第 二 十 一 章 



 ヨハネ伝は二十章にて終わると思います。二十一章はただ附録であります。けれどもこの附録は甚だ大切であります。この二十一章において教会の働きが録されてあります。私共はこの章において主の昇天より再臨に至るまでの教会の働きを見ることができます。
 第一の働きは罪人を導くことです(一〜十一)。
 第二の働きは信者を養うことです(十二〜十七)。
 第三の働きは十字架を耐え忍ぶことです(十八〜二十一)。
 第四の働きは主の再臨を俟ち望むことです(二十二〜二十五)。
 私共はただいまこの四つの働きを致さねばなりません。私共はそのために今この世に遣わされております。

【一節】

 主はガリラヤに往けよと命じたまいましたから(マタイ二十八・十)、弟子は皆ガリラヤに参りました。そうしてそこで主を俟ち望む筈でした。

【二節】

 主はこの七人をもって十一節にあるがごとく数多き魚を獲りたまいました。けれどもこの五人の名前を見ますならば主と共に働くに足らぬ者でした。主と共に働く価値のない者でした。シモンはもはや主を知らずと申しました。トマスは不信仰に陥りました。ナタナエルは最初に主を信じましたが他の弟子のごとく人を怖れました。ゼベダイの二人の子も主の飲みたもう杯を飲み受けたもうバプテスマを受けることができずして、恐怖に充たされました。誰一人として終わりまで主に従う者はありませんでした。けれども主はこのような足らない者と共に働き数多き魚を獲りたまいました。いま主と共に働く者はペテロ、トマス、ナタナエル、ゼベダイの子のごとき実に足らない者でした。けれどもこの足らない者が主と共に働きますならば、主はこの足らない者を用いて数多き魚を獲りたもうことができます。

【三節】

 『わたしは漁に行く』。ペテロは最初の献身を忘れましたか。マタイ四・二十の献身を忘れましたか。主は俟ち望めよと命じたまいました。けれども俟ち望むことは恒に最も困難なことです。たぶん他のガリラヤの青年は毎日働きに出ましたから、働きをしない青年を嘲りましたでしょう。そうですからペテロはついに多くの世に属ける者と同じく『わたしは漁に行く』と申しました。
 或いはペテロはもはや大いなる罪を犯しましたから主と共に働くことができないと思いましてかく申したかも知れません。
 この弟子等は終夜身を労して働きましたが何の収獲もありません。漸次暗黒の中に沈んでペテロの心中に三年以前のことが憶い起されませんでしたか。時はペテロが初めて主に謁えた日でした。ところも同じガリラヤ湖に終夜働き何の獲物もなかったことを憶い起しませなんだでしょうか。もしも主の言葉に従いませんならば何の獲るところもありませんことを感じませんでしたでしょうか。漸次ペテロの気が沈んで失望と落胆の暗路を辿りませんでしたでしょうか。
 けれどもその夜も終夜主はその弟子の働きを顧みたまいました。そうしてその失敗を統べ治めて己の栄光を顕したまいました。

【四節】

 未来において永遠の夜が明けました時に、主が岸に立ちて私共の生涯の働きを始終顧みたまいますことが解りましょう。私共はこの弟子のごとく主を忘れて働きましたことがありましても、或いは自分の力で働こうとして失敗のみがありましても、主は岸に立ちて終夜私共を顧みたもうことが解りましょう。

【五節】

 主はその心を探りとうございます。汝は終夜熱心に働きました。汝は自分の力で働きました。その結果はいかがですかと尋ねたまいます。主は私共にも同じ問いを起して私共の働きを探りたまいます。
 『彼らは、「ありません」と答えた』。これは失敗の懺悔です。この七人は主を俟ち望むことを厭いました。そうですからその熱心なる働きはたまたま失敗を重ねるのみでありました。私共は父の約束したまいました聖霊を俟ち望みませんならばその熱心なる働きはただ失敗のみであります。

