第 九 章 



【一節】

 八・五十九のごとく主イエスはこの時ユダヤ人の迫害を逃れたもう危険な場合です。けれども心が慌てたのではありません。その危うき場合にも心中には平安がありました。静かに行きたもうて生まれつきの盲人をご覧なさいました。そうして自分の危険を忘れてこの盲人を癒したまいとうございます。これは幸福ではありませんか。主はいま宮より逃れたまいますけれども救いを願う者の為に留まりたまいます。
 『生まれつき目の見えない人』。主はこの人をもって八章の教えを説明したまいます。ユダヤ人は生まれつきなる盲人でありました。心の眼が開かれませんでした。そうですから耳で神の教えを聞くことはできましたが眼にて明らかに見ることはできません。また誰でも生来は盲人です。心の眼が開かれませんならば主の栄光を見ることはできません。私共は見ることに由りて物を弁別します。自分の心中に弁別することができます。他人の意見に従うことは要りません。心の盲人は他人の意見に従わねばなりません。また光と闇を区別することができません。神の言を弁別することができません。却って悪魔の言葉を信じます。けれども主はその盲人の眼を開きたまいます。

【二、三節】

 神のわざはユダヤ人に由りて顕れる筈でした。けれども八章に見ましたようにユダヤ人は神の権能を拒みました。そうですからユダヤ人に由りて神のわざは顕れません。今この盲人によって神のわざが顕れます。兄弟よ、私共はたびたび自分の喜楽のために神の恩恵を求めます。けれどもこれは実に賤しき懇求です。主は私共によって神のわざの顕れんがために私共に恵みを与えたまいとうございます。私共に由りて神の栄光の顕れんがために光を与えたまいとうございます。私共はただ自分の喜楽のために恵みを求めますならば受け入れられぬかも知れません。けれども十字架を負うために、神の栄光を顕すために、罪人を導くためにそれを求めますならば神は私共に由りてご自分の栄光を顕わさんとしてそれを与えたまいます。

【四節】

 昼はすなわちこの世におる間です。夜はすなわち死後のことです。主イエスは神より昼を与えられたまいました。すなわち働く折を与えられたまいました。また働きのために光を与えられたまいました。私共各自にも働く折とそのために光が与えられました。そうですから昼のうちに怠りなく主のわざを行わねばなりません。十一・九に『昼間は十二時間あるではないか』と言います。この昼間とは一生涯のことです。しかして十二時間とは充分なる折という意です。人間の生涯には必ず十二時があります。主の御生涯は途中で屠られたまいました。けれども十二時があって充分なる折を与えられたまいましたに相違ありません。

【五節】

 そうですから世におるうちに必ず光を放ちたまわねばなりません。

【六、七節】

 この盲人はその恵みを求めません。けれども主は溢れるほどの慈愛をもってこの恵みを与えたまいます。主はまたこの盲人の信仰を試みたまいます。『シロアムの池に行って洗いなさい』と命令をもって信仰を試みたまいます。主はこの盲人をご自分より遠ざからしめたまいます。この盲人は形あるキリストを見ましたならばたぶん肉に属ける信仰があったかも知れません。けれども独り静かにシロアムの池に行く途中において真正の信仰が起こりました。シロアムの池にて眼が開かれました時には霊に属ける信仰がありました。けれども六節における主の働きの最初の結果は何でありますか。その盲人は塗られた泥によって眼がなおなお暗くなりました。三十九節をご覧なさい。主がこの世に来りたもうた結果も同じさまであります。『見える者は見えないようになる』。盲人は主の来りたまいしことによってなおなお暗くなりました。けれども七節をご覧なさい。『シロアム──「遣わされた者」という意味』。そうですからここには深い霊の意味があります。主はヨハネ伝の中に四十一度遣わされし者なることを言いたまいました。そうですからこのシロアムの池は主の型であることを見ます。主は四章において飲む水を与え、この章においては洗う水を与えたまいます。その水の中で洗いますならば眼が開かれて光を得ます。このシロアムについてイザヤ八・六をご覧なさい。やはり同じことです。主は静かに流れる川のごときものでありました。けれどもユダヤ人はそれを捨てて却って眼前に輝くものを求めました。この盲人は静かに流れる川のような主を慕いました。主を信じました。またシロアムの義を覚えて主は遣わされし者なることを信じました。そうですから光を得ました。当時何人でも主は遣わされた者であることを信じて真実のシロアムの池すなわち主の足下に往きましたならば必ず眼が見ることを得て帰ることができましたでしょう。『目が見えるようになって』。これは実に喜ばしいことではありませんか。今までこの盲人は眼見ることを得るは神の第一の恵みであると信じました。今それを得ましたから必ず感謝と喜楽に充たされました。いま初めて美しいことを見ることができました。初めて遠いところまで見ることができました。神はこの人に心の懇求を与えたまいました。けれども三十七節になおなお大いなる恵みを与えたまいました。この人は眼が見ることを得ただけでは真実の満足を得たのではありません。けれども三十七節の心の目が見えることによって真実の満足を得ました。神はその人の祈りよりも優りたる恵みを与えたまいました。ただ身体の眼ばかりではなく心の眼にも光を与えたまいました。
 けれども主は何故直ちに三十七節の恵みを与えたまいませんか。この盲人が視力を得て帰りました時に主は何故直ちにご自分の神の子なることを顕したまいませんか。その時にはたぶんそんな大いなる真理を受け入れる心の支度ができませんでしたでしょう。その支度として迫害を受けねばなりません。人間に捨てられ追い出されますならば必ず柔和になりましてなおなお大いなる真理を受け入れます。主は私共の善き牧者です。私共は主に養われますならば必ず好き機会に新しき光を得ましょう。たびたび好き機会でありません時に深き真理を学びます。未だ心の支度ができませんうちに深い真理を学びますから却って信仰の害となります。

