第 十 三 章 



 十二章は、主が公然ご自分を現したまいましたことの終わりです。十三章よりはただ愛する弟子等と語りたまいました。十三章において行いによって、十四章より十六章までにおいて言葉によって、十七章において祈りによって弟子等を教えたまいました。

【一節】

 その時主は始終天に昇ることを考えていたまいました。そうですから十字架をあまり考えたまいませんでした。ただその後の栄光を見付けて天に昇ることを深く考えていたまいました。けれどもこの一節を見ますならばその意は何処に注がれてありましたか。今この世を去る時が来ましたからたぶん父の家、父の栄光かつ父の家において受くべき喜びについて心を留めて考えていたまいましたか。否、そうではありません。ただ弟子のことに意を注ぎたまいました。終わりに至るまでこの失敗と不信仰とに充たされた弟子等を顧みたまいました。十一節を見ますならば『イエスは、御自分を裏切ろうとしている者がだれであるかを知っておられた』とあります。そうですから主はこの弟子の心をよく知りたまいました。己を売る者を知りたまいました。またご自分を知らずと言う者を知りたまいました。十字架の時にご自分を捨てる弟子等をも知りたまいました。またご自分の甦りを信じません弟子をも知りたまいました。けれどもご自分の受くべき栄光を考えたまわずしてかえってこの不信仰の弟子等をいつまでも愛して顧みたまいました。それによって主の慈愛と眷顧が分かりませんか。私共の心は天国にある筈です。けれども主はただいま天国にいたまいますがその処にて満足をなしたまいません。主の心は地にあります。この地の上にある不信仰なる弟子等、たびたび過失に陥り易き私共を愛し私共の徳を建てたまいとうございます。
 この十三章において主の慈愛は格別に輝きました。その時に格別に弟子たちを愛する愛に充たされたまいました。或いは言をもって、或いは行いによって慈愛を現したまいました。またその時に主はよく弟子たちを解りたまいました。この一節に知るという言葉を見ます。三節にも知るの言葉があります。十一節にも十八節にも同じく知るという言葉があります。この四つの知るという言葉を味わいとうございます。それによって主はその時に明瞭に弟子の心を解きたまいました。またご自分の有様を知りたまいました。この二つの理由すなわちいま申しました愛と了解のために主は己を卑くなしたまいました。

【二、三節】

 どうぞ一節の愛と二節の憎とを比べとうございます。どうぞ二節のユダの模様すなわち悪魔の下にあることと、三節の主の模様すなわちすべての権威を有ちたもうこととを比べとうございます。その時に表面を見ますならばユダは自由の者にしてイエスは自由を奪われたる者と見えました。ユダは自分の勝手に従ってイエスを売り、イエスは人間の手に曳かれて十字架に付されたまいました。そうですからユダは自由の者にしてイエスは自由を奪われたまえるごとくに見えます。けれども事実はちょうど反対です。ユダは悪魔の奴隷でした。イエスは三節のごとく、すべての権威と権力を持っていたまいました。この三節はその時の主の経験を示します。主はその時にご自分が父と同一であることを覚えたまいました。また父のものはすべてご自分のものであることを覚えたまいました。その時に経験によりご自分の神たることを覚えたまいました。そうですから己を卑くすることができました。どうぞこの絵画をご覧なさい。万物の王、栄光の神はご自分を卑くしたもうて不信仰なる弟子等の汚れたる足を洗いたまいます。主の奇蹟の中にこれより高尚なることを見ませんと思います。ご自分の神なることを示す行いとしては或いはラザロを甦らせたまいしよりもこの行いが高尚であると思います。どうぞ誠にこの説話によって主の栄光を見とうございます。現今でも主は同じようにご自分を卑くしたまいます。現今でも主は私共を洗い潔めたまいます。また私共の汚れたる心、私共の罪を洗い潔めたまいます。私共の罪を洗いたもうことは弟子の足を洗いたもうと同じように己を卑くすることであります。卑賤なる者の汚れたる足を洗い潔めることは実に煩わしいことです。ちょうどそのように王の王、栄光の主は私共の汚れたる心を洗い潔めたもうことは実にうるそうございます。けれども主は厭いたまわずしてご自分を卑くして私共を洗いたまいます。そうですから四、五両節の七つの行いをなしたまいます。

