第 二 十 章 



 本章においてイザヤ四十五・一、二が成就せられました。銅の門が毀たれ鉄の閂が断たれました。主イエスの前に死と地獄の門は砕かれました。ここで主は眠りたる者の復活の始めとなりたまいました。その始めの者が甦りたまいましたから私共は皆甦りに与ることができます。

【一、二節】

 ただマリヤの不信仰が主を取り去りましたのです。マリヤは主の言葉を信じましたならば主の甦りたもうことを悟りまして、いま悲嘆に沈みませんでしたでしょう。マリヤの不信仰が主を取り去りました。私共ももし主を失いますならば、それはただ私共の不信仰によりてであります。これに反する言葉はローマ八・三十五〜三十九であります。私共はその凱歌を歌うことができますか。マリヤは現在の苦痛のために主を離れました。

【三〜七節】

 そうですから必ず人間が屍を盗んだのではありません。

【八〜十節】

 ペテロもそれが解りません。この二人は主と最も親密なる交際をしておりました。かの変貌山においても主の栄光を見ました。けれども未だ主の言葉を信じませんから甦りたもうたことを知ることができません。

【十一節】

 マリヤはそれだけにて満足ができません。彼女は主を見とうございます。ただ裸なる信仰だけにては満足ができません。いま熱心に求めますならば与えられます。
 主は甦りたまいました時に最初に何人にご自分を現したまいましたか。人間の思想ではたぶん祭司の長に現れてご自分の神たることを公然示したもうと思いましょう。或いはピラト、或いはユダヤの有司等に初めてご自分を現したもうと思いましょう。けれども主はかかることをなしたまいません。主は悲しんでいる賤しき婦を択びこれにご自分を現したまいます。主は祭司長等に現れたまわずしてかえってご自分を求める者に現れたまいました。

【十二節】

 この屍は神の貴き殿でした。神の契約の櫃でした。そうですから二人の天使はこれを守っております(出エジプト記二十五・十八)。

【十三節】

 『天使たちが、「婦人よ、なぜ泣いているのか」と言うと』。詩篇四十二・五をご覧なさい。そうですからマリヤは天使のために驚きません。悲しんでおりましたからかかることには冷淡でありました。マリヤの悲哀はそれほど強くありました。ペテロとヨハネはこの場所を退きましたがマリヤは退くことができません。かの二人は幾分か安慰を得ました。けれどもマリヤは毫も安慰を得ません。いま天使が現れましてもマリヤに安慰を与えることができません。マリヤは主イエスご自身を受け入れとうございます。他のことでは満足ができません。私共も主を失いますならばかくのごとく主ご自身を受け入れるまでは決して満足せずして熱心に求めたきものでございます。
 『わが主を取りし者あり』。マリヤは他人を譏ります。けれども実はマリヤの不信仰のために主が取り去られました。私共は恩寵を失いますならば他の兄弟を譏るかも知れません。けれども実は自分の不信仰のためです。

【十四節】

 マリヤは不信仰によりて瞽となりました。自分の愛する主を知りません。

【十五節】

 『婦人よ、なぜ泣いているのか』。かく天使は尋ねました。主はたびたび私共の心の中に他人が談しましたことを再び静かに語りたまいます。私共の憂いと苦しみについて静かに尋ねたまいます。

【十六節】

 『マリヤ』。愛の名前でした。親しき交際の名前でした。十・三をご覧なさい。主はいま静かなる細き声にてマリヤよと愛の名前を呼びたまいます。そのためにマリヤは今までの苦痛、悲哀、失望、不信仰が急になくなりまして、喜び、希望、信仰、愛が生まれて参りました。主はたびたび私共の心中にかくのごとく急に働きたまいます。漸次恩寵に生長することのみが必ずしも主の聖旨ではありません。主は私共を『マリヤ』と呼びたもうこと、すなわち主が愛し、自ら私共に親密なる者なるを感ぜしめたもうことにより、私共の悲哀、不信仰、失望を全く取り除き、その代わりに愛と信仰と望みをもって充たさせたまいます。
 『彼女は振り向いて、ヘブライ語で「ラボニ」と言った。「先生」という意味である』。ただ肉に属ける思想です。マリヤは主の復活の栄光を知りません。以前のごとく先生であると思いました。けれども主はそれを拒みたまいます。マリヤはラザロが甦りました時のごとく主イエスも以前と同じような生涯を送りたもうと思いました。けれども主はいま天に昇ることを教えたまいます。以前の生涯と全く異なる生涯なることを教えたまいます。