【六節】

 主は弟子の失敗を統べ治めたまいます。いま主は成功を与えたまいます。主はこの弟子をして彼らを養うものは主イエスなることを感ぜしめたまいとうございます。ただ主に依り頼みますならば収獲があります。主を俟ち望まずして働きますならば生活を立てることができません。主に従いますならば多くの収獲があります。主は私共の生涯の主人であることを教えたまいとうございます。けれども啻にそれのみではありません。私共は主の働き人ですならば、罪人の漁夫ですならば、主に依り頼み主の命令に従って働くことにより多くの収獲があることを教えたまいとうございます。

【七節】

 『主だ』。愛はいつでも目敏く物を見付けます。ヨハネは成功によりて主を見ました。成功によりて高慢に陥りませずして主を見てかえって謙遜を生じました。成功の時は、いつでも危うき時です。リバイバルの時はいつでも危うき時です。私共は時々成功によりて己を高くいたします。けれどもヨハネの眼がありますならば、『主だ』と解りましてなおなお主の栄光を見て己を卑くすることができます。
 ペテロは主なりという言葉を聞くや否やすぐに海に飛び込みました。彼は罪のために主に交わることができぬようになりました。けれども主に対する愛は失いませんでした。その罪を犯しましたのは主を愛する心より出たのでした。彼は主に対して罪を犯しました。けれども、主の足下に近づきとうございます。ユダのことをお比べなさい。ユダは罪を犯しました。また深く罪を感じました。けれどもそのために主に遠ざかって参りました。できるだけ己を隠したいと思いました。これは何故ですかならば愛も信仰もないからです。主の愛を信ずる信仰がないからです。これに反して、ペテロは大いなる罪を犯しました。けれども主に近づきとうございます。彼は終夜働きて何の収獲もありませんでしたが、漸く今ここに多くの収獲がありました。けれども『主だ』と聞きました時に、喜んで今漸く得たものを捨てて主を付け狙いました。ただ主のみを認めとうございました。兄弟よ、私共はたびたび主を慕うことよりも働きの成功を慕うことはありませんか。悔い改めた罪人を見ますならばそれで満足を得ませんか。けれども真の愛がありますならば、主に近づくために、漸く得た百五十三尾の魚をも捨ててしまいます。

【八、九節】

 主は私共をも使いたまいます。また私共の助けを求めたまいます。けれどもこれはただ主の恩寵であります。主は人間の助けがありませんでも魚を獲りたもうことができます。かくのごとき方法を用いたまいませんでも罪人を救いたもうことができます。けれども、私共を恵まんがために私共を使いたまいます。

【十、十一節】

 主は私共の働きの結果を数えたまいます。私共は自らそれを数えるかも知れません。けれども私共は正しくそれを数えることはできません。私共が人を導きました時にその人は真実に悔い改めますならば、その時に表面上悔い改めましたことが解ります。けれどもそれが真実であるや否やは判断することができません。主は私共の働きの結果を数えたまいます。また私共は百五十三尾をとりましたと思いましても、主の計算に相違するかも知れません。時によりてはそれよりもたいそう少ないかも知れません。また時によりてはそれよりもたいそう多いかも知れません。

【十二節】

 終夜働きましたからいま饑え渇いておりましたでしょう。いま主はペテロに我を愛するやと尋ねたまいません。始めに主はペテロの身を顧みたまいます。かの列王紀上十九章においても主はまずエリヤの身を顧みてしかる後には汝は何故ここにあるやと尋ねたまいました。主は私共の弱きことを知りたまいます。私共の塵なることを知りたまいます。
 『さあ、来て、朝の食事をしなさい』。私共は働きまして後にいつでも主に近づきて主のパンを食しとうございます。私共は伝道しまして後に主に近づきて新しき天のパンを食しとうございます。私共はたびたびそれを怠りましたことはありませんか。伝道のために身が疲れましたからその夜主と共に食しませずして臥床に入ったことはありませんか。どうぞ伝道しました後に主に近づき『來りて食せよ』との主の聖声を聞きとうございます。