【四、五節】

 第一、晩飯の席を起ちて、第二、上衣を脱ぎ、第三、手巾(てぬぐい)を取って、第四、手巾を腰に巻き、第五、盤に水を入れた、第六、弟子の足を洗い、第七、その巻いた手巾にて拭き始めました。神の子は同じ七つの行いをもって私共を洗い潔めたまいます。
『夕食の席から起ち上がって』。主は天の位を出立したまいました。
『上衣を脱ぎ』。ご自分の栄光を脱ぎたまいました。
『手ぬぐいを取って腰に巻き』。この卑しい人間の体を取りたまいました。
『水をたらいに入れ』。聖血を流したまいました。
『弟子たちの足を洗い、腰に巻いた手ぬぐいで拭き始められた』。いま私共に贖罪の結果を告げたまいます。
 そうですから主は同じようにただいま私共を潔めたまいます。今でも主は十字架を負いたまいます。今でも己を卑くしたまいます。今でも主は私共の奴隷となりたまいます。この足を洗う働きは奴隷を働きです。けれども主は喜んで私共のために奴隷の働きを取りたまいます。

【六〜九節】

 『ペテロが、「わたしの足など、決して洗わないで下さい」と言うと』(八)。これは誠の謙遜ではありません。誠の謙遜は恵みを何程でも受け入れることです。ペテロは偽の謙遜を持っておりました。誠の謙遜を見とうございますならばその時の主の手本を深く調べなければなりません。たびたび私共の道徳でも偽の道徳であります。
 この八節を見ますならばペテロは自分の足のことを言います。主はペテロの霊魂について答えたまいます。ペテロはただ表面のことを見ました。主はそれを顧みずして内部のことを教えたまいました。主は毎日私共の身の上になくてはならぬものを与えたまいます。その身の上のものにおいても深き恵みを頂戴することができます。主はペテロの足を洗いたまいますならばその足を洗いたもうのみならずそれと同時にペテロ自身をも洗いたまいます。主はちょうどそのように私共の身を顧みたまいますならばただ身のことのみではなくして霊なる恵みをも与えたまいます。
 『もしわたしがあなたを洗わないなら、あなたはわたしと何のかかわりもないことになる』(八)。私共は始終主の洗潔を追い求めますか。この足を洗われるは初めの悔い改めの洗いの意味ではありません。この十節をご覧なさい。『既に体を洗った者は、全身清いのだから、足だけを洗えばよい』。この弟子はもはや洗われたる者でありました。けれども日々の旅行のために足が汚れましたから今一度洗わなければなりません。私共も生まれ替わりの洗いによって神の聖前に潔き者であります。けれども毎日この汚れたる世間を歩みますから毎日主に潔めを求めなければなりません。私共は潔められませんならばこの八節のごとくに主と干渉はありません。
 この七節を見ますならばここに深い意味があります。これは真正の聖奠であります。その夜、主は二つの聖奠を施したまいました。一つは葡萄酒とパンの聖奠です。一つは足を洗う聖奠です。葡萄酒とパンの聖奠はご自分の死とその死の力の聖奠です。この足を洗う聖奠は生命の聖奠です。すなわちいま天において生き、天においてその生命の働きをなしたまいまして、その生涯の働き、その生命の力をここで示したまいます。パンと葡萄酒との聖奠はカルバリ山の聖奠です。足を洗う聖奠は昇天の聖奠です。けれども二つながら同じ主意あるを見ます。すなわち自己を卑くし、卑しき者となりたもうことです。主は栄光を捨ててこの世に降り生命を捨てたまいました。パンと葡萄酒の聖奠でそれを記憶いたします。足を洗う聖奠で同じことを見ます。ここでも私共に日々の洗いを与えたまわんがために己を卑くして私共のために卑しき務めをなしたまいます。主は御在世中に私共のために奴隷を務めをなしたまいました。また十字架において己を卑くして私共のために卑賤なる務めをなしたまいました。けれどもただいま昇天の後でもやはり己を卑くして私共のために務めたまいます。主は如何にして汚れたる信者に霊の洗いを与えたまいますかならば、己を卑くしてこの働きを務めたまいます。これは絶えざる謙遜です。栄光の王は私共のために不断この愛の働きを務めたまいます。母は子供のために種々の卑賤なる務めをいたします。愛のために子供の奴隷となります。いま光の王なる主は私共のために日々この四、五両節のように卑賤なる務めをなしたまいます。ルカ十二・三十七をご覧なさい。『主人は帯を締めて、この僕たちを食事の席に着かせ、そばに来て給仕をしてくれる』。これを見ますならば私共の心は溶かされませんか。

