第 二 章 



 神の子が世に降りたまいまして何処に最初に栄光を顕したまいますかならば、神の宮殿ではなく、かえって家庭の裡でありました(十一)。なぜならば家庭は神の真正の宮殿であるからであります。
 主は水をもって葡萄酒を造りたまいました。この奇蹟を見ますならば、人間の喜楽のなくなる時に神はご自分を顕して充分なる喜楽を与えたまいます。いま葡萄酒のなくなった時に造化の主が顕れて新しき葡萄酒を造りたまいました。主の奇蹟の主意は恒に同じことです。すなわち人間の力も望みも尽きました時に、その失敗の裡に働きて神の栄光を顕したまいます。或いはその失敗を癒し、或いはその失敗によりて新しきことを造りたまいます。それは主の力は生まれ変わらすことであるからです。人間は罪のために己を汚し、死にたる者でありました。主はこの死にたる者のために地に降って新たにこれを生みたまいます。あたかも葡萄酒の尽きた時に新しきものを造りたまいましたと同じことです。三章の新たに生まれることの話、四章のサマリアの女の話も皆その道理は同じことです。かのサマリアの女は何程自分で悶躁しましても安心を得ることができません。ただ煩労の生涯でした。そのときに主はご自分を顕しまして、その女に新しき生命の泉を与えたまいました。そのほか主の奇蹟を見ますならばことごとく同じことであります。

【一〜三節】

 十一節を見ますならば『イエスは、この最初のしるしをガリラヤのカナで行って、その栄光を現された。それで、弟子たちはイエスを信じた』と記してありますから、これは第一の奇蹟にしてかつ奇蹟の主なるものであると思います。主が新しき天地を造りたもう時にもこれと同じようになしたまいます。すなわち罪に汚れたるこの世を変えて、聖なる潔き天地となしたまいます。この奇蹟はただ小さき種です。種が成長して実を結びますならば、新しき天地を造ることができます。
 出エジプト四・九をご覧なさい。モーセは奇蹟によりて明らかに自分の神の使者であることを顕しました。これはモーセの栄えです。いま主イエスもご自分は神より遣わされたる者なることを示し、その栄えを顕したまいます。その栄えを見たヨハネは何と申しましたか。一・十四をご覧なさい。私共も信仰の眼を開かれてこの話を見ねばなりません。しからばヨハネと同じ栄光を見ることができます。
 『三日目に』。主は三日前まではユダヤにおりたまいましたから、弟子たち数人と偕にこの婚筵に列なりたまいましたのは意外でした。そうですから食事がそれほどに準備してありません。『母がイエスに、「ぶどう酒がなくなりました」と言った』。これは真正の祈禱でした。これとマルコ六・三十六をお比べなさい。『人々を解散させてください。そうすれば、自分で周りの里や村へ、何か食べる物を買いに行くでしょう』。これは自己の心に従って祈ったのであります。この二つのうち、私共はいずれの精神をもってよろしいでしょうか。弟子のごとく彼らを去らせたまえと願いましょうか。またはマリアのごとく彼らに葡萄酒がありませんから何かしてくださいと願いましょうか。私共はこのマリアのごとく、主の能力を信じとうございます。マリアはこのときに奇蹟を求めませんでしたでしょう。けれども主が何とかしてくださると信じました。

【四節】

 『婦人よ、わたしとどんなかかわりがあるのです』。これは原語を見ますならば失礼なる言葉ではありません。
 『わたしの時はまだ来ていません』。主はこの時にいまだ神の導きを受けませんからこのように仰せたまいます。七・八の『わたしの時が来ていない』と同じことです。その瞬間にはいまだ父から導きを受けたまいませんでした。けれどもそれから直ちに父より導きを受けて祝福を与えたまいました。
 主はこの奇跡を行いたもうことができたのはマリアの祈禱によってでありました。主はこの時にさしあたり救いを与えるように求められたまいました。そうして主はこの願いに応えたまいました。私共はいかように小さいことでも主を仰いでその力を求めますならば、主は喜んで私共を救いたまいます。主はそれによって栄光を顕したまいます。小さい田舎の婚筵においてわずかに葡萄酒の足らぬことくらいでもマリアの願いを聞き入れてご自分の栄光を顕したまいました。そうですから私共も主の栄光の顕れるために祈らねばなりません。

