第 三 章 



 二章の始めにおいては主が天国の喜楽を与えたもうことが録され、十五節以下では主の権能が顕されました。今ここにおいて、天国に入る道を示されます。

【一〜三節】

 如何にすれば人間は天国に入ることができますか、如何にすれば人間は神の子となることができますかについて、考えてみとうございます。ニコデモは『議員』とありますから貴族です(一)。『ファリサイ派』とありますから熱心家です(一)。また主は『あなたはイスラエルの教師でありながら』と仰せたまいましたから学者です(十)。彼は肉に属ける者の中で最も優れたる人でした。もしも人間が肉によって天国に入ることができましたならば、ニコデモは必ず入ることができましたでしょう。もしも学問によって熱心によって道徳によって天国に入ることができましたならば、ニコデモは必ず第一に入ることができたでしょう。肉によって天国に入ることができるのにニコデモが入ることができませんならば、他の肉に属ける人々は入ることができません。それはニコデモは肉に属ける人の中で最も優れた人であるからです。今このニコデモになくてならぬものは教訓ではなく生命です。そうですから主は彼の言葉にあらずして精神に答えたまいました。もしも主が世人の見るごとくこの人を見たまいましたならば、かく立派なる人を弟子とすることは、自分の事業に好き援助になると思いたもうたでしょう。けれども主は外貌を見ずして心を見たまいましたから(サムエル前書十六・七)、少しもその人に諂い媚びずして直ちに真実のことを言いたまいました。私共はそれによって伝道の方法を学びとうございます。
 三節のごとく、人は新たに生まれねば神の国を見ることができません。神の国を見ることは如何なることですかならば、一・五十一の天開けて神の異象を見ることです。私共は天国に住むことを欲しまするならば、天国に属ける生命を有たなければなりません。これは道理にかなうことです。水中に住む者はそれにかなう生命がなければなりません。地上に住む者はそれにかなう生命がなければなりません。私共は天国に住むことを望みまするならば、それに適う生命がなければなりません。すなわち己に死にてキリストに生きなければなりません。今、同じ現世に生活している人の中でも、二つの異なる世界に住んでおります。一つは地獄で、一つは天国であります。地獄に住んでいる人は悪魔がその人の主となっております。光明を見ずして暗黒に迷うております。神を知りません。望みがありません。また或る人は天国に住んで自由に神と交わっております。創世記三章までは人間は天に属ける者でしたが、ひとたび罪に陥ってより以来、長く地に属ける者となりました。けれどもこの章の福音によりまして地獄に属ける者も天国に属ける者となることができます。これは幸福ではありませんか。悪魔はまた一度天国の属となることができぬかもわかりません。けれども私共人間はもう一度天国に属ける者となることができます。

【四節】

 ニコデモはこれを悟りませんでした(コリント前書二・十四)。

【五節】

 生来の人には神の霊のことが解りません。誠にまことにと再度言いたもうたことはヨハネ伝のみにて、ほかの福音書にはありません。主が格別に大切なる真理を言いたもう時はいつでもこの重語を用いたまいます。主は二十五度これを言いたまいました。格別に私共の注意を要したもう時にかく重ねて言いたまいます。私共は新たに生まれることを望みますれば、水と霊のバプテスマを受けなければなりません(一・三十三)。水は死を指します。霊は生命を指します。私共は地獄に属ける生命が死にまして、天国に属ける生命を受けなければなりません。今までの肉に属ける生命を殺して、新しき霊の生命を受けなければなりません。かく天に属ける生命を得てはじめて天の処に生涯を送ることができます。この水はぜひ文字通りの意味にとらねばならぬというわけではなく、その深い意味は悔い改めることにあると思います。かの十字架上の盗人はバプテスマを受けませんでした。けれどもこの節の精神によって新たに生まれることができました。