【十三節】

 主の僕が疲れました時に主は自らその僕の僕となりて食物を与えたまいます。

【十四節】

 ただいまから主はペテロを最初の献身に導きたまいとうございます。彼は堕落しました。けれども真実に悔い改めてもはや罪の赦免を得ました。彼は人間の眼前に罪を犯しましたから人間の眼前に探られなければなりません。ペテロの悔い改めは真実でありました。けれどもその罪のためになおなお己を卑くする筈です。その罪によりて教えらるべきことがあります。兄弟よ、私共はたびたびそれを忘れませんか。罪を懺悔してその罪の赦免を得ます。けれども主はその罪によりて教えを与えたまいとうございます。またなおなお私共を卑くしたまいとうございます。
 主はペテロを最初の献身に導きたまいますから、最初の献身の身分の模様を再びここに造りたまいます。ルカ五章にも同じような話があります。またその時にペテロは身も魂も主に献げました。いま主は同じ献身に導きたまいとうございます。またその献身をなおなお深くなしたまいとうございます。それゆえに当時の身分の模様を再びここに造りたまいます。また主はその罪についてペテロを探りたまいとうございますから炭火を与えたまいます。原語では十八章とこの章ばかりに炭火について録されてあります。主は祭司の長の炭火を再びここに紀念せしめたまいとうございます。
 そうですから十三章の言葉を借りますならば主はペテロの足を洗いたまいます。この章は十三章の註解です。

【十五節】

 『ヨハネの子シモン』。初めてペテロに会いたまいました時も同じ言葉を用いたまいました(一・四十二)。いま主はペテロに当時を憶い起さしめたまいとうございます。またその約束をも憶い起さしめたまいとうございます。
 『わたしを愛しているか』。主はたいそうそれを懸念したまいます。この賤しいペテロの愛を慕いたまいます。
 『あなたがご存じです』。これは謙遜の言葉です。ペテロはいま自分のことは自分よりも主の方がよく知りたもうことを見出しました。以前には大胆に自分の愛を認めました。けれどもその時に主は彼の心を知り彼を誡めたまいました。それによりペテロは自分のことは自分よりも主の方がよく知りたもうことを悟りました。
 『わたしの小羊を飼いなさい』。これは主の前に第一の貴きものです。この小羊は主の前に一番価値あるものです。主は小羊のためにご自分の血を流したまいました。その貴き価値をもってこの小羊を贖いたまいました。今すぐにペテロの手にこの貴き小羊を委ねたもうことは、実にペテロを信用したもうことの証拠です。主は私共にわが小羊を牧えと言いたまいますならば実に私共を信用したもうことの証拠です。エレミヤ三・十五をご覧なさい。そうですから或いはペテロを択び、或いはあなたを択びたまいますならば、主はペテロを信用しあなたを信用したもう証拠です。主が私共を信用したまいますならば私共は謙遜をもって主の知恵と力に依り頼まなければなりません。マタイ四・十九をご覧なさい。人を獲りとうございますならば主に従わねばなりません。小羊を牧いとうございますならば主を愛せねばなりません。なおなお貴き高尚なる経験がなければなりません。服従により人間を導くことができます。愛により信者を養うことができます。

【十六節】

 主は私共より主を愛していることを聞きたまいとうございます。私共はたびたび『主よ、あなたは何もかもご存じです、わたしがあなたを愛していることを、あなたはよく知っておられます』と繰り返して申しますならば主を喜ばせ奉ります。我汝を愛すという言葉は、主の前に香ばしき乳香の香りです。父は自分の子より、父よ、私はあなたを愛します、という言葉を聞きますならば喜びます。夫は妻より自分を愛すとの言葉を聞きますならば喜ばしいです。主はかく私共よりもたびたびそれを聞きたまいとうございます。

