第 十 四 章 



 十四章より十七章までは聖書の至聖所であると思います。どうぞ聖霊に導かれましてこの処で神の栄光を見、神の聖声を聞きとうございます。だいたいにこれらの章を見ますならば十四章には父なる神を見ます。十五章には子なる神を見ます。十六章には聖霊なる神を見ます。また必ず毎章に三位一体なる神を見ます。けれどもだいたいはいま申し上げましたとおりです。
 十四章を見ますならば父なる神は人間に顕れたまいます。一節より十三節までは父なる神が聖子によって人間に現れたまいます。また十六節より二十六節までは父なる神が聖霊によって人間に顕れたまいます。

【一節】

 『心を騒がせるな』。主はただそればかりを勧めたまいません。二十七節に平安を与えたまいます。この節には平安を勧めたまいます。二十七節には平安を与えたまいます。主はいつでも命令を与えたまいまする時にそれに適う恩寵を与えたまいます。
 その時に心配すべきものは主イエスご自身です。けれども心中に少しも心配がありません。かえってその周囲にある人々を慰めたまいます。また何のために心に憂えることなきことができますかならば、第一には信仰のためです(一節)。第二には望みのためです(二節)。第三には愛のためです(三節)。この信仰と望みと愛のために必ず心中に永遠に安心を抱くことができます。
 『神を信じなさい。そして、わたしをも信じなさい』。今まで見えざる神を信じました。けれども今から見えざるキリストを信じなければなりません。今まで見えざる神に導かれその聖声を聞きその恵みを受けましたごとく、今から見えざるキリストに導かれ慰められ誡められなければなりません。けれども今まで眼でキリストを見ましたから今から眼でキリストを見ませんでもどういうものであるかがよく分かりますから見えざるキリストを信ずることは難しきことではありません。ペテロ前書一・八をご覧なさい。『爾曹(なんぢら)イエスを見ざれども之を愛し今見ずといへども信じて喜ぶ 其快樂(よろこび)は言ひがたく且榮光(さかえ)あり』。これはこの一節の命令を成就する結果であります。見えざるキリストを信ずることです。
 またなおなおこの一節をご覧なさい。『神を信じなさい。そしてわたしをも信じなさい』。神を信じたるごとくわれを信ずべし。また我を信じたるごとくに神を信ずべしという意味も含んでいると思います。『神を信じなさい』。すなわち神は私のごときものであります。神は親しき柔和なる愛に充たされているものです。神はちょうどキリストのようなものと信ぜよ。『そしてわたしをも信じなさい』。汝等は今まで父なる神を信じました。神の能力、神の栄光、神の権威と権力とを信じました。キリストは同じ能力栄光権力をもつ者であると信ぜよという意味です。父なる神をキリストと同じ者であると信じ、またキリストを神と同じ者であると信ずることは全き信仰であります。私共はこの信仰の一方ばかりを信じましてもいけません。両方共に信じなければなりません。

【二節】

 『わたしの父の家には住む所がたくさんある。もしなければ、あなたがたのために場所を用意しに行くと言ったであろうか』。このすまい(monai)ということは聖書中にただこの二節と二十三節にのみ記されてあります。二十三節の終わりに『その人のところに行き、一緒に住む』。原語にしてただこの二箇所ばかり記されてあります。このすまいは未来の天国の住居ではありません。このすまいはいま父なる神の中に住まうことを示します。今まで主は父なる神の中に住みたまいました。弟子等にはそれが分かりました。十節と、二十節とを見ますならば弟子等はそれを悟っておりました。『わたしが父の内におり』(十、二十節)。今まで父なる神の家にキリストの住居がありました。そうしてこの二節の意味はただわがためのみではなく汝等のために父なる神の家に住居がある。私が今まで父におりましたごとく、今からあなたがたも父なる神の家に住まうことができますというのです。この二ヶ所の大意は父なる神に住まうことです。『汝ら我におれ』。また『われ汝等におる』。これはこの二ヶ所の大意です。『わが父の家』。二章十六節を見ますならば、『わが父の室(いへ)』という言葉があります。この言葉は眼に見ゆる神殿を指しました。けれどもこの節にわが父の家は眼に見ゆる神殿ではありません。眼には見えない霊なる宮殿を指します。詩篇二十七・四をご覧なさい。『われ一事(ひとつのこと)をヱホバにこへり 我これをもとむ われヱホバの美(うるは)しきを仰ぎ その宮をみんがためにわが世にあらん限りはヱホバの家にすまんとこそ願ふなれ』。ダビデは眼に見ゆる神殿についてそれを言いました。けれども私共は霊の宮殿として味わうことができます。また詩篇六十五・四をご覧なさい。『汝にえらばれ汝にちかづけられて大庭にすまふ者はさいはひなり われらはなんぢの家なんぢの宮のきよき處のめぐみにて飽くことをえん』。また詩篇九十一・一をご覧なさい。『至上者(いとたかきもの)のもとなる隱れたるところにすまふその人は全能者の蔭にやどらん』。そうですから詩篇の中にも同じ霊の意味を見ます。『わが父の家には第宅(すまひ)おほし』。エルサレムの宮殿の庭に住居がありました。彼処には祭司等が住んでおりました(列王紀上六・五、十;エゼキエル四十・四十四〜四十六)。そうですからユダヤ人にはこの譬えがよく解りましたと思います。『わたしの父の家には住む所がたくさんある』。旧約時代にも神に近づく者は神殿の裡に住まうことができました。サムエルも神殿の裡に住んでおりました。主の意味は、今の時代において何人でも霊なる宮の裡に住むことができるというのです。何人でも神に在り、また神はその人の衷に在ることができます。これはこの二節の意味であります。この住居は天国を指すと思いましても少しも差し支えはありません。けれども第一の意味はいま申したとおりです。
 『もしなければ、あなたがたのために場所を用意しに行くと言ったであろうか』。ただ私のほか誰も父の家に住まうことができないならば、かねてそれを知らせましたろう。けれどもこれから万人のために住居を備えんと致します。『あなたがたのために場所を用意しに行く』。その備えのために十字架を堪え忍ばなければなりません。その備えのために、甦りたまわねばなりません。その備えのために昇天したまわねばなりません。私共は今ただ主の十字架の血のために主の昇天のために至聖所に入ることができます。ヘブル十・十九〜二十一をご覧なさい。『イエスの血によって』。これは十字架です。『偉大な祭司がおられるのですから』。これは昇天のキリストです。キリストの十字架と昇天のために私共は神の家の至聖所に入ることができます。

