第 四 章 



 第四章の説話は主と共に一時間を送ることであります。またその一時間の結果です。私共は主と共に一時間を費やしますならば、この婦のように大いなる結果を受けられます。またほかの方面より見ますれば、個人伝道によって市中に大いなるリバイバルが起こります。それによって個人伝道の大切なことをご覧なさい。私共は市中に大いなるリバイバルを起しとうございますならば数千人の人々を集めて大説教会を開かなければならぬと思います。けれども主はこのところで一個人によって大いなるリバイバルを起こしたまいました。

【一〜三節】

 そうですから主の弟子はヨハネよりも多数の人々にバプテスマを施しました。これは実に大いなる働きでありました。そのときにヨハネは多数の人々を悔い改めさせましたが、その主はそれよりもなおなお大いなる働きをなしたまいました。主の伝道は成功ある伝道でありました。けれどもただいま主はユダヤを去りたまいます。ユダヤは何処でありますか。ユダヤは神の撰びたもうた処でその真中には神の住みたもう宮殿があります。けれども主はただいま自分の国から追い出されたまいました。自分の宮殿から追い出されたまいました。そうですから主は汚れたるサマリアに行きたまいましてひとりの罪人を導きたまいます。救い主が来りたまいますればユダヤ人は皆々歓んでこれを迎える筈でした。けれども却ってこれを謝絶しました。主はユダヤ人の王となることができませんから、退いてサマリアの最も賤しき者を救いたまいました。その溢れる恩寵は、このところで拒まれますならば、ぜひほかのところに溢れなければなりません。ユダヤ人は神の選民と称せられる者でしたが、そのユダヤ人が主の恩寵を謝絶しまするならば、神に棄てられたと賤しめられているサマリア人を追い求めたまいます。また啻にそれのみではありません。この婦はサマリア人の中でも一番汚れたる者でした。ちょうど五章のベテスダの池に伏している、一番望みのなき重病人を癒したまいましたごとくに、このところで一番賤しき最も汚れたる罪人を撰んで大いなる恩寵を与えたまいます。
 この章とルカ伝十五章を比較してみますと、この二つの事柄の上に同じ霊の意味と光を見ます。かの十五章の第一の話に、牧者は失われたる一匹の羊を追い求めます。ただいま同様に主は失われたるひとりのサマリア人を追い求めたまいます。十五章の第二の話に婦が失った銀貨一枚を尋ねますように、ただいま主イエスは人々に棄てられた婦の価値を見たもうて、その価値ある魂を切に尋ね求めたまいます。それから第三の話にある、放蕩息子が自分の故郷を捨てて遠国にさまよい、ついに再び主の家に帰りますように、今汚れた婦は悔い改めまして父の許に参ることを見ます。またそれによって父の喜楽を見ますごとくに(ルカ十五・三十二)、いま救い主の喜楽を見ます(四・三十六)。彼処に父は喜んで放蕩息子を受け入れ、もう一度饗筵の席を設けて皆をひとところに集めて喜び楽しみます。何卒この両章の事柄を比較してよくよくこれを味わいとうございます。

【四節】

 サマリアは汚れたる処です。けれども主は罪人を救うためにその汚れたる処に参らなければなりません。これは実に大いなる幸福でした。

【五、六節】

 主は疲労を覚えたまいました。渇きを覚えたまいました。このところに霊なる意味があります。主は汚れたる罪人を救わんがために渇きをも疲労をも堪え忍びたまわねばなりません。ここに疲れたる救い主と疲れたる罪人とを見ます。疲れたる救い主は疲れたる罪人に安息を与えたまいます。時は主がユダヤを去りたもうた日でした。主がユダヤを去りたまわねばならぬ日でした。主はこの時イザヤ四十九・四を叫びたまいましたかも知れません。けれども神の答えは何でありますか。イザヤ四十九・六にあるごとく『国々の光となし』、すなわち今サマリア人の光となして人間を癒すことであったと思います。

