第 十 七 章 



 主は私共の祭司長です。不断天国において私共のために禱告したまいます。この十七章は主の禱告の祈りの模型であります。私共はこれによりてご自分の弟子等に対する主の心の懇求が解ります。私共に対する主の聖旨が解ります。これを考えますならばこの十七章は至聖なる言葉ではありませんか。私共は主の約束を聞きますならば幸福です。或いは神の律法を聞きますならば幸福です。または神を示す言葉を聞きますならば幸福です。けれども主が至聖所に入りたもうて神に祈りたもうことを聞きますならば、これは何よりも厳かな、何よりも幸いなことではありませんか。私共は人間の祈りを聞きますならば心が厳粛になります。けれども、神の聖子の祈りを聞きますことはいかばかり厳粛にまた幸福でしょうか。これは測ることができぬと思います。どうぞ心を虚しくして己を卑くしてこの言葉を聞きとうございます。これは聖書の中の至聖所であると思います。
 一章より十二章までにおいて主は公然の伝道をなしたまいました。十三章より十七章までにおいて主はご自分の弟子を教えたまいました。今『わたしは、行うようにとあなたが与えてくださった業を成し遂げて、地上であなたの栄光を現しました』(四節)と言いたまいます。主は祈りをもってご自分の務めを終わりたまいました。十八章より以下、主は働きがありません。残るところはただ死のみです。主は祈りをもってその生涯の務めを終わりたまいました。十六章までを見ますならば、自由にまた静かに弟子等に語りたまいました。いま十七・一に天を仰ぎて言いたまいます。主はいま父に向かって語りたまいます。けれども弟子等に語りたもうたごとく自由に静かにまた親しく語りたまいます。人間に対する談話と神に対する談話とほぼ同じことです。
 十四・十六をご覧なさい。『わたしは父にお願いしよう。父は別の弁護者を遣わして、永遠にあなたがたと一緒にいるようにしてくださる』。主はかく父に求めるように約束なしたまいました。主はその時から今に至るまで私共のために聖霊を求めたまいます。けれどもこの十七章に格別にその約束を成就なしたまいます。これは主が約束したまいました祈りです。この十七章に霊の降ることを願いたまいます。聖霊降臨の結果を願います。父なる神はこの祈りに応えたもうならばぜひ霊を注ぎたまわねばなりません。二十一をご覧なさい。『此はみな一つにならん爲なり』。この一つになることは弟子が神と一つになること、かつ弟子相互に一つになることを指します。霊が降りませんならばそれが成就せられません。コリント前書十二・十三をご覧なさい。そうですから今まで離れておりました者でも一つとなりました。或いは自主、或いは奴隷、或いはユダヤ人、或いはギリシャ人は悉く一つとなりました。これは何のためですかならば霊の感化です。使徒二・四十四〜四十七を見ますならば弟子等は聖霊によりて皆一つとなりました。これは主の祈りの応答でありました。ヨハネ一書一・三をご覧なさい。それを見ましてもヨハネはその経験を得たと証しました。霊によりて神と一つになりました。また霊によりて兄弟と一つになりました。これはこの十七章の応答です。私共はそのように一つとなりますならば主の祈りが答えられたものであります。すなわちこの十七章は霊の降るための祈りであります。
 今これを分かちますならば、
  一〜五はご自分のために祈りたまいます。
  六〜十九は弟子等のために祈りたまいます。
  二十〜二十六は教会のための祈りです。また悔い改めたる者のために祈りたまいます。
 また主は神に向かって如何に呼びたまいますか。五節に父よと呼びたまいます。十一節に聖き父よと言いたまいます。二十五節に義しき父よと言いたまいます。その区別をご覧なさい。ご自分のために祈りたまいます時にはただ父よと言いたまいます。弟子のために祈りたもう時には聖き父よと言いたまいます。これは何故ですかならば、弟子等が潔められることを願いたもうからであります。弟子をして聖なる者とならしめることを願いたまいますから聖き父よと言いたまいます。聖き父はご自分の民を聖くなしたもうことができます。私共はそれを信ずることができますか。主はそれを信じたまいました。
 また主はこの世に属ける者のために祈りたまいたる時には義しき父よと言いたまいました。神は義をもって人間に対したまいます。また義をもって人間を救いたまいます。私共は神の義なることを信じますか。いま私共は幾分か神の愛なることを信じましたかも知れません。けれども神の義しきことを信じました者は少ないと思います。神は義をもって人間に対したもうこと、義をもって罪人を罰したもうこと、義をもって罪人を救いたもうこと、神の行為は悉く義しきことを信じますか。どうぞそれを明らかに信じとうございます。
 或る人は、神は人間を救いたもうならば愛と憐憫があります、けれどもあまり公平ではありませんと申します。けれども神は人間を救いたもうてもその行為は義しくあります。『神はこのキリストを立て、その血によって信じる者のために罪を償うの供え物となさいました。それは、今まで人が犯した罪を見逃して、神の義をお示しになるためです。このように神は忍耐してこられたが、今この時に義を示されたのは、御自分が正しい方であることを明らかにし、イエスを信じる者を義となさるためです』(ローマ三・二十五、二十六)。『彼らは、神の僕モーセの歌と小羊の歌とをうたった。「全能者である神、主よ、あなたの業は偉大で、驚くべきもの。諸国の民の主よ、あなたの道は正しく、また、真実なもの」』(黙示録十五・三)。また黙示録十九・二をご覧なさい。『その裁きは真実で正しいからである。みだらな行いで、地上を堕落させたあの大淫婦を裁き、御自分の僕たちの流した血の復讐を、彼女になさったからである』。罪人を罰したもうことも正しくございます。罪人を救いたもうことも正しくございます。二つながら公平でございます。そうですから二十五節においてこの世のために祈りたもうた時に『義しき父よ』と言いたまいます。
 この十七章は悉く祈りです。けれども格別に願いたまいたる五つのことを見ます。
 第一は、『あなたの子があなたの栄光を現すように』(一)。或いは『父よ、今、御前でわたしに栄光を与えてください。世界が造られる前に、わたしがみもとで持っていたあの栄光を』(五)。これはご自分のための祈りです。以下、弟子、或いは教会のための四つの願いを見ます。
 第二は、『彼らを守ってください』(十一)
 第三は、『聖なる者としてください』(十七)
 第四は、『一つにしてください』(二十一)
 第五は、『わたしに与えてくださった人々を、わたしのいる所に、共におらせてください。それは、天地創造の前からわたしを愛して、与えてくださったわたしの栄光を、彼らに見せるためです』(二十四)。
 この四つの願いを深く考えますならば、私共の経験の順序に従う願いであると思います。これは私共の潔き心の願いであります。私共がまだかかる願いを捧げません前に主は私共のために既に祈りたまいました。私共は自分が守られ悪より救われること、潔められて主と偕におることを願いましたか。主は予め私共のためにそのことを願いたまいました。予め天の処において父の前に私共のために願いたまいました。