【三節】

 『行ってあなたがたのために場所を用意したら、戻って来て、あなたがたをわたしのもとに迎える』。必ず幾分かこれは主が再びこの世に降りたもうことを指します。けれども十八節をご覧なさい。『わたしは、あなたがたをみなしごにはしておかない。あなたがたのところに戻って来る』。やはり聖霊を授けたもう時を指します。私共は、聖霊を受けます時に父の家に入りましてそこに住まうことができます。『又きたりて爾曹を我に納くべし』。これはいま私共を神の中に導きたもうことを指します。また二十三節の終わりに、『わたしの父はその人を愛され、父とわたしとはその人のところに行き、一緒に住む』とあります。これは未来における主の再臨ではありません。ただいま私共の心の中に降りたもうことを指すのです。
 『こうして、わたしのいる所に、あなたがたもいることになる』。ちょうど十二章二十六節と同じことです。『我に事ふる者は我がをる所に在らん』。十七章二十四節をご覧なさい。『我がをる所に我と偕に在りて』。主の在したもうところは何処ですか。主が御在世中に在したまいました所は天国です。三章十三節をご覧なさい。『天より降り天にをる人の子』。そうですから主はこの世におりたまいました。けれども天国に住まいたまいました。『我がをる所に爾曹をも居らしめんとて也』。現世におる間は天国におることを指します。いまヘブル書の語を借りますならばいま父の家の至聖所に入りてそこに住まうことを指します。エペソ二・六に同じことを見ます。『又イエス・キリストに在るわれらを彼と偕に甦へらせ、共に天の處に坐せしめ給へり』。私共は今偕に天の処に座することができます。そうですから主が何故これを言いたまいましたかが分かります。十三章三十六節においては主はペテロに向かいて『わが往く処に、なんぢ今は従ふこと能はず。されど後に従はん』と答えたまいました。今わたしは父へ行きます。汝はただいま従うことができません。けれどもわたしは何のために往きますかならばあなたのためにその処に住居を備えんためです。またペンテコステの日にわたしは来りてあなたを慰めます。わがおる所へあなたを受けますと言いたまいました。そうですからペテロを慰めんがためにこの三節の言葉を言いたまいました。兄弟よ、どうぞこの三節を深く味わいとうございます。これは実に幸いなる黙示です。主はいま私共を天国に入らせたまいます。主イエスご自身は死にたもうた後に昇天したまいました。私共は死せずして天国に入られます。主がその途を備えたまいましたならば私共はそれを歩まねばなりません。主が私共のために天の門を開きたまいましたならば私共はいま入らなければなりません。決して死ぬる時まで待たなければならぬ訳はありません。ただいま天国に入ることができます。ただいまこの地この世を捨てまして天に昇ることができます。ただいま地の上に天国の富と天国の栄えを示すことができます。

【四節】

 『わが往く所』について次の引照をご覧なさい。『われ我が父へ往けばなり』(十二)。『父に往く』(二十八)。『いま我を遣しし者に往かんとす』(十六・五)。『われ父へ往くなり』(十六・十六)。『父に往かん』(十六・二十八)。『我は爾に就(いた)る』(十七・十一)。『我いま爾に就(いた)る』(十七・十三)。主はかくのごとくたびたび父に往くことを言いたまいました。弟子はそれを知る筈です。けれどもそれを知りませんでした。

【五節】

 十四章において弟子等は三度主に尋ねます(五、八、二十二)。この三つの問いは深く考うべきことです。第一の問いは父へ往く道は何処ぞや。第二の問いは父をわれに示せよ。第三の問いは誰が父を暁ることができますか。この三つの問いは深く考えますならば至って難しきことです。主はただいまこの三つの問いに答えたまいます。