【六節】

 肉に属ける者と霊に属ける者の区別を言いたまいます(ロマ八・五〜九)。

【七、八節】

 『霊から生まれる』とは如何なることか解りませんでも、その結果を受けることができます。風は何処より来り何処へ往くかわかりません。けれども風の結果を見ることができます。ちょうど霊によりて生まれる者も同じことです。人々は神の恵みを受ける前に神学を知悉しとうございます。けれどもこの節はそのようなことを誡めます。私共はそれを知り尽くすことができませんでも、その恵みの結果を受けることができます。これは第一に大切なることであります。

【九節】

 『どうして、そんなことがありえましょうか』。四・十一、六・五十二にも主がご自分の肉と血を食らうことについて仰せたまいました時に、ユダヤ人もいかでこのことあらんやと申しました。けれども私共は真心をもって尋ねまするならば、主は喜んで光を与えたまいます。

【十節】

 旧約時代の聖徒も新たに生まれました。エゼキエル三十六・二十五、二十六にこのことを約束なしたまいました。そうですからニコデモはそれを悟る筈でした。けれども彼はただ旧約聖書の儀文のみを知って、未だこの真正の霊の意味を悟りませんでした。

【十一〜十三節】

 地のことは何でありますかならば、新たに生まれることです。現世に行なわれて人間が見ることのできることです。今生存中に行なわれることです。天のことは何でありますかならば、十四節にあるごとくに十字架のことであります。ニコデモは『いかで斯る事どものあり得べき』と言いました。いま主はその理由を解きたまいます。誰でも新たに生まれることは解るはずです。けれども主の贖罪はなおなお深遠なる真理です。地の上に行なわれる新たに生まれることは誰でも信ずることはできますが、天に関係ある主イエスの贖罪を悟る者は少のうございます。今でもこの事実を見ます。誰でも新たに生まれることは信じますと思います。けれども十字架のこと、贖罪のことを信ずる者は少のうございます。誰でも人間の心の汚れたることは解ります。人間の心は汚れておって新しくならなければならぬことは解ります。けれどもいかにして新しくなることができますか。何によりて汚穢を潔められることができますか。ただ十字架によりてのみ新しくなり得ることを悟る者は少のうございます。これは天に属ける真理です。なにゆえ天に属ける真理ですかならば、神の聖前に行なわれる事績であるからです。神に捧げられたる贖罪であるからです。神をやわらがせ奉ることであるからです。けれども主は柔和にニコデモに教えたまいました。主は柔和にこのことを私共に教えたまいます。主はなにゆえ人間の眼前に贖罪をなしたまいましたか。主は神の聖前に贖罪をなしたもう筈ではありませんか。なにゆえ十字架に釘けられて人間の眼前に贖罪をなしたまいましたか。これは人間にこの贖罪の成就したことを明らかに示したもうためであります。またその贖罪の価値を明らかに示したもうためであります。主が天にてご自分を捧げたまいまするならば、私共はその犠牲を悟ることができません。したがって私共は主の御慈愛が解りません。そうですから地の上にて神と和するために贖罪をなしたまいました。けれども誰が十字架を説明することができますか。誰が果たして十字架の深遠なる真理を説明することができますか。十三節のごとくただその人ばかりこの天に属けることを私共に説明することができます。