【七、八節】

 いま主は疲れたる者を救いたまいます。イザヤ五十・四のごとくに主は実にこの疲れたる婦、汚れたる罪人に語ることができました。『イエスは、「水を飲ませてください」と言われた』(七)。これによりて王たる主イエスの謙遜をご覧なさい。己を卑しくしたもうたことをご覧なさい。ユダヤ人はサマリア人と談話を致しません。サマリア人に語ることを厭うて少しも談話を致しません。ましてかような汚れたる婦に語ることはなおさら嫌いました。ユダヤ人は自分の聖なること、自分のユダヤ人たることを覚えまして、必ずそういうことは致しません。ましてその者に恵みを求めるようなことは決して致しません。けれどもただいま主イエスの謙遜を見ます。主はこの汚れたる婦を救わんがために喜んでその恵みを願いたまいます。およそ人が恵みを他人に求めますならば、必ずその人より賤しき者であることを示します。主はこの婦よりもご自分を賤しい地位まで下したまいました。この罪人の魂を救わんがために賤しい地位まで降りたまいました。万物の主、王の王たる主イエスはただいま何物をも持ちたまいません。かえって汚れたるサマリアの婦、人々に棄てられた者に恵みを求めたまわねばなりません。

【九〜十一節】

 世人は十節に示されてあることを知りませんからそのために亡びます。神はただいま恩恵を与えたまいます。人々はそれを知りません。神は真実に大いなる恩恵を与えたまいとうございます。幸福なる賜物を与えたまいとうございます。『イエスは答えて言われた。「もしあなたが、神の賜物を知っており、また、『水を飲ませてください』と言ったのがだれであるか知っていたならば、あなたの方からその人に頼み、その人はあなたに生きた水を与えたことであろう」』。いま神はご自分を卑くしてあなたがたのごとくなりたもうことを悟りませんか。我に飲ませよとあなたに求めたもうまでご自分を卑くしてあなたがたのごとくなりたもうことを知りませんか。世の罪人はそれを認めることはできません。却って神は高い処に在すものと思います。神はただ遠く在したもうものと思い、ご自分を卑くして彼らのごとくなりたもうことを知りません。そうですからそのために亡びます。
 私共は伝道いたします時にこの二つのことを罪人に悟らせなければなりません。すなわち第一は神の与えたもう賜物です。第二は神がご自分を卑くしたもうことです。この二つを罪人に悟らせなければなりません。何人でもこの二つのことを知りますならば救われます。この二つのことは救いの糧です。この二つのことを知りますならば罪人は必ず神に恩恵を求めます。また神より活ける水を頂戴することができます。私共は罪人にこの二つのことを示しますならば、罪人は私共に構わず直接神に近づいて、只管神に呼び求め、活ける水を頂戴します。これは本当の伝道です。この二つのことを語を換えて申しますならば聖霊とキリストです。活ける水は聖霊です。『だれであるかを知っていたならば』、誰とはキリストです。すなわち聖霊とキリストです。けれどもそれのみではありません。ここに父なる神をも見ます。聖霊は父なる神の賜物ですから父なる神、子なる神、聖霊なる神を見ることができます。神学的に罪人を教えますならば無益です。けれども主イエスは十節のごとく経験的に三位一体の真理を教えたまいました。どうぞ私共もかくのごとく、神学的に教えずに経験的に教えとうございます。十節のごとく三位一体の神を罪人に示しますならば罪人は大いなる利益です。主はかように罪人と語ることを好みたまいます。主はこの罪人がいまだ知らざることを示したまいとうございます(エレミヤ三十三・三)。ただいま主はこの汚れたる罪人に『知らざる大なる事と秘密(かくれ)たる事』を示したまいとうございます。主はちょうどそのように私共にもひそかに近づきたまいまして、私共がいまだ知らざる大いなることと、隠れたることを示したまいとうございます。けれども私共は十一節のような愚かなる卑しい考えをもって主の高い教えを受け入れません。主はいまだ知らざることを示しとうございます。けれどもこの婦はいままでに知り得たる物質の卑しい考えをもってそれを聞きます。私共はしばしば主の霊なる教えを受けるときにこの婦と同じ過失に陥ることがあると思います。主は私共にいまだ知らざることを教えたまいます。けれども私共は心の中に幾分かそれを知ると思って答えます。そうですから未だ知らざる霊なる教えを受け入れることができません。光より光に進むことができません。この婦は主の言葉の意味が解りません。けれども幾分か主が水について言いたまいましたから、井戸のことを憶い起して十一節のように答えます。これは実に愚かなることです。私共はかくのごとき場合にゼカリヤ四・五のように、『我が主よ知らず』と答えとうございます。私共はたびたび我が主よよく知ると申しませんか。けれども知らずと答えますならば、主は私共に未だ知らざる大いなることを示したまいます。
 この時に主は物質的の水によってなおなお深いことを教えたまいとうございます。婦はただ眼に見ゆる水を見ました。神はたびたび野の花によって、太陽、光などのさまざまなる物によって深遠なる真理を教えたまいとうございます。それによって大いなる恩恵を与えたまいとうございます。どうぞこの婦のようにただ眼に見ゆることのみならず、神より賜る新しき恩恵を受け入れとうございます。この章において今日格別に教えられましたことは己を卑くすることです。三章の終わりにヨハネは喜んで己を卑くいたしました。この章の始めに神は喜んでご自分を卑くしたもうことを見ます。この二つの例証によって神の栄光を顕すために己を卑くすることを学びとうございます。また神はご自分を卑くして私共のごとくなりたもうことを見とうございます。神はたびたび汚れたる罪人の足下に座って、その汚れたる罪人に恩恵を求めたまいます。どうぞそれによって主の大いなる栄光をご覧なさい。
 婦は深遠なる主の奥義を聞きました。けれどもただ理屈をもってこれを判断いたしました。『女は言った、「主よ、あなたはくむ物をお持ちでないし、井戸は深いのです。どこからその生きた水を手にお入れになるのですか」』(十一)。これは理屈に合うことです。けれども理屈と信仰とはたびたび反対です。自然の理法と神の祐助とはたびたび反対であります。神は自然の上に超越したもうものですから理屈をもって神の約束、神の黙示を判断しませずして、どうぞそのまま真理を受け入れとうございます。主が何処より汲んでその水をくださるかが解りませんでもどうぞそのまま真理を受け入れとうございます。