【六節】

 途がありませんならば旅行することができません。真がありませんならばいずれの途が正しきかを知ることができません。生命がありませんならば旅行することができません。この三つは父に行く者のために大切です。
 もし汽車が途を外れて機関車を損ねました時に第一になすべきことは軌道から外れました汽車を元の軌道に戻すことです。第二になすべきことは損じた機械を修繕することです。第三には火を燃やすことです。これは汽車の中のちょうど途と真と生命です。いま途を外れました罪人は途と真と生命とがなければなりません。主は私共の祭司ですから私共に至聖所に往く途を示すことができます。また主は私共の預言者ですから真を示すことができます。また主は私共の王ですから生命を与えることができます。かくのごとくに主は祭司、預言者、王でありますからちょうどこの三つのことにかないます。

【七節】

 これは実に大いなる黙示であります。主を知りますならば父を知ります。主を見ますならば父を見ます。十二章四十五節と同じことです。『われを見る者は我を遣しゝ者を見るなり』。神はたびたび旧約時代にご自分を顕したまいました。例えば燃ゆる棘の裡に或いはシナイ山の山頂にご自分を顕したまいました。或いは出エジプト記三十四章のごとく静かにモーセにご自分を示したまいました。或いはエリヤにもご自分を顕したまいました。或いはイザヤ六章にイザヤにご自分を示したまいました。エゼキエルにもご自分を顕したまいました。けれども主イエスをもってご自分を顕したまいましたことは最も明白なる、最も完全なる黙示であります。ピリポにそれが解りません。

【八節】

 『主よ、わたしたちに御父をお示しください』と願いました。どうぞ旧約時代の聖徒に神がご自分を示したまいましたごとくに我らに父を示したまえと願いました。これは出エジプト記三十三章十八節と同じ願いと思います。ピリポの願いは善い願いでした。けれども神はもはやピリポにも黙示を与えたまいました。しかるにピリポは他の弟子とともに鈍き頑固なる心を持っておりましたから神の顕れを見ません。
 『そうすれば満足できます』。これは実に信仰の願いです。ピリポの前にただ人間たる主のみがありました。けれども『我儕に父を示し給へ。然らば足れり』と願いました。ピリポは主に頼るならば父の許に行くことができると信じてこれを願いました。かつ『然らば足れり』と申しました。兄弟よ、それで私共の心は足りましょうか。私共の願いはその外にはありませんか。父を見るならばさらば足れりと言われましょうか。ピリピ三・十三をご覧なさい。『唯この一事を務む』。パウロはさらば足れりと言うことができました。他のことを務めません。他のことを追い求めません。ただ父を知ることを追い求めることがパウロの心を足らしめました。それは私共の心を足らしめましょうか。私共もこのことを務めますか。神を見ますならばほかの願いがありませんか。

【九節】

 『イエスは言われた、「ピリポ、こんなに長い間一緒にいるのに、わたしが分かっていないのか」』。今まで主はただ父を顕したまいました。言葉においても行いにおいてもただ父を顕したまいました。これは主の教訓の主眼でした。主の生涯の第一の目的でした。けれどもピリポはそれを外しました。ピリポはたぶん他のことにおいて教えられました。けれども主の教訓の主眼を外しました。区々な道徳上のことやそのほかのことは分かりました。けれどもこの最も大切なる問題が分かりませんでした。
 私共もピリポより大いなる特権があります。父を示すことは四福音書の主眼です。私共は四福音書によってそれを受け入れましたか。必ず四福音書によって種々のことを学びました。けれども主眼を見ましたか。或いはそれを外しましたか。啻に四福音書のみではありません。聖書全体の主なる目的は父を示すことです。兄弟よ、久しく聖書を読みましたがいまだ我を知らざるかと主は問いたまいますと思います。
 いまルカ二十四章十六節のごとくピリポは眼迷わされて知ることを得ませんでした。

【十、十一節】

 これは主の話の最も大いなる黙示であります。明らかなる黙示であると思います。コロサイ二・九と同じことです。『それ神の充足れる德は悉く形體(かたち)をなしてキリストに住めり』。またこの九節十節を見ますならば父におるとはどういう意味であるかが解ります。主は今まで父におり父は今まで主におりたまいました。そうですから主の言葉も行いも父なる神の言葉と行いであります。けれども『わが父の家には第宅おほし』。今までただ主のみ住みたまいました。けれども今から弟子等はすべて父におり父は彼らにおることができます。『我がをる所に爾曹をも居らしめん』。そうですから今まで主ばかりこの世に父を顕したまいました。今から信者たる者は誰人でもこの世に父を顕すことができます。世の中におりながらも天国に住まいして人間の眼の前に父を顕すことができます。これは私共の大いなる特権です。兄弟よ、どうぞ心の中に静かにこの黙示を受け入れなさることを勧めます。静かにこの大いなる恵みを受け入れなさることを勧めます。そうして聖霊を受けまして今から不断父の家の至聖所に住まいとうございます。