【十七節】

 『悲しくなった』。少しも怒りがありません、高慢がありません。ただそのために心が探られました。主はペテロの心を探りたまいます。ペテロの心中に真実の悔い改めを起こしたまいとうございます。『ペテロは、イエスが三度目も、「わたしを愛しているか」と言われたので、悲しくなった』。主はペテロの心にそれほどの悔い改めを起こしたまいとうございます。ペテロはもはや罪の赦免を得ました。けれどもただいま主はペテロの心を憂えしめたまいましてペテロを探りたまいます。主はたびたびかくのごとき順序に従って私共の心中に真実の悔い改めを起こしたまいます。いま主の言葉はペテロの心を刺しました。今までペテロは自分の力を恃んで自分の愛を恃んで生涯を送りました。そのために失敗いたしました。彼はその罪を悔い改めました。けれどもその罪の根はなお残っておりました。主は全くその心を取り除きたまいとうございます。
 『主よ、あなたは何もかもご存じです』。ペテロは主の前に全く自分の心を打ち明けました。何の隠すところもなく自分の全心を打ち明けました。それは主の求めたもうところでした。ペテロは今まで自分の心を自分で判断しました。自分の熱心を判断しました。けれども今すべてを見通す主の眼前に自分の心を判断することができませずして主にそのことを委ねます。『主よ、あなたは何もかもご存じです』と申します。
 主は、他の弟子の眼前にかくペテロを探りたまいました。他の弟子もこれにより大いに教えられました。彼らは今この有様をみまして自分の罪をも覚えましたでしょう。自分の主を捨てて逃げた臆病、愛の足らないことなどを深く感じまして、必ず七人とも残らず悔い改め、再び権威を頂戴しましたでしょう。

【十八節】

 今まで己を恃み己の心に任せて歩きました。自ら帯して歩きました。けれども今から霊に導かれまして生来の心に適わざる処に曳かれて参ります。十三・三十六〜三十八をご覧なさい。その時にペテロは自ら帯して己の心に任せて歩きました。主に従うことができませんでした。けれどもいま霊を受けますならば主に従うことができます。ペテロの元の希望に従って生命を捨てることができます。いま霊を受けまして十三・三十七の希望を成就することができます。
 ペテロは主のために自分の生命を捨てる機会がありました。けれどもペテロはその機を失いました。いま主は大いなる恩寵をもって再びそのような機会を与えることを約束したまいます。私共は今まで戦に失敗しましたならばどうぞ再び同じ試みに遭ってそれに打ち勝つことを願いとうございます。主はペテロに再び生命を捨てる機会を与えることを約束したまいます。ペテロはそれにより明白に主の赦免を与えたまいましたことが解りました。これは真正の赦罪のしるしでした。

【十九節】

 マタイ四章に言いたまいましたごとく主は今また『わたしに従いなさい』と命じたまいます。

【二十〜二十四節】

 『わたしの来るときまで彼が生きていることを、わたしが望んだとしても、あなたに何の関係があるか』。我これを命ずるならば汝に何の与りあらんや。実にこれは王の言葉です。それによりペテロの前途もヨハネの前途も主の聖手にありました。主はこの二人の未来の主人でありました。それによりて主の栄光が解ると思います。『わたしの来るときまで彼が生きていることを、わたしが望んだとしても』。主の主、王の王たる者の言葉です。兄弟よ、私共はそれが解りましたか。主イエスは私共の前途の主であることが解りましたか。ヨハネは主の再臨までこの世におりませんでした。けれどもパトモス孤島において明瞭にそれを見ました。天に昇り明瞭に主の栄光と主の再臨を見ました。眼にてそれを見ました。耳にてそれを聞きました。
 『あなたは、わたしに従いなさい』。私共は兄弟の前途について思い煩うに及びません。主は『あなたは、わたしに従いなさい』と宣います。

【二十五節】

 これはその時の教会の印です。



|| 緒1 | 緒2 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 |
| 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 結論 | 目次 |