【十七節】

 『我に捫(さは)ること勿れ』。マリヤはいま主を抱きとうございます。愛する者を全く受け入れとうございます。けれども主は我に捫るなかれと命じたまいます。私共は昇天の主を全く受け入れることができます。けれども、ただいまマリヤの肉に属ける思想を拒むために捫ることなかれと命じたまいます。主は今マリヤに捫ることを許したまいません。けれども二十七節においてトマスに捫ることを命じたまいます。主は各様の方法をもって私共を導きたまいます。主が昇天なしたまいました時にマリヤは霊によりて真正に主に捫ることができました。ヨハネ一書一・一をご覧なさい。それは必ず肉の手ではありません。これは霊によりて主を抱くことを指します。今マリヤは肉の手をもって主に捫ることはできません。けれども後になおなお大いなる栄光を見られますからそれを待ち望まなければなりません。
 マリヤは今までのごとく肉に属ける親しき交際を望みました。けれども今は敬虔の念をもって主に近づかなければなりません。モーセが履き物を脱ぎて燃ゆる棘に近づきましたごとく、いま主の栄光を悟るために敬虔の念をもって主に近づかなければなりません。マリヤは主が甦りたまいましたから永遠に人間と偕におりたまいましょうと思いました。けれどもこれは大いなる誤想でした。主の復活は人間と偕におるためではなく神と偕にいたもうためです。また神と偕にいたまいますからそれによりて人間と親しき交際をすることができます。
 『兄弟』。今まで或いは僕、或いは朋友と称えられました。けれども今から兄弟と称われます。マリヤは主が昇天なしたもうならば弟子との交際を断ちたもうと思いましたかも知れません。けれどもそうではありません、今までは弟子と称われ朋友と称われましたが、今からは兄弟と称われます。
 『わたしの父であり、あなたがたの父である方、また、わたしの神であり、あなたがたの神である方』は、ご自分が神に対して持ちたもうと同じ関係を私共に与えたまいまして、私共にも神を我らの父といい、また我らの神と呼び奉ることを得させたまいます。
 今まで弟子は主が神と交わりたもうたことを見ました。また主が神たる力をもって為したもうた行いを見ました。また神たる力をもって談したもうた言葉を聞きました。いま主はご自分と同じ地位に私共を挙げたまいます。