【十二節】

 この言葉は私共の心を刺す筈です。私共は未だこれを信じませんでした。この言葉を読みます時に悔い改めまして己を卑くして今までの不信仰の赦しを願うことは第一に必要であります。この十二節で事を為す力の秘密を見ます。十三節で祈りをなす力を見ます。主はたびたびかくのごとくに信仰の力を言い顕したまいました。マタイ十七・二十をご覧なさい。『もし、からし種一粒ほどの信仰があれば、この山に向かって、「ここから、あそこに移れ」と命じても、そのとおりになる。あなたがたはできないことは何もない』。また同二十一・二十一、二十二をご覧なさい。『我まことに爾曹に告げん、もし信仰ありて疑はずば此無花果に於けるが如きのみならず、此山に命じ此處より移されて海に入れよと云ふも亦成らん。且なんぢら信じて祈らば求(ねが)ふ所ことごとく得べし』。この二つの約束は主の御在世中の約束でした。当時弟子は信仰がありましたならば能わざるところのものはありません。ましてただいま主は父の許へ参りたまいましたから私共に能わざるところのものがありません。六章二十八、二十九節をご覧なさい。『そこで彼らが、「神の業を行うためには、何をしたらよいでしょうか」と言うと、イエスは答えて言われた。「神がお遣わしになった者を信じること、それが神の業である」』。またヘブル十一・三十三をご覧なさい。『信仰によって、この人たちは国々を征服し、正義を行い、約束されたものを手に入れ、獅子の口をふさぎ』。これは信仰の勝利です。信仰によって旧約時代かくのごときことを行いましたならば、ましてただいま私共は信仰によりて大いなることを行う筈です。
 信ずることはどういう意味かならば主と一つとなることです。信ずることによって主と一つとなります。また主は私共と一つとなりたまいます。そうですから信ずる者によってこの地の上に主の恵みと力があらわれます。主が地に在したまいし時に人間は各様の恵みを受けました。或いは恵みの約束を頂戴いたしました。或いは恵みのわざを頂戴しました。主は天に昇りたまいましたからそういう恵みが止まりましたか。いな止まりません。かえってそれを大きく溢れしめたまいとうございます。いま私共によって地の上にそれを溢れしめたまいます。そのときまでは地の上にただ肉体を有って在りたもうたキリスト一人の外に恵みを与える者はありませんでした。けれどもいま信ずる者によって同じことをなし同じ恵みを溢れしめとうございます。そうですからキリストというものは幾人もあります。それによってこの地上の処々方々に幸いの恵みと神の力を示したまいとうございます。そうですから私共はただ信ずる者でありますならば、罪悪に沈んでいるこの世に神と天国とを近づかしめることができます。
 『また、もっと大きな業を行うようになる。わたしが父のもとへ行くからである』。今までキリストの力は肉体のために限られました。神たる栄光を捨てたもうたためにその力と恵みが限られました。けれども今からキリストは天に昇りたまいましたから力を受けたまいました。そうですからキリストを信じる者は、キリストと一つになりました者は、前より大いなることができます。キリストが行いたまいましたことよりは大いなることをなす筈です。そうですから今キリストより大いなることをなすことができませんのはこの言葉によって私共の不信仰を示すと思います。今まで自分の霊の力のありませんのはキリストと一つになりませんことを示すと思います。
 『わたしが父のもとに行くからである』。信ずる者は、キリストと一つでありますからキリストと偕に天に昇ることができます。「それキリストと偕に力の源なる父なる神に往けばなり」と言うことができます。

【十三節】

 そうですから十二節のことは私共のわざではありません。私共によってキリストが行いたもうわざであります。ただいまはキリストが肉体をもってこの世に在したもうた時よりも大いなるわざをなしたもうことができます。私共はキリストよりも大いなるわざをするの力をもつのではなく、今キリストはご自分が肉体をもって在したもうた時よりも大いなるわざをなしたもうのであります。そうして私共によってそれをなしたまいます。そうですから私共にとってはこの十三節のごとき祈りは必要であります。『願うところは、何でもかなえてあげよう』。そうですからキリストの力はすべて信ずる者によって顕れ、信ずる者はキリストの力ある工を皆することができます。何故ですかならばキリストはその信ずる者によりて働きたもうからです。『わたしの名によって』。そうですからその名の価値で私共は大いなるものを願うことができます。キリストの名の価値を知りません者はただ小さきことを願いましょう。けれどもキリストの名の価値を知りますならば知りまするほど大いなることを願います。私共は信仰をもって大いなる願いを捧げることができますならば、神の聖前にそれほどキリストの名を重んずることを示します。
 また祈りの答えは何でありますかならば、神の祈りに答えたもうことによってキリストの名の価値を示したまいます。キリストの栄光のためにその祈りに答えたまいます。例えば私が銀行手形を誰かに渡しますならば、銀行はその手形に従って私の名の預金額までは金銭を払います。けれどももしも私の名よりもたくさんな金銭を言いますならば銀行はそれほどは出しません。けれども銀行は私の名で預かりました金額まではその手形に従って払います。今キリストは私共にご自分の名を委ねたまいます。その名の価値までは私共の願いを受け入れたもうことができます。私共は今までたびたびその名の価値を限りましたことはありませんか。キリストは、この言葉によって私共にその名の価値を悉く委ねたまいます。エステル八・八をご覧なさい。『王の名をもて書き王の指環をもて印したる書(ふみ)は誰もとりけすこと能はざればなり』。そういうところは誰も取り消すことはできません。王の名によりて願うところは能わざることはありません。汝らの好むごとく王の名を使うことができます。我これをなさんと仰せたまいます。主はいま天において祈りに答える力を持っていたまいます。マタイ九・六にこれを見ます。『それ人の子地にて罪を赦すの權(ちから)あることを爾曹に知らせんとて』。主は地にてそれほどの力がありました。いま天にて神の宝位に坐したもう神の聖子は祈りに応えたもう力を持っていたまいます。

