新 約 全 書 使 ぎゃう でん

第 二 十 八 章



  1. 我儕われらすでにすくひを得てのちその島の名をメリタととなふることを知れり
  2. 夷人ゑびす尋常よのつねならぬ情分なさけをかく 降雨あめふりさむきとにより火をたき我儕われら衆人ひとびと待遇もてなせり
  3. パウロおほくの柴をあつめて火にくべしに火熱あたゝかさによりまむしいできたりその手につけ
  4. 夷人えびすまむしその手にかゝりたるを見てたがひいひけるは この人はまさしく人を殺しゝ者ならん 彼海よりのがれたりといへど天理てんりそのいくることをゆるさゞるなり
  5. パウロまむしを火の中に拂綽ふりおとして害をうくることなし
  6. 彼等パウロをうかゞひてそのはるるかあるひたちまたふれしぬることあらんとおもひしにひさしうかゞへども彼に害のおよばざるを見てそのおもひかへこは神なりといへ
  7. 島のをさをププリヲとなづこのほとりおのもて田地でんちあり 彼われらをむかへ慇懃ねんごろに三日宿らせたり
  8. 時にププリヲの父 熱と痢病りびゃうわづらひて臥居ふしをりしがパウロそのもとに至りいのりて手をその上におきこれをいやせり
  9. この事ありしかば島にあるところほか病者等やめるものどもきたりいやさるゝことを得たり
  10. かれら禮をあつくして我儕われらを敬ひ又舟出ふなでの時にのぞみ我儕われらなくてかなはぬ物を贈れり
  11. 我儕われら三ヶ月を經てのちこの島にて冬をすごしゝデヲスクリのしるしあるアレキサンデリアの舟にのりいでゝ
  12. スラクサにつき三日とゞまれり
  13. 彼處かしこよりまはりてレギヲに至り一日を經て南風おこりければ次日つぎのひプテヲリに至り
  14. 兄弟たちあひかれらがこふまかせ七日なぬかとゞまりしかしてロマにゆく

  15. ロマの兄弟たち我儕われらの事をきゝアツピーポロムおよび三舘みつのやどやいへところきたり我儕われらを迎ふ パウロこれを見て神にしゃその心に力を得たり

  16. 既に我儕われらロマにいたりしに百夫ひゃくにんかしら衆囚めしうどらを王を守る兵隊のかしらわたせり されどパウロは一人の守兵しゅへいと共に別にみづかをることを許されたり
  17. 三日を經てのちパウロ ユダヤびと尊重おもだちたる者等ものども召集よびあつむ 彼等のあつまれる時これにいひけるは 人々兄弟よ われいまだわが民また先祖の例にもとりて何事をもなししことなし しかるにヱルサレムより囚人めしうどとなりてロマびとの手にわたされたり
  18. ロマびとすでにわれしらべたれどしぬべき罪なきがゆゑわれゆるさんとおもへり
  19. ユダヤびとこれをこばみしによりわれやむことを得ずしてカイザルに上告す しかれどもが國の民をうったへためにはあら
  20. これよりわれなんぢらにあひともにかたらんことをこへるなり そはわれイスラエルののぞみためこのくさりつながるればなり
  21. 彼等いひけるは 我儕われらユダヤよりなんぢについて書信てがみうけず又兄弟たちのきたりし者もなんぢついなに惡事あしきことあるを我儕われらつげまたかたりし者なし
  22. され我儕われらなんぢのおもふ所をきかんとす そはわれら何處いづこにてもこの宗旨のそしらるゝをしればなり
  23. 既にさだめたる日におよびおほくの人パウロのやどきたれり パウロ朝早あさはやくよりくれいたるまでモーセの律法おきてと預言者のふみをひき神の國の事をときかつこれあかししイエスの事をかたりて彼等をすゝめたり
  24. そのことばに感じてこれしかりとする者あり また信ぜざる者もありて
  25. たがひ相合あひあはざるによりつひ退しりぞけり その退しりぞかんとせし時パウロ一言ひとことかたりけるは まことなるかな 聖靈 預言者イザヤにより我儕われら先祖等せんぞたちかたりこと そのことばいは
  26. なんぢこの民にゆきつげ爾曹なんぢらきけどもさとらずみれども見ず
  27. そはこの民目にて見耳にてきゝ心にて悟り悔改あらためわれいやされん事を恐れその心をにぶくし耳をおほひ目をとぢたりと
  28. 是故このゆゑ爾曹なんぢらしるべし 神のすくひは異邦人におくられ彼等はこれきか
  29. パウロが此言このこと言畢いひをはりし時ユダヤびと退しりぞきてたがひおほいなる爭論あらそひをなせり

  30. かくてパウロその借受かりうけし家にをりしこと全く二年 すべてきたり見んとする者をむかへ
  31. はゞからず神の國をのべしゅイエスキリストの事ををしへさまたげらるゝことなかりき

新約全書使徒行傳しとぎゃうでん をはり



| 新約全書目次 | 徒 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 |
| 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 總目次 |