新 約 全 書 使 ぎゃう でん

第 五 章



  1. しかるにアナニアといふ人その妻サツピラとともに產業をうり
  2. そのあたひ幾分いくぶんかくのこり幾分いくぶん挈來もちきたりて使徒たち足下あしもとおきその妻もこれしれ
  3. ペテロいひけるは アナニアよ 何故なにゆゑなんぢの心サタンに滿みたされ聖靈にむかいつはり地所ぢしょあたひ幾分いくぶんかくす事をせし
  4. 地所ぢしょいまだうらざる時はなんぢものならずや すでうりたりともまたなんぢのけんつけるならずや 何故なにゆゑなんぢの心この事を發念くはだてしや なんぢ人にむかひいつはるにあらず 神にむかひいつはれるなり
  5. アナニヤ此言このことをきゝたふれいきたゆ これきく者みなおほいおそ
  6. 少者わかきものどもたちて彼をつゝ舁出かきいだして葬れり
  7. おほよ三時みときばかりすぎその妻いまだこの処遇ありしことしらずして入來いりきたれり
  8. ペテロ彼にいひけるは 爾曹なんぢらこのあたひ地所ぢしょうりしや われつげこたへいひけるは しかそのあたひなり
  9. ペテロかれいひけるは 爾曹なんぢら心をあはせてしゅれいこゝろむるはなんぞや なんぢをっとを葬りし者の足門外とのそとあり またなんぢをも舁出かきいださん
  10. をんなたゞちその足下あしもとたふれいきたゆ 少者わかきものども入來いりきたりそのしにたるを見これをも舁出かきいだしてそのをっとかたはらに葬れり
  11. 全會ぜんくゎいの者とこれをきける者ども皆おほいおそ
  12. おほく休徵しるしふしぎなるわざは使徒たちの手によりて民のうちに行はれたり 又かれら皆心をあはせてソロモンのらうをる
  13. ほかの者はあへこれに近づかざりき しかれども民は彼等をたふと
  14. 男女なんにょとも信ずる者ますます多くしゅつき
  15. かくて人々やめる者をたづさへちまたにいで寢牀ねだいまたとこの上におけそはペテロのきたらん時その影におほはるゝ者あらんかとおもへばなり
  16. また許多おほくの人々四方よも諸邑むらむらよりやめる者および惡鬼になやまされたる者をたづさへてヱルサレムにきたことごといやされたり
  17. しかるに祭司のをさおよび彼とともにある者すなはちサドカイ宗のともがらみなたちおほいいきどほ
  18. 使徒たちとらへひとやおけ
  19. されどもしゅ使者つかひひとやひらき彼等をたづさいだしていひけるは
  20. ゆき殿みやたちこの生命いのちことばことごとく民に語れ
  21. かれらこれをきゝ昧爽よあけがたより殿みやいりて敎ふ 祭司のをさおよび同人ともにあるものどもきたりて議員およびイスラエルの子孫の長老等としよりたちことごと召集よびあつめて彼等を曳來ひきゝたらせんがため下吏したやくひとやつかはせり
  22. 其人等そのひとたちきたりしにひとやの内に彼等を見ず かへりつげいひけるは
  23. ひとやかたくとぢ守者まもるものの外にたてるを我儕われらは見しにひらけば内に一人をも見ざりき
  24. 祭司殿司みやもりおよび祭司のをさたち此言このことばきゝ如何いか成行なりゆくべきかと彼等につきて心まどへり
  25. あるきたり彼等につげけるは 爾曹なんぢらひとやおきし者は今殿みやたちて民を敎ふ
  26. こゝおい殿司みやもり下吏等したやくたちと共にゆきかれらを曳來ひきゝたれり され强暴てあらきことをざりき そは石にて民にうたれん事をおそれしがゆゑなり
  27. 既に曳來ひきゝたりて彼等を議員の前にたゝせ祭司のをさこれにとふいひけるは
  28. 我儕われらこの名によりをしふなかれと爾曹なんぢらきびしく禁ぜしにあらずしかるに爾曹なんぢらそのをしへをヱルサレムに滿みたせ又この人の血を我儕われらおはしめんとす
  29. ペテロと使徒たちこたへいひけるは 人に從ふより神に從ふはなすべきの事なり
  30. 我儕われらの先祖の神は爾曹なんぢらが木にかけて殺しゝ所のイエスをよみがへらせ給へり
  31. 神はこれきみとし救主すくひぬしとしてその右のかたあぐ これイスラエルに悔改くひあらためと罪のゆるしあたへんがためなり
  32. 我儕われらこの事のあかしなす者なり 神おのれに從ふ者にたまふ所の聖靈もまたあかし

  33. かの人々これをきゝはなはだしくいかりを含み彼等を殺さんとはか
  34. パリサイの人にて衆民たみうちたふとばるゝ敎法師けうはふしガマリエルといへる者 議員のなかにたち命じて使徒たちを暫く外にいださしめ
  35. いひけるは イスラエルの人々よ 爾曹なんぢらこの人たちにつきてなさんとする事をみづから愼むべし
  36. そはさきにチウダおこりみづから誇れり これに從へる者おほよそ四百人しひゃくにんありしが彼は殺され從ひし者は皆ちらされてあとなきに至る
  37. この人ののちまた戸籍調査こせきしらべの時ガリラヤのユダおこりて民をいざなひ從はしゝが彼も亡びそれに従ひし者もことごとちらされたればなり
  38. 今われ爾曹なんぢらに語らん この人々をゆるしこれかゝはなかもしそのはかるところ行ふところ人よりいでば必ずほろぶべし
  39. もし神よりいで爾曹なんぢらかれらをほろぼすことあたはおそらくは爾曹なんぢら神に逆らふ者とならん
  40. 彼等これに從ひ使徒たちよびむちうちイエスの名によりて語ることをなすなかれと命じてこれゆるせり
  41. 使徒たちはイエスの名のためはづかしめうくるにたる者とせられし事を喜びて議員の前をさり
  42. 日々に殿みやおよび人の家においをしへをなしイエスキリストの福音をつたへやめざりき


| 新約全書目次 | 徒 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 |
| 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 總目次 |