【十〜十二節】

 『弟子たちの足を洗ってしまうと、上着を着て』(十二)。いま上着を取ってその食卓の貴きところに坐してこの行いを説明したまいます。後にて主は同じようにその栄光をまた取りたもうて天の高き処に坐して弟子等にその十字架とその苦を説明したまいました。弟子等はその教えによって主の十字架が解りました。その時まで弟子等は全く十字架が解りませんでした。けれどもその時から、昇天の時から主に教えられましてその意味が解りました。いま同じように主はこの行いを説明したまいます。

【十三節】

 これは幸福ではありませんか。『わたしはそうである』。賤しき罪人の師は何方ですかならば天の主であります。賤しき罪人の師はすべて智慧と悟りに富みたもう神であります。その賤しき罪人を愛したもう神であります。今まで罪人の主は何方でしたか。サタンが肉体上の主でありました。或いはこの世の生活がその主でありました。けれどもただいまは『あなたがたは、わたしを「先生」とか「主」とか呼ぶ。そのように言うのは正しい。わたしはそうである』。わが師わが主は神の聖子です。実にこれはハレルヤです。実にこの十三節は福音です。どうぞそれを信じて受け入れとうございます。

【十四、十五節】

 『互いに足を洗い合わなければならない』。私共はそういう心をもちますか。私共は兄弟の足を洗うほどの愛と謙遜がありますか。私共は兄弟よりも高く揚がりたき心がたびたびありませんか。自分を高くする心がありませんか。けれども私共は主の恵みをよく悟りますならばかえって兄弟の足を洗いたき心が起こります。兄弟を軽んぜずしてかえって兄弟のために何事でもいたします。いかなる賤しき務めでありましても喜んでそれをなします。また、それをなしませんでも心の中にそういう精神があります。私共はたびたび兄弟のために足を洗う務めをいたしますかも知れません。けれども心の中にそういう精神がありますか。或いはただ目で見ゆるためにそれをいたしますか。真正に主のために兄弟を愛する心よりそれをいたしますか。兄弟の足を洗う。その意味はいま説明しましたように第一、兄弟のために賤しき務めをすることです。けれどもそれよりも深き意味もあります。兄弟について悪しき評判を聞きます時に黙してそれを伝えませんのも兄弟の足を洗うことです。或いはその兄弟のために弁護するのもこれまた兄弟の足を洗うことです。けれどもなおなお深き意味があります。キリストはただ表面の行いばかりでなく霊をも洗いたまいました。私共はキリストのごとく兄弟の心を洗わねばなりません。そのために主は私共に活ける水を与えたまいました。それは格別に伝道者の務めであります。兄弟の心を洗う。私共は如何にして兄弟の心を洗いましょうか。たびたび何か肉体に属けることにより、兄弟を洗うと思います。肉に属ける知恵・肉に属ける経験によって、或いは肉に属ける自分の職務上の位置から兄弟を洗うと思います。けれどもこれは誤りです。兄弟を洗いとうございますならば主の手本に従って自分のことを全く捨て己を卑くして兄弟の足許に近づかなければなりません。私共は今でも他人より優れたる点からその人を潔めようと思います。けれども主のなされたことは全く反対です。主は自己を卑くして人の足下に来てその人を潔めたまいます。
 私共は他の人々を潔めとうございまするならば前に申しましたように己を卑くしなければなりません。けれども如何にして己を卑くすることができますか。謙遜は何処より起こりますか。この章一節と三節をご覧なさい。一節を見まするならば愛から起こります。主はその弟子を愛したまいますから愛のために己を卑くすることができます。謙遜はいつでも愛の果です。また三節を見ますならば神が自分に与えたまいました恵みに感じまする時に、また己は神の属であることを感じます時に己を卑くすることができます。これは謙遜の二つの根本です。

【十六節】

 主は、何故かく厳粛にこのことを宣べたまいましたか。何人でもよくこれを知っております。何故に『誠にまことに』と神の聖声のごとく、これを言いたまいましたか。すなわちこれは容易なることのように聞こえます。けれども真正に一番難しいことであります。信者は最も終わりにこれを学びます。私共の心の中にいつでも自分を高くする思想が起こります。主のごとく己を卑くすることは学び難きことです。主はその大いなる位を全く捨てたまいました。私共は自分の小さき位を抱きましょうか。主は全く御自分の大いなることを抛げ捨てたまいました。そうして自ら謙遜して私共を潔める役目を取りたまいました。私共は主に比べますならば小さき者です。しかるにその小さきことによって高ぶりましょうか。僕は自分が大いなる者であると言って自ら誇りましょうか。
 私共は、現世に属ける栄耀栄華を捨てた者であります。けれども教会の内に名誉を求めませんか。或いは他の信者の眼前に高くなりとうございませんか。僕はその主より大いならず。ほかの弟子の足下に卑賤なる務めをいたしますことは私共各自のおるべき地位です。

