第 十 六 章 



【一節】

 弟子はこの言葉を心に留めておりましたならば、主の十字架の時に堕落しませんでしたでしょう。私共もこの言葉を心に懐きまして、世の暗黒なることを覚え迫害を待ち望んでおりますならば、躓くことはありません。

【二節】

 悪しき人間の迫害は堪え忍び難きことではありません。かえってそれによって幾分か霊の誇りが出るかも分かりません。けれども迫害する者が宗教心があり、教会で地位のある者であり、人間の中で最も善き者でありますならば、実に堪え忍び難うございます。そういう人々より世の悪魔と思われますならば、実に堪え忍び難うございます。悪人は私共を憎んでも構いません。けれども善き人々が私共を憎みて黜けますならば実に堪え難き迫害です。

【三節】

 そうですからそういう迫害をいたします者は神とイエス・キリストとを知らぬことを示します。信者と言われる者でもたびたびこのような迫害をすることによりて自ら神とキリストを知らぬ者であることを示します。今でも英国でも日本でも霊に属ける者が迫害を堪え忍んでおります。教会政治などを堅く守っておる人々より迫害せられるのを堪え忍んでおります。けれどもそれは迫害せられる者の損ではありません。迫害する者がそれによって自分は神とキリストを知らぬ者であることを示すと思います。

【四節】

 そうですから主はたびたび未来のために私共に教訓を与えたまいます。私共はその時に分かりませんかも知れません。けれども未来のためにそれを教えたまいます。例えばいま聖書の或る部分が解りませんかも知れません。そういう時に、それを研究しません方が宜しいでしょうか。そうではありません。たといいま解りませんでもそれを研究しますならば、神は未来のためにそれによって教えたまいます。そうですからそれによって準備をいたしとうございます。主はその時に弟子等の心を準備するためにこの教訓を与えたまいました。どうぞ同じように心の準備をいたしとうございます。私共はただ今日のために恵みを求めるのみではなく、未来のためにそれを求めとうございます。私共はいま弟子等のように平安に主と共におることができます。けれども未来にいかなる迫害があるかも分かりません。俄に迫害が起こって来るかも分かりません。どうぞそれを待ち望みましていつまでも兵士らしき心を懐きとうございます。

【五、六節】

 弟子等は主のことを思わずしてただ自分のことを思っておりました。主の栄光を喜ばずしてただ自分の憂いばかりを考えておりました。私共も同じ精神があるかも分かりません。私共の愛する主はいま天の栄光に在したまいますから私共はそのために始終喜ぶべき筈です。自分はいかなる迫害に遇いましても主の栄光のために喜ぶべき筈です。自分はいかなる苦しみに遇いましても主のために喜ぶべき筈であります。

【七節】

 『わたしが去って行くのは、あなたがたのためになる』。我往くはただわが利益のみではありません。汝等の利益です。これは何故ですかならば、聖霊をいただくことはより大切であるからです。聖霊と共におることはより大切です。それは肉を持っていたもう主とは親しき交わりができないからです。聖霊を受けますならばはじめて主と親しき交わりができます。必ず主の去りたもうことは弟子の大いなる損であります。けれどもそのためになおなお大いなる利益を頂戴いたします。
 主は肉を持っていたもう時に弟子に種々の恵みを与えたまいました。或いは教え、或いは慰め、或いは守りたまいました。けれども、いま聖霊が私共と偕にいたまいまするならば私共はなおなお大いなる特権、大いなる恵みがあります。肉を持っていたもう主が去りたまいましても、そのように聖霊を頂戴することは大いなる利益であります。

【八〜十一節】

 『罪についてとは、彼らがわたしを信じないことである』。これは罪の中の最も大いなる罪です。すべての罪の根元であります。
 『義についてとは、わたしが父のみもとに行き、あなたがたがもはやわたしを見なくなることである』。主は父に往きたもうて罪人のために義となりたまいます。ローマ四・二十五をご覧なさい。『イエスは、わたしたちの罪のために死に渡され、わたしたちが義とされるために復活させられたのです』。コリント後書五・二十一をご覧なさい。『罪と何のかかわりもない方を、神はわたしたちのために罪となさいました。わたしたちはその方によって神の義を得ることができたのです』。主が父へ往きたもうたことによりて私共は義とせられます。そうですから聖霊はそれを証したまいます。すべての罪のために全き義があることを示したまいます。
 『裁きについてとは、この世の支配者が断罪されることである』。聖霊は審判がもはや終わりたることを証したまいます。悪魔と罪はもはや十字架に審かれたことを証します。そうですから『イエス・キリストに結ばれている者は、罪に定められることはありません』(ローマ八・一)。私共のためにもはや審判がありません。審判は既に終わりました。
 何人の心の中にも二つの証があります。一つは良心の証、一つは聖霊の証です。その示すところは、
 第一 良心も聖霊も人間は神の前に罪を犯したることを示します。
 第二 良心は正義は人間の衷にあらざることを示します。けれども聖霊はちょうど反対です。正義が私共に帰せられたることを証します。仮に哲学に従いまするならば、人間は義となることができないと思います。けれども福音は人間が義となることができると示します。
 第三 世に属ける良心は未来において審判に遇わねばならぬと示します。けれども聖霊は、私共信者は既に十字架に審かれたること、すなわち審判が既に過ぎ去りたることを示します。
 かつこれはキリストの性質に適います。キリストは預言者として私共に罪を教えたまいます。祭司として神の前に私共を義としたまいます。王として審判をなしたまいます。罪は過去に属き、義は現在に属き、審判は未来に属きます。