【一節】

 『父よ、時が来ました』。初めから預言せられたる時、初めから罪人が待ち望んだ時、初めから種々の雛形において示された時、初めから天使も待ち望んだ時がいま来ました。その時はいかなる時ですかならば十字架の時です。永遠限りなき時から永遠限りなき時まで最も大切なる時です。必ず世の歴史の上に最も大切なる時です。主はその時のために栄光を捨てたまいました。その時のために天国を去りたまいました。その時のために、人間となり僕となりたまいました。その時のためにいま苦難を受けたまいます。この時は何人も注意を要すべき時であります。
 或いは罪人でありますならばこの時を注意しなければなりません。或いは神の子供でありますならばこの時を注意しなければなりません。或いは天使でありましてもこれは注意を要すべき時です。或いは救われてもはや天国にある人間でもこの時を永遠紀念しまして、その意味と力を研究しなければなりません。今その時『いたりぬ』。すなわち十字架の時が参りました。
 『あなたの子があなたの栄光を現すようになるために、子に栄光を与えてください』。主は何を願いたまいますかならば、この杯を離したまえと願いたまわずして、十字架によりてあなたの栄えを顕わさんがためにあなたの子の栄えを顕したまえと願いたまいます。私共は或いは苦難に遭いましても、或いは迫害に遇いましても、或いは人より責め追われましても、これらのことの取り除かれることを願いませずして、ただその時、『あなたの子があなたの栄光を現すようになるために、子に栄光を与えてください』と祈りとうございます。いま迫害と苦難の際にどうぞ汝の栄えを顕したまえと祈りとうございます。主はご自分のために栄えを得たまわんがために子は栄えを得とうございます。私共は神の子と称せられますが神の子たる者は必ず自分の栄えを求めません。ただ父の栄光を求めます。けれどもそのために天に属ける第一の恵みを求めましょう。主が求めたもうた栄光は如何なる栄光でありましたか。五節をご覧なさい。『父よ、今我をして汝と偕に榮を得させ給へ』。英語聖書には、あなたと偕なることによりて(with thine own self)とあります。主は他の栄えを求めたまいません。ただ父と交わることのみを求めたまいます。顔覆いなくして父と一つになりて交わることのみを求めたまいます。二十四節を見ますならば同じことがあります。『父よ、わたしに与えてくださった人々を、わたしのいる所に、共におらせてください。それは、天地創造の前からわたしを愛して、与えてくださったわたしの栄光を、彼らに見せるためです』。すなわちその栄えは父の愛でした。主はその栄えを求めたまいます。主は必ず他の栄光、他の権力を求めたまいません。ただ父の愛を求めたまいました。それは主の栄光でした。それはまた私共の栄光です。私共はそれを求めますか。私共の栄光は父に愛せられることです。父の愛を経験することです。神は必ず誰でも愛したまいます。けれども誰も悉く神の愛を経験いたしません。私共の栄えは、他のことではありません。父の愛を経験することです。これは世におる間の最上の恩恵です。私共はたびたび伝道の力を求めます。或いは心の喜楽を求めます。或いは種々の成功を求めます。けれどもこれらのことは真正の栄光ではありません。私共の求むべき栄光はただ父の愛のみです。
 主はこの祈りによりて聖霊の降ることを願いたまいました。またその願いはご自分が経験したもうた愛と同じ愛を弟子等が経験することでした。それはただいま求めたもう栄えであります。再びこの節をご覧なさい。『あなたの子があなたの栄光を現すようになるために、子に栄光を与えてください』。主はこの世に父の栄光を顕しとうございます。如何にしてそれができますかならば、天に昇り聖霊を注ぎたもうことによってであります。聖霊が降りたまいますならば、人間は父を愛し父を知ることを得ます。そうですからいま聖霊を降すためにご自分の栄えを求めたまいます。私共は聖霊が降る時に、或いは主が聖霊を注ぎたもう時に、父なる神の栄えを顕したることがよく解ります。これはこの一節の祈りの応答であります。
 またその時からたびたび聖霊を注ぎ、たびたび父の栄えが顕れます。『汝の子の榮を顕し給へ』。十三・三十一、三十二をご覧なさい。以前に研究しましたとおりこの言葉は十字架を指します。十字架により主は栄えを受けたまいます。そうですからただいま『汝の子の榮を顕し給へ』という祈りは、語を換えますならば十字架を負うことを願いたまいます。死ぬることによりその栄えを受けたまいます。