【十四、十五節】

 十四節より主はこの言葉を説きたまいます。今まで主はこの行いをなしたもうことを約束したまいました。また祈りに応えたもう約束をなしたまいました。十四節より、どうしてこれをなしたまいますか、すなわち聖霊をもって続いて地の上に働きたもう故であることを示したまいます。十四、十五両節に聖霊を受ける二つの有様を言いたまいます。第一には信仰の祈りです。第二には服従です。この二つのことによりて聖霊を与えたまいます。十四節に『わたしの名によってわたしに何かを願うならば、わたしがかなえてあげよう』、十五節に『あなたがたは、わたしを愛しているならば、わたしの掟を守る』と言いたまいます。主は私共の願いを成就したまいますならば、私共は主の誡めを成就する筈です。

【十六節】

 そうですから私共は聖霊を求めますならば、私共とともに今一人の祈る者があります。主イエスはそういう祈禱会に在したもうて私共のためにご自分がそのことを求めたまいます。そうですから父は必ず別に慰める者を与えたまいます。父は聖子の祈りを拒みたもうことはできません。『別の弁護者』。そうですから聖霊はキリストのごときものです。キリストは、弟子のためにどういうものでありましたか。聖霊は私共に同じようなものであります。すなわち聖霊は私共の朋友、私共の聖き教師、私共の先導者、私共の主、私共の慰め主、私共の守り主、私共のための祈り主であります。聖霊の私共に対することは、ちょうどキリストの弟子等におけるごときものです。
 私共は聖霊について誤りたる思想があるかも分かりません。私共はキリストのごとくにこの慰め主を思う筈です。この『弁護者』は原語ではパラクレトスと申しますが、その言葉は訳することができませんほどに深遠なる意味があります。いま申した七つのことは悉くこの名前に含んでおります。或いは朋友、或いは教師、前に申しましたことは皆含んでおります。慰め主という言葉は実に深き言葉であります。聖霊は私共のすべてのすべてであります。

【十七節】

 これは旧約時代と新約時代の区別であります。旧約時代においては聖霊は聖徒と共におりたまいました。新約時代においては聖霊は聖徒の中におりたまいます。けれども現今二十世紀にも旧約時代の信者を見ます。すなわち聖霊はそういう信者と共におりたまいます。未だその中にいたまいません。私共は如何ですか。いまだこの時代の大いなる栄光を見ませんでしたか。いまだこの時代の大いなる特権を受けることはありませんでしたか。ただ旧約時代の聖徒でありましたか。私共は幾分か聖霊を知りませんならばそれを受け入れることはできません。これは十七節です。そうですから生まれ替わりませんならば聖霊を受け入れることはできません。ペンテコステの聖霊は何人でも有つものではありません。ただ生まれ替わりました者のみがそれを求めますことによって得られます。私共は悔い改める時にかくのごとき聖霊を得ません。世はこれを受けることができません。けれども既に生まれ替わりました者はこれを求めることによって得られます。この十七節に聖霊を知ることと聖霊を見ることとを見ます。七節に父なる神を知ることと父なる神を見ることを見ます。九節或いは十九節に子なる神を知ることと、子なる神を見ることとを見ます。そのように私共は明らかに三位一体なる神を知ることを得る筈です。神学によってそれを知ることのみではありません。明らかに見るがごとく父と子と聖霊を知る筈です。それによって各自の心を判断することができます。これは私共の特権ですから、まだ神を知りませんでしたならば今それを求めて得ることができます。

【十八節】

 この節よりペンテコステの聖霊を受けることの大いなる結果を見ます。その結果は何でありますか。十八節より二十一節においてキリストを知ることです。二十二節より二十六節において父なる神を知ることです。また二十六節より十五章二十六節において聖霊の感化を受けることです。どうぞこれを深く味わいとうございます。ペンテコステは私共にただ聖霊を与えません。ペンテコステは私共に三位一体なる神を与える恵みです。ペンテコステによって三位一体なる神を別々に知ることを得ます。
 十八節より二十一節まではキリストを受けることです。『わたしは、あなたがたをみなしごにはしておかない。あなたがたのところに戻って来る』(十八)。ちょうど三節のごとく、『戻って来て、あなたがたをわたしのもとに迎える』。ペンテコステの時に弟子等は、霊につけるキリストを受けました。コリント後書五章十六節をご覧なさい。『それで、わたしたちは、今後だれをも肉に従って知ろうとはしません。肉に従ってキリストを知っていたとしても、今はもうそのように知ろうとはしません』。そうですから肉によってキリストを知ることと霊によってキリストを知ることは大いなる相違です。弟子等はペンテコステまでは肉によってキリストを知りました。これも幸いです。今でもキリスト信者は大抵肉によってキリストを受け入れます。或いは他の人より教えられ、或いは自ら聖書を読みまして肉によってキリストを受け入れます。これは幸いです。けれどもこれよりも幸いなることは、ペンテコステの聖霊を得まして霊によってキリストを知ることです。霊によって心の中にキリストが現れることです。肉によってキリストを知る者はたびたび孤児です。たびたび心の中に淋しくなります。たびたび慰安がありません。たびたびキリストを見ることができません。けれども霊によってキリストを知る者は孤児ではありません。心の中に不断キリストをもっております。