【十七節】

 幸いの秘密はかくのごときことをなすことです。ただ心の中に思い或いは深くそのことを思いめぐらすことのみではありません。実行することです。またかくのごときことを実行しますならばたぶんその謙遜の行いによって兄弟をも潔めることができます。

【十八、十九節】

 主はこれを預言したまいました。ここには預言者なるキリストを見ます。十四章二十九節、十六章四節をご覧なさい。『事が起こったときに、あなたがたが信じるようにと、今、その事の起こる前に話しておく』。『これらのことを話したのは、その時が来たときに、わたしが語ったということをあなたがたに思い出させるためである』。主は悉くその苦しみをもそのほか万般のことをも弟子等の遭うべき迫害をも預言したまいました。けれども弟子等はそれを暁りませんでした。そうですから時がもはや来りました時に悉く堕落しました。どうぞ主の預言を深く心に味わいとうございます。いま主の再臨は近づきますから格別に主の預言を味わいましてその時に至る用意を致さなければなりません。

【二十節】

 そうですから主はこの世を去りたまいました。けれどもご自分の代表者をこの世に置きたまいます。十六節の『はっきり言っておく』ということを見ますならば人間の眼前に己を謙遜せねばなりません。この二十節の『はっきり言っておく』を見ますならば神の聖前に私共の大いなる位、大いなる栄光を見ます。主に遣わされたる者はこの十六節をも二十節をも共に味わわねばなりません。人間の眼前に謙遜し神より栄光を与えられましたることを深く思わねばなりません。
 十五節をご覧なさい。『わたしがあなたがたにしたとおりに、あなたがたもするよう』。私共は主の行いたまいしごとく行わねばなりません。また三十四節をご覧なさい。『わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合いなさい』。私共は主が愛したもうごとく相愛さねばなりません。その主の行いにも主の愛にも従わねばなりません。私共は自分を卑くしますならば人より如何なる酬いを得ましょうか。その謙遜が偽りの謙遜でありますならばそのために名誉を得ようという思想がありましょう。或いはいま謙遜しておけば後はその人が必ず私を愛しようと思いましょう。けれども真正の謙遜はそういう報酬を待ち望みません。主の謙遜をご覧なさい。いま十二弟子の足を洗いたまいました。そうして如何なる酬いを得たまいますか。二十一節を見ますならばその弟子の一人は主を売ります。三十八節を見ますならばほかの一人は主を知らずと言います。残余十人は苦難の時に悉く主を捨てて逃げます。そうですから謙遜と愛はそういう報酬を耐え忍ばねばなりません。
 私共は時々人を潔めるために或いは人々に福音を宣べ伝えますために己を卑くします。またどういう報酬を得ますかならば或いは憎悪或いは迫害或いは他の苦難を得ます。私共はそれを堪え忍ぶことができますか。そういう時に私共の愛と謙遜は真正であるか否やを試すことができます。主の愛と謙遜はそういうことをも耐え忍ぶことができました。兄弟よ、これは真正の死です。私共は他の人々のために己を卑くしますならばこれは謙遜の始めです。けれどもそれは真正の謙遜であるか否や、或いは真正の死であるか否やはまだ分かりません。その謙遜と愛とは試みられました時に真正であるか否やが分かります。どうか主と共に終わりまで十字架を負うて死ぬる道を取りとうございます。毫も愛の報酬を得ませんでも、かえってほかの兄弟より憎悪と迫害を得ましてもどうぞ一節のごとく終わりに至るまでこれを愛しとうございます。この章においてその事実を見ます。主は終わりに至るまでユダを愛しペテロを愛し他の弟子等を愛したまいました。