【十二〜十四節】

 この婦は水を汲むために毎日井戸に参らなければなりません。毎日働いてただその日のために些少の水を汲みます。ちょうど信者の中にもそのような者があると思います。毎日その日のためにただ些少の水を汲まんがために主の許に参ります。けれども真正の救い、真正の主の恩恵は何でありますかならば、主が人々の心の中に井戸を造りたもうことです。これが真正の救いであります。そうですから真正の主の救いはひとたび井戸を頂戴することであります。そのときから泉となりて湧き出ます。十三節を見ますれば、ちょうどかの放蕩息子のごとくではありませんか。遠国へ旅行して世に属ける水を充分飲みました。けれども現世の水は満足を与えません、直ちに渇きました。その時家庭に帰りました。恩恵の泉を受けました。それから永く父とともにおりましたから、十四節のごとく絶えず恵みの泉が湧き出ました。少しも渇かないようになりました。神は私共にこれと同じ約束を与えたまいます。イザヤ五十八・十一、十七・八をご覧なさい。この二つは同じたとえではありませんが、同じ霊の意味であります。自分の心中に恵みの泉をもっておりますから、恩恵の源まで根を出しておりますから、絶えず恵みに充たされております。
 またこの十三、十四両節は肉に属ける信者と霊に属ける信者との区別を見ます。肉に属ける信者は絶えず外部より恩恵を受けます。そういう信者は救われました。神の子供となりました。けれども真正の恩恵を受け入れたのではありません。これに反して、霊に属ける信者は心中に恵みの泉があります。これが真正の神の恵みです。旱の年にも豊年にも絶えず潤いたる園のごとくに心中に恵みの泉があります。これが真正の神の恩恵であります。創世記二十六・十九をご覧なさい。『イサクの僕、谷に掘て其処に泉の湧出る井を得たり』。兄弟よ、私共はその井戸を得ましたか。どうぞそれを得たいものであると思います。

【十五、十六節】

 この婦は自分の苦労を深く感じました。また自分の欠乏を深く感じました。けれども未だ自分の罪を感じません。私共はたびたび自分の苦労を感じます。自分の欠乏を感じます。けれども自分の罪を感じません。いま婦は『その水をください』と祈りました。主はその祈禱に応えたまいました。けれども最初その婦に罪を感じさせなければなりません。そうですから婦の祈禱に対する主の答えは何でありますかならば、婦の少しも心付かないことです。十六節の主の答えは十五節に少しも関係がありませんと思います。けれども実は密接なる関係があります。主は婦の祈禱に応えんがためにかくのごとく言いたまいます。まず婦に罪を感ぜしめんがためにかくのごとく命じたまいます。主はたびたび私共の祈禱によって直ちに恩恵を与えたもうことができません。けれどもそれを与えんがために十六節のごとき命令を与えたまいます。罪を感ぜしめたまいます。