【十八節】

 マリヤは十七節に主を見ました。けれども主と偕に留まることはできません。かえって不信仰なる弟子に遣わされました。主の異象を見ることは私共にとり実に大いなる幸いであります。けれども永久にそれを見ることはできません。主の異象を見るならば、去りて不信仰なる弟子、或いは罪人に証しなければなりません。私共は天使のごとく主を見ていることはできません。未だ肉体を持っておりますから、たびたびその異象を見ますならば直ちに出掛けて他の人々にその見聞きしたことを証しなければなりません。この章一節を見ますならばマリヤは死にたもうた救い主を信じました。けれどももはや主が死にたもうてマリヤを離れたものと思いました。今でもそういう信仰を持つ信者があります。十六節を見ますならば復活したもうた救い主を信ずる信仰を得ました。永久に偕におることができるものと信じました。十七節を見ますならば天に昇りたまいました主を信ずる信仰を得ました。主の栄光が解りました。主は私共の兄弟であることが解りました。また主は力を与えたもう者なることが解りました。私共を神の子供とならしめたもうことも解りました。また十一節の空虚の墓は私共の救いが既に成就せられたことを示します。私共は空虚の墓を見ることにより、主は私共のために救いを完成なしたもうたことが解ります。十六節において復活の主を見ますならば、主が活きて永久に私共と偕におりたもうことが解ります。また十七節を見ますならば天国は私共の嗣業であることが解ります。どうぞその空虚の墓を見て救いを得たと信じなさい。昇天の主を見まして主の栄光を望んで喜びなさい。この二十、二十一両章を大別すれば五つの話となります。この五つの話において心の迷った者が主イエスに癒されたことを見ます。
 第一 マリヤは主を失いました。けれども復活の主は急にその失望と悲嘆を取り除きたまいました。何に由りてですかならばただご自分を現したもうことによりてであります。
 第二 弟子は恐怖の中に恐怖を抱いて集まりましたことを見ます。その時に主イエスはその恐怖を全く取り除き、平安と力を与えたまいました。急にご自分を現したもうことによりその弟子の心を全く替えたまいました。そうですから歓喜と感謝をもってその集会を終わりました。
 第三 不信仰の弟子は主の現れたまいましたことにより全き信仰を抱くことができました。不信仰の暗黒が全く消失しまして真正の光が輝きました。
 第四 弟子は永き間労して働きました。けれども何の獲る所もありません。彼らの働きは悉く失敗でありました。その時に復活の主はご自分を現しまたご自分の力を現したもうことにより大いなる成功を与えたまいました。
 第五 堕落したペテロは復活の主イエスより再び権威を頂戴いたしました。またその堕落が真実に癒されて再び主イエスの使徒となりました。
 私共の心が迷いました時になくてはならぬものは何ですかならば、復活の主を見ることと復活の主の力に与ることです。心の中に不信仰が起こり、恐怖、悲嘆、失敗、堕落などが生じますならば、私共は或いは働き、或いは儀式、或いは各種の他のことを求めます。けれどもその時に私共のなくてはならぬものは一つの外はありません。すなわち復活の主を求めることです。もし復活の主が現れたまいますならば、その不信仰、その恐怖、その悲嘆、その失敗、その堕落が全く急に消え失せまして、私共は溢れるほどの恩寵を頂戴することができます。
 これはこの両章の大意です。どうぞ深くこれを味わいとうございます。あなたがたの中にもし幾分か心の迷える方がありますか。願わくは復活の主をお求めなさい。主が私共にその復活の力を示したまいますならば必ず心の病が癒されて全き信仰に帰ることができます。

【十九、二十節】

 十九節と十八節とは密接なる関係があります。十八節においてマリヤは主の命に従って主の復活を証しました。十九節において主は急いでご自分の使いと共に往き、その使いの言葉のごとくご自分を現したまいました。私共は公に主を証しとうございますならば、マリヤが説教しましたごとく説教しなければなりません。マリヤは密かに主を求めました。また密かに主を見ました。私どもも密かに主を見ましたならば私共の説教する時に主ご自身が現れたまいます。自分の部屋においてただ一人で見聞きした恩寵を証しますならば全会衆も同じ恩寵に与ることができます。私共はただ頭脳ばかりの準備をいたしますならば、説教する時にもただ頭脳ばかりの利益を伝えるのみであります。けれども自分一人で主を見ましたならば、それを証しまする時に全会衆も必ず主と主の復活の力を見ます。
 『イエスが来て真ん中に立ち』。今まで主は肉をもっていたまいましたから、マタイ十八・二十の約束を成就することはできませんでした。けれども復活の時からこの約束を必ず成就したまいます。主はこの時にその約束を成就して弟子の真中に立ちたまいました。これは復活後、弟子等が主の名によりて集まった最初の集会でした。弟子を教えるために肉眼で見ゆる形をもって立ちたまいました。そうしてその時より今に至るまで、主は私共の肉眼には見えませんけれども常に集会の真中に立ちたまいます。主はその約束をつねに成就することを教えんがために第一の集会にご自分を現したまいました。私共はこの話により主がつねにその約束を成就したもうことを信じとうございます。
 『あなたがたに平和があるように』。ゼカリヤ十三・六をご覧なさい。これは主の預言です。その時に主の意味は何でありますか。ただローマの兵士よりこの傷を受けたのみではありません。ただ自分を憎む祭司の長やユダヤ人よりこの傷を受けたのみではありません。あなたのためにこの傷を得ました。あなたの罪のためにあなたの家においてこの傷を得ました。主はかような意味をもって弟子等に向かい『平和があるように』と言いたまいました。主は私共の贖いの徴を示したまいます時に、同じように私共の罪のためにその傷を受けたことを示したまいます。そうですからその傷のために『平和があるように』と言いたもうことができます。
 私共は主の傷によりて平安を得ました。神と和らぐことを得ました。主はその手と脇とを示したまいます時に霊によりてそれを教えたまいます。また二十節の終わりにおいて弟子は主を見て喜びました。そうですから私共は十字架に釘けられたもうた主により平安を得ます。復活の主によりて喜びを得ます。