【二十一節】

 『心を騒がせ』。主はそういう苦痛をよく覚えたまいました。主はそういう苦痛を覚えたまわないお方ではありません。深くそれを感じたまいました。『はっきり言っておく。あなたがたのうちの』。久しく私の愛した汝らの中に、久しく父なる神を示した汝らの中に、久しく起臥を共にしたる汝らの中に、久しく私の心と性質を明らかに見た汝らの中に、『一人がわたしを裏切ろうとしている』。またただいまこの食卓において格別の愛を現した汝らの中に、『一人がわたしを裏切ろうとしている』。
 それは主の心の憂い、心の悲しみでありました。必ずその時のみではありません。始めからその重荷を負いたまいました。けれどもそれを隠していたまいましたが、ここに至って始めて示したまいました。この時まで弟子等は主の心の重荷を知らずして大抵主の心を知ったと思いました。けれども実に大いなる憂いを知りませんでした。幾分か主の栄光を見ました。けれども主の悲しみが解りません。弟子等は今まで鈍き心を持っておりましたから主はかくのごときことを示すことができませんでした。今まで肉に属ける者でしたからこういう悲しみを弟子等に示すことはできませんでした。兄弟よ、私共も幾分か主の栄光を認めました。けれども憂いはいかがですか。主が罪人のために憂い悲しみたもうことが解りますか。今まで鈍い心でありましたから主はそれを私共に示したもうことができませんでしたかも解りません。けれどももはや主に潔められた者にそういうことを聞くことができます。