【十七〜十九節】

 もはや神の言葉は心を刺しました。神の光は心の底まで照らしました。神は悉くその罪と汚れを知りたもうことが解りました。主はここにこの婦にその罪を示したまいました。どうぞ次の主の救いの順序をご覧なさい。
 第一 ご自身が与える恩恵を示したまいます(一〜十五)
 第二 罪人に自己の汚れを示したまいます(十六〜十八)
 第三 ご自身を示したまいます(二十六)
 そうですからこの婦は神の恩恵を頂戴するため自己の罪を承知しなければなりません。神の聖前にはいかなることをも隠すことはできません(ヘブル四・十三)。けれども同時に大いなる恩恵を見ます。神は一切の不義を示したまいます。けれども活ける水を与えたまいます。私共は神の聖前に自己の罪を隠しとうございます。けれども神はそれを示したまいます。またそれにもかかわらずして私共に活ける水を与えたまいました。そのとき主は宗教心あるユダヤ人に活ける水を与えたまわずして、却って賤しき者の中の最も賤しき者に与えたまいました。これは真正の恩恵であります。私共はこの婦よりも却って活ける水を受ける価値がありません。それを教えんがために一番賤しい者にこの恩恵を与えたまいました。かくのごとく神の言葉はもはや罪人の心を刺しました。この婦は自己の隠れたる罪も神の聖前に露われましたから、いま神を拝しとうございます(コリント前書十四・二十五)。そうですから直ちに二十節において、拝することについて申します。

【二十、二十一節】

 婦は今まで拝することについて曖昧でした。けれども主はそれについて明らかなる光を与えたまいます。私共は未だ罪を感じませんならば父を拝することについて曖昧でしょう。けれども主の恩恵を受け入れますならば明白になります。主は私共の心を教えたまいます。

【二十二〜二十四節】

 今までさまざまなる表号をもって神を拝しておりました。たとえば屠られたる羊をもって神を拝しておりました。それは真をもって神を拝することではありません。ただ雛形をもって神を拝しておりました。ただ影をもって神を拝しておりました。けれどもただいま真をもって神を拝する時が来ました。今までは壇の上に供え物を献げて神を拝しておりました。けれどもただいま真実に自分を捧げて神を拝する時が来りました。今までは宮の中に点せる燈火によって、或いはパンをもって、或いは香をもって父を拝しておりました。けれどもただいま霊と真とをもって父を拝する時が来りました。私共は子供の時には雛形をもって父を拝することもよろしいでしょう。けれどもただいま光を受けましたから真をもって事実をもって父を拝さなければなりません。私共は未だそれを学んでおらないと思います。私共はとかく外面のことをもって父を拝しとうございます。或いは表面の集会において、或いは表面の教会の中で父を拝しとうございます。けれども父は真をもって拝することを求めたまいます。霊をもって拝することを求めたまいます。
 礼拝は祈禱よりも深遠なることであります。神を拝することは神と交わることよりも深いことです。天の使の拝することをご覧なさい。神の宝座の前に俯伏して冠を投げ捨てて神を拝します。これは真正の礼拝です。自己を捨て、神の大いなることを感じまして神を讃美することは、真正に神を拝することです。真正の礼拝は神の凡ての凡てなること、人間は無が如き者なることを感じまして神を拝することです。兄弟よ、私共はかくのごとき心を持ちますか。この二十三節を見ますならば、父はかくのごとく拝する者を求めたまいます。ヘブル書の大意は真正の礼拝です。この書は実に深遠なる真理であります。私共はこの書に由りて天国に行なわれるごとき真正の礼拝を学びます。この書に由りて霊と真とをもって父を拝することを学びます。善き牧者は多数の羊を求めます。父なる神はかくのごとく拝する者を多く見出したまいとうございます。そうですからかくのごとく人々が心を一つにしてたくさん集まりますならば、真正の礼拝が行なわれます。みな神を仰いで神は凡ての凡てなり、人間は無が如き者なるを覚えまして、身も霊も捧げて神を讃美することは真正の礼拝であります。現代は集会においてかく拝することはたぶん好機会ではありませんと思います。現代は静かなる処においてただ一人神を拝する方が好機会であるかも知れません。
 また私共は神の子たる心をもって神を拝せねばなりません。神の聖旨に適う真正の礼拝はいつでも神の子供たる心をもって拝することです。サマリアの婦は父ということを聞きました時に驚いたでありましょう。はじめて父なりと聞きました時には解らなかったでありましょう。けれどもかく拝しますならば父を拝することができる筈です。私共は心中に十四節の泉を持っておりますならば、二十三節の真正の礼拝をすることができる筈です。

