第 七 章 



 以前に申しましたように主イエスは五章においてご自分が真正の安息日を与える者であることを示したまいました。六章において真正の過越の祭を与える者であることを示したまいました。この章より十章まではご自分が真正の仮庵の祭であることを示したまいます。

【一、二節】

 本章より十章二十一節まではみな連続した話です。また主は仮庵祭において行ないたもうたことを示します。ユダヤ人はこの祭においてエジプトよりカナンに至る旅行を紀念致しました。また格別に次の三要点を紀念致しました。
 第一 その旅行の時に天幕を作りその中に住まったことを紀念致しました。そうですからこの祭の時に仮庵を作ってその中に住みました。イスラエル人は天幕におりました時に羊の群れのように牧者なる神に従いました(イザヤ六十三・十一〜十四)。いま主はこの祭の時にご自分が真正の牧者なることを言い顕したまいます(十章)。そうですからイスラエル人は往古の導かれたることを紀念して感謝しますならば今の牧者なる主に従わねばなりません。
 第二 その祭の時に砕けたる岩より水が流れたことを紀念致しました。主イエスは七・三十八においてご自分より活ける水が流れ出ずることを言い顕したまいます。
 第三 雲の柱と焔の柱を紀念致しました。主イエスは八・十二および九章において、ご自分は世の光であり人間の導者なることを示したまいました。ユダヤ人はこの祭において、来らんとする善き事の影を紀念致しました(ヘブル十・一)。しかるに真正の形がただいまその真ん中に顕れたまいましたのに徒に往古の影のみを追い求めて、毫もその真正の形を注意いたしません。その祭はただ儀式のみでありました。それによって心の満足を得ません。また神に近づくことを得ません。この祭は主イエスを指しましたのにユダヤ人は主イエス御自身を捨てました。私共も聖餐式の時に或いは祈禱会の時に主イエス御自身を見つけますか。私共も度々このユダヤ人のような罪を犯しましてただその儀式のみを大切に行い、その真ん中に立ちたもう活ける主に注意いたしません。そのために私共の祭もただ冷淡なる儀式となってしまいます。

【三〜五節】

 主の肉体の兄弟は人間の眼前に怪しむべき働きを示すように主に勧めます。現今でも肉に属する信者は同様の働きを求めます。これによって、主はもう一度悪魔の誘惑を受けたまいましたでしょう。マタイ四・七において主がその誘惑に勝利を得たまいました。今ここに悪魔は人間を通して同じことを試みました。主が人間の眼前に自己を出したまいましたならば弟子を多く作ることができましたでしょう。けれどもかくの如くにして得たる弟子は真正の弟子ではありません。主はただ心より喜んでご自分に従う弟子を求めたまいました。けれども成功のない時、或いは失望の時に悪魔は時々同じ誘惑を致しました。私共も一度悪魔の誘惑に勝利を得ましても同じ誘惑が新しき形をもって参りますから不断主の武具を取りまして用心しなければなりません。

【六〜九節】

 主は何故に祭に上りたまいませんかならばユダヤ人が主を憎んだからであります。ユダヤ人は祭において来るべき主の栄光を紀念致しました。けれども主御自身は祭に上りたもうことはできません。

【十〜十六節】

 主はたびたび十六節のごとく言いたまいました(八・二十六、二十八、三十八;十二・四十九;十四・十、二十四;十七・八)。そうですから主の言を読みます時にこれは父なる神の言なりと承知せねばなりません。またこれは実に怪しむべきことではありませんか。これによって神の聖子は真の神の僕であることが解ります。ご自分は知恵と聡明に充たされていたまいましたが全く御自分のことを捨ててただ父なる神の管となりたまいました。私共はそれによって大いに教えられると思います。どうぞその手本に従ってただ神の恵みの言の管となりとうございます。申命記十八・十五、十八をご覧なさい。『あなたの神、主はあなたの中から、あなたの同胞の中から、わたしのような預言者を立てられる。あなたたちは彼に聞き従わねばならない。……わたしは彼らのために、同胞の中からあなたのような預言者を立ててその口にわたしの言葉を授ける。彼はわたしが命じることをすべて彼らに告げるであろう』。主イエスはその預言者を成就したもうたことを見ます。また主は十六章においてこの預言者が来るということについての預言を御自分が成就なしたもうたことを言いたまいます。主は真正の預言者でありました。預言者は如何なる者でありますからなば神の言の管です。自分の言葉を言わずして神の言のみを言う管であります。いま真正の預言者なる主イエスをご覧なさい。また誰にでもその言葉は神の言であることが解ります。