【八〜十二節】

 この人々は何故神に感謝しませんか。しかせずに却ってこの盲人なりし者に問いを起しそれについて批評致しとうございました。ルカ十八・四十三をご覧なさい。『これを見た民衆は、こぞって神を讃美した』。その時には大いなる感謝会が起こりました。けれども今はただこのことを批評致しました。

【十三〜二十一節】

 たぶん悪しき思想をもってパリサイ人の足下に携え来りました。パリサイ人はいま神の子のわざを審きます。これは恐ろしいことではありませんか。このわざを見れば明らかに神の権能のしるしであることを認めて感謝する筈でした。けれどもこのパリサイ人はそうしませずして却って台前に座って神の聖子と神の聖子のわざを審きます。今でもそれを見ませんか。人間が高慢にして主と主のわざを審くものはありませんか。己を高くして自分は主のわざを批評する価値のある者として主を審くものはありませんか。一・五のように光は暗き中に輝きました。けれども闇はそれを認めませんでした。このパリサイ人は実に盲でした。この癒されたる人のもとの盲たりし時よりもなおなお闇に迷える盲でありました。神は明らかにしるしを与えたまいました。けれども偏頗なる心のためにこの人々はそれを見ることができません。主は八章において人々の前に明らかなる言葉を言いたまいました。またそのことを確かめるために本章において明らかなるわざを為したまいました。けれども偏頗なる者は盲でありますからそれを見ることができません。かえって自分の闇に従ってそれを審こうと思います。私共はパリサイ人を責めますとも何の利益もありません。却って自分の高慢を起します。けれどもこの人々の手本に従って誡めを受けとうございます。私共の心中にこの人々のごとき精神がありますならば同様に神と神のわざを見ることはできません。この人々は外面では神に従っておりました。私共のごとく神の真理を得たる者でありました。けれども心中に偏頗がありましたから活ける神の活けるわざを見ることができません。兄弟よ、どうぞこれによって誡めを受けとうございます。私共はただ神の真理を得ますならば得まするほど、パリサイ人の如くなります。どうぞ真理よりも活ける者を受け入れとうございます。私共はただ真理を慕い神学を慕いますならばパリサイ人のようになります。けれども真理の源なる活ける神を慕いますならば主の真正の弟子となります。
 そうですからこのパリサイ人は主のわざを審きます。この盲なりし人は自分の両親に捨てられました。両親でもこの人を救えません。ちょうどこの人は『わが父母われをすつるともヱホバわれを迎へたまはん』(詩篇二十七・十)の真理を経験しました。彼の父母は彼を捨てました。けれども主イエスは彼を迎えたまいました。

【二十二、二十三節】

 これはただ会堂より追い出されるのみならずそのために名誉を全く失います。そのためにユダヤ人の社会より追い出され何人よりも藐視されます。実に恐ろしいことです。会堂より追い出されるならば税吏のようなものであります。けれどもヘブル十三・十三をご覧なさい。『だから、わたしたちは、イエスが受けられた辱めを担い、宿営の外に出て、そのみもとに赴こうではありませんか』。この人は愛する両親に捨てられ、宗教の首領に捨てられましたが主を信ずる信仰を抱きました。

【二十四節】

 『神に榮光を歸せよ』。これについてヨシュア七・十九をご覧なさい。『イスラエルの神ヱホバに稱讃(ほまれ)を歸し 之にむかひて懺悔し汝の爲たる事を我に告よ 其事を我に隱すなかれ』。ヨシュアはアカンの詐りが解りましたからかく申しました。パリサイ人が、盲人に向かって『神に榮光を歸せよ』と申しました意味はちょうど同じことです。汝は詐れる者ゆえに懺悔せよ、隠さずしていま事実を吐けよという意です。けれどもこの盲人は勇気をもって証しします。

【二十五節】

 真実の証です。いま自分の身に頂戴せる恵みを明らかに証しします。

【二十六〜三十節】

 三十節の意味はこうです。『此は奇(あやし)き事なり』。神が恵みをもってわたしの眼を開きたもうたとはあまり怪しむべきことではありません。神が私共の真中に在したもうことのしるしを与えたもうことはあまり怪しむべきではありません。けれども怪しむべきことは神がこの明らかなるしるしを与えたまいますのに人間がそれを信じませんことです。汝らの信じませんことは実に怪しむべきことです。