【十四、十五節】

 そうですからこれを説明するために主は旧約時代の談話をなしたまいます。さきに一・五十一にほかの旧約時代の話を藉りて、我はヤコブの梯子なりと言いたまいました。今またここに同じように、我は真鍮の蛇なりと言いたまいます。どうぞ旧約聖書に就いて主の教訓を受けとうございます。主はかように悟りを啓いて私共に聖書を悟らしめたまいますならば、旧約聖書は主イエスのことばかりです。我はヤコブの井なり(四章)。我は真の節筵(いわい)なり(五章)。かく旧約聖書は主イエスご自身のことを示します。福音書を読みますならば、格別にヨハネ伝を見ますならば、旧約聖書の註解であると思います。各章おのおの旧約聖書を説明してあると思います。そうですから天に属ける真理は新しきことではなく旧約時代の真理です。私共はエゼキエル書を読んで新たに生まれることを悟ることができます。民数記略を読んで主の贖罪を悟ることができます。ヨハネ伝三章は新約聖書の中で最も大切なる真理中の一つです。けれどもただ旧約聖書の真理を説明しただけであります。
 『モーセが荒れ野で蛇を上げたように、人の子も上げられねばならない』。神の子は位を求めんがために降りたまいました。人間は如何なる位に主を挙げましたか。ただ十字架ばかりでした。けれども神の子はそれを受けて順次万物を己に従わせたまいます。
 十四、十五両節にはただ罪の赦免のみならず新しき性質を受ける道を見ます。これは新たに生まれることの真理です。ユダヤ人は蛇に咬まれました。蛇の毒を受けました。その毒が漸次身体に循環して疼痛が烈しくなり、まさに死なんとしております。ユダヤ人は罪の赦免を得なければなりません。またそれのみならず、同時に身体からその毒を除かなければなりません。当時、真鍮の蛇を仰ぎしために身体から蛇の毒を除かれました。私共も十字架によって罪の赦免を得、神と和らぐことができました。けれども啻にそれのみではありません。この十四、十五節はなおなお深遠なる真理を示します。私共は何によりて聖き心を頂戴することができますか、何によりて新しき性質を受けることができますか、いかにして生命を得ることができますか。これ主がこの両節において私共に教えたもう真理です。私共は十字架によりてのみその恩寵を受けることができます。十字架に挙げられたもうたものを仰ぐことによって、私共は心中の蛇の毒を除かれることができます。心の汚穢、高慢、我意、私欲などがすべて潔められることができます。『独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである』。そうですからニコデモは自分は望みなき瀕死の一個の罪人なることを承諾しなければなりません。二節を見ますならば、彼はただ少しの教訓を聴かんがために参りました。自分は神の属であると思っておりました。けれどもただいま主の教えたまいしことによって、己を卑くして自分の真正の模様を承諾せねばなりません。ニコデモは蛇に咬まれたる者であります。熱心なる学者パリサイ人は自分が憐れむべき罪人であることを告白しなければなりません。誰でも新たに生まれとうございますならば、十字架の前に俯伏して自己の望みなき憐れむべき模様を承知しなければなりません。如何なる熱心家でもこのことを承知いたしませねば、決して救いに入ることはできません。
 どうかこの処で主の伝道の方法をご覧なさい。主はニコデモの心を刺したまいました。ただ彼が求めた教訓のみではなく、彼自身の真正の模様を言いたまいました。ニコデモをして自己は死ぬべき罪人たる模様を悟らしめたまいました。どうかこの大いなる伝道者の方法に従いとうございます。私共は罪人に、自分の罪人たる模様のみならず、望みなき模様、蛇に咬まれて瀕死なる模様を悟らせなければなりません。またそれが解りますならば、罪人は喜んで十字架に釘けられたもうた救い主を仰ぎます。

