいます。ローマ五・六〜八をご覧なさい。私共の罪のために堪え忍びたまいました主の苦痛は果たして如何ばかりでありましたでしょうか。たびたび私共は身体に幾分か苦痛を覚えることがあります。けれども心の中には平安があります。ただいま主は身体にも精神にも霊魂にも同時に苦痛を負いたまいました。身体はローマの鞭にて打たれ十字架の釘に裂かれたまいました。精神においては罵られ辱められたまいました。霊魂の上には罪の重荷があります。身体の苦痛は実に烈しいです。精神の苦痛はなお烈しくございます。けれども同時に罪の重荷を負う霊の苦痛は最も烈しくございます。いま主は私共のためにそれを負いたまいます。
 神はそれによりその愛を顕したまいました。『事竟(をは)りぬ』。私共はいま勝利の声を挙げて事竟りぬと叫ぶことができます。主は私共の身代わりとなり死にたまいましたから私共のために全き贖いがあります。いま私共は神と全き和らぎを得まして罪と地獄より救われましたから、神の御前に感謝と讃美を捧げなければなりません。
 『息を引き取られた(靈を付(わた)せり=元訳)』。これは原語では心より自ら進みて霊を渡したもうた意味であります。人間の死についてはそういう言葉を使うことができません。

【三十一節】

 このユダヤ人は熱心に儀式を行いました。けれども義を行うことを知りません。彼らは熱心に神が立てたまいました儀式を行いました。けれども神ご自身を拒みました。私共もたびたびこのユダヤ人のごとくありませんか。熱心に神の儀式を行います。けれども神ご自身を拒み神の聖旨を痛めたことはありませんか。

【三十二〜三十五節】

 これはよほど大切なることであります。三十五節を見ますればヨハネはこれに自分の印を捺しました。これはよほど意味の深いことです。この血と水についてヨハネ一書五・六、八をご覧なさい。主はご自分の血をもって私共を贖いたまいます。ご自分の水をもって私共を潔めたまいます。聖霊の水も贖いの血も二つながら主イエスの心より流れ出ます。主イエスの死にたもうたことにより贖いも潔めも私共に成就せられます。この兵卒は主に無礼を致しました。けれどもそのために血と水とが流れ出ました。これは罪の小さき雛形であります。私共は兵卒のごとく神に対して無礼を致しました。神の心を刺しました。神は如何なることをもって私共に報いたまいましたかならば恩寵の血と水とを流したまいました。
 神は人の侮辱に答えるに恩寵をもってしたまいます。また、このことにより旧約の預言が成就せられました。

【三十六、三十七節】

 実にそれによりわたしたちの信仰が助けられますと思います。これは実に神が預言せしめたまいました贖いであることが分かります。

【三十八節】

 他の弟子は皆恐れて逃げました時にヨセフは大胆に自分は主の弟子なることを表しました。今まで彼はたぶん他の弟子より軽蔑せられておりました。けれどもいま他の弟子が逃げた時に、大胆に自分は主の愛する弟子なることを表しました。ヨセフは他の弟子より大胆なる信者でした。私共は兄弟の心を判断することはできません。

【三十九節】

 弟子が逃げますならば神は思いの外に助者を起こしたまいます。私共は神の命じたもう働きを怠りますならば神は外から働き人を起こしたまいます。神は種々の方法を企てたまいます。三・十四を見ますならば主はニコデモに十字架のことを預言したまいました。十字架の秘密を彼に示したまいました。たぶん彼はこれにより幾分か十字架が分かりましたでしょう。果たしていま彼の眼前に主が十字架に挙げられたまいました。そうですから彼の心中に必ず光が照って参りました。彼は十字架が分かりましてこれにより永遠の生命を得たと確信することができました。彼は今まで恐れました。けれどもただいま恐怖がありません。ただいま大胆に主の屍を貴びます。
 この没薬はキリストの身が腐らないために神がニコデモに用いしめたまいました。この貴き屍には腐敗がありません(使徒十三・三十七)。また百斤ばかりでありましたから余るほどにたいそう多くありました。けれどもニコデモは愛のためにそれほど多く持って参りました。神は少しも腐敗せしめないために多くの分量を命じたまいました。普通の屍を葬るにはそれほど多く使用しません。そうですから主は王のごとく葬られたまいました。十九節を見ますならば主は王のごとく十字架に懸かりたまいました。三十九節を見ますならば王のごとく葬られたまいました。王として尊ばれる者はかように葬られます。歴代誌下十六・十四をご覧なさい。主はこのとおりに葬られたまいました。また創世記五十・二をご覧なさい。

【四十〜四十二節】

 ここにも摂理を見ます。主はもはや贖罪をなし終わりたまいましたから神はその屍を貴びたまいます。この墓はまだ人を葬りしことなき処でありましたから少しの汚れもなく全く聖き処でした。レビ記において屍或いは人の骨は汚れたるものなるを知ります。けれどもこの墓は新しい墓でしたから主の屍はこの聖き処に葬られました。また園もあります。創世記二・八、九をご覧なさい。神は聖き人間のために園を設けたまいました。また同三章を見ますと園の中において人は初めて罪を犯しました。ヨハネ十八・一に『園』と言われます(ルカ二十二・三十九〜四十六参照)。その園の中において罪の重荷を負いたまいました。またただいま贖いをなし終わりたまいました。主の屍が園の中に休んでおります。そうですから主は恥と弱きをもって蒔かれたまいました。けれども二十一章において権威と栄光をもって挙げられたまいましたことを見ます。



|| 緒1 | 緒2 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 |
| 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 結論 | 目次 |