【十九、二十節】

 そうですから聖霊によってキリストを受け入れますならばこの三つの結果があります。『あなたがたはわたしを見る』(十九)。『あなたがたも生きることになる』(十九)。『かの日には……あなたがたに分かる』(二十)。見ることと、生きることと、分かることを得ます。『見る』、それは道たるキリストを指します。『生きる』、それは生命たるキリストを指します。『分かる』、それは真たるキリストを指します。『我は道なり、真なり、生命なり』。この三つのことを指します。
 『あなたがたはわたしを見る』。聖霊を受けますならば私共はそのごとく自然にいつでもキリストを見ることができます。キリストの栄光を見ることができます。世は、キリストを見ることができません。また肉に属ける信者は時としてキリストを見ます。けれども時としてキリストを見ることができません。ただ聖霊を得ました信者はいつでもキリストを見ることができます。『然れど爾曹は我を見る』。主はかく言いたまいます。私共はそれによって自分の経験を判断しなければならんと思います。
 『われ生くれば爾曹も生きん』。主の生命に与ります。それは必ず甦りの生命を指すことです。キリストはこの時に生きていたまいました。けれどもその時に、すなわち甦りの生命を得る時に『われ生くれば』。これは朽ちざる生命を指します。これは十章十節のごとく豊かなる生命を指す言葉です。或いはローマ六・九、十のごとき生命です。私共はかくのごとき生命を得ることができます。すなわちもはや死にましたから今から後『復(また)しなず』。また罪に陥りませずしてただ神のために生涯を暮らすことができます。ちょうどローマ六・四のごとく、『我儕(われら)も新しき生命に行(あゆ)むべき爲なり』。すなわち『かれの復生(よみがへり)にも等しかるべき』生命です(同五)。これは私共の特権です。いま彼と共に新しき生命力ある生命、朽ちざる生命、豊かなる生命に与ります。六章五十七節をご覧なさい。『生ける父われを遣はす。父に由りて我が生ける如く、我を食らふ者も我に由りて生くべし』。そうですからこれは不断必要のことです。すなわちキリストを食らいキリストを受け入れることによって、キリストが生けるごとく私共も生命を頂戴します。
 『わたしが生きているので、あなたがたも生きることになる』。そうですから信者は主の甦りの証拠であります。私共は世人の眼の前にキリストが生きていたもう証拠であります。私共の生涯は甦りの生命によることは明らかであります。すなわち朽ちざる、罪に勝つ絶えざる生命であることは明らかであります。
 『あなたがたに分かる』(二十)。十節を見ますならば、『信じないのか』。その時代にはただそれを信仰するのみでした。けれども聖霊の時代にはそれを知ることができます。信ずることのみならず明らかに知ることとなります。『われ吾が父に在(を)り』。キリストは在世中にも父におりたまいました。まして天に昇りたまいました時からは誠に天にいたまわぬことがありましょうか。私共はそれを知ることができます。教えられることではありません。キリストはいま神におりたもうことができます。キリストはただいま天の中、地の上のすべての権威をもっていたもうことができます。聖霊の感化によってそれを知ることができます。またそれのみならず『なんぢら我に在り』。そうですから私共も天の処に昇りました者であります。私共も甦りの生命に与りましてこの世を捨てました者であります。また『われ爾曹に在ること』。そうですからただいま他の人々は私共の中にキリストを見ることができます。また未来においてそれは明白となります。私共は天国に至る時にキリストが我におることは誰でも知ることができます。『なんぢら我に在り、われ爾曹に在る』。今まで主は弟子等と共におりたまいました。そういう絆をもって弟子等に繋がれました。いま世を去りたまいますならばその関係が断たれましょうか。そうではありません、かえってなおなお親しくなります。なおなお強くなります。私共は未だこの二十節を悟りませんならば、聖霊を求めこれによってこの確信を得なければなりません。
 いま申しました十九、二十両節はキリストを知ることの三つの結果です。二十一節によってどうしてキリストを知ることを得ますかについて示されてあります。

【二十一節】

 『わたしの掟を受け入れ』。すなわちそれを知る者、また頭脳にそれを覚える者です。またそれのみならず、『それを守る人』。すなわちそれに従って生涯を暮らす者です。この『守る』ということについて私共は聖書を調べなければなりません。また主の聖旨、主の誡めを深く研究致さねばなりません。愛は誡めを知ります。主を愛する愛がありますならそれほど主の誡めを知ることを得ます。また喜んで主の誡めを守ることを得ます。コロサイ三・十六をご覧なさい。『キリストの道をして爾曹の心に存(と)めて充ち足らしめ』。キリストは私共に誡めを与えたまいます。これは喜ぶべきことであります。私共はただ平生に神の恵み、キリストの恵みを感じます。けれどもキリストはそれと同時に誡めを与えたまいます。私共はいま律法の下におる者ではありません。けれども誡めを守らなければなりません。旧約時代のごとく厳かに神の誡めを守らなければなりません。またそのために恵みが与えられます。神の誡めを守るために恵みを頂戴いたします。それによって愛を顕します。またそれによってこの二十一節の終わりをご覧なさい。『わたしを愛する人は、わたしの父に愛される。わたしもその人を愛して、その人にわたし自身を現す』。かくのごとく主の言葉を保ちますならば、父なる神の愛をも感じます。父なる神と子なる神が格別に愛したもう者となります。また子なる神は私共にご自分を顕したまいます。これは霊によってキリストを知ることを指します。頭脳によってではなく霊によってキリストを知ることを指します。キリストの栄光、キリストの恵み、キリストの救いの力を知ることを指します。