【十六節】

 他に救いの道はありません。人間の眼前に真鍮の蛇が挙げられなければなりません。人間の眼前に真鍮の蛇が挙げられませんならば、他に人間の癒される道はありません。けれども誰が神の聖前に真正の贖罪をなしたもうことができますか。誰がそれほどの価値がありますか。ただ神の独り子のみです。主イエスは私共を救わんがためにご自分を与えたまいました。けれども啻に独り子の犠牲のみではありません。なお驚くべきことは、神ご自身が独り子を賜うほどに私共を愛したもうことであります。子なる神はご自分を与えたまいました。けれども父なる神はなおなお価値ある賜物を与えたまいました。ご自分ではありません。独り子でありました。ご自分を与えたもうことよりは独り子を与えたもうことは大いなる犠牲であると思います。神はただいま人間にどういう犠牲を求めたまいますか。神はご自分の愛したもう者を犠牲として、天国の第一の宝を私共に与えたまいました。罪人は自己を卑くして神の聖前に俯伏して大いなる犠牲を与える筈でした。けれども事実はちょうど反対でした。神は人間の前にご自分を卑くなしたもうて、独り子を犠牲として和らぎをなしたまいました(コリント後書五・十九)。それによりて神の愛を見ませんか。人間は神の聖前に自己を卑くする筈ですのに、反対に神は人間の前にご自分を卑くして、人間に祈りたもうことを見ます。神は独り子を十字架に挙げたまいました。罪を知らざる者を私共の代わりに罪人となしたまいました。そのときにユダヤ人の眼前に如何なる形がありましたか。羔羊の聖い供え物の形ではなく、自分の敵たる蛇の形を見ました。今それを説明します。神は罪を知らざる者を私共の代わりに罪人となしたまいました。私共は一方から十字架を見ますならば、神の聖き壇の上に神の聖き羔羊が献げられることを見ます。けれども他の方面より見ますれば、罪人の形を見ます。私共の敵たる蛇の形を見ます。これは深遠なる奥義です。神の独り子は罪人となりたまいました。神の独り子は蛇となって私共の心より蛇の毒を全く除きたまいます。ユダヤ人は真鍮の蛇を仰ぐことに拠って蛇の毒を全く除かれました。私共もユダヤ人のごとく十字架に釘けられたる罪人の形を見ますならば、私共の心より罪の毒は全く除きたまいます。十字架に釘けられたる己の形を見ますならば自己に死ぬることができます。信仰に由って十字架に釘けられたるサタンの形を見ますならば、サタンの毒はみな除かれます。これは新たに生まれることの教旨です。そうですからコリント後書五・十七のように古きは去りてみな新しくなります。これは福音ではありませんか。私共は哲学者によりて道徳を教えられます。けれども神の救いによって新たになることができます。
 ヨハネ伝三章十六節は神の与え得るすべてのものにして、かつ罪人の求め得るすべてのものです。神はそれ以上のものを与えたもうことはできません。罪人はそれ以上のものを求めることはできません。

【十七節】

 世を審きたもうことは理に合うことです。当然のことです。けれども神は審かんがためではなく、救わんがために独り子を降したまいました。これは怪しむべきことです。驚くべきことです。天の使もそれほどのことは解らんと思います。神がこの世に独り子を遣わしたもうのは世を審くためと思いましょう。けれども却って世を救わんがために独り子を遣わしたまいました。

【十八、十九節】

 いま何のために罪人が亡ぼされますかならば、ただ不信仰に由りてであります。他の罪は悉く主イエスが贖いたまいました。けれどもそれを信じませんならばこれは罪の中に最も大いなる罪です。人間は神に謀反しました。神はそれを赦すために愛をもって独り子を遣わしたまいました。けれども人間はその独り子を断りまするならば最早仕方がありません。そのために、その不信仰のために審かれなければなりません。ほかのことは赦されます。この不信仰は赦されません。罪人はなにゆえこれを信じませんか。ユダヤ人は真鍮の蛇の話を聞きました時に、喜んでこれを仰いで癒されました。神は今この世の中に真正の蛇を挙げたまいますれば人間は喜んでそれを仰ぐ筈ではありませんか。もし人間がこれを仰いでなお癒されませんならば、これは真正の癒しの道ではありませんでしょう。けれどもそういうことはありません。いま誰でも癒されることができます。神は私共のために十字架の上に真鍮の蛇を挙げたまいました。これはすべて信ずる者に永遠の命を与えんがためです。けれども十九節をご覧なさい。人間は却って蛇の毒を愛して癒されることを嫌い、神の大いなる恩恵を拒みますから、そのために罪に定められます。神はこの世の中に十字架を立てたまいました。神は汚れたる世の中に大いなる壇を築きたまいました。また壇の上に載せたるものは世の罪を全く除く犠牲であります。神と和らぐ犠牲であります。けれども人間はそれを信じませずして却って神より遠ざかることを愛します。これは不信仰の根本です。

