緒 論  第 二 



 神は人と世を新たにせんがために、各様に人を助けたまいました。種々の恩寵を示したまいました。洪水の時にも、罪人を亡ぼし、聖き民八人を残して世を新たになしたまいました。けれどもこれは成功いたしません、失敗でありました。人はまた汚れました。次に、多くの国民の中よりイスラエル人を撰びたまいまして、幕屋を造らしめ、祭を示し、その中に顕れたもうて、彼らによりて世を浄めんとなしたまいました。けれどもこれも失敗でありました。一度堕落した人間は回復する力はありません。世は暗黒より暗黒に、罪悪より罪悪に、汚濁と腐敗はいよいよ深く染み渡りました。そうですから、神は最後の方法として、全き主イエスを送りたまいました。神は、創世の時、アダムとエバが罪を犯すや否や救いの約束をなしたもうて、撰ばれた民は喜んでこれを俟ち望んでおりました。マタイ伝には、この俟ち望んだ神の約束の成就せられたることが録されてあります。神は、この世に対して、確かなる目的と計画とを持ちたまいました。ここではいかにこれを成就なしたまいましたかを見ます。二章において、博士はその望みを全ういたしました。彼らは人間の望みを代表した者であります。かくのごとく、神は約束のものを送りたまいましたにかかわらず、世はなお反逆人の世であります。創世記三章以後、人は神の命に背き、世は神に逆らうばかりで満たされております。王なる救い主が顕れたまいましたが、人間はなお神に近づくことができません。そうですから、マルコ伝において神の僕、従順柔和なる神の使者としてのイエスを見ます。この世は、その堕落より救われるためには、人の僕となり働きたもう者がなければなりません。マルコ伝には、かくのごとく神の僕であり、また人の僕である救い主を示します。主は、神に使われ人に使われたもうて神の望みを完成し、人の運命を成就したまいました。また、ルカ伝に顕されたる方面は何でありますか。神はいかに人を助けたもうとも、人は常に失敗を重ねるのみでありました。そして、人の失敗は神の造化の失敗であります。そうですから、神は天の衆軍と悪魔のためにご自分の恥を雪がんがために企てたまいました。すなわち、神はサタンと天使の前にご自分の義を全うせんがために、いま栄光の人を降したまいました。は汚れて神の面に泥を塗りましたから、神は自ら『罪を犯されなかったが、あらゆる点において、わたしたちと同様に試練に遭われた……試練を受けている人たちを助けることがおできになる』(ヘブル書四・十五、二・十八)模範的人間をここに示したもうて、天にあるすべての霊なる活き物の前に大いなることを完成したまいました。第三福音書の使命は実にこれであります。第四福音書ヨハネ伝にはまたほかの方面を示しました。この世は、あたかもエゼキエルの申しましたごとくに(エゼキエル三十七章)、枯れたる骨の谷であります。創世記一・二のごとくに、暗闇は世を覆うております。神は、この骨の谷に生命を送りたまいました。ヨハネ伝の中に、生命という字は三十五あります。この暗黒の中にを与えたまいました。主イエスは、人に対しては生命とし、また光として送られたまいました。また神に対しては、産みたまえる独り子として送られたまいました。すなわち神は独り子を遣わしたもうて、人の生命とし、人の光となしたもうたのであります。そうですから、ヨハネ伝には、神を父と称えることは百十七に及びます。けれどもマタイ伝には四十四、マルコ伝には五、ルカ伝には十七あるのみであります。これを見ましても、ヨハネ伝の目的はほぼ知れます。すなわちここには、神に向かってアバ父よと呼びたもう子なる霊を見ます。神の子主イエスは、この世では旅人でありました。ご自分の国に来りたまいましたのに、異邦人でありました。これは実に怪しむべきことではありませんか。ヨハネはこの不思議なる逆真理を認めました。主イエスはおのれの国に来りたまいましたのに、その民が彼を受けませんから、ヨハネはいかにしても、彼が神の子、世の主で在すことを人々に信ぜしめんがために、この書を録しました。二十・三十一にこの理由が述べてあります。すなわち、イエスが神の子キリストたることを信ぜしめ、これを信じてその名によりて生命を得させんがためであります。しかしてヨハネは、この書を研究してさらに一歩を進めて学ぶことのできますように、ヨハネ第一書を書きました。その目的は、第一ヨハネ五・十三のように、主を信ずる者はすでにおのれに生命を持っていることを示すためでありました。

 さて、ヨハネ伝には奇蹟をしるしとして記されてあります。あるいは行いとしてあります。主の奇蹟は単に不思議なるものではありません。深遠なる意味が含まれてあります。ヨハネ伝に記されない多くのしるしがあります。けれどもヨハネは、ここに記されただけで、主の神性を信ぜしむるに十分なりといたしました。聖霊はそれを是認したまいました。私共は、これを信じて、明らかに神の子たることを知ることができます。もしこれにて未だ信ずることができませんならば、ほかにいかなる大いなることがありましても、決して信ずることはできませんでしょう。聖書全体もまた同じく神の子を示します。また、これを示すにはこれだけで十分であります。これよりも多くのことを附加するには及びません。ヨハネはこの目的のために、主の多くの奇蹟の中より、御在世中の七つの奇蹟を撰びました。ほかの書において、このほかに四十を見ることができます。けれどもヨハネは、この七つにて全き証拠と致しました。この七つの奇蹟は、啻に奇蹟なるのみではありません。実に深遠なしるしであります。これにて主を悟ることができます。太陽の光は白うございます。けれども、プリズムに通してみれば、七つの光彩が顕れます。この七つのしるしは輝ける七色であります。これを合一にして、主イエスの神の子たる全き栄光を示します。