【五節】

 マリアは拒絶されました。けれども主の働きを待ちました。そうして信仰をもって主の働きのために準備を為しました。

【六節】

 ユダヤ人はこの石がめのように外部の儀式と表面の潔きを与えることはできました。けれども主は人間を喜ばす葡萄酒を与えることができました。表面の宗教は表面を潔めます。主の宗教は心を潔めて喜楽を与えたまいます。
 神の働きの結果は何でありますかならば、喜楽です。喜楽は神の目的です。霊なる喜楽は決して藐視することはできません。神は喜楽のために人間を造りたまいました。喜楽のために御子を降したまいました。喜楽のために新しき天地を造りたまいます。神の前に喜楽は大切なるものです。

【七節】

 『イエスが、「水がめに水をいっぱい入れなさい」と言われると』。主はご自分を隠して、その婚筵に列なる者の裡で最も賤しき僕を撰びたまいました。それによって大いに教えられとうございます。神が教会の裡で栄光を顕したもう時に牧師伝道師等の顕著たる者を用いたまわず、却って度々その教会の裡で最も賤しき者を撰びたまいます。その人の一言によって、或いは祈禱によって、大いなる栄光を顕したもうことがあります。私共もこの精神を持ちませねば他人に葡萄酒を与えることはできません。
 『召し使いたちは、かめの縁まで水を満たした』。信仰の働きは第一に服従です。主に従いませねば恩寵を受けることはできません。私共の信仰はたびたび主を己に従わせることとなりませんか。己の心に神を従わしめることになりませんでしょうか。どうかこれについて考えて見とうございます。

【八節】

 僕は信仰に従って自分のなすべきだけの働きを全備しました。私共はたびたびこれは神の働きであって自分の働きではないと申して怠慢に陥ります。たとえ自分が怠っておっても神がよろしきように働きたもうと誘惑されます。けれどもこれは誤謬であると思います。真正の働きは、この僕のごとく自分の働きを全備したる後に静かに神の働きを待ち望むことであります。
 『召し使いたちは運んで行った』。僕は信仰をもって主の命令に従い、いま汲んだばかりでいまだ葡萄酒に変わらざる水を渡しました。これは人間の眼より見ますればまことに愚かなることのようです。けれども信仰をもってその命令に従いました時に、主の祝福が加わりその水が酒に変わりました。伝道も同じことです。表面よりこれを見ますれば実に愚かなることのようです。けれどもこの僕のごとく信仰をもって働きますならば、伝道の愚かなるをもって人間の渇きを飽かしめることができます(コリント前書一・二十一)。

【九節】

 この働きを致しましたのは人間の眼より見ますれば僕ですが、実は主がご自分を隠して働きたまいましたのです。ピリピ三・二十一をご覧なさい。『キリストは、万物を支配下に置くことさえできる力によって、わたしたちの卑しい体を、御自分の栄光ある体と同じ形に変えてくださるのです』。僕がかく働きました時に主も隠れて働きたまいました。ただいま伝道に同じことを見ます。私共が伝道を致しまする時に主が隠れて働きたまいます。そうですから人間に誇るべきところはありません。主に栄光を帰せなければなりません。もし私共は主と偕に働きませねば何の力もありません。私共の一切は無益であります。かの葡萄酒がなくなった時に主が新たに造って人々に飲ましめたもうたごとく、伝道も同じ働きです。私共の四周には渇く客がたくさんあります。盃の空虚になりました客が多くあります。私共はそういう人々に新しき葡萄酒を与えなければなりません。私共はたとえ単独でも智慧の水が与えられましょう。道徳の水が与えられましょう。これらの水を与えることは或いは人間の力だけでもできましょう。けれども真正の水、彼らの渇きを飽かしめる天国の葡萄酒を与えることは主と一つでなければできません。私共は他人と談しまする際に主と一つですならば、その人は私共の言葉を聞きて満足を得ます。説教しまする時に主と一つですならば、私共の言葉の水が途中において天国の葡萄酒と変わります。
 『水をくんだ召し使いたちは知っていた』。主と共に働いた僕はその事情が解りました。私共は主と共に働きますならば主の働きの奥義を知ることができます。この婚筵に列なりたる客は葡萄酒を飲みましたから幸福です。けれどもこれを与えた僕はなおなお幸福でありました。それは主の働きたもう順序の奥義を知ったからです。もしも福音を受け入れるなら幸福です。けれども福音の宣伝者は主の働きたもう順序の奥義を知ることができますから、最も幸福であると思います。