【二十五節】

 私共はたびたびかくのごとき愚かなる答えをいたします。主は明らかに光を与えたまいます。けれどもただいまそういうことは解らんと思います。未来においてそのことが解るでしょうと思います。これは不信仰です。神はただいま全き光を与えたまいとうございます。今は恩恵の時です。私共はたびたび未来において光を得ようと思います。けれどもこれは不信仰です。信仰は現在です。今願うところのものを得たいと言うことが信仰です。
 けれども主は忍耐をもって婦の鈍き心を漸次導きたまいます。善き牧者は群を離れて迷える羊を求めたまいます。

【二十六節】

 主はご自分を示したまいます。『このわたしである』と仰せたまいます。ヱホバの名の意味は有るという意味です。原語を見ますならば二十六節に『わたしは有る』と言いたまいます。すなわち我はヱホバという意味です。ユダヤ人はその名を言うことを畏れます。わたしは有るという名を畏れて申しません。けれども主はここで自らその貴き名を仰せたまいます。わたしは有りといいたまいます。原語を見ますならばたびたびかくのごときことを見ます。すなわち『汝等もし我の夫(それ)なるを信ぜずば』(八・二十四)とは、『あなたがたがもしわたしが有ることを信じなければ』の意味です。また『我の夫なるを知り』(八・二十八)とは『わたしは有るを知り』の意味です。それによって主はご自分のヱホバなることを示したまいます。ただいまサマリアの婦も霊と真をもって主を拝したかも知れません。二十五節を見ますれば曖昧なる望みを見ます。二十六節を見ますならば、現在の事実を見ます。主はかくのごとくたびたび私共に同じ恩恵を与えたまいます。私共は心中に曖昧なる望みがあります。聖霊を受けることについて曖昧なる望みがあります。けれどもそれは完全なる信仰ではありません。主はご自分を示したもうことによって真と事実を与えたまいます。この節において主は、ルカ十五章の放蕩息子の父がその子を受け入れる喜楽と同じ喜楽を持って接吻したもうことを見ます。

【二十七節】

 婦は九節において怪しみました。今また弟子も怪しみました。主が罪人と語りたもうことは怪しむべきことです。主が私共のごとくご自分を卑くして語りたもうことは実に怪しむべきことです。『「何か御用ですか」とか、「何をこの人と話しておられるのですか」と言う者はいなかった』。ここに一種の不思議なることを見たと思います。主の容貌に由りて幾分かその栄光を見たと思います。そのとき問える者はありませんでした。問うことを畏れました。マルコ十・三十二をご覧なさい。そのときにも主の容貌に一種の栄光を見ましたから畏れて従いました。今ここに同じ事実を見ます。
 神の栄光を見ました時に、『汝なんぞ然するや』と言うことはできません(ダニエル四・三十五)。いま弟子等は幾分か主の神たる栄光を見ましたから、『イエスが女の人と話をしておられるのに驚いた。しかし、「何か御用ですか」とか、「何をこの人と話しておられるのですか」と言う者はいなかった』。すなわち幾分か主の栄光が解りました。