【二十二節】

 そうですからユダであることが解りません。ユダは今まで巧みにその善を装いました。他の弟子はユダの堕落を知りません。ユダの熱心と智慧を見ました。ユダの会計に巧みなることを見ましたからユダであることが解りません。けれどもユダは心の中に堕落した者です。兄弟よ、私共は表面は熱心なる者でありましても、表面は美しく神のことを言いましても、心の中に堕落して主を売る者であることができます。外部のことは構いません。心の中は如何ですか。外部を見ますならばユダはペテロやヨハネと同じように熱心なる弟子でした。けれども心中を見ますならばユダは全く堕落しておりました。
 もう一度十八節をご覧なさい。主は、麦と毒麦とをよく弁別したまいました。表面は同じように見えます。けれども主は私共の心を見透かしたまいます。私共も自分の心を知ることができます。外の兄弟は私共の心を見透かすことができぬかも知れません。けれども或いは主、或いは自分は自分の心を知ることができます。試みに、水と水晶のごとく清き心でありますか、ありませんか。試みに、主に従いとうございますか、或いはただ表面ばかり主に従いますか。主は私共の有様を弁別したまいます。またユダは永き間主に従いました。主の言を聞きました。主の行いを見ました。主と共に食事を致しました。けれども未だ身も魂も主に献げませんでした。そうですからこの恵みのためになおなお恐ろしき模様と変わりました。わたしは受けました恵みに身も魂も献げませんならば、その受けました恵みによってかえって恐ろしい有様に落ちます。そうですから始めから主に従いません方がかえって宜しうございます。光を受けましてその光に従いませんならばかえって始めから光を受けません方が宜しいかも解りません。
 主イエスは愛なり。ユダは三年間全き愛の光線の中に生涯を送りました。そのために心が溶かされましたか。その愛に引き裂かれましたか。そうではありません。今に至るまで心が頑固でありました。それによって人間の生来の恐ろしいことが解りませんか。ユダは三年間神と交わることができました。けれども神を慕いません。夜間は黒白を分かつことができません。黒いものも白いものも同じように見えます。けれども昼間は太陽の全き光線の中によく物を分かつことができます。ユダは三年間輝ける太陽の中に生涯を送りました。けれども今に至るまで心が溶かされません。私共はそれによって警戒せねばならぬと思います。
 神は私共に各様の光を与えたまいます。私共のうち或いは喜んでその光に従いまして身も魂も献げます。或いはその光を拒みます。たとえばある信者は聖き心のこと、聖霊に充たされることを毫も聞きません。そうですからこういう信者の恵みを受けないことはあまり大いなる罪ではありません。けれどもそういうことを教えられました信者にしてかえって心を頑固にしてそれを受けませんならば、ユダの罪の萌芽ですと思います。光の中にあって頑固なる心を持つことはユダの罪の根本だと思います。またそういう人は漸次ユダの罪を犯すと思います。そういう人々はやはり漸次主の教えを拒み、主の聖霊に属ける教えに反対し、ついには主を敵の手に売ります。
 主を売るとはどういうことですか。私共はこの罪を犯すことができますか。犯すことができます。いまユダは三年の間主と共におりました。けれども、心がまだ和らぎませんから主につきて失望しました。肉に属ける考えがありましたから主は種々の恵みを与えたまいとうございます。けれどもユダはそういうことを願いませんで失望いたしました。そうですから敵の手に売りました。またそのことによってユダは敵の前に何を現しましたか。すなわちイエスは実際自ら証したもうようなお方ではなくてイエスの証したもうところは全く偽りであると考えたことを現します。敵の手に売ることはそれを現します。ユダは主が証したもうたことを信じましたならばいつまでも主を売ることができませんでした。けれども主の言を偽りと思いましたから敵の手に売りました。ユダは爾来主に従いとうございません。従来種々なる教訓を受けました。各様の経験を得ました。けれども爾来主ご自身に従いとうございません。兄弟よ、どうぞ私共各自の心を判断致しとうございます。主は私共に各様の約束を与えたまいました。ご自分の能力と恵みとを証したまいました。私共はその約束を受け入れませんならば、主が私共にその約束を成就したまいませんと思いますならば、私共はたぶん失望致します。私共は主によりてさまざまなる恵みを得ようと思います。けれども主の約束を拒みますから心の中に失望が生じます。これはユダの罪の萌芽です。そうですから苦難に遭いました時にその苦難を厭いました。もし私共は主の約束を受け入れますならば他の兄弟が喜びと恵みを受けまして自己一人苦難に遭わなければなりませんでも少しも構いません。けれども主の約束を受け入れませんならばそういう場合に苦難に遭うことを厭います。
 ユダはいつまでも熱心でありました。この二十二節を見ますならば他の弟子は主を売る者はユダであることを知りません。ユダは表面では少しも怠りませんでした。他の弟子と同じように熱心でありました。けれども心の中にこの失望がありましたから主の言葉を信じません。不信仰がありましたからついに敵の手に主を売りました。
 私共は人間の眼前にどういうことを現しますか。主は誠実なるお方であることを現しますか。主はご自分の約束を成就したもうお方であることを現しますか。或いは顔の色や行いによって心の中に幾分か主につきて失望があることを現しますか。もしそうでありますならばそれは主を敵の手に売る罪の始めです。ユダは他の大いなる罪人と共に主を十字架に釘けよとは叫びません。必ずそういう大いなる罪を恐れました。けれどもユダの罪のために敵は勢力を得ました。ユダの罪のために主は十字架に釘けられたまいました。そのために主は死にたまいました。兄弟よ、私共は主の約束を受け入れませんために心の中に失望がありますならば、これによって主イエスを敵の手に売るかも分かりません。何故ですか、主の敵は私共の失望するのを見てこれは誠実でない証拠であると思いましょう。このパリサイ人と祭司長はユダの証を聞きイエスは偽りであると思いました。他の人々がそういうことを申しましても信じません。けれども三年間主と偕に親しく交わりました者がかくのごときことを申しますならば敵はイエスの偽りであるということを信じましょう。兄弟よ、私共の品行によって主を信じません人々は主について如何に思いましょうか。
 今一度十九節をご覧なさい。さきに申したように十四章二十九節、十六章四節にも同じことを見ます。主はご自分の苦難を悉く預言したまいました。弟子は主の言を受け入れましたならば悉く主の苦難と十字架と甦りとを待ち望みましたでしょう。けれども弟子はそれを受け入れません。二十節をご覧なさい。主はこの世に代表者を置きたまいます。ご自分はこの世を去りたまいますが、その代表者を置きたまいます。それによって弟子はその自分の位の高きを暁りましょう。主が世を去りたまいますならば爾後は自分が主の代表者でありますから自分の重き責任と高き位とが解ります。これは、私共の重き責任です。
 『心さわぎ』(二十一)。主は十二章二十七節のごとく心に憂えたまいます。主は人間の心を持っていたまいましたから朋友に傷つけられました時に必ず痛みを覚えたまいました。主は人間の心がありますから私共に同情を表することができます。主はその時に憂え悼みたまいました。けれども十四章一節のごとく、『なんぢら心を騒がすな』と命じたまいます。主は憂いを持っていたまいました。けれども心の中に平安がありました。
 『われを賣らん』(二十一)。この売ることはただ今まで主と交わりたる者だけが犯すことのできる罪です。主を信じません者はこの罪を犯すことはできません。主の敵は必ず主を売ることはできません。売ると申せば必ず朋友或いは知己の者です。この罪はまだ主を知りません者の罪ではありません。私共のように主を知り主を信じ主と交わりました者の罪です。