【十二〜十五節】

 主はたびたび私共にそれを話したまわねばなりません。私共に神の深い真理を教えたまいとうございます。けれども私共はそれを悟ることができませんから話したもうことができません。他の子供のごとき心を持っております者は悟ることを得ましたから、主はそのような兄弟に多くのことを語りたまいます。コリント前書三・一をご覧なさい、『兄弟たち、わたしはあなたがたには、霊の人に対するように語ることができず、肉の人、つまり、キリストとの関係では乳飲み子である人々に対するように語りました』。ヘブル五・十一をご覧なさい。『このことについては、話すことがたくさんあるのですが、あなたがたの耳が鈍くなっているので、容易に説明できません』。またこの十二節を見ますならば、この十四、十五、十六の三章の真理はただキリストにおる赤子が受くべき真理であります。どうかこの章より進んでいよいよ深く神の真理を学びとうございます。
 『今、あなたがたには理解できない。しかし、その方、すなわち、真理の霊が来ると、あなたがたを導いて真理をことごとく悟らせる』。今あなたは暁ることができません。けれども聖霊の来りたもう時に暁ることを得ます。この十三節はただ使徒二章のペンテコステの日のみではありません。いつでものペンテコステを指します。私共に聖霊の来りたまいます時に神の深いことを暁ることを得ます。
 『その方は、自分から語るのではなく、聞いたことを語り、また、これから起こることをあなたがたに告げるからである』。そうですから聖霊はただ神の管です。聖霊によりて主は私共に語りたまいます。聖霊は己によりて語りたまいません。ただ主の言葉を私共に取り次ぎたまいます。
 聖霊は三つのことを示したまいます。
 第一、『これから起こることをあなたがたに告げるからである』。
 聖霊は私共に天国の栄光を示したまいます。私共に地獄の苦難を示したまいます。私共に神の国の富と、罪の価は滅亡なることを示したまいます。私共はこの来らんとすることを自ら心に感じませんならば、必ず他の人々をして感ぜしめることはできません。従って人々を導くことは難しうございます。『ヱホバ言ひ給けるは 我爲さんとする事をアブラハムに隱すべけんや』(創世記十八・十七)。『ヤコブその子等(こども)を呼ていひけるは 汝らあつまれ 我後の日に汝らが遇はんところの事を汝等につげん』(創世記四十九・一)。『これを持ち來りてわれらに後ならんとする事をしめせ そのいやさきに成るべきことを示せ われら心をとめてその終をしらん 或はきたらんとする事をわれらに聞かすべし なんぢら後ならんとすることをしめせ 我儕なんぢらが神なることを知らん なんぢら或はさいはひし或はわざはひせよ 我儕ともに見ておどろかん』(イザヤ四十一・二十二、二十三)。来らんとすることを示すは神の働きであります。いま聖霊は私共にそれを示したまいとうございます。
 第二、『その方はわたしに栄光を与える』。
 聖霊は私共にキリストを示したまいます。今までは弟子等は幾分か肉体を持っていたもうキリストを見ました。幾分か肉体を持っていたもうキリストの慈愛と恩恵と力とを見ました。聖霊は天に昇りたもうた主の栄光を顕したまいます。キリストの今の栄光、今の生命、今の活けることを示したまいます。私共は聖霊を受けますならば天に昇りたもうた主イエスを知ることができます。また聖霊はキリストの栄光を知りたまいます。聖霊は幾分か預言者等にも使徒等にもキリストの栄光を示したまいました。そうですからその人々は私共のために聖霊について録しました。聖霊は同じように私共にもキリストの栄光を示したもうことができます。十四節の終わりをご覧なさい。『わたしのものを受けて、あなたがたに告げるからである』。私共にご自分の悟りを与えたまいます。聖霊はただ管であります。ご自分が見ること、また聞くことを私共に伝えたまいます。
 聖霊はキリストの栄光について暁りたもうところを私共に伝えたまいます。
 この約束を見ますれば私共の特権は言い難くかつ栄光があります。私共はこの悟りを求めましたか。
 またキリストの栄光はいかなる栄光でありますか。聖霊は私共にこれを暁らすことのできる栄光であります。
 聖霊を受け入れますならば必ずキリストに充たされます。必ずキリストの栄光を見ましてキリストに充たされます。
 第三、『父が持っておられるものはすべて、わたしのものである。だから、わたしは、「その方がわたしのものを受けて、あなたがたに告げる」と言ったのである』。
 そうですから聖霊は私共に父のものを示したまいます。すなわち父の権威、父の栄光、父の愛を私共に示したまいます。
 聖霊に充たされたる者は以上三つのことを悟ることができます。また聖霊に充たされたる者は、聖霊の働きに従って、この三つのことを他の人々に示します。聖霊の働きはこの奥義を明らかに示すことです。聖霊に充たされたる者の働きは同様です。