【二節】

 その時に何人がこの言葉を言いたまいましたか。この言葉を発した者は表面から見ますならば人間に軽んぜられた人間の中で最も弱き者でありました。当夜捕らわれて翌朝十字架に釘けられた実に弱き者でありました。けれども、ただいま静かに聖声をお聞きなさい。『子にすべての人を支配する権能をお与えになりました』。主はご自分の権力、ご自分は人間の救い主なることをよく知りたまいました。その時から十二時間を経たる後に十字架に懸かりたまいました。けれどもただいま確信をもってご自分の権能をよく解りたもうて、『子にすべての人を支配する権能をお与えになりました』と言いたまいます。いま罪人の手に渡されました者は億兆の罪人を救う力を持っていたまいます。主はただいまこの権威を持っていたまいます。私共はこれを信じますか。罪人のために血を流したもうた主はただいま罪人を治める権威を持っていたまいます。どうかそれを信じて主イエスを宣べ伝えとうございます。それを信じませずして主イエスを宣べ伝えますならば、その結果が少のうございます。けれどもこの信仰をもって福音を宣べ伝えますならば、主イエスはその権威を用いたまいます。
 主はすべての者を治める権威を受けたまいました。マタイ十一・二十七をご覧なさい。『すべてのことは、父からわたしに任せられています』。マタイ二十八・十八をご覧なさい。『わたしは天と地の一切の権能を授かっている』。主はその権威をもっていたまいました。けれどもその権威を顕すために父に権威を願いたまいます。すなわち人間を救うために霊が降りたもうことを願いたまいます。主は栄えを受けることにより満足を得たまいません。
 そのために罪人を救うことができますならばそれによりて満足を得たまいます。主はただご自分のために栄えを得とうございません。けれども、それによりて罪人が救いを得ますならば満足を得たまいます。
 ただいま研究しましたことは父なる神と子なる神との交わりでした。また子なる神の心が現れました。その心の願いは何でありますか。神の聖前に出でてその心が現れたるときに如何なることを願いたまいましたか。それはただいま研究したところであります。主は私共各自のことを重荷となしたまいます。主は私共各自の栄えを求めたまいます。各自の聖潔と福祉とを求めたまいます。

【三節】

 もう一度二節をご覧なさい。『あなたは子にすべての人を支配する権能をお与えになりました。そのために、子はあなたからゆだねられた人すべてに、永遠の命を与えることができるのです』。主は私共にかく生命を与える権威を父なる神より受けたまいました。二節において主は私共に永遠の生命を与えたもうことを見ます。三節においてこの永遠の生命とは何でありますかならば、父を知り子を知ることなることを見ます。そうですから主はいかにして罪人を救いますかならば、罪人に父なる神を示したもうことによりてであります。愛の綱をもって人間をご自分の足下に引き寄せたまいます。
 主は私共に三つの賜物を与えたまいます。
 第一は、永遠の生命です(二、三)。すなわち神を知ることです。
 第二は、道(ことば)です(十四:『われ爾の道を彼等に授けたり』=元訳)。この道は生命を養う糧です。
 第三は、栄光です(二十二)。
 これは全き生命であります。主は私共をご自分に象らしめんがためにこの三つの賜物を与えたまいます。