【二十二節】

 『主よ如何にして』。不信仰はいつでも如何にしてと尋ねます。信仰は神の約束を聞きます時に自分を卑くして、如何にしてかが分かりませんでも信じます。神の言葉を信じませんならば神の約束を受けることはできません。主は如何にしてかの問いに答えたまいません。ただ私共の信仰を求めたまいます。私共は信じますならば主は私共に知識を与えたまいます。けれども信じません間は知識を与えたまいません。そうですから以前の約束を繰り返したまいます。繰り返しました時にただ少しく約束を大いになしたまいました。けれどもユダの懇求に従って如何にしてかを答えたまいません。

【二十三節】

 これは二十一節の約束よりは進んだ約束であります。ただキリストは私共にご自分を顕したもうのみではありません。父をも子をも顕したもうことです。兄弟よ、この大いなる約束を受け入れましたか。私共は今この約束を註解いたしとうございません。ただこの大いなる恵みに驚きまして神の聖前に俯伏してこれを受け入れとうございます。
 『父とわたしとはその人のところに行き、一緒に住む』。聖霊によって父なる神、子なる神はあなたと偕に住みたまいます。私共はこの約束の成就せられることを求めるために、今まで十分間ほどでも費やしたことはありましたか。私共はこの約束の成就せられることを求めるためにいつまでも力を尽くして祈る筈ですと思います。主は私共が在世中に、ただいま天国を与えたもうように約束したまいます。いま父なる神は私共と偕に住みたまいます。私共はこの約束を怠りまして、この恵みを受けませずして未来の天国を待ち望みます。或いは未来の天国について讃美を歌います。キリストはいま天より降りたもうて私共と偕に住みたまいとうございます。私共は否と答えます。「主よどうぞあなたは天において俟ちたまえ、私共はこの世を去りました後に天国においてあなたと父と偕に住むことを得ますから、ただいまは構いたまいますな」。私共はこういう答えをいたしませんか。『わたしたちはその人のところに行って、その人と一緒に住むであろう』。主はいま天国を与えたまいとうございます。この二十三節においてどうか次の階段をご覧なさい。
 第一に、キリストを愛することです。
 第二に、言葉を守ることです。
 第三に、父なる神の愛を感ずることです。
 第四に、父なる神、子なる神の在したもうことを感ずることです。
 第五に、父なる神、子なる神と偕に住むことを感ずることです。
 私共はこの五つの階段により自分の信仰の立脚地を判断することができます。私共はこの五つの階段を何程経験いたしましたか。この二十三節は経験の話です。私共は何程経験いたしましょうか。
 この『住む』ことについてイザヤ書五十七・十五、ヨハネ一書四・十五、十六を引照なさい。『至高(いとたか)く至上(いとうへ)なる永遠(とこしへ)にすめるもの 聖者となづくるもの 如此(かく)いひ給ふ 我はたかき所 きよき所にすみ 亦こゝろ碎けてへりくだる者とともにすみ 謙だるものの靈をいかし 碎けたるものの心をいかす』『凡(おほよ)そイエスを神の子なりと認(いひあら)はす者は神かれに居りかれ神に居る。我儕の爲に神の有てる愛を我儕すでに知りて信ず。神は卽ち愛なり。凡そ愛にをる者は神にをり神また彼に居る』。

【二十四節】

 『わたしを愛さない者は、わたしの言葉を守らない』。これによって偽善の信者が分かります。『あなたがたが聞いている言葉はわたしのものではなく、わたしをお遣わしになった父のものである』。そうですからキリストの言葉を守ることは愛の印であります。またそれによってキリストを宿すことができます。またこれは父なる神の言葉でありますから神を尊ぶことであります。キリストの言葉を守る者はすなわち父なる神を敬うことであります。そうですから神の言葉の大切なることが分かります。神の言葉によって神を知ることができます。また神を宿すことができます。また十五章において同じことを見ます。神の言葉は恵みを受ける方法であります。弟子はこの言葉を聞きました時に深くこれを感じました。そうですからなおなおキリストの言葉を聞きとうございます。また今まで聞きましたことを忘れましたならばたいそう残念であると思いました。主はこの二つの心の願望に応えたまいます。キリストは今から永い間話したまいません。けれども聖霊は続いて言葉を与えたまいます。今まで弟子等はキリストの言葉を忘れましても、今から聖霊はそれを憶い起さしめたまいます。そうですから聖霊は必要であります。或いは新しきことを聞くために、或いは今まで聞きましたことを憶い起すために、聖霊を求めなければなりません。