【十六節】

 主はなお明らかに弟子等にご自分を示しとうございます。またなおなお親しき交わりを与えたまいとうございます。いかにしてこの恵みを与えることができますか。ただ暫く弟子等を去ることによりて新しき悟りを与えたもうことができます。ただ弟子等に苦痛を与えることによりて新しき交わりを与えたもうことができます。今まで弟子等は肉によりて主を知りました。それは幸福でした。けれども主は一歩を進めて霊によりてご自分を知ることを得させたまいとうございます。その時に弟子等は婦が子を産まんとするほどの苦痛があります。けれどもその結果は限りなき溢れるほどの喜楽であります。このことはただ最初の弟子等のみを指しますか。否、私共を指します。どうぞただいまこの言葉に心を留めとうございます。神はあなたがたの中にも同じ苦痛と同じ喜楽とを与えたまいとうございます。コリント後書五・十六をご覧なさい。『それで、わたしたちは、今後だれをも肉に従って知ろうとはしません。肉に従ってキリストを知っていたとしても、今はもうそのように知ろうとはしません』。今まであなたがたの中にただ肉によりてキリストを知りし兄弟がありますか。主は霊によりてご自分を悟らせたまいとうございます。肉によりてキリストを知ることは幸福です。すなわち外部の教理によりて、書籍を読むによりて、聖徒の交わり、また聖奠によりてキリストを知ることは幸福です。弟子等が肉体を持っていたもう主と交わりたることは実に幸福でした。主の言葉を聞き、主の行いを見、主の愛を感じたる者は実に幸福でした。今そのように肉によりてキリストを知る者は同じ幸福があります。けれども主はそういう悟りを取り去りたもうて、新しき霊なる悟りを与えたまいとうございます。霊に属ける悟りを受けるために私共は弟子等と同じく主の苦痛を堪え忍ばねばなりません。原語ではこの十六節の『しばらくすると、あなたがたはもうわたしを見なくなるが、またしばらくすると、わたしを見るようになる』の見なくなるの見る('theoreo" = to behold)と、見るようになるの見る('horao' = to perceive)の意味が違います。『わたしを見なくなる』。これは肉眼をもって見ることです。『私を見るようになる』。これは霊によりて見ることです。
 今まで弟子は主を見ることを得ました。けれども暫くの間はかように主を見ることができません。
 私共は霊によりて主を悟ることを得るために、暫く今までのごとく主を見ることができないかも分かりません。今まで受けたる恵みを失うかも分かりません。暫く闇を堪え忍ばなければならないかも分かりません。けれどもその次に『またしばらくすると、わたしを見るようになる』の約束があります。こういう約束を堅く握りますならば暫時の暗黒を堪え忍ぶことができます。

【十七、十八節】

 弟子はそれを悟りません。少しもそれが分かりません。また『是われ父へ往くなり』(十六節末=元訳)を少しも暁りません。それによりて新しき主を見ることを少しも悟ることができません。今でも多くの人はこの新しき悟りを聞きましてもはじめは少しも分かりません。かえって議論をもってそれに反対するかも知れません。また相互に尋ね合うても分かりません。私共はそれを経験しませんならば悟ることができません。主は明らかに言葉をもってそれを示したもうても、私共は経験せぬうちはそれを悟ることができません。

【十九節】

 『イエスは、彼らが尋ねたがっていることを知って』。兄弟よ、それを知りませんならばどうぞ主の聖声を聞きとうございます。主は私共が問わんとするところを知りたまいますからまた談したまいます。

