NOTES on the
BOOK OF LEVITICUS
By Rev. B. F. Buxton


ビー・エフ・バックストン 講述
レ ビ 記 講 義
バックストン記念霊交会


── はしがき ──

一、この書はバックストン師が明治三十三年三月より同三十四年七月までに松江赤山の聖書研究会においてなされた講義を筆記したものです。
一、この書は師が祈禱のうちに聖霊に導かれて語られたものですから、読者もまた祈禱のうちに聖霊の光を求めて読まれんことをお勧め致します。特に聖書を出して引照の聖言を味わわれんことを願います。
一、『汝の足より靴を脱ぐべし、汝が立つ処は聖き地なればなり。』願わくば敬虔の念をもって主に近づき主の聖声を聴きたいものであります。
一、第一章より第六章までとその他中ほどの数章は、筆者が講演に洩れましたため後から同師に補足をお願いいたしましたから自然同じからざる所があろうと思います。
   明治三十七年二月
                       筆 記 者


── 目 次 ──

 緒論  
 第一章 燔祭
 第二章 素祭
 第三章 酬恩祭
 第四章 罪祭
 第五章 罪祭の続き及び愆祭
 第六章 燔祭、素祭、罪祭の例
 第七章 愆祭、酬恩祭の例
 第八章 アロンとその子らの聖別
 第九章 アロンとその民らの献げ物
 第十章 真の火と異火の区別
 第十一章 聖と汚れの区別
 第十二章 生来の罪
 第十三章 癩病について
 第十四章 癩病人の潔礼
 第十五章 流出の譬え
 第十六章 贖罪
 第十七章 血について
 第十八章 家庭の聖潔
 第十九、二十章 聖潔に関する条例
 第二十一章 祭司に対する神の誡命
 第二十二章 汚れについての誡命
 第二十三章 主の祭
 第二十四章 神の名を瀆す者の罰
 第二十五章 ヨベルの年
 第二十六章 祝福と呪詛
 第二十七章 誓願の献げ物

| 目次 |