【二十一節】

 『あなたがたに平和があるように』。これは第二の平安です。マタイ十一・二十八、二十九を見ますならば二つの平安があります。『休ませてあげよう』(二十八)、『安らぎが得られる』(二十九)。私共は主に来る時に休みを得ます。軛を負うて主に学ぶ時に平安を得ます。十九、二十一節の二つの平安も異なる経験があると思います。十九節の平安は神と和らぐことです。二十一節の平安は働きの中に得る所の平安です。二十一節の終わりに『わたしもまたあなたがたを遣わす』という御言葉があります。狼の中に羊を遣わさん。荒き浪風の中に小舟を遣わさん。けれどもその戦争の中にあって『平和があるように』と言いたまいます。これはマルコ四・三十九の平安です。かようにこの二十一節において大いなる平安を経験して浪風の上を歩むことができます。戦場に進むことができます。
 『父がわたしをお遣わしになったように、わたしもまたあなたがたを遣わす』。私共は神と和らぐことを得た者ですならば私共の生涯の目的は主の御生涯の目的と同じことです。主は何故この世に降り生涯を送りたまいましたかならばただ神より遣わされたからであります。わたしたちもただこの目的のみを抱いて生涯を送ることは私共の特権です。
 十七節を見ますならば私共は神の聖前に主と同じ地位があります。主が父の子ですならば私共も父の子です。神が主の神ですならばまた私共の神です。二十一節を見ますならば私共は世に対しても主と同じ地位におります。これは実に貴き特権です。