【二十、二十一節】

 そうですから暫く心の憂いがあります。暫くキリストを失ったと思いましょう。けれどもその時にも弟子等がキリストの言葉を心に留めておりましたならば、来るべき恵を待ち望みましたろう。私共はキリストの約束を堅く握りますならば必ずそのような時にも望みがあります。ヨブ二十三・八〜十をご覧なさい。それは同じ苦痛の体験です。『しかるに我東に往くも彼いまさず、西に往くも亦見たてまつらず、北に工作(はたら)きたまへども遇ひまつらず、南に隱れ居たまへば望むべからず。わが平生(つね)の道は彼知りたまふ。彼われを試みたまはゞ我は金のごとくして出できたらん』。今までヨブは神を知りましたが、暫く光を失いました。今ただ主の苦痛があります。けれどもその後の結果がよく分かります。ヨブはそのために後から限りなき喜楽を得ました。詩篇六十九・一〜三に同じ経験が記してあります。『神よ ねがはくは我をすくひたまへ 大水ながれきたりて我がたましひにまでおよべり われ立止(たちど)なきふかき泥(ひぢ)の中にしづめり われ深き水におちいる おほみづわが上をあふれすぐ われ歎息(なげき)によりてつかれたり わが喉はかわき わが目はわが神をまちわびておとろへぬ』。またエレミヤ哀歌三・一〜十九をご覧なさい。同じく二十よりは闇が光に変わりたることを見ます。けれども同一〜十九は同じ苦痛の経験であります。

【二十二節】

 そうですから暫くの苦痛があります。けれども後に大いなる喜楽ができて参ります。弟子等はこの言葉を覚えておりましたならば、最も暗い日にも主の十字架の時にも望みがありましたでしょう。
 またその喜楽が生じる時にいかなる結果がありましょうか。ここで主と偕に死ぬることを見ます。主と偕に苦痛を得ましてそれから光と喜楽を得ることを見ます。主はご自分の栄光に入りたもうために十字架の苦痛を堪え忍びたまわねばなりません。私共もその栄光を受けるため、主を知るため、同じように主と偕に苦痛を得なければなりません。この節の死ぬることとヨハネ十二・二十四の死ぬることを比べとうございます。この節の死ぬることは何のためですかならば主を知るためです。ヨハネ十二・二十四の死ぬることは人間を導くためです。
 死は同じことです。けれども二つの結果があります。私共は主と偕に死にますならば、人を導くことと主を知ることができます。

【二十三、二十四節】

 ここに二十節の死ぬることの三つの結果を見ます。主を知ることの三つの結果を見ます。
 第一は、『その日には、あなたがたはもはや、わたしに何も尋ねない』。明らかなる光を得ますから悟りと智慧を得、その霊の光によりて何でも分かることができます。
 第二は、『あなたがたがわたしの名によって何かを父に願うならば、父はお与えになる』。すなわち祈りの力です。父に近づきて祈り、その応答を受けることです。
 第三は、『あなたがたは喜びで満たされる』。すなわち喜楽です。
 或る信者は喜楽を全く構いません、軽率に考えます。けれどもキリストは喜楽を大切に思いたまいます。最も貴き恵みと思いたまいます。私共は心の喜楽が薄くございますならば、悔い改めて主にそれを求めねばなりません。

【二十五節】

 第一の結果を説明したまいます。

【二十六節】

 第二の結果を説明したまいます。

【二十七節】

 第三の結果を説明したまいます。

【二十八節】

 この節において、第一、永遠に神の子であること、第二、肉体を取りたもうたこと、第三、死にたもうたこと、第四、甦りたもうたこと、第五、昇天したもうたことの、五つの大切なることを見ます。またこの節を見ますならば世と神とは離れております。これは恐ろしいことです。この世は神に遠ざかって参りました。けれども他に一つのことを見ることができます。すなわち世と神との間に通行の途が開かれることです。

【二十九〜三十一節】

 弟子等は自分は信ずると思いました。けれども自ら心を欺いておりました。まだ真正に信じません。まだ主の言葉の深き意味を悟りません。今でも私共の心の中に偏見がありまして自分の心を欺き易うございますから、時によりてこの弟子等と同じくいま自分は信ず、いま自分は分かると申しませんか。けれどもたぶん主は答えたもうて『今なんぢら信ずる乎』と言いたまいます。これは真正の信仰ではありません。

【三十二、三十三節】

 主の言葉を心に留めますならば如何なる苦痛に遇いましても平安があります。主は始めからこのことをよく知りたまいました。またただこの苦痛によりてなおなお大いなる幸福を与えたもうことが分かります。『あなたがたには世で苦難がある。しかし、勇気を出しなさい。わたしは既に世に勝っている』。そうですから主と一つになった者は不断世に勝つことを得ます。ヨハネ一書五・四をご覧なさい。『神から生まれた人は皆、世に打ち勝つからです。世に打ち勝つ勝利、それはわたしたちの信仰です』。パウロは世に勝つことを得ました。その苦痛を去りませずして不断世に勝つことを得ました。そうして不断喜楽と平安とをもってこの世を過ごしました。



|| 緒1 | 緒2 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 |
| 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 結論 | 目次 |