【十七節】

 私共は如何にして神の教えが解りましょうか。勉強によってでしょうか。そのような物ではなくただ服従によってであります。第一の神学者は服従の人であります。主イエスの生涯を考えて見ますればただ服従の生涯でありました。私共は服従によって聡明を得ます。今まで教えられたことに従いませんならば必ず新しき教えを受け入れることはできません。或いは頭脳に入りましょう。けれども真実に心を受け入れることはできません。そうですから主の言葉を聞きました時に第一にそれに従うことが大切です。
 『己に由りて』(元訳)。二十八節にも同じ言葉があります。八・四十二にもまた同じ言葉を見ます。この三つの引照を深く味わいとうございます。主イエスは己によりて来りたまいません。不断己を忘れたまいました。主イエスが生くるにあらず、父なる神が主イエスの中に生きていたまいました。そうですから主は父なる神を顕したもうことができました。私共は、如何にすれば父なる神の栄光を見ることができましょうか。モーセのごとくシナイ山の頂上に登りましょうか。そうではありません。かしこではただいま見ることはできません。けれども四福音書の中に神の栄光の輝けることを見ます。神の栄光、父なる神はいかなる方で在すかは四福音書の中において学ぶことができます。

【十八節】

 主は御自分の衷に不義なしという確信がありました。御自分の聖潔をよく知っていたまいました。これは決して高慢ではありません。汚れとは如何なるものですか。不義とはどういうものですか。これらはすべて自分の栄えを求めることであります。自分の栄えを毫も求めませんならば、その人の衷に不義はありません。その人は聖潔者であります。この己の栄えを求めることについて、八・五十、五・四十四を引照なさい。『わたしは、自分の栄光を求めていない』。『互いに相手からの誉れは受けるのに、唯一の神からの誉れは求めようとしないあなたたちには、どうして信じることができようか』。どうぞこれについて心を判断致しとうございます。私共は主の如くなりますればなりまするほど自分の栄えを求めません。前にも申しましたように主は御自分の聖潔を確信したまいました。八・二十九、四十六をご覧なさい。『わたしは、いつもこの方の御心に適うことを行うからである』。『わたしは真理を語っているのに、なぜわたしを信じないのか』。これは神の瑕なき汚点なき羔です。その言葉と行いを見まするならば神の聖き羔です。

【十九節】

 ユダヤ人は神の律法を得ました。けれどもそれに従いませんから十七節の教えのごとく主に由りて新しき教えを受け入れることができません。
 『なぜ、わたしを殺そうとするのか』。これについて五・十六、十八、八・三十七を引照なさい。ユダヤ人はかく主イエスを殺さんと謀りました。

【二十〜二十三節】

 この『一つの業』とは五・十五のわざであります。モーセの律法に安息日に人の身に傷を付けることが許されるならば、況や人の身を癒すことは勿論許されます。また割礼は神の契約の証です。割礼に由りて人は神の契約に入ります。それに依りて神はその人を自分の属とならしめたまいます。そうですから同様に主は安息日に人を癒すことによってその人を神の属とならしめたまいました。その人がもし癒されませんならば神の宮に入ることはできません。けれどもいま身体を癒されましたから神の宮に入りて犠牲を献げることができます。もう一度神の契約に入ることができます。そうですから契約に入るために割礼を許されましたならば人の身を癒すことも許されます。