【四節】

 『地上であなたの栄光を現しました』。これは怪しむべきことです。神はいつでも天国で崇められたまいます。天国に神の栄えが顕れてあります。けれどもただいまこの汚れたる世の中にその栄えが顕れました。サタンの国の中に神の栄光が顕れました。神はその目的のためにイスラエル人を撰びたまいました。『汝の民はことごとく義者(たゞしきもの)となりてとこしへに地を嗣がん かれはわが植ゑたる樹株(こかぶ) わが手の工 わが榮光をあらはす者となるべし』(イザヤ六十・二十一)。その栄光を顕すためです。『灰にかへ冠をたまひてシオンの中のかなしむ者にあたへ 悲哀(かなしみ)にかへて歡喜(よろこび)のあぶらを予へ うれひの心にかへて讃美の衣をあたへしめたまふなり かれらは義の樹 ヱホバの植ゑたまふ者 その榮光をあらはす者ととなへられん』(同六十一・三)。主はどうしてこの世の中に神の栄光を顕したまいましたかならば、苦しむ者に安慰を与え、飢え渇く者を満足せしめたもうことにより神の栄光を顕したまいました。
 『わたしは、行うようにとあなたが与えてくださった業を成し遂げて、地上であなたの栄光を現しました』。主はもはやそれを終わりたまいました。いま死ぬるより外に何もわざは残っておりません。ただ死ぬることのみが残っております。ヨハネ十九・三十をご覧なさい。『成し遂げられた』。主はそれを叫びたもうことができました。この十七・四の時より十九・三十の時までは僅かに一日の間でした。主は『成し遂げられた』と叫びたもうことができました。十七・四において、もはや外の働きを終わりたまいました。そうですから、この時からサタンはその心のままを行うことができました。黙示録十一・七をご覧なさい。『二人がその証しを終えると、一匹の獣が、底なしの淵から上って来て彼らと戦って勝ち、二人を殺してしまう』。これは今より未来のことであります。けれどもいま同じことがあります。主はもはやその証をなし終わりたまいました。そうですからサタンは直ちにこれと戦いをなし、勝ちてこれを殺します。今まで主がその働きをなし終わりたまいません間はサタンは何の力もありません。サタンは初めから主を亡ぼしとうございます。けれども主が未だ委ねられたる間はサタンは何もすることができません。けれども最早その働きを終わりたまいたる時にサタンはこれを殺す権威を持ちます。
 主はこの世に降りたもうてこの世の中に神の栄光を顕したもうことができました。その働きをなし畢わりたまいました。黙示録二十一・六をご覧なさい。『事は成就した』。これは同じ意味であります。ヨハネ伝の終わりに『成し遂げられた』と叫びたまいました。けれどもいま天国において働きたまいます。いま新天新地を造る働きを務めたまいます。未来においてその働きは『事は成就した』と叫びたもうことができます。
 『行うようにとあなたが与えてくださった業を成し遂げて』。私共もこの世を去ります時に同じことを叫びとうございますならば、毎日主と共に歩み、一日のわざをその日になし終わらねばなりません。

【五節】

 『世界が造られる前に』。主は何故、この世に降りしより先に汝と持ちし栄光と言いたまいませんか。それは何故ですかならば、旧約聖書において既に主の苦難が始まりました。主は旧約時代より最早己を卑くなしたまいました。罪がこの世に入りました時から主は己を卑くし、自らを苦しめて罪人を救うことを務めたまいました。その時から神と偕に全き栄えがありません。そうですから、『世界が造られる前に、わたしがみもとで持っていたあの栄光を』と言いたまいます。
 『世界が造られる前に、わたしがみもとで持っていたあの栄光を』。ピリピ二・九、十において神はこの祈りに応えたもうたことを見ます。またエペソ一・二十〜二十三をご覧なさい。主はこの世に王となる筈でした。けれども人間はそれを拒みます。主はこの世に天国を造りたまいとうございました。けれども人間はそれを拒みました。主は人間より追い出されたまいました。ただいま神はその主を受け入れたまいます。その主を崇めたまいます。以下六節より十九節までにおいて主は弟子のために祈りたまいます。
 六〜十三は弟子と父との関係です。
 十四〜十九は弟子とこの世との関係です。
 六節に『わたしに与えてくださった』という言葉を二度言いたまいます。この十七章に弟子は主に賜ったものであることを七度言いたまいます。
 神が聖子に与えた最上の賜物は、聖子の愛の目的である人間の霊魂です。またその霊魂より愛を受けたもうことであります。私共は聖子に与えられたる最上の賜物です。これによりて人間一人の霊魂は全世界よりも貴くあることが解ると思います。
 主は他の賜物を慕いません。私共の霊魂を慕いたまいます。何のために主がそれを慕いたまいますかならば、ご自分に象らしめんがためです。主は必ず罪人を求めたまいません。けれども汚れたる罪人を変えて輝ける聖徒とならしめることができると思いたまいました。私共の中に隠れたるものが解りたまいました。私共をもって神の尊き子供を造ることができると思いたまいました。未来において私共がみな主の形を得ました時にその選択は正しくあることが解りましょう。主はそれほどに私共を貴びたまいます。私共を慕いたまいます。そうですから私共は互いに貴ばなければなりません。それを覚えまして、兄弟を軽んじてはなりません。私共は未来において神の聖子の大いなる働きの記念碑となります。この主に賜りたるものの特質は六、七両節によりて解ります。