【二十、二十一節】

 兄弟よ、この両節のうちいずれが私共を指しますか。私共は光を愛しますか、或いは闇を愛しますか。時によってキリスト信者でも光を愛しません、完き光を愛しません。私共は救われました。神の憐憫によって天国に入ることを得ました。けれども生涯の過失を照らし、自己の愛する罪悪の憎むべきことを知らしめる光を却って憎みます。その光に来りません。これを断ります。かえって闇を愛します。私共はたびたびこの二十節のごとく光を愛せざることがありませんか。あなたは完き神の光を迎えますか。喜んでそれを受け入れますか。たとえば日々を送ることについては如何ですか。朝は何時に起きますか。金銭の使用は如何ですか。如何なる働きを致しますか。そのほか何事においても喜んで神の愛を受け入れますか。神の光に照らされますか。どうか喜んで全くその光を受け入れたいものであります。その行為ことごとく神に由れることを確信するに至りとうございます。
 主はさきに、人間の生まれつきは全く役に立ちませんから新たなる性質を受けなければならぬことを言いたまいましたが、この章一節より八節までは新たに生まれることのために聖霊なる神の働きを見ます。九節より十五節までは子なる神の働きを見ます。十六、十七両節は父なる神の働きを見ます。それですから三位一体なる神は一緒に働きたもうて、私共は新たに生まれることができます。また十八節より二十一節までは、人間はいかにしてこの神の働きを受け入れるかを示してあります。
 新たに生まれることについて、三位一体なる神が働きたもう中に格別に父なる神の働きをご覧なさい。私共はたびたび十字架に由りて独り子の愛を見ます。けれどもどうぞ父なる神の愛を見とうございます。この二つのことを比べまするならば、比べることができますれば、却って父なる神の愛が深いと思います。比べることは危険なことです。けれども比べることができますれば、独り子を与えたもうことはご自分を与えたもうことよりも難しいことであります。難船がありまして救船を出しますときに、人々は亡びんとするものを救うために喜んで危険を冒し命を捨てて救助船に乗り込みます。けれどもしばしばその人々の父母はその子の乗り込むことを拒絶します。これは自ら死ぬよりも息子を死なせる方が堪え難いからであります。そうですから愛に充ちたる親がそれを許しますならば、乗り込む息子よりはその親の方が大いなる犠牲を致しましたのです。神は私共を救わんがために生みたまえる独り子を賜いました。有名なるナイアガラ瀑布の近辺にかつて米国の土人が多く住まいました。そのころ土人はこの瀑布を祭って毎年大いなる犠牲を献げます。その犠牲は土人の中で最も美わしき処女を瀑布に献げることでありました。犠牲に当たりました時はその処女を充分綺麗に飾って、小さい船に乗せて瀑布の上流の川に出します。その処女は川の流れに順って順次瀑布に近づいて、終いに恐ろしい滝壺に落ちて死にました。毎年土人は鬮を引いてその人を定めました。その鬮に当たった者は如何なる人でも謝絶することはできません。或る年その部落の酋長の娘にその鬮が当たりました。その父は沈黙してそれを承知しました。仕方がありませんから一言をも言わずしてそれに従い犠牲の準備を致しました。その時が参りますと娘に最も美わしい衣装を着せ、船をも立派に飾らせ、盛大なる儀式をもってその船を川の流れに出しました。そのときに父は娘の死ぬることを妨げることができません。けれども自分の愛する者と一緒に死ぬることはできますから、自己も他の船に乗ってその娘のそばまで漕ぎ寄せ、ついに娘と共に瀑布に落ちて死んだことがありました。それによってその父の愛を見ることができます。またそれによって十六節の意味を幾分か悟ることができます。主イエスがご自分を与えたまいました時に、父なる神は独り子の傍でご自分をも与えたまいました。これはただ主イエスの犠牲のみならず、父なる神はそのときにご自分をも与えたまいました。どうぞそれによって神ご自身の愛を悟りとうございます。それを深く味わいまして神の私共各自に対する愛を知りとうございます。