【二十四節】

 私共は罪のために正しき審判をなすことは難しうございます。八・十五をご覧なさい。『あなたたちは肉に従って裁く』。私共は肉に依りて人を審きませんか。この言葉は私共の心を刺しませんか。またイザヤ十一・三、四を対照なさい。主イエスは実に『かれはヱホバを畏るゝをもて歡樂(たのしみ)とし』。幸いなる賜物を持っていたまいました。また人間の方をも悟りたまいました。私共も聖霊に由りてその賜物を受けとうございます。その賜物を受けますならば肉によって人を審きません。真正に是非が解ります。

【二十五〜二十七節】

 二十節の人々は、たぶんエルサレムの外にある人でガリラヤ人であったかも知れません。二十五節の人々はエルサレムの市中に住んでおった者であります。
 『どこから来られるのか、だれも知らないはずだ』と申しましたが、四十二節のように聖書には明らかにキリストの来りたもう場所が示されてあります。私共ももし主を信じませんならばちょうどそのような愚かなる誤謬に陥ります。

【二十八節】

 『わたしをお遣わしになった方は真実である』。これについて十八節をご覧なさい。『自分をお遣わしになった方の栄光を求める者は真実な人であり』。すなわち二十八節には父なる神は真なり、また十八節には子なる神は真なりと録されてあります。この真なりとは実に意味の深い言です。すなわち必ず人間を欺くことはできません。必ず自分の約束に従って恩恵を与えたまいます。そのことは必ず真であるという意味です。
 『あなたたちはその方を知らない』。これは実に大いなる訴えでした。このユダヤ人は自分の神の黙示を得た選民であると思っておりました。必ず人より尊ばれるべき者であると思っておりました。けれども主が来りたもうた時に汝らは神を知らずと言いたまいます。これは実に厳かなる言であります。私共はどうぞこの言葉によって心を判断致しとうございます。このユダヤ人が自ら欺きましたごとく現今でも教会の中に自ら欺く信者、伝道者があると思います。神を知ると思う者が未だ必ずしも神を知っておるのではありません。たといユダヤ人のごとくに聖書を読み犠牲を献げ或いは神の儀式を行いましても真実に神を知っておるのではありません。主は、十九節にも汝らの中にこれを守る者なしと言いたまいます。これは実に大いなる訴えでした。主イエスは遠慮なく聴衆の心を探るために焔のような言葉を発したまいます。またヨハネ伝を見ますならば主はたびたびこの鋭き言葉を発したまいます(五・四十二、四十七;七・十九、二十八;八・十九、二十一、二十三、四十四、四十七、五十五)。
 そうですから黙示録一・十六のごとく、主の口より鋭き剣が出ます。神の言は鋭き剣のようなものです。どうぞこの鋭き言葉を厳かに聞きまして自分の心を判断致しとうございます。

【二十九節】

 十四・七にありますように弟子も神を知りました。ユダヤ人は宗教心の深い者でしたが未だ神を知りませんでした。けれどもただいまは何人でも神を知ることができます。この二十九節の言葉はただ主のみを指すことではありません。主に招かれたる各自をも指すと思います。私共はこの二十九節の確信がありませんならば、この言葉を言うことができませんならば、神のために話すことはできません。私共は神を知りませんならば、神より出なければ、また神より遣わされし者でなければ、神のために毫も言うことはできません。

【三十節】

 四十四節および八・二十をご覧なさい。父なる神は主を護りたまいます。これはただ主のみではありません。父なる神は私共をも同じように護りたまいます。たとい人々が私共に害を加えんと謀りましても神の許しがなければできません。私共を捕らえんと致しましても時至らざれば何をも為すことはできません。そうですから人々が私共に害を加えましたならば父なる神の許したまいしことと知る筈です。そうですから神はこれによって私共を教えたもう聖旨のあることを信じなければなりません。