【二十五節】

 これから聖霊は天国において続いて語りたまいます。

【二十六節】

 コリント前書二・十をご覧なさい。『〝霊〟は一切のことを、神の深みさえも究めます』。ヨハネ一書二・二十七をご覧なさい。『いつもあなたがたの内には、御子から注がれた油がありますから、だれからも教えを受ける必要がありません。この油が万事について教えます。それは真実であって、偽りではありません。だから、教えられたとおり、御子の内にとどまりなさい』。

【二十七節】

 今までわたしは平安がありました。例えば種々の困難や貧窮に遭いました。各様の迫害や悪口に遭いました。けれども不断、心に平安がありました。また汝等はそれを見ました。その平安をいま与えます。
 『わたしはこれを、世が与えるように与えるのではない』。世もたびたび平安を与えます。財宝によって、成功によって、そのほか万殊のことによって平安を与えます。けれどもその平安はたびたび消失します。たびたび砕かれます。わたしの与える平安は、そのようなものではありません。わたしの与える平安は限りなき平安です。汝等の心を守る平安です。
 風がありませんならば湖水は至って静穏であります。けれども少しく風が吹きますならばまた波が起こります。或いは何人かが石を投げますならば穏やかなる水面はこれがために乱され、波が直ちに起こって参ります。世の与える平安はそのようなものであります。
 けれども冬になります時に、その湖水に氷が張ります。静かに氷が張って参りますならば風が如何ほど吹きましても、何人が石を投げましても氷は破壊いたしません。わたしの与える平安はそのような平安であります。
 キリストは私共にそういう平安を与えたまいます。ピリピ四・七をご覧なさい。『あらゆる人知を超える神の平和が、あなたがたの心を考えとをキリスト・イエスによって守るでしょう』。この『守る』という言葉は兵士らしき言葉です。兵士が国を守るごとくキリストの平安はあなたの心を守ります。これは強き平安です。逆境にあってなくなる平安ではありません。世の与える敗れ易き平安でなく、心を守るほどの強き平安です。
 『心を騒がせるな。おびえるな』。私共は心を静めますならば静めまするほど平安が深く強くなります。水が流れますならばそこに氷が張りません。けれども静かにとどまりますならばそこに氷が張ります。また寒さが強ければ強いほど氷が厚くかつ堅固に張ります。私共の心が静かにありますならば、その上にキリストの平安が参ります。平安の氷が張ります。またキリストの愛の熱がありますからその熱だけ平安が強くなります。
 『われ平安(やすき)を爾曹に遺す』。キリストの平安の基礎は何処にありましたか。第一にキリストの喜ばしき望みを見ます(二十八)。第二にキリストは悪魔に処を与えたまいませんことを見ます(三十)。第三にキリストは父を愛し、父に服従したまいましたことを見ます(三十一)。キリストの平安の基礎はこの三つであります。私共はキリストの平安を得とうございますならばこの三つのことを心に留めねばなりません。

【二十八節】

 主は私共に深き同情を表したまいます。そうして私共も主に同情を表すことを待ち望みたまいます。主は私共の同情を願いたまいます。その時に主は喜悦を待ち望みたまいました。弟子に喜悦の同情を願いたまいました。私共は主に同情を表しますか。いま主は天国において喜悦を得たまいます。私共は主に喜悦の同情を表しますか。罪人が救われますならば喜悦を覚えたまいます。私共は主に同情を表しますか。主は罪人のために歎き悲しみたまいます。私共はそれに同情を表しますか。

【二十九、三十節】

 『世の支配者』。十二・三十一にも『この世の支配者』を見ます。十六・十一にも『この世の支配者』を見ます。それによって世の恐ろしき模様を見ます。世の主は神ではありません、悪魔です。ヨハネ一書五・十九をご覧なさい。『この世全体が悪い者の支配下にあるのです』。私共はいま罪人の模様を知りとうございますならば、いま罪人の重荷を負いとうございますならば、この世の支配者という言葉について深く感ぜねばなりません。

【三十一節】

 『わたしが父を愛し、父がお命じになったとおりに行っていることを、世は知るべきである』。主がそれを務めたまいましたならば私共はそれを務める筈です。どうぞ神を愛し神の僕であることを世に示しとうございます。どうぞ神の誡めに服従する者であることを世の中に示しとうございます。これはたびたび十字架です。たびたび神の誡めを心に守りまして公然にそれを示しません。かえってそのことを示す代わりに他のことを現します。けれども主のごとく父の命ぜしことに従って行うことを世に知らせなければなりません。自分は父の奴隷であることを示さなければなりません。
 『我が平安を爾曹に予(あた)ふ』。キリストが私共に与えたまいまする恵みの富について七つの要点を挙げとうございます。
 第一は『わたしの平和』(ヨハネ十四・二十七)。
 第二は『わたしの愛』(同十五・十)。
 第三は『わたしの喜び』(同十五・十一)。
 第四は『わたしの恵み』(コリント後書十二・九)。
 第五は『わたしの力』(同上)。
 第六は『わたしの安息』(ヘブル四・五)。
 第七は『わたしの栄光』(ヨハネ十七・二十四)。
 私共はキリストの嗣子です。ここでキリストの身代、キリストの富を見ます。嗣子なる私共はどういう富を受けましょうか。これはキリストの遺言書です。



|| 緒1 | 緒2 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 |
| 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 結論 | 目次 |