新 約 全 書 使 ぎゃう でん

第 二 十 一 章



  1. われらしひて彼等に別れ舟にて眞直ますぐにコスに至り次日つぎのひロドスにゆき彼處かしこよりパタラに至り
  2. ピニケに(わたる舟にあひこれにのりいで
  3. クプロを望んでそれを左にすぎスリヤにわたりツロにつけそはこのところにて舟の積荷つみにおろさんとすればなり
  4. かく我儕われら弟子たちをとひそこに七日なぬかとゞまれり 彼等みたまに感じてパウロにヱルサレムにゆくなかれといふ
  5. されど既に七日なぬかすごしければ我儕われら出立いでたちみちにつく 彼等その妻孥さいしと共に我儕われらおくりまちの外にまでいたりしが共に岸にひざまづきて祈り
  6. たがひわかれ告畢つげをはりてのちわれらは舟にのりかれらはその家に歸れり
  7. 我儕われらツロよりトレマイにわたり既に舟路ふなぢをはりぬ かくて兄弟たちの安否をとひかれらととも一日いちにちとゞま
  8. 次日つぎのひいでたちてカイザリヤに至り傳道者ピリポの家にいりて共にとゞまこのピリポは七人しちにんの一人なり
  9. 彼に預言する四人のむすめあり 皆處女をとめなり
  10. われら數日すじつこゝにとゞまれるときアガポスとなづくる一人の預言者ユダヤよりくだ
  11. 我儕われらもときたりてパウロの帶をとりおのれの手足をしばりいひけるは かくの如くヱルサレムにあるユダヤびとこの帶のぬししばりて異邦人の手にわたさんと聖靈いひたまへ
  12. この事をきゝ我儕われら此地このところの者とゝもどもに彼にヱルサレムにのぼなかれとすゝめしに
  13. パウロこたへけるは 爾曹なんぢらなんぞなげきわが心をくじくや われしゅイエスの名のためにはたゞしばらるゝのみならず ヱルサレムにしねるもまたあまんずる所なり
  14. かれすゝめいれざりければ我儕われらしゅむねの如くなれいひやむ
  15. 既に數日すじつ我儕われら行裝たびよそほひをなしヱルサレムにのぼれり
  16. カイザリヤの弟子たち數人すにんわれらとともゆき我儕われらをクプロのナソンといへ老弟子ふるきでしもとに宿らせんとてその家にともないり

  17. 我儕われらヱルサレムにいたりければ兄弟たちよろこび我儕われらを迎ふ
  18. 次日つぎのひパウロ我儕われらともにヤコブの家にいりしに長老等ちゃうらうたちみなあつまりれり
  19. パウロ彼等の安否をとひかつ神のおのれもちゐて異邦人のなかに行ひたまひし事を一々いちいちつげければ
  20. 彼等これをきゝしゅあがめかつ彼にいひけるは 兄弟よ 爾曹なんぢらユダヤびとの信ぜしもの幾萬いくまんなるかをしる かれらは皆律法おきてに熱心なる者なり
  21. なんぢ異邦人のなかにあるユダヤびとをしへてモーセをすてしめかつ兒子こどもに割禮を行ふなかれいに從ふなかれといへりとつぐる者あり 彼等これをきゝたり
  22. 今いかにべきぞ おほくの人々なんぢきたれるをきゝて必ずあつまらん
  23. 是故このゆゑなんぢわれらがいふところに從へ 我儕われらに誓願のもの四人あり
  24. なんぢこの人々をたづさこれとも潔事きよめごとをなしかはりそのつひえあがなひ彼等にかみそることを得しめよ さらば人々なんぢについきゝし所みないつはりにしてなんぢ律法おきてまもりて行へる事をしるべし
  25. 信じたる異邦人には我儕われらすでにふみをかきおくりかゝたぐひの事は守るにおよばず たゞ偶像にさゝげし物と血と勒殺くびりころしゝ者および姦淫とをつゝしべしさだめたり
  26. かくてパウロは次日つぎのひこの人々をたづさへてこれとも潔事きよめごとをなしかつかれら各人おのおのため供物そなへものさゝぐべき事と其期そのときまでに潔事きよめごとの日をはたさん事を殿みやいりつぐ
  27. 七日なぬかをはらんとするときアジアよりきたりしユダヤびと パウロの殿みやをるを見てすべての民を聳動さわたゞしめ彼をとら
  28. 喊叫さけびけるは イスラエルの人々我儕われらたすけこの人はあまねをしへつたへこの民と律法おきて此處このところさからふ者なり またギリシヤびとをもひき殿みやいりこの聖所きよきところけがしたり
  29. そはかれらさきにエペソびとトロピモといへる者のパウロと共に城下まちありしを見てパウロこれ殿みや引入ひきいれしとおもへるなり
  30. こゝおい擧邑まちぢゅうさわぎたち人々趨集かけあつままりてパウロをとらこれ殿みやより曳出ひきいだしければたゞちその門をとぢたり
  31. 彼等すでにパウロを殺さんとせし時あまねくヱルサレム紛亂みだれたりとの風聲うはさ千夫せんにんくみかしらきこえければ
  32. 彼たゞちに兵卒と百夫ひゃくにん長等かしらどもひきゐ彼等の所に趨下はせくだれり 彼等千人のかしらと兵卒を見てパウロをうつことをやむ
  33. そのとき千夫せんにんかしらちかよりてパウロをとらへ命じてふたつくさりにてこれつながせそのたれたる又何事なにごとなししかをたづねたり
  34. おほくの人々のうちあるひと彼事かのことをいひあるひと此事このこといひさけびみだれより千夫せんにんかしらその實情ことがらしることあたはず 是故このゆゑに命じて彼を陣營に曳往ひきゆかしめたり
  35. おほくの人々あとに從ひて彼を殺せとよびさけび
  36. 擁迫おしせまるによりきざはしおよべるとき兵卒パウロをおへ
  37. パウロひかれて陣營にいらんとせし時千夫せんにんかしらいひけるは われなんぢにかたりよきいな かれこたへけるは なんぢギリシヤの方言ことばしる
  38. なんぢさきらんおこ四千人しせんにん凶徒わるものひきゐいでしエジプトびとならず
  39. パウロいひけるは われはギリシヤのタルソにうまれしユダヤびとにて鄙邑いやしきまちの民にあらねがはくは民に語る事をわれに許せ
  40. 千夫せんにんかしらこれをゆるしければパウロきざはしの上にたち民にむかひて手をうごかそのおほいしづまれるときヘブルの方言ことばをもて彼等に語れり


| 新約全書目次 | 徒 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 |
| 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 總目次 |