【三十一節】

 正しき審判をもって主を審く時に必ずこれは神の子であることを認めます。何人でもそれを認めます。

【三十二、三十三節】

 『今しばらく、わたしはあなたたちと共にいる』。汝らが下役を幾人遣わしましてもわたしを捕らえる権威はありません。時が来りませんならばわたしを捕らえることはできません。
 『それから、自分をお遣わしになった方のもとへ帰る』。後にわたしを捕らえて殺しましょう。けれどもその死ぬることはただわたしを遣わしし者に往くことです。汝らは今わたしを殺すことはできません。また後にわたしを殺しましてもただ父なる神に往かしめるばかりです。

【三十四〜三十六節】

 主について争いがありました。けれどもそれに反対したまいません。少しも論じたまいません。ただ神の言葉を発して静かに光を照らしたまいます。またこれは実に危険な場合です。主を殺さんとする者が多くありましたから実に命を懸けてエルサレムに往きたまいました。命を懸けて宮の中にこの鋭い言を発したまいます。どうぞ危険な時の主イエスをご覧なさい。かくのごとき場合にも心中にはただ平安のみをもっていたもう主をご覧なさい。主はこの時に心配はありません。もし心配がありましたならばそれは神の聖旨を行うこと、神の聖旨を語ることのみでありました。他の心配は悉くそのために失くなりました。どうぞ私共はその型に従いとうございます。
 また主はそのように心に平安がありましたから必ず疲れたる者に平安を与えたもうことができました。その時に悪魔は、種々の術をもって主を試みました。けれども不断汚点(しみ)なく疵なく不義なき神の羔を見ます。私共は平安なる時に聖い生涯を送ることができるかも知れません。けれどもかかる危険なる場合に、すなわち人間が私共に反対して神を受け入れず、却って私共を殺そうと謀る場合に思いと言葉と行いを潔くすることは真正の勝利です。
 またこの『わたしのいる所に、あなたたちは来ることができない』とは実に烈しき言葉であります。主は他の人々に、求めよさらば与えられん、門を叩けよさらば開かれんと言いたまいます。けれどもユダヤ人は悔い改めませんから、『わたしを捜しても、見つけることがない。わたしのいる所に、あなたたちは来ることができない』と言いたまいます。ちょうど反対です。十二・二十六を見ますと『わたしのいるところに、わたしに仕える者もいることになる』と言いたまいます。ちょうど反対です。ユダヤ人のごとく頑固なる者は主のおりたもうところへ参ることはできません。恒にその間に隔たりがあります。けれども今の『わたしのいるところに、わたしに仕える者もいることになる』とは、実に幸いなる約束です。主のおりたもうところは何処でありますかならば、ただ未来ばかりではなく現在、在したもう処です。すなわち三・十三の天より降り天におる人の子を指します(元訳参照)。いま主に仕える者は主のおるところに参られます。ユダヤ人のごとく頑固なる心の人は宗教に従うことはできましょう。また儀式を行うことはできましょう。けれども主のおるところへ参ることはできません。
 ユダヤ人はただ肉のことばかりを考えます。けれども主は心のおるところについて言いたまいます。私共は心のことを最も注意いたしますが肉に属ける人はただ肉のことばかりを考えております。けれども大切なることは心の模様です。自分の心が果たして天に在りますか、或いは地上に留まっておりますか。これは大切に考えるべきことであります。私共は幸いにも主のおりたもうところに生涯を送ることができます。