【六〜八節】

 主の弟子たる特質は二つあります。第一、主の言葉を受けることと、第二、主の言葉を知ることであります。
 その言葉を守り、その言葉を受け、その言葉を信ずることはほぼ同じ意味です。守り、受け、信ずることは主の弟子たる者の特質です。兄弟よ、それは私共の特質でありますか。私共は主の言葉を受け入れまして真実にそれに従っておりますか。少しも省きませずしてそのまま皆々主の言葉を受け入れますか。
 次に知ることです。『あなたからのものであることを、今、彼らは知っています』(七)。『わたしがみもとから出て来たことを本当に知り』(八)。格別に主が神たることを知ります。明らかにそれを知ります。
 この知ることは言葉を受け入れる結果です。私共は言葉を受け入れますならば必ず続いて知ることを得ます。
 『御名を現しました』(六)。汝の名とは汝の性質という意味です。汝の恵み、汝の愛、汝の性質、汝の心を彼らにあらわせりという意味であります。出エジプト記三十四・五をご覧なさい。『ヱホバ雲の中にありて降り彼とともに其處に立ちてヱホバの名を宣べたまふ』。いま主が汝の名をあらわせりと言いたもうた言葉は同じ意味であります。当時エホバは雲の中にモーセの眼前に降りて、ご自分の名、ご自分の性質を顕したもうたごとく、主はこの世に降り人間の眼前に神の名を顕したまいました。
 神の性質、神の聖旨を人間に顕したまいました。私共は霊の眼をもって四福音書を見ますならばこれは父なる神の黙示録であります。
 八節の弟子等に与えられる言葉は父なる神の言葉です。ちょうど十四・十のごとくであります。『われ父にをり父の我に在ることを信ぜざる乎。われ爾曹に語りし言は自ら語りしに非ず、我にをる父その行(わざ)をなせるなり』。いま同じことを言いたまいます。その言葉は父の言葉です。またその言葉によりて弟子等は、『爾の我を遣はしゝこと』を信じました。その言葉によりてまた二十一節を見ますならば、『かつ世をして爾の我を遣はしゝ事を信ぜしめん爲なり』。初めに弟子、次に世の中の人々は主の神より出でたることを信じます。

【九、十節】

 これは私共の幸福ではありませんか。『我かれらの爲に祈る』。このかれらは何人を指しますかならば私共です。原語を見ますならばこの『我(Ego)』は非常に語勢の強き言葉です。その意味はすべての権威を持つ我、神たる栄光を持つ我、彼らのために祈るという意味です。そのような祈りは必ず応えられます。神たる主が祈りたもうならばその祈りは必ず応えられます。
 『世のためではなく、わたしに与えてくださった人々のためにお願いします。彼らはあなたのものだからです』。主はこの貴き賜物の価値を知りたまいます。この活ける霊魂の価値を知りたまいます。父なる神より与えられたる賜物ですから、父の神のためにその賜物を守りとうございます。またその賜物を顧みとうございます。父なる神は私共をもってその賜物を与えたまいましたことが解りますから、主はその賜物をいつまでも眷みたまいとうございます。
 また十節を見ますならば、『わたしのものはすべてあなたのもの、あなたのものはわたしのものです。わたしは彼らによって栄光を受けました』と言いたまいます。これは主の神に願いたもうところであります。主が弟子の潔められることにより栄えを得たまいますから、父なる神は主を愛したもうためにその弟子を恵みたまいます。そうですからこの九、十節において私共キリストの弟子たる者は如何なるものなるかが分かります。
 第一はキリストに賜りたるものです。
 第二は神の属です。
 第三はキリストの栄えです。

