結  論 



 ヨハネ伝の終わりにおいて主が昇天したもうことについて録されてありません。他の三福音の終わりには昇天なしたまいたる主を見ます。けれどもヨハネ伝においてただ復活の主を見ます。復活後弟子と偕にあり、この地上を歩みたまいたる主を見ます。聖霊はヨハネをもって最後にそのことを私共に見せしめたまいます。復活の主は不断私共と共に歩みたまいます。この福音書の終わりに、主が進みたもうてまたペテロとヨハネは主に従うことを見ます。私共も主に従いましょうか。この附録なる二十一章の教えに従いまして、或いは働きをもって、或いは小羊を牧うことをもって、或いは十字架を負うことをもって、或いは主の再臨を俟ち望むことをもって、主に従いましょうか。この二十一章の主は真実に昇天の主です。天の中地の上すべての権を持っていたもう主です。この章において地の上に主を見ます。けれども天の宝位に坐したもう主と同じものです。兄弟よ、この栄光の主は私共と偕にあり、私共と偕に働きたもうことを見とうございます。またそれを見まして十字架を負うて主に従いとうございます。これはヨハネ伝における聖霊を最後の教訓です。




ヨハネ伝講義

   © 頒布価 ¥ 700

明治32年9月1日 初版発行
昭和39年7月1日 改訂12版

講述者 B.F.バックストン
発行所 バックストン記念霊交会
    武蔵野市境南町4丁目7-−5
    振替口座 東京66649番
    郵便番号 180



|| 緒1 | 緒2 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 |
| 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 結論 | 目次 |