【二十八節】

 いま婦は水瓶を忘れました。今までその水瓶は婦の第一の大切なる所有でした。ただそれにのみ気を付けておりました。けれどもいま主の栄光が示されましてから全く水瓶を忘れました。私共も主の栄光を見ますならば今まで大切にしておりました水瓶を忘れます。兄弟よ、私共にほかの偶像がありますか。心中に水瓶のような賤しき偶像がありますか。もしいったん主の栄光を見ますならばかえってそれが重荷となりますから喜んでそれを捨ててしまいます。パウロは往年種々の偶像を持っておりました。名誉の偶像、宗教の偶像を持っておりました。この婦のごとくに毎日この偶像のために力を尽くしておりました。けれどもピリピ三・八、九のごとく、主の栄光を見ました時にその水瓶を忘れまして喜んでそれを捨てました。今まで水瓶は役に立ちました。毎日その水瓶をもって水を貰いました。正義によって宗教によって満足を得んと致しました。けれどもいま主の栄光を見まして心中より湧き出る泉を頂戴しましたからその水瓶を忘れます。いま水瓶がかえって重荷となります。今までなくてはならぬ宗教、ユダヤ人の儀式一切、これらのものは重荷となって糞土のごとく思いました。私共もそれほどの恵みを頂戴しましたか。今までのなくてはならぬ水瓶を捨てるほどに恵みを受け入れましたか。それほどまでに主の栄光を見ましたか。真正の献身はその処です。何も自己を苦しめて、なくてはならぬものを捨てることではありません。真正の献身は主の栄光を見まして役に立たない水瓶を捨てることです。真正の献身は主の栄光を見て満足し、ほかのことを一切重荷と思うことです。肉に属ける財宝、肉に属ける喜悦、肉に属ける名誉などは神の栄光を覆いますから、かえってかくのごときものを憎み、喜んでそれらのものを捨てるのがすなわち真正の献身であります。
 私共の身体はかように地上にありますから、恒に地球の引力に曳き付けられております。けれども漸次太陽に近づきますならば太陽の引力に曳かれまして地球の方を遠ざかり、自然にただ太陽の方に来るようになります。私共は最初は世の引力に曳かれまして世を捨てることは困難です。けれども漸次昇りましてついに主の引力の中に来りますならば、自然に世を離れて主に近づいて参ります。自然に世のことを捨ててただ主を得んがために進みます。ピリピ三章を見ますならばパウロにそのとき少しも世の引力を感じません。ただ主の引力に曳かれまして主を得んがために、『後ろのものを忘れ』『目標を目指して走り』ました(十三、十四節)。
 三章に三位一体なる神の働きを見ました。ここにまた主は三位一体なる神を教えたまいます。
 第一、十〜十五節は聖霊なる神を指します。活ける水を溢れるほど心中に受け入れることを教えたまいます。
 第二、十九〜二十四節は父なる神を指します。父なる神を拝することについて教えたまいます。
 第三、二十五、二十六節は子なる神を指します。ご自分を示したまいます。
主は神学的に三位一体なる神を教えたまいません。けれどもかく容易なる方法をもって三位一体なる神の働きとその恵みを教えたまいます。

【二十九、三十節】

 この婦は邑を出ました時には賤しき罪人でした。けれども一時間ほど経て帰りました時には霊に導かれたる伝道婦でありました。実に大いなる変化でありました。その変化は何処より来ましたか。それは一時間ほど静かに主と語り合いましたからです。それに由りてこの大いなる変化が生じました。またこの婦は心中に溢れるほど活ける水をいただきましたから何処にても主を証ししなければなりません。真正に十四節の経験を受けました。そのとき十二人の使徒はサマリアの邑に行きまして僅少の食物を携えて参りました。けれども人々より賤しめられたこのサマリアの婦は邑に行きまして、その住民のほとんど半分ほどを主の許に携え来りました。この婦は十二人の使徒よりも遙かに優れたる伝道婦でありました。この婦は何を深く感じましたか。『さあ、見に来てください。わたしが行ったことをすべて、言い当てた人がいます。もしかしたら、この方がメシアかも知れません』と申しました。主のキリストなることが悟りました。一・四十九を見ますならば、ナタナエルも同じく自分のした一切のことが主に知られましたことによりて主の神の子たることを悟りました。すなわちそのことを知る者は必ず肉身なる者ではなく神なることを悟りました。ダニエル二・十一(『肉身なる者と共に居らざる神々を除きてはこれを示すことを得る者無かるべし』)、アモス四・十三(『彼は人の思想の如何なるかをその人に示し』)のごとく、主はこのときに婦にその思いのいかなるかを示したまいましたから婦はそれによって主の神ヱホバなることを知りました。