【十一節】

 『わたしは、もはや世にはいません』。九・五をご覧なさい。『わたしは、世にいる間、世の光である』。けれども『わたしは、もはや世にはいません』と言いたまいます。けれども『彼らは世に残ります』。たとい主がこの世を去りたまいましても弟子はこの世におります。そうですから主がこの世を去りたまいましてもこの世の損ではありません。かえってそれは神の恵みを現すに最も善き企図です。ご自分が天国におりたもうて弟子が地の上におることは、神の栄光を顕す最上の方法です。天国において主はすべての権威をもっていたまいますから、地の上に戦う者を助けることができます。また悪魔の国に在る弟子は主の助勢により主のために戦うことができます。それを見ますならば自分の責任の重きことが解ります。私共は主の代理人であります。
 『彼らは世に残りますが』。十四節に『彼らも世に属していないからです』と言いたまいます。そうですから世におりますけれども世の属ではありません。全く世の中の人々とは違います。私共は果たしてそのような弟子でありますか。また十八節をご覧なさい。『わたしも彼らを世に遣わしました』。私共は何のためにこの世におりますかならば主が遣わされましたからです。私共は主の使者です。主がこの世に遣わされたもうたごとく私共も遣わされたものであります。私共はこの世において他の用事はありません。ただ主がこの世に遣わされたもうたごとく、主に遣わされたものであります。
 『聖なる父よ、わたしに与えてくださった御名によって彼らを守ってください。わたしたちのように、彼らも一つとなるためです』。主はここで私共のために二つの願いをなしたまいます。
 『彼らを守ってください』。この弱き羊は狼の中におりますからこれを守りたまえ、この弱き者は汚れたる世の中におりますから世に化せられぬように父よ彼らを守りたまえと祈りたまいます。私共はこの祈りの力によりて、汚れたる境遇におりましても父に守られて聖きものであります。
 また第二の願いは、『わたしたちのように、彼らも一つとなるため』であります。キリスト信者は一つでありませんならば必ず勝利を得ることはできません。キリスト信者の中に或いは相互の隔たりがあり、或いは教派の隔たりなどがありますならば、それは主の心の祈りを妨げます。また必ずそういうことがありまするほどこの世の中に弱きものです。たぶん世に負けましょう。けれどもこの一つという言葉の中になおなお深き意味があると思います。神と一つになるという意味も含んでおります。今まで主が御在世中に神と一つであったごとく、今からのちキリスト信者は神と一つにおることができます。神と私共との間に隔たりがなく一つになるように守られます。これは実に幸福であります。神に守られることは、それほどの意味があります。
 『御名によって』。神の名が私共の上に録されますならばサタンは私共に触れることはできません。どうぞこれを確信して、心の中に不断自分は神の属であると思いたいものです。神の名は私共の上にあります。僕は主人の名を法被に録して用いますように、私共は不断神の名をもってこの世を歩まなければなりません。雅歌二・十六をご覧なさい。『わが愛する者は我につき我はかれにつく』。どうぞ不断心の中にそれを覚えとうございます。

【十二節】

 イザヤ四十・二十六において主の守りの力を見ます。『主のいきほひ大なり その力のつよきがゆゑに一も缺ることなし』。そのごとく『爾の我に賜ひし者を我守りしが其中一人だに亡びたる者なし』。
 今まで主がこれを守りたまいました。けれども今からこれを去りたまいますからその淋しいこと、また危ういことを覚えたまいます。今まで弟子は危うい境遇の中におりました。けれども主はこれを守りたまいました。今からこれを去りたまいますから父なる神の守りを願いたまいます。

【十三節】

 ただ喜楽を与えんがためのみでなくして充たしめんがためです。今まで極めて弱きものでありました。けれども今から主の喜楽に充たされまして強き者となることができます。ネヘミヤ八・十をご覧なさい。『ヱホバを喜ぶ事は汝らの力なるぞかし』。主はただいま弱き弟子等に力を与えたまいとうございます。また主は『わが喜悦』と言いたまいます。十六・三十三において主は平安を与えたまいます。またその平安は十四・二十七を見ますならば、『我が平安(やすき)』と言いたまいます。主は艱難の中にわが平安を与えたまいます。危険な場合におる時にわが喜楽を与えたまいます。また十七・二十六を見ますならばわが愛も与えたまいます。今まで主が持っていたもうた平安と喜楽と愛をこれから弟子等に与えたまいます。私共に与えたまいます。十四節以下に主より与えられたものはどういうものであるかが記されてあります。

【十四節】

 『わたしは彼らに御言葉を伝えましたが』。これは第一のことであります。信仰をもって神の活ける言葉を受け入れました。またそのために、『世は彼らを憎みました。わたしが世に属していないように、彼らも世に属していないからです』。言葉のために世を離れたる者となります。天に属ける者たる全き者となります。またそのために世に憎まれる者となります。これは第三の特質です。主の属はこの世より悪まれます。けれども第四に十五節をご覧なさい。