【二十三〜二十六節】

 『イエスは答えられた』(二十六)。これはただささやきでした。主イエスとヨハネとのみの問答でした。私共は主の秘密を知りとうございますならば主の胸に倚らなければなりません。他の弟子は主の談話を聞きました。けれども主の心の秘密を知りました者はただヨハネ一人のみでありました。『パン切れを浸して取り』。これは愛と丁寧の印でした。創世記四十三・三十四、ルツ二・十四、サムエル後書十一・八(there followed him a mess of meat from the king: 欽定訳)をご覧なさい。そうですからこれは眷顧と同情の印でした。格別に愛の印でした。主は一節のごとく終わりに至るまでユダを愛したまいました。終わりに至るまでユダを救いたまいとうございました。終わりに至るまで格別に愛の印を与えたまいました。
 この晩にその食卓の時に主の愛は格別に輝きました。主は始めにユダとほかの弟子等の足を洗いたまいました。格別に言をもって行いをもって、愛を示したまいました。ユダはそれに負けませんか。ユダは終わりまで勝ちました。ユダは終始神の愛に勝利を得ました。これは恐ろしきことではありませんか。私どもも神の円満なる愛を拒みまして勝利を得ることができます。神の愛に負けませずして終わりまで勝つことができます。これは悪魔の勝利です。

【二十七節】

 『サタンが彼の中に入った』。神の愛を拒みましたからサタンに処を与えました。神の愛に負けることは私共の一番大いなる幸いです。二節を見ますならばユダはサタンの思想を心に受け入れました。今はそれから漸次進んでサタン自身を心に受け入れました。私共は初めサタンの思想を受け入れますならば漸次進んでサタンを受け入れるかも解りません。ちょうど反対に神の思想を心に受け入れますならば漸次進んで神自身を受け入れますかも解りません。
 『そこでイエス、「しようとしていることを、今すぐ、しなさい」と彼に言われた』。怖ろしき命令です。もはや仕方がありません。もはやあなたを救う望みがありません。この罪を犯せよ、神を十字架に釘けよという命令です。実に怖ろしき命令です。マタイ二十五・四十一の我を離れ去れよの命令と同じことです。主は私共を罪より救いたまいとうございます。けれども私共が主の導きに従いませんならば主は私共をその罪に任せたまいます。『なんぢが爲すことを速かに爲せ』と命じたまいます。

【二十八〜三十節】

 『夜であった』(三十)。闇に出ました。その闇はなおなお暗き闇の雛形であります。もはやユダは暗黒に出ました。マタイ二十二・十三をご覧なさい。『外の暗闇にほうり出せ』。いま主はそれをユダに任せたまいました。この三十節は喪いました霊魂です。主の聖顔の光を捨てて主ご自身を捨てて悪魔に導かれまして罪を犯すために出ます。これはすべての小さき例話ですと思います。すべての罪は主の恵みを捨てます。主の慈愛を拒みます。罪人は悪魔に導かれて闇に出ます。

【三十一節】

 私共は表面から見ますならばいま人の子は恥を受けると思います。神また彼によりて恥を受けると思います。けれども信仰によって主の十字架の栄光を見ることができます。主は十字架の苦を恥と思い煩いたまいません。かえってその栄光を見付けたまいました。兄弟よ、私共は神に導かれて恥と苦に会わねばなりませんならば、どうぞそれを念頭に懸けませずして十字架の栄光ばかりを考えて進みとうございます。使徒五・四十一のごとく、『御名のために辱めらるるに相應しき者とせられたるを喜びつつ』。どうぞその通りに十字架の栄光を見て恥を厭いませずして進みとうございます。

【三十二節】

 私共は神に導かれまして十字架を負い恥を受けまするならば神もそのために恥辱を受けたまいましょうか。たびたびサタンはそのような誘惑をもって私共を誘います。私共は十字架を負いますならば、人間に辱められますならば、神も辱めを受けたまいましょうと誘います。けれどもかえって神はそれによって栄えを受けたまいます。どうぞそれを心に留めて置きとうございます。『神も亦みづからの榮の中に彼を榮えしむ、直ちに彼を榮えしめん』(元訳)。またなおなおそれによって私共に栄えを与えたまいます。そうですから人間に辱められることを大切に思いましょうか。人間に辱めを受けますならばそのために神より栄えを受けます。人間に軽蔑せられますならばそのために神より尊ばれます。私共は人間の辱めを避けましょうか。十字架を逃れましょうか。否、どうぞ勇気をもって人間の辱めを厭いませずして神の栄えを得とうございます。神より尊ばれることを求めとうございます。

