新 約 全 書 使 ぎゃう でん

第 二 十 六 章



  1. アグリッパ パウロにいひけるは なんぢ自己みづからためのぶる事をゆるしたり こゝおいてパウロ手をのべかれらがうったへふせがんとしていひけるは
  2. アグリッパ王よ われユダヤびとうったへられし事につき今日こんにちなんぢの前にてことごと辨訴いひひらくことをうるゆゑわれさいはひなる者とす
  3. ことさいはひなるはなんぢユダヤびとならはしと彼等が論ずる所の端緖ことがらことごとしりたまふ事なり 是故このゆゑねがはくは耐心しのびわれきゝたまへ
  4. それわがはじめよりヱルサレムにありわが民のなかにをり幼穉いとけなきときより如何いかに世をすぎしかをユダヤびとはみなしるなるべし
  5. もしあかしなさんとせば彼等はもとよりさき我儕われらをしへうちにて最もきびしき所にしたがひたるパリサイびとなりし事をしれ
  6. 今われたち我儕われらの先祖たちに神の約束したまひそののぞみにつきてさばかるゝなり
  7. こののぞみすなは我儕われらの十二の支派わかれの夜も晝もひたすら神につかへて得んとする者なり アグリッパ王よ こののぞみためわれはユダヤびとうったへられたり
  8. 神すでにしにし者をよみがへらせたまへりといふとも爾曹なんぢらなんぞ信じがたしとする
  9. われまたさきにはナザレのイエスの名にさからはんがためおほくの事をなすよき事とみづかおも
  10. ヱルサレムにてこの事をなせすなはち祭司の長等をさたちより權威をうけおほくの聖徒をひとやいれまた彼等の殺さるゝ時はそれよしとし
  11. 諸會堂におい屢次しばしばこれを罰ししひこれ褻瀆けがすこといはしめかつくるへることはなはだしくこれよりて外國のまちにまで攻及せめおよべり
  12. このとき祭司の長等をさたちより權威と命令をうけてダマスコへゆきしに
  13. 王よ そのみちにて正午ひるのころわれ天より光あるを見たり よりも耀かゞやきてわれおよびともゆける者を環照めぐりてらせり
  14. 我儕われらみな地にたふその時ヘブルの方言ことばにて サウロ サウロ なんわれせむ なんぢとげあるむちけることかたしとわれに語れる聲をわれきけり
  15. われいひけるは しゅなんぢたれぞや 彼こたへけるは われなんぢせむる所のイエスなり
  16. なんぢおきたてわれなんぢに現るゝはなんぢたて役者つかひびととし又なんぢが既に見し事となんぢに現れて示さんその事の證人あかしびとなさんがためなり
  17. われなんぢをまもりこの民および異邦人の手よりすくふべし 今なんぢを彼等につかはすは
  18. 彼等の目をひらくらきを離れて光につきサタンのちからを離れて神に歸せしめ又彼等をしてわれを信ずるによりて罪のゆるしきよめられし者のなかおいげふうくることを得させんがためなり
  19. 是故このゆゑにアグリツパ王よ われこの天の現示しめしそむかずして
  20. まづダマスコ ヱルサレムの人々 次にユダヤの全地および異邦人にまでつね悔改くひあらためかなおこなひをなして罪をくゆべき事と神に歸すべき事とを宣傳のべつたへたり
  21. 此等これらの事によりてユダヤびとわれを殿みやにてとらへかつわれを殺さんとせり
  22. しかしてわれは神のたすけをえ今日こんにちに至るまでたふるゝことなくちひさき者にもおほいなる者にもあかしをなせり わがいふところは預言者およびモーセが將來のちかならずならんといひしことにあらざるはなし
  23. すなはちキリストの苦難くるしみをうけしにし者の復生よみがへりはじめとなり光をこの民と異邦人に傳ふる事なり
  24. パウロが如此かくうつたへける時ペストス大聲にいひけるは パウロよ なんぢは狂氣せり 博學なんぢをして狂氣せしめたり
  25. パウロいひけるは もっとたふときペストスよ われは狂氣せるにあらわがいふところは眞實まことにしてたしかなる心よりいづるなり
  26. それ此等これら事情ことがらは王よくしりたまへばわれはゞからずして王の前に語れり そはこれらの事は方隅かたすみに行はれたるにあらざれば王に隱るゝ所なしと信ずればなり
  27. アグリツパ王よ なんぢ預言者のふみを信ずる われなんぢの信ずるをしる
  28. アグリツパ パウロにいひけるは なんぢわれをすゝめ容易たやすくキリステアンとなさんとす
  29. パウロいひけるは 容易たやすきにもせよ容易たやすからざるにもせよわれたゞなんぢのみならず今日こんにちわれにきくところの者みなこの縲絏なはめなくしてわがごとき者とならん事を神に願ふなり
  30. 如此かくかたりをへしとき王と方伯つかさおよびベルニケ又ともにせし人々たち退しりぞ
  31. あひかたりいひけるは この人はしぬべき事と縲絏なはめにかゝるべきことをなさざるなり
  32. アグリッパ ペストスにむかいひけるは この人もしカイザルに上告せんといはざりしならばもはやゆるすべき者なり


| 新約全書目次 | 徒 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 |
| 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 總目次 |