【三十一、三十二節】

 善き牧者は失われたる羊を連れて帰りましたから大いなる喜楽があります。それは主の心に満足を与えました。放蕩息子は自分の家に帰りました時に何人も饗宴に与りました。主は今その饗宴に与りたまいましたから身体の食物を要しません。
 私共の受けます霊の食物は何でありますか。霊の食物は三つあります。
 第一、父なる神の旨を成就すること(三十四)
 第二、子なる神の肉を食らうこと(六・五十五)
 第三、聖霊なる神に与えられたる言を食らうこと(エレミヤ十五・十六)
 この三つは私共の食事です。どうぞ恒に豊かにこれを食しとうございます。

【三十三節】

 弟子等もこの婦のごとく主の意味を誤解しました。ただ物質の意味のみが解りました。

【三十四節】

 主はこの世に来りたまえる時にはヘブル十・七のごとく『御心を行うために』とて来りたまいました。そうして世を去りたもう時には、『わたしは、行うようにとあなたが与えてくださった業を成し遂げて、地上であなたの栄光を現しました』(ヨハネ十七・四)と祈りたまいました。

【三十五〜三十八節】

 私共はたびたび『刈り入れまでまだ四か月もある』と言います。伝道の刈り入れ時もただいまではないと言います。けれども主が伝道の田を見たまいますればはや色づきて刈り入れ時です。これは何処でありますかならばサマリアです。大いなる特権を受けましたユダヤではなくかえって汚れたるサマリアです。けれどもその処でもただいまは種蒔きの時ではなく刈り入れ時です。私共はたびたび種蒔きの時であると思います。故に眼を挙げてご覧なさい。今は恵みの時であります。今は刈り入れ時であります。主はサマリア人についてこの言葉を言いたまいました。マタイ九・三十六〜三十八とこの節を対照しなさい。当時主はユダヤにおりたまいました。ユダヤでもこの節と同じことを言いたまいました。それによりて幾分か主の心を悟られると思います。主はユダヤでも罪人の重荷を負いたまいました。サマリアでも同じく罪人の重荷を負いたまいました。どうぞこれを深く味わいとうございます。また収穫の多きためにいかなることを仰せたまいますか。マタイ九・三十八には祈ることを求めたまいます。同九・三十七には働きを求めたまいます。どうぞかく眼を挙げて罪人の模様をご覧なさい。また今は収穫時なるを信じて望みを持ってそれをご覧なさい。また同時にそのために祈ることと働くことをお勉めなさい。

【三十九〜四十二節】

 これはサマリアに起これる最初の大いなるリバイバルでした。使徒八章に第二の大いなるリバイバルを見ます。主はこの処にて異なるわざをなしたまわず、ただ言葉のみを用いたまいました。これによってサマリア人の信仰の進んでいることをご覧なさい。ユダヤ人はたいてい異なるわざのために信じました(四十五)。けれどもサマリア人は言によって信じました。
 言によって信ずることは完全なる信仰です。十四・十一をご覧なさい。主はかくのごとく言によって信ずる信仰を最も願わしく思いたまいます。けれどもかくのごとき信仰ができませんならば主の行いによって信ずる信仰を願いたまいます。二十・二十九にも同じ真理を見ます。見て信ずることは肉に属ける信仰です。見ずして信ずることは真正の信仰です。私共はたびたび肉に属ける信仰を持つと思います。神はいかなる信仰を求めたまいますか。ただ言葉をそのままに信ずることを求めたまいます。そうですからサマリア人の信仰とガリラヤ人の信仰は大いなる差があります。それをなお説明するために四十七節以下の話があります。この話の大意は同じことです。すなわち行いを信ずることでなくただ言葉のみを信ずることです。どうぞ四十八節と五十節を比べとうございます。
 またひとたび四十二節をご覧なさい。『この方が本当に世の救い主であると分かったからです』とは実に深い悟りです。今までそれを信じた人はひとりもありません。ナタナエルは主を信じました。けれども『あなたはイスラエルの王です』(一・四十九)と申しました。今サマリア人はなおなお深い悟りを得ました。イエスを世の救い主と知りました。私共はたびたびかくのごときことを見ます。罪人が悔い改めますならば義しき人よりもかえって深い悟りを得ます。サタンはたびたび虚言を構えては、汝は過去の生涯においてたくさん罪を犯しましたからただいま神より深い恩恵を受けることができないと欺きます。けれども真理はちょうど反対です。私共は罪を悔い改めますれば神の家庭に帰りました放蕩息子のごとくに大いなる饗筵を設けたまいます。そうですから罪が赦されましたならばどうぞ神の子供たる特権を悉く受け入れとうございます。