【二十二節】

 そうですから主はヨハネと一緒に働きをなしたまいました。ヨハネは主の前に道を備えんがために悔い改めのバプテスマを施しました。けれども未だ道が備わっておりませんから、未だユダヤ人は主を受け入れませから、主はなおなお続いて同じ準備のバプテスマを施したまわねばなりません。

【二十三〜二十八節】

 三章の始めには主が如何にして罪人を導きたもうかを見ます。この節よりは伝道者たる者の性質と精神を見ます。私共には天より賜る霊のみが価値があります。他のことは少しも価値はありません。今ヨハネが弟子たちに答えましたことによって真正の伝道者の精神をご覧なさい。ヨハネは主の成功を見まして、これによって主は天より賜物を得たるものと思いました。少しも嫉妬はありません。私共もほかの働き人の成功を見まして同じように少しも嫉妬を抱かずして、かえってその人は必ず天より賜物を得ましたと考えまして感謝致しとうございます。

【二十九、三十節】

 ヨハネの申しました意味は何でありますか。新婦とはユダヤ人です。人間です。新郎は誰でありますか。それはヨハネではなく主イエスです。ヨハネはただ新郎の朋友です。彼は新郎たるべき価値がありません。彼は人間の心に満足を与える力はありません。彼は人間の生命、人間の能力となることはできません。彼は、ただ新郎の朋友です。新郎と新婦の間に立つ媒介人です。新婦を新郎に導く者です。それが成就しますならば、新郎の朋友は退かなければなりません。私共の進退はこのヨハネのごとくあらねばなりません。私共は人々を満足せしめることはできません。私共はただ新婦を新郎に導く者です。罪人を主イエスに紹介する者です。もしそれを越えて自己を高くしまするならばかえって主の働きを妨げます。主を崇めて新婦を主に導かなければなりません。そうですから真正の牧師は自分の務めによって漸次新婦を新郎に紹介して、ついに自分の務めが要りませんようにならなければなりません。私共の務めは、人々をキリストの許へ携え行き、その人々がただキリストのみに仕えるようにすることです。真正の牧師の務めは、信者が独立してキリストに仕えるようになって、ついに自分を要さないようになることです。もし私共が続いて必要でありますならば私共の働きは完全なものではありません。

【三十一節】

 今ヨハネは弟子に主イエスと自己の差を言います。その差は天地の差です。人々はヨハネが大いなる預言者であることが解りました。けれどもヨハネは今、私はただ地に属ける者、主イエスは天に属ける者にして、実に天地の差があると申されました。ヨハネの弟子はヨハネの言葉を聴きてヨハネを崇めましたけれども、主イエスの盛んになりヨハネの衰えることを見て、幾分か悪しき感情を抱いて嫉む心が起こりましたでしょう。けれどもヨハネにとりては主イエスの盛んになることが大いなる喜楽でした。

【三十二〜三十六節】

 ヨハネは主を崇めて、主は私のように地のことを語りたまわないと申しました。
 以上は大いなる証詞でした。ヨハネは主を崇めて、
  第一 天より来る(三十一)
  第二 自ら天にて見たることを地上に語る者(三十二)
  第三 霊を限りなく与えられたる者(三十四)
  第四 万物をその手に授けられたる者(三十五)
と申しました。これは大いなる証でした。
 また真正の信仰は三十三節のごとく自分の印をもって神は真なりと証しすることです。神の真に対して自分のアーメンを言うことです。これは真正の信仰です。



|| 緒1 | 緒2 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 |
| 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 結論 | 目次 |