【十五節】

 神に守られております。『悪い者から守ってくださることです』。ヨハネ一書五・十九をご覧なさい。『わたしたちは知っています。わたしたちは神に属する者ですが、この世全体が悪い者の支配下にあるのです』。すべての世は悪しき者に服しております。そうですから私共は守られてこの世に暮らすことができますならば奇蹟です。この世に服しませずして、この世を歩むことができますならば奇蹟です。神は私共のためにこの奇蹟を行いたまいます。私共は毎日それを祈らなければなりません。マタイ六・十三をご覧なさい。『惡より拯(すくひ)出し給へ』。原語で同じ語です。悪しきことより救いたまえと祈らなければなりません。

【十六、十七節】

 第五の特質は潔められました者です。私共は主の言葉によりて潔められます。癩病人が主の言葉によりて潔められましたように、私共は同じ活ける言葉によりて潔められておる筈です。私共がただ十六節のごとく世を離れただけでは主は満足したまいません。それと同時に潔められたる者とならなければなりません。どうぞコロサイ三・十六のごとく、聖潔を受けんがために断えず主の言葉を受け入れて生涯を送りとうございます。

【十八節】

 私共は十六節のごとく世を離れ、また十七節のごとく潔められますならば、この節のごとき主の使者となることができます。これは第六の特質です。私共は、全く主イエスの立場に立つことができます。私共は世の属にあらずして潔められた者です。また主イエスのように遣わされた者です。また二十六節のごとく、主が父に愛せられたまいしごとく私共も同じ愛を頂戴することができます。主はどういう方法をもって私共のこの六つの特質を成就したまいますかは十九節に示されてあります。

【十九節】

 『我かれらの爲に自己(みづから)を潔む』。この意味は何でありますか。主はもとより聖なるものであります。けれども『自己を潔む』という意味は、他のことを離れてただ彼らの潔められることのみを務めるという意味です。戦争に出る兵士はただ戦争のことばかりに力を尽くしますように、主は他のこと、他の栄え、他の務めを捨ててただこの一事を務めたまいます。主はいかばかり私共の潔められることを願いたまいましたかならば、自己を潔めてそれを成就なしたもうほどであります。以下、主は悔い改めました者のために祈りたまいます。

【二十、二十一節】

 また格別に後に悔い改めたる者のために何を祈りたまいますかならば、一つになることを祈りたまいます。これは格別に主の心の願いです。主が父なる神と親しく交わりたもう時に格別にこれを願いたまいます。どうかこの祈りを少しも妨げないように気を付けとうございます。またその一つになることはどれほど一つになることを願いたまいますかならば、『父よ、あなたがわたしの内におられ、わたしがあなたの内にいるように』一つにならんことを願いたまいます。私共はいかにして互いに相愛することができますか。いかにして一つになることができますか。それは『此はみな一つにならん爲なり』。すなわち私共は主におりますならば必ず弟子等の中に隔たりがありません。
 『そうすれば、世は、あなたがわたしをお遣わしになったことを、信じるようになります』。そうですから私共は一つでありますならばこの世は信じます。主はこの処において私共に勝利の秘訣を悟らしめたまいます。私共はいかにしてこの世に主を信ぜしめることができますか。熱心なる働きによりてでありますか。多数の働き人があることによりてでありますか。否、そうではありません。ただ一つになることによりてであります。これは主を信ぜしめることの秘訣です、信者が一つになりますならばそのために世は必ず主イエスを信じます。主が私共に勝利の秘訣を与えたまいます。私共はそれを信じてそれに従いますか。たびたび私共は伝道について相談します。いかにして伝道を盛んにせんかと思います。けれどもここに明らかにその秘訣が録されてあります。
 兄弟と兄弟の間に隔たりがありますか。或いは悪しき感情がありますか。伝道を致しとうございますならば第一にそれを取り除かなければなりません。伝道者はいかに熱心に働きましても、いかに聖書の知識がありましても、いかに霊の経験や伝道の経験がありましても、他の兄弟と一つにありませんならばその人は伝道者として欠けたるところがあります。かえって伝道を妨げます。神は私共に知識や経験などを求めたまいません。ただ愛のみを求めたまいます。愛をもって兄弟と交わることを願いたまいます。これは伝道の秘訣です。或る人は、わたしは他の兄弟と別段隔たりがありません、悪しき感情がありませんと申します。けれどもその人は他の兄弟と一つになりましたか。真正の愛がありますか。主は兄弟と兄弟との間に悪しき感情のないことのみを願いたまいません。真正に一つになることを願いたまいます。真正の愛が行われることを願いたまいます。心と心が一つになって、どなたでも祈りの友となることを願いたまいます。兄弟よ、私共はこのことにより神の御名を汚したことはありませんか。このことにより罪人の救われることを妨げたことはありませんか。このことのために主の栄えを隠したことはありませんか。