【三十一〜三十三節】

 視力のような神に属ける恩賜を与えたもう御方は神より来りたまえる者に相違ありません。

【三十四節】

 このパリサイ人は恵みの折を失いました。この盲人によって神に属ける光を得られました。けれども却ってそれを拒みました。このパリサイ人の眼前にキリストの奇しき力の証がありました。またその耳の中にキリストの明らかなる証がありました。この盲人は喜んで一切を捨てて主に従いました。会堂より追い出されましても主に従う決心がありました。パリサイ人はその証を聞きましたのになお信じません。神はこのパリサイ人にご自分の使者を遣わしたまいました。けれども却ってそれを賤しめ会堂より追い出しました。かくて神の恵をも追い出しました。パリサイ人はこの人を会堂より追い出すと同時に自分の心中より神の恵をも追い出しました。
 エゼキエル三十四・四はイスラエルの牧者に向かって言われたる言葉です。ゼカリヤ十一・五もご覧なさい。いまパリサイ人はちょうどこのように神の羊を取り扱います。けれどもこの人が追い出されました時に主はこの人を尋ねたまいます。

【三十五節】

 人間に追い出されました。けれども神の子に追い求められました。主はこの羊に耐え難き重荷を負わせたまいません。主はその迫害があまり強くなる時に御自分を顕すことによってその人を慰めたまいます。主は迫害を治めたまいました。けれども迫害の中に溢れる慰安と恩恵を与えたまいます。

【三十六節】

 この人は弟子の心がありました。喜んで教えを受ける心がありました。パリサイ人の心とちょうど反対でした。

【三十七、三十八節】

 七節において主は身体の眼を開きたまいました。三十七節において心の眼を開きたまいました。七節においてこの人は神の大いなる恵みを得ました。三十七節においてその恵みを与える御方を得ました。前には恩恵を受けました。後には恩恵を与える与え主を受けました。
 私共は神の恩恵だけで満足を得ますならば神を知ることはできません。このパリサイ人をご覧なさい。種々なる神の恩恵を得ました。神の真理、旧約における導きなどの恩恵を得ました。けれどもそれに満足して神自身を拒みました。いま、教会の中にもかくのごときパリサイ人を多く見ると思います。神の恩恵なる真理礼拝等にて満足を得ます。しかしてその恩恵の与え主を断ります。どうぞ心中に恩恵だけではなくその与え主をも受け入れとうございます。
 『拝せり』。主はそれを拒みたまいません。使徒十・二十六にコルネリオがペテロを拝しました時にペテロはそれを拒みました。黙示録二十二・八、九を見ますならばヨハネが天使を拝しました時に天使はそれを拒みました。けれどもいま主はそれを受け入れたまいました。それによりて主は真実に神たることが解ります。出エジプト記三十四・十四をご覧なさい、『汝は他の神を拜むべからず 其はヱホバはその名を嫉妬(ねたみ)と言ひて嫉妬(ねたむ)神なればなり』。けれども主はその拝することを受け入れたまいました。それによって主イエスは真実に神なることを見ます。

【三十九〜四十一節】

 人間を分かつために来りたまいました。未来において主が審判たもう時に人々を或いは左の方に、或いは右の方へと分けたまいます。今でも『わたしがこの世に来たのは、裁くためである。こうして、見えない者は見えるようになり、見える者は見えないようになる』。黙示録二章三章において、主は教会を審きたまいます。黙示録三・十七において盲なることが解りません。同十八の終わりに『眼藥を買ひて汝の目に塗り、見ることを得よ』とあります。これは九・六と似ております。そうですからキリストの光に由りて、或いは光を得ます。或いはなおなお盲となります。主の光は或る人を照らします。また或る人を暗くします。エレミヤ十三・十五、十六をご覧なさい。ヱホバが語りたもう時に私共はそれを聞きませんならば、『主はそれを死の陰とし、暗黒に変えられる』。神は信ずる者には光を与えたまいます。信ぜざる者には闇を与えたまいます。おそるべきことです。神は自分は知ると思う者に闇を与えたまいます。神は自分はいまだ知らずと思う者に光を与えたまいます。或る人は神学の光があるゆえに、または世に属ける智慧があるゆえに自分は見えると思います。けれども大いなる過失です。己を欺くことです。或る人は自分の盲なることを知りまして天の光を慕います。主は人間の心を判断するために世に降りたまいました。光を慕う者には光を与え、光を拒む者には闇を与えたまいます。世に属ける土をその拒む者の眼に塗ってなおなお暗くなしたまいます。神は私共の心をも探りたまいます。兄弟よ、あなたがたは自分が見えると思いますか。自分は知ると思いますか。他の人々を教える価値があると思いますか。或いはまた自分の盲なることを知りまして神の光を慕いますか。喜んで神の聖声を聞き謙遜して主の恩恵を俟ち望みますか。



|| 緒1 | 緒2 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 |
| 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 結論 | 目次 |