【三十七節】

 祭の時にユダヤ人は霊なる恵みの模型をいろいろ見ました。たとえば備えられた犠牲、または流された水を見ました。種々なる祈禱会や感謝会に与りました。各様の宗教上の儀式に与りました。けれども主はこの人々の心をご覧なさいましてこれらの宗教上の儀式によっては満足を得たまいません。またユダヤ人もこれらのことによって心の糧を得ません。未だ心の満足を得ません。私共も同様な儀式のみを務め真実に心の満足を得ません時にどうぞ目を挙げてその真中に立ちたもう活ける水の源なる主イエスを見とうございます。『わたしのところに来て飲みなさい』。これはマタイ十一・二十八の『疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう』と同じ霊の意味であります。イザヤ五十五・一をご覧なさい、『渇きを覚えている者は皆、水のところに来るがよい』。これはヱホバの声です。主イエスはただいま同じ招きをなしたまいます。同じ言を発したまいます。そうですから主はそれに由りて御自分のヱホバなることを示したまいます。エレミヤ二・十三をご覧なさい、『生ける水の源であるわたし』。いま主は御自分が活ける水の源であると言いたまいます。主がヱホバでありませんならばこのことは大いなる罪です。神の聖名を瀆すことです。けれども主はこれによって御自分は旧約のヱホバであることを示したまいました。また黙示録二十一・六を引照なさい、『わたしはアルファであり、オメガである。初めであり、終わりである。渇いている者には、命の水の泉から価なしに飲ませよう』。未来において神の宝位に坐したもう神の独り子と同じ招きをなしたまいます。どうぞこの三つの引照を深く味わいとうございます。神の独り子は旧約時代において我に来りて飲めと言いたまいました。福音時代にも、また未来において天の宝位に坐したもう時にも同じ招きを言いたまいます。罪人を御自分に招きたまいます。これは幸福ではありませんか。福音時代に神の聖子は人の子となりたまいました。人の性質をもって来りたまいました。そうして私共にこの招きをなしたまいます。未来において人の子は天の宝位に坐したまいます。すべての権威がその手に預けられます。けれどもわたしたちに同じ招きを言いたまいます。

【三十八節】

 ヨハネ伝三章四章とこの七章とを比較して見とうございます。私共はこの三カ所において活ける水の話を見ます。三・五において活ける水によって生まれ替わります。四・十四において活ける水に由りて絶えず満足を得ます。これは心霊上の生涯の水です。自分の心霊のための水であります。七・三十八においては他の人々に分け与えるための水です。主は私共にこの三つの恩恵を与えたまいます。三つの活ける水を与えます。けれども三章の生まれ替わる恩恵を得ませんうちは四章の心の満足の恩恵を頂戴することはできません。四章の心の満足を得る恩恵を受けませんうちは七章の他人に分け与える恩恵を頂戴することはできません。
 『聖書に書いてあるとおり』。旧約においてかくのごとき約束を見ません。けれどもエゼキエル四十七・一〜五において例話をもってこのことを示されます。この時にエゼキエルは新しき宮の預言をしました。宮より活ける水が流れ出ることを見ました。ここに主はその例話の霊なる意味を引きたもうて三十八節を言いたまいます。ヨブ三十二・十八〜二十をご覧なさい。ちょうどこの三十八節の恩恵を受けた人の経験であると思います。またエレミヤ二十・九をご覧なさい。この二つの引照によって、その恩恵が実地にありましたことを見ます。その約束の成就せられましたことを見ます。どうぞ、私共各自のことを判断いたしとうございます。もし井が涸きましたら水を汲むことができません。私共の心が涸きましたならば他の人々に活ける水を分け与えることはできません。雅歌四・十五をご覧なさい。『なんぢは園の泉水(いづみ)、活ける水の井、レバノンよりいづる流水(ながれ)なり』。主は私共にこの言葉を仰せたまいます。私共はそれほど価値のある筈です。園の泉である筈です。レバノンより流れる水である筈です。荒れ地を潤すため信者を潤すために活ける水である筈です。