【二十二、二十三節】

 『あなたがくださった栄光を、わたしは彼らに与えました』。この栄えは何でありますかならば霊です。霊は天国の栄えです。主がご自分に与えられたまいし栄えをペンテコステの日において初めて弟子に授けたまいます。エペソ一・十三、十四をご覧なさい。『あなたがたもまた、キリストにおいて、真理の言葉、救いをもたらす福音を聞き、そして信じて、約束された聖霊で証印を押されたのです』。聖霊は業を嗣ぐの質です。そうですから、『あなたがくださった栄光』とは聖霊を指します。それにより、『わたしたちが一つであるように、彼らも一つになるためです』。聖霊によりて一つになります。
 私共は、神が私共を愛したもうことをこの世に知らしめますか。世に属ける者が私共を見まして、私共によりて神の愛を知りますか。私共は自分の心の中に神の愛がわかりますか。神が主イエスを愛したもうごとく私共を愛したもうことを知りますか。『こうして、あなたがわたしをお遣わしになったこと、また、わたしを愛しておられたように、彼らを愛しておられたことを、世が知るようになります』。これは実に怪しむべき言葉ではありませんか。父はちょうど聖子を愛したもうごとく私共をも愛したまいます。主は断えず神の慈愛の全き光の中にいたまいました。私共は幾分か父の愛を経験しました。けれどもかくのごとく父の全き愛の裡におりますか。神は主に授けたまいましたと同じ愛を私共に与えたまいます。十五・九をご覧なさい。『父がわたしを愛されたように、わたしもあなたがたを愛してきた』。十三・三十四をご覧なさい。『あなたがたに新しい掟を与える。互いに愛し合いなさい。わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合いなさい』。そうですから第一に父は聖子を愛したもうごとくまた私共を愛したまいます。また第二に父の聖子を愛したもうごとく聖子は私共を愛したまいます。第三に主が私共を愛したもうごとく私共も互いに愛さねばなりません。そうですから父の聖子に対する愛は父が私共に対する愛と同じことです。父の聖子に対する愛は聖子が私共に対する愛と同じことです。聖子が私共に対して持ちたもう愛と私共が互いに愛する愛と同じことでなければなりません。

【二十四節】

 『わたしのいる所に、共におらせてください』。主は何処にいたまいましたかならば、三・十三のごとく『天より降り天にをり』たまいました。父の栄光の中におりたまいました。その栄えは父の愛です。そうですからこの節において私共のために未来の栄えを願いたまいません。現在の恵みを願いたまいます。今この世におる間に天の処におることを願いたまいます。エペソ二・六をご覧なさい。『キリスト・イエスによって共に復活させ、共に天の王座に着かせてくださいました』。いま私共はこれを経験することができます。前に『彼らは世に残ります』(十一)と言いたまいました。今『我がをる所に我と偕に在りて』と言いたまいます。これは反対ではありません。私共の身体はこの世におります。けれども心においては天国におることができます。天国を経験しますならば主の栄えを見ることができます。コリント後書三・十八をご覧なさい。顔おおいなくして主の栄えを見る所は何処ですか。いま主と偕に天の処におることです。

【二十五節】

 『正しい父よ、世はあなたを知りません』。神は初めから黙示を与えたまいました。初めから人間の心に働きたまいました。けれども、『世はあなたを知りません』。世は初めから宗教が行われました。宗教の儀式を務めました。けれども、『世はあなたを知りません』。世は神を知ると思いました。けれども主がこの世に来りたまいました時に主が神について思いたもうところは、人間が神について思う所と反対でありましたことを見ます。主が父を知りたまいましたならば、世は父を知らざりしことが分かります。その思想は全く反対でありました。私共は神を知りとうございますならば、世に属ける思想を全く捨てて、主イエスの聖旨を受け入れなければなりません。

【二十六節】

 『わたしは御名を彼らに知らせました』。今まで言葉により、行いにより、ご自分の生涯により、神の名を彼らに示したまいました。『また、これからも知らせます』。これから後に聖霊によりてなおなお明らかに『また、これからも知らせます』。これから後に新約の聖霊によりて信者の心の中に、『また、これからも知らせます』。そうですからどうぞ主イエスが私共に新しく父を示したもうことを不断待ち望みとうございます。マタイ十一・二十七をご覧なさい。『子が示そうと思う者のほかには、父を知る者はいません』。私共は今まで主によりて父を示されました。けれどもまたこれを示さんと言いたまいます。どうぞ主は新たにまた明らかに私共に父を顕したもうことを待ち望みとうございます。そうですから漸次心の中に愛が成長いたします。『わたしに対するあなたの愛が彼らの内にあり、わたしも彼らの内にいるようになるためです』。そうですから父の愛は私共の心の中にあり、またそれと同時に主は私共の心の中におりたまいます。主はただ愛の中におりたまいます。私共は心の中に父の愛がありますならば主も心の中におりたもうことができます。



|| 緒1 | 緒2 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 |
| 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 結論 | 目次 |