【十、十一節】

 神の順序と世の順序とは常に反対です。神は順次に善き葡萄酒を与えたまいます。肉に属ける者の生涯を見ますならば、青年の時代は喜楽に充たされておる人でも、老年になるに従いて漸次衰弱して参ります。霊に属ける者の生涯は反対です。進むに従いていよいよ力を受けて、ついに全く潔き人となります。
 始めに主は賤しき客でした。人々は主に眼を注ぎませんでした。けれども主の同情、主の恩寵、主の権能が解りました時に、主に眼を注ぐようになりました。主はついに婚筵を司る者となりたまいました。教会においても始めは牧師司会者等に眼を注ぎますが、真正の集会になりますれば主イエスご自身に目を注ぐようになります。

【十二〜十七節】

 柔和なる主が一度烈しき所業をなしたまいました。愛に富みたもう主が罪のために憤激してこの烈しき所業をなしたまいました。これは考えるべきことであります。主はご自分の宮の汚穢を嫉みたまいます。主は世の中における人間のさまざまなる罪悪とその結果をご覧なさいました。けれどもこの時ほど劇しき怒りを発したもうたことは外にありません。これは何故ですかならば、宮が汚されます。父の宮が汚されますことは何よりも痛嘆なことです。コリント前書三・十六、十七を対照してこのことを深くお味わいなさることを勧めます。ここでいまひとつのことをご覧なさい。主は宮を潔めたもうことができます。幸福ではありませんか。牛羊等は神の聖き宮を汚しましたのみならず、静かなる祈禱の場所であるべき宮を擾しましたから、主はこれを潔めこれを静めたまいました。

【十八〜二十二節】

 主はここで奥義をもってこれらの人々に答えたまいましたのは、深意あることと思います。ユダヤ人は宮の潔められたることを喜ぶべき筈ですのに、その心が汚れておりますから、却って主にしるしを求めました。そうですから主は奥義をもって答えたまいました。
 最も賤しき処より参りました一田舎者が宮に入って、かかる烈しき所業によってエルサレムの商人に応対して、何故に捕らわれなかったでしょうか。これは主の容貌に一種の栄光がありました故と信じます(七・四十四、十八・六)。
 主はまた自分の死と甦りを示したまいました。自分の権威は死と甦りより来ることを示したまいました。一・十をご覧なさい。『言は世にあった。世は言によって成ったが、世は言を認めなかった』。主は世の造り主です。けれども世は罪悪に充ちておりますから主を知りません。『言は、自分の民のところへ来たが、民は受け入れなかった』(一・十一)。ユダヤ人も主を信じません。悪魔が権威を奪いました。或いはユダヤ人の不信仰によって主の権威はありません。神がユダヤ人の中に降りたまいますれば、ご自分の宮において権威をもつべき筈であるのに、もつことができませんから、死と甦りとによって権威を受けたまいます(使徒二・二十三、二十四、三十二〜三十四、ピリピ二・八、九)。主イエスの権力の源は死と甦りとです。主はこれによって新しき権力を得たまいました。もちろん主はこの以前より権力を持っていたまいました。けれども死と甦りとによって新しき権力を得たまいました。以前よりもなお高く崇められたまいました。ユダヤ人はこれを弁えませんでした。けれども私共はそれを弁えることができます。その奥義を悟ることができます。

【二十三節】

 『イエスの名を信じた』。四・三十九、四・四十一、七・三十一、十・四十二、十一・四十五、十二・十一にも主を信じたことを見ます。主の伝道は大いなる伝道でありました。
 『しるしを見て』これは信仰でありましたが、全き信仰ではありません。

【二十四、二十五節】

 『すべての人のことを知っておられ』。エレミヤ十七・九、十をご覧なさい。『人の心は何にもまして、とらえ難く病んでいる。誰がそれを知りえようか。心を探り、そのはらわたを究めるのは主なるわたしである。それぞれの道、業の結ぶ実に従って報いる』。現今でも信者の中に二つの種類があります。ある信者は主の名を信じましても全き信仰がありませんから、主はご自分を託したまいません。けれどもある信者は己に死にましたから、主はご自分を託したまいます。これはペンテコステの霊に属ける信者です。



|| 緒1 | 緒2 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 |
| 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 結論 | 目次 |