 第一のしるし(二・十一)、これは二十・三十一を示す第一であります。すなわち人間が失敗して詮方尽きる時に、主が働きたもうて神の力を示し、大いなる祝福を加えたもうしるしであります。主がいつでも私共になしたもう第一の救いはこれであります。私共が全く自分の力を見捨てますときに、主は私共を強めたもうのであります。主の力は弱きにおいて全くなるのであります。汚れたる所に聖き所を造りたもうのであります。二・十九にありますのも同一の真理です。三・五もまた、おのれに死んで神に生きる同じしるしの説明であります。主は恩寵深く、同一の真理をかくのごとく三方面より私共に示したまいました。罪を変じて聖となしたまいます。

 第二のしるし(四・五十四)、まさに死なんとする者を救いたもうしるしであります。四・四十九はこれを示します。

 第三のしるし(五・五)、長い年月の病を癒したまいました。すでにサタンの奴隷となりまして、自由になることのできません者をも、かくのごとく生かしめたまいます。これは癒しの栄光であります。

 第四のしるし(六・十四)、饑えたる人々を飽かしむるしるしであります。

 第五のしるし(六・十九)、救うべき者にいかような故障がありましても近づきたもう主の栄光であります。神と人との間には罪の海がありまして、人間はこれを渡ることはできません。神もこれを越ゆべきものではありません。けれども主は、人を救わんがために、これを越えて私共に近づきたまいました。これは第五の栄光であります。

 第六のしるし(九・七)、見えざる者に見ることを与え、暗黒に光を与えたもうたしるしであります。

 第七のしるし(十一・四十七)、死人を甦らしめたもうた栄光であります。これは私共の前に始終あるべき主の力であります。死にし心に生命を与え、悲しめる心に喜びを充たしめたもう主の力であります。

 以上七つのしるしを見ますときは、ことごとく私共に密接なる関係のあることがわかります。私共はすでにこの七つの栄光を感じましたか、この七つの栄光を経験しましたか。詮方尽きたる時に祝福を与えたもう主、死なんとする者を救いたもう主、罪の軛より自由になしたもう主、飽かしめたもう主、罪を越えて近づきたもう主、眼を開きたもう主、甦らしめたもう主、これらはすべて私共の日常経験すべき主の栄光ではありませんか。私共はすでにこの栄光をことごとく見て讃美いたしましたか。『このように多くのしるしを彼らの目の前で行われたが、彼らはイエスを信じなかった』(十二・三十七)とは当時の有様でありましたが、これはまた私共今日の有様ではありませんか。私共は多くの栄光を見ますのに、なお信じません。実に信なきを助けたまえと祈らねばなりません。主は、私共の餓えて心の空しくなりましたときに、豊かなる霊の糧にて私共を満足せしめたもうたではありませんか。暗黒に苦しんでおりましたときに、光明を与えたもうたではありませんか。そうですのに、私共はなお、求むべき時に主の前に跪かずして、ほかの所に行こうといたしますではありませんか。

 ヨハネ伝において、一章より十二章までは、主イエスの神の子たることを公然に示したところであります。ユダヤ人の前に、信ずる者にも信じません者にも、賛成者にも反対者にも、一様に示した場合であります。けれども十三章より二十一章までは、秘密の証言であります。主は、その真理を公然人々に証ししたまいます。けれども人々がこれを受け入れませんならば、これを信じて受け入れました者に対して、個人的に秘密に、いよいよ深くその奥義を語りたまいます。一章より十二章までは三年半の事績であります。けれども十三章より十九章までは、唯一日のことであります。二十章、二十一章はわずかに三週間のことであります。すなわちわずかに一日の間に、静かに隠密に懇篤に、如何ばかり豊富なる教訓を弟子等は受けましたか。隠密に膝付き合わして示したまいますときには、奇蹟を用いたまいません。親しき行為により(十三章)、懇ろなる談話により(十四章〜十六章)、また荘厳なる祈禱により(十七章)、実に深遠なる聖旨を弟子等に教えたまいました。今でも主は変わりたもうことなく、信ぜざる者にはかくなしたまい、信ずる者にはかくなしたまいます。私共はこの恩寵深き主に近づきまして、個人的に隠密に教えを受けとうございます。

 ヨハネは第一部に主の職務的栄光、第二部に主の品性的栄光を与えました。私共はいま主の血によりてこの栄光の主に近づくことができます。実にハレルヤであります。私共はこの恩寵を徒にはしませずして、この至聖所に立ち、靴を脱ぎて近づき学ばねばなりません。

 今このヨハネの録した三つの書を比較してみますと、書簡の主意は愛であります。福音書の主意は信仰にして、黙示録の主意は望みを与えるためであるように見えます。



|| 緒1 | 緒2 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 |
| 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 結論 | 目次 |