【三十三節】

 そうですから、主は弟子を慰めることを始めたまいます。ご自分の辱めを言いたまいました。またいつまでもご自分のことを思いたもうも宜しいことでしょう。けれども主はご自分のことばかりを考えたまいません。今すぐに弟子を慰めたまいます。またここに『子たちよ』と言いたまいます。実に親切なる言葉です。今までたびたび或いは兄弟、或いは弟子、或いは朋友と言いたまいました。けれども今なお深い愛を現して子たちよと言いたまいます。『子たちよ』。そうですから弟子は悉く青年であったと思います。二十歳ぐらいの青年であったと思います。

【三十四節】

 いままで弟子は幾分か肉によって主を知ることができました。けれども今から霊によって主を知ることを学ばねばなりません。いま主は弟子を去りたまわねばなりません。主が弟子を去りたまいますならば主に絶えず忠実に仕える印は何でありますか。三十四節をご覧なさい。この意味は今は汝らを去ります。汝らは常に忠実に私に仕えとうございましょう。どういう印をもって常に忠実であることを示すことができましょうか。相互に愛することによりてであります。私共はいま主の眼前に忠実であると示しとうございますならば兄弟を愛することによってであります。『善かつ忠なる僕』(マタイ二十五・二十一)。終わりにそういう声を聞きとうございますならばいま兄弟を愛する愛によって善かつ忠なることを示さねばなりません。

【三十五節】

 真正の教会の印は何でありましょうか。私共の教会はかような政治上の特長がありますから主の真正の教会であると申します。或る人はここにかくのごとき聖典が行われておりますから主の真正の教会であると申します。或る天主教会は使徒の時代から正統の按手式を受け継ぎましたから真正の教会であると申します。けれども真正の教会の証拠は教会政治ではありません。聖典ではありません。表面上の形体ではありません。ただ愛です。『互いに愛し合うならば、それによってあなたがたがわたしの弟子であることを、皆が知るようになる』。愛によって真正の教会が解ります。どうぞ我が国でこの印を見とうございます。ここで真正の教会を見とうございます。

【三十六〜三十八節】

 『あなたのためなら命を捨てます』(三十七)。真心をもってそれを言いました。後にペテロは単身にて多くのローマの兵卒と戦いました。喜びて生命を賭けて主を救いとうございました。
 『今ついて来ることはできない』(三十六)。ペテロは今は主に従うことはできません。けれどもできると思いました。またペテロの心は忠実でしたと思います。けれどもその時に十字架を負うことができません。『後でついてくることになる』。また二十一・十八に後に十字架を負うことができると言いたまいます。けれどもいま十字架を負うことができません。
 いま熱心もあります。忠実でもあります。けれどもそのために十字架を負うことができません。聖霊は死に至る道であります。何故に私共に聖霊が与えられますかならば主の十字架を負うためです。死に至るまで主に従うことのできるためです。何故私共にペンテコステの聖霊が与えられますかならば溢れるほどの喜悦を与えるためではありません。十字架を負うことのできるためです。死に至るまで主に従う力を与えるためです。教会の名誉を受けるために聖霊を与えられますか。否、そうではありません。恥を受けるためです。私共が喜んで恥を受けるためには聖霊を与えられます。
 或る兄弟はペテロのごとく今でも私は喜んで主イエスのために恥を受けますと申します。いま死に至るまで忠実であると申します。いま死に至るまで主に従うと言います。また真心をもってそれを言います。けれどもまだ自分の弱きことを知りません、たぶん同じ晩に賤しき婢女の話のために堕落するかも解りません。賤しき婢女の話のためにペテロは自分の弱きことを知りました。また死に至るまで主に従う力と熱心がないことを知りました。罪に陥ったことによって始めてそれを知りました。兄弟よ、死に至るまで主に従う勇気がありますか。心の中にあると思いますか。如何ですか。必ず、その力がありません。自分の熱心をもって主に従いますならばただ失敗となります。けれども、『後に從はん』という約束があります。十字架を与える約束があります。新たに恥を授ける約束があります。あなたに死を与える約束があります。『後に從はん』。そうですからあなたは主に従いとうございますならば、『われ汝に聖霊を与えん』と仰せたまいます。またそれによって恥と十字架と死とを耐え忍ぶことができます。一度真心をもって主に従いとうございました時にペテロのごとく失敗しました。けれどもそのために望みを失ってはなりません。かえって『後に從はん』という主の約束を受け入れまして失敗のために自分の弱きことを知りまして聖霊によって死のバプテスマを求めとうございます。また聖霊によって私共は恥にも十字架にも勝利を得まして主に従うことができます。兄弟よ、主は『後に從はん』と仰せたまいます。



|| 緒1 | 緒2 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 |
| 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 結論 | 目次 |