【三十九節】

 主は天より降りたまいませんならば私共のために贖いをなしたもうことができません。ちょうどそのように主は地より昇りたまいませんならば私共に聖霊を与えたもうことができません。或いは降り或いは昇る、どちらでも私共のためです。いま主はこのところにおいて多くの人々の真中に立って、活ける水を与えたまいますが、これについて二十・十九〜二十二をお比べなさい。霊の意味は同じことであると思います。『聖霊を受けなさい』。その時はただ僅少の弟子の中に立ちたまいましたが、彼らは聖霊を受けたに相違ありません。このところにおいては大勢の中に立ちたまいましたが、もし主の聖声を聞きましたならば聖霊を受けることができましたでしょう。使徒行伝二章をご覧なさい、同じことです。天に昇りたまいし主はその教会の真ん中に立ちて聖霊を送りたもうことを見ます。また何人にでも同じく聖霊を与えたもうことを見ます(使徒二・三十八)。ヨハネ七・三十七と使徒二章は同じことです。主は使徒二章においてまたひとたびエルサレムの真ん中に立ちて我に来りて飲めと招きたまいました。その時三千人が主に参りまして飲みました。そうですから信者は何人でも活ける水の源である筈です。私共は絶えず活ける水を飲みとうございます。たびたび私共は他の信者と出会う時に世に属ける談話に時間を費やしますが、これは大いなる過失です。どうぞこれは活ける水の源であると感じましてその人より活ける水を得とうございます。また私共の特権は活ける水の泉であることです。そうですから絶えず活ける水を出すように身を慎みとうございます。

【四十〜四十四節】

 主の言はその人々の心を刺しました。また争いが起こりました時に主は何故その人の心の疑いを解きたまいませんか。それを解きたもうことは実にたやすいことです。しかし主がそのようになしたまいませんことは、すなわち人々に信仰を起こさしめたまいたいからであります。いまユダヤ人たちに御自分の神たるしるしを明白に見せたまいました。けれどもユダヤ人はそれを信じませんからそれ以上に他のしるしを与えたまいません。或いは疑いを解きたまいません。これは実に恐ろしいことであります。主は私共に明らかなる証拠を与えたまいます。或いは明らかなる約束を与えたまいます。けれどもそれをそのままに信じませんならばたぶん他のしるしを与えたまいません。

【四十五〜五十三節】

 『あなたは人の子らのだれよりも美しく あなたの唇は優雅に語る』(詩篇四十五・二)。四十六節においてそれが真実なることを見ます。『今まで、あの人のように話した人はいません』。これに由りて主の言の美しいことが解りませんか。主の言の力が解りませんか。この下役は毫も偏見はありませんから主の言葉をそのままに重んじました。そうですから主の言を拒みました者は実に禍があると思います。
 けれども私共はユダヤ人を責めとうございません。自分の心を判断いたしとうございます。私共はたびたびこのユダヤ人のごとく主の美しい言葉を疑い拒んだことがあると思います。神は大いなる恵みをもってパリサイ人に御自分の声を聞かしめたまいました。パリサイ人はこれを聞きましたが一向それを信じませんから神はご自分の僕たち(下役)をパリサイ人の許へ遣わしたまいました。この僕たちによってその心を動かしたまいとうございました。偏見なしの僕をもって主の美しいことを宣べ伝えさせたまいます。
 またどうぞこのところと八章の初めとを対照なさい。このところにおいてパリサイ人は力をもって主を妨げとうございます。彼処において籠絡をもって主に勝利を得ようと思います。サタンはかくの如く二つの方法をもって神の働きを妨げとうございます。或いは力或いは籠絡を用います。けれども主は再度共に勝利を得たまいました。また主は何をもって勝利を得たまいましたかならば、ただその活ける言葉であります。この下役は何故主を捕らえることができませんでしたかならば、主の言に由りてであります。八章の始めにパリサイ人は何故婦をそのままに置きましたかならば、主の発したもうた言に由りてであります。どうぞ主の言の力をお味わいなさい。七・四十六、八・九において私共は主の言の力を味わいとうございます。



|| 緒1 | 緒2 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 |
| 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 結論 | 目次 |