【二十二節】

 聖霊がありませんならば二十一節の遣わされたる使命を成就することはできません。そうですから主はその使命と共に聖霊を吹きたまいます。もはや主の小さき教会の表面の身体ができました。けれども未だ聖霊がその中にありません。エゼキエル三十七・八はちょうどその時における弟子の有様でした。けれども同じく九、十をご覧なさい。今それが成就せられました。この人の子は主イエスです。主はただいまこの表面の教会に活ける霊を吹きたまいました。『聖霊を受けなさい』。けれどもこれはペンテコステの日に頂戴しました聖霊ではありません。ペンテコステの日にも主は天国の位より再び聖霊を吹きたまいました。また弟子は再び聖霊を受けました。この節において復活の主はご自分が復活を得たまいましたから復活の生命を与えたまいました。弟子をして復活の力に与らしめたまいました。使徒二章において主はもはや昇天したまいましたから昇天の霊、天国の霊を吹きたまいました。そうですからなおなお貴き恩寵を頂戴いたしました。主が復活によりて罪に勝ちを得たまいましたごとくに、この処において弟子はいま復活の霊を得て罪に勝ち得る力を頂戴しました。新しき生命を得ました。けれども後には人々に生命を与える力を頂戴いたしました。これはなおなお貴き恩寵です。私共はいずれを得ましょうか。どうぞ自分の心を判断いたしとうございます。
 『聖霊を受けなさい』。その時に弟子は必ず大いなる恩寵を頂戴いたしました。今まで争論がありました。けれども今からはその争論がなくなりまして、心を合わせて祈禱会を開くことができました。今までこの弟子は祈ることができませんでした。けれども祈禱の霊を得ましたから心を合わせて十日間の祈禱会を開くことができました。たびたび二時間の祈禱会はキリスト信者の倦怠を来します。けれどもこの時の信者は祈禱の霊を得ましたから喜んで十日間の祈禱会を続けました。もしこの時聖霊を受けませんならば祈禱会を開く力も大胆もありませんでしたでしょう。けれども祈禱の霊を得、一致和合の霊を得ましたから喜んでその集会を開くに至りました。
 『息を吹きかけて』。それにより明らかにご自分の神たることを示したまいました。息を吹くことにより聖霊を施したもうことができますならば必ず神であります。創世記二・七をご覧なさい。造物主なる神はその時に息を吹き人を活けるものとならしめたまいました。いま造物主なる主は同じように息を吹き、この弟子を活けるものとならしめたまいました。

【二十三節】

 実に大いなる力を与えたまいます。聖霊を得たる者は神と等しき者となります。また神の力を得ました者です。神のごとく罪を赦し罪を定めることができます。私共はこの言葉の深き意味を知りません。けれどもその言葉のままに信じとうございます。神は私共にこれほどの権威と力を委ねとうございます。

【二十四、二十五節】

 『わたしたちは主を見た』。この弟子はトマスに証しとうございます。トマスの不信仰を取り除きとうございます。私共は主の恩寵に与りますならば未だこれを知らない兄弟をぜひ導きとうございます。

【二十六節】

 そうでありますから弟子はトマスに勝ちを得ました。トマスを導くことを得ました。実にその時に喜悦がありましたでしょう。主はこの弟子の熱心に叛かないで弟子と共に働きてトマスにご自分を現したまいます。私共は兄弟と共に祈ります時に主はご自分を現したまいましょう。或いは迷える羊を追い求めたまいます。主は今に至るまで不信仰なる兄弟を追い求めたまいます。十七・十二をご覧なさい。今トマスが暗黒の道を歩みましたから、善き牧者はご自分の言葉のごとくその迷える羊を追い求めたまいます。

【二十七節】

 『わたしのわき腹に入れなさい』。そうですから主はトマスの不信仰の談話を聞いていたまいました。トマスの不信仰を深く知りたまいました。一・四十八において主はナタナエルの一切を知っていたまいました。四・二十九において主はサマリヤの婦の一切を知っていたまいました。今ここにトマスの万事を知りたまいましたことが解ります。

【二十八節】

 私共は理屈をもって兄弟の不信仰に勝つことはできません。ただ主に導きますならばその不信仰はみな溶かされまして主を礼拝します。『わたしの主、わたしの神よ』。これは真正の礼拝です。

【二十九〜三十一節】

 これはヨハネ伝を指す言葉であります。しかしまた聖書全体を指す言葉です。このほか多くのしるしもあります。多くの証拠もあります。けれども私共は聖書に録されたるものをもって信ずることができませんならば仕方がありません。外にいかような証拠がありましても信ずることはできません。またこの書は何のために録されましたかならば私共に生命を得させんがためです。私共はこの書を読むことによりて生命を得ます。ヨハネ伝の言葉は生命です。啻にヨハネ伝のみではありません、聖書全体の言葉もまた生命です。私共はヨハネ伝により生命を得ます。また聖書全体により生命を得ます。私共は聖書を読みます時にどうぞ心虚しくし他のことを求めませずしてただ神の生命ばかりを求めとうございます。



|| 緒1 | 緒2 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 |
| 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 結論 | 目次 |