【四十三〜四十五節】

 主は格別にユダヤの救い主でありました。そのために世に来りたまいました。今サマリアにおいて実に収穫の喜楽に与りました。サマリアの収穫を見ますならば主の心は実に喜ばしいです。けれども主はユダヤを救わんがために世に遣わされたまいました。そうですからほかに成功ある伝道地がありましてもそこを去り、神の聖旨に順ってご自分の受け持つ伝道地に参りたまわねばなりません。またそれのみならず主は世にある間に恥辱を受けたもうことは定まれることでした。ご自分の国にも恥辱を受けたまいましたがそれに拘わらずしてその処に行きたまわねばなりません。主は収穫の喜びを捨てて神の聖旨に順いガリラヤに赴きたまいました。主の十字架に釘けられたまいましたのも同じ精神です。すなわち容易なる道を捨てて苦痛と恥辱の道を歩みたまいました。人間の眼から見ますならば愚かなることのようです。けれどもそれが成功の道であります。

【四十六、四十七節】

 そうですから勢力のある弟子を受け入れるには好機会でありました。今まで主の弟子はただ賤しき漁夫でした。いま王の大臣は主の足下に参りまして恩恵を乞いました。そうですから主がもし肉の考えを持ちたもうならば丁寧に王の大臣を待遇したもうたでありましょう。その人に格別なる恩恵を施したもうたでありましょう。私共はたびたびこのような過失に陥り易うございます。けれども主は全くそのような考えを捨てたまいました。全くそのような考えを離れて、その人を受けたもう仕方はむしろ冷淡でありました。

【四十八節】

 四十五節のようにこれがガリラヤ人の特質です。

【四十九、五十節】

 『その人は、イエスの言われた言葉を信じて帰って行った』。かくのごとき場合に祈るならば不信仰のしるしです。この人は信じましたから祈禱を止めて起ちました。私共の熱心なる祈禱はたびたび不信仰に由れることがあります。もし信じましたならば祈禱を止めて直ちに起つ筈です。『主はヨシュアに言われた。「立ちなさい。なぜ、そのようにひれ伏しているのか」』(ヨシュア七・十)。時には主の言葉を信じ罪を捨てて起つことは祈るよりもかえってよいことです。けれども私共は何時祈禱を止めて約束を信じて断然起ちましょうか。これは実に難しいことです。けれども聖霊に導かれて祈りますならば聖霊は私共にそれを教えたまいます。
 今この人は主の言いたまいし言葉を信じて去りました。自ら心を安めました(歴代誌下三十二・八『民はユダの王ヒゼキヤの言に安んず』)。これは真正の信仰です。主の言葉を信じて安心して主の足下を去りました。

【五十一〜五十四節】

 この処にて信仰の三段階を学びとうございます。
 第一、この人は信仰に由りて主のその家に来りたまわんことを願いました(四十七)。この人の信仰の中には望みも恐れも二つながらにありました。これは完き信仰ではありません。この人は信仰がありましたから主に依り頼みました。けれども未だ肉に属ける信仰でありました。主ご自身が自分の家に来りたまいませんならば癒されることはできないと思いました。幾分か眼に見ゆることによりて信じました。これは完き信仰ではありません。主はその信仰を見たもうて肉に属ける思念をのぞきたまいました。そうですからその家に行きたまわずして癒したまいました。
 第二は、ただ約束を信ずることです。そのままに主の約束を信ずることです(五十)。
 第三、信仰は知ることに成って参りました。この人は主が『なんぢの子は生くるなり』と言いたまいし言葉を信じて主の足下を去りましたが、果たしてその言葉のごとくに今その子が生きていること、癒されたることを見るに至りました。第二の、言葉を信ずることは、裸なる信仰です。その後に信仰が進んで知ることに成って参ります。かくのごとく真正の信仰は順次成長します。



|| 緒1 | 緒2 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 |
| 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 結論 | 目次 |