第 二 章  素 祭



 この礼物は常に燔祭と共に献げましたから燔祭の一部分と申されます。他の礼物と違います点は、他の礼物には常に血を流します。けれどもこの礼物のみは血を流すことがありません。ただ乳香と油のみです。燔祭は格別に神に身も霊も献げることを指します。素祭は格別に人のために生涯を送ることを指します。また人の眼の前に聖き生涯を送ることを指します。真に献身いたしますれば必ずこの二つのことがあります。たびたび私共は献身について誤った思想を持っております。ただ神に身も霊も献げることであると思います。けれども聖書全体を査べますならば献身はただそれのみではありません。人のためにも身も霊も献げることが必要です。燔祭と素祭とを一緒に献げましたごとくに、神にも人にも身も霊も献げねばなりません。これは全き献身です。ただ心を尽くし精神を尽くして神に愛するのみではありません。また己のごとく隣人を愛さねばなりません。また隣人を愛しませねば真に神を愛することはできません。聖餐式にもこの二つのことを見ます。すなわち血を流すことを表す物と、血を流す徴証なき物との二つです。そうですから聖餐の酒は燔祭の意味があります。パンは素祭の意味があります。神のために血を流してそれを献げ、人間のために力を尽くして働きます。
 創世記四章のカインとアベルの話にも同じことを見ます。アベルは血を流して神に献げ物を献げました。カインはただ産物をもってその献げ物といたしました。けれども神は血を流さずして献げ物を受け納れたもうことができません。そのままに最初から素祭を献げることはできません。常に燔祭と共に献げます。すなわち血を流して、また自己の亡ぶべき罪人であることを認めて、素祭を献げねばなりません。そうですから主イエスの献げ物に依り頼みませずして人間のために善き事業をいたしましても、神に受け納れらるべき献げ物ではありません。けれども身も霊も献げて人間のために働きますならば、これは神の前に馨しき香の献げ物です(ピリピ書四・十八、コリント後書八・五)。
 主イエスの手本を見ますならば、いつも己を燔祭として神に身も霊も献げたもうたのみではありません。人間のためにも力を尽くして働き、人間の僕となりたまいました。ピリピ書二・五〜八を読みますれば主イエスの献げたもうた素祭を見ます。私共はその手本に従いまして、謙遜をもって己を卑くして人のために働かねばなりません。これは私共の献ぐべき素祭です。またそれを献げるために全く心中にキリストの生命を受け納れねばなりません。そうですからキリストは心中に働きたもうてご自分のような生涯を送る力を与えたまいます。ガラテヤ書二・二十、コロサイ書三・三、コリント後書四・十一を見ますと私共の献ぐべき素祭の有様が分かります。
 そうですから素祭を詳しく研究しますれば、主イエスがこの世において送りたもうた生涯の有様を見ることができます。またいま主イエスが聖徒の中に住まいたもうて、その聖徒をもって献げたもう素祭の有様を見ることができます。
 素祭に用いる品物が三つあります。麦粉と油と乳香です。そのうち最も大切なるものは麦粉でした。麦粉は格別に柔らかなものです。またこれを入れた器の形を取るものであります。そうですから格別に己を棄てた謙遜なる心を指します。これは全き人の性質であるはずです。主イエスは常にその通りでした。また平常この麦粉は何のために用いますかならば、人間を養うためです。全き人は常に他の人の徳を建てるために生涯を送ります。他の人の真の養い、真の満足を与えるために生涯を送ります。麦粉は少しも塊がありません。常に柔らかにしてまた滑らかなるものであります。その通りにこのような人は、苦しみの時にも幸いの時にも、得意の時にも失望の時にも、常に同じように愛をもって己を卑くします。主イエスの御生涯に格別にかようなことを見ます。成功の時にすべての栄光を神に帰したまいました。人間と悪魔に苦しめられた時にも、愛をもって己を卑くしていたまいました。これは神の前に馨しき香の素祭でした。私共もキリストを住まわせますならば、またキリストの生命に与りますならば、同じように神に素祭を献げることができます。
 今一つは油でした。これは聖霊を指します。主イエスでもご自分の力によらずして聖霊によって生涯を送りたまいました。マタイ一・二十を見ますと、聖霊の感化によりて生まれたまいました。ルカ三・二十二を見ますと、聖霊が降りてその心に宿りたまいました。ルカ四・一を見ますと、聖霊に導かれて野に往き、聖霊の剣をもって悪魔と戦いたまいました。ルカ四・十四を見ますと、主は聖霊の力によって伝道したまいました。使徒行伝一・二を見ますと、甦りたまいし後にも聖霊によって弟子を教えたまいました。私共もその通りに聖霊の恩寵と聖霊の生命を得て、聖き素祭を献げねばなりません。
 四節を見ますと油を混ぜた菓子があります。また油を塗った煎餅もありました。油を混ぜた菓子は心の底まで聖霊に充たされた人を指します。またそのために品性も心も思想もみな聖霊の感化と味とがあります。それです。そのような人はガラテア書五・二十二のような果を結びます。
 油を塗った煎餅は上から聖霊を注がれた信者を指します。これは格別に品性のためではありません。また品行のためでもありません。これは格別に証のためです。私共はかように聖霊に充たされ、また聖霊を注がれた信者でなければなりません。
 第三は乳香でした。これは神の味と香とを表します。乳香を得たる菓子は常にこのような馨しき香を出しました。このような信者は、大きいことにも小さいことにも常に神の香を出します。またその伝道の中にも常に神と主イエスの香があります。ヨハネ八・二十九、これは乳香の生涯です。常に神の味があります。また常に神のためにわざを行います。そうですから必ず祈りの生涯です。必ず献身の生涯です。必ず信仰の生涯です。コリント後書二・十五をご覧なさい。『わたしたちはキリストの香りである。』これは意味の深い語です。これとエレミヤ二十三・三十二をお較べなさい。英訳には『彼等の軽々しきことにより』とあります。これはちょうどこの反対です。ある信者は極めて軽率に軽々しき心をもって日を送ります。祈りの生涯を送りません。けれども毎日の些細なことばかりを考えております。これは乳香に反対することです。或る人は真に献身しました。けれども或ることのために死にし蠅が乳香の中に落ちて、馨しき香を放たぬようになります(伝道の書十・一)。ひとたび恵まれて真に聖霊の油を受けました。けれども死にし蠅のごとく些細なことのために、馨しき香を出さぬようになりました。愛の不足のため、心中に罪の種を抱くため、その乳香を汚して悪臭を放ちます。キリストの生涯を見ますとそのようなことは少しもございません。何時でも何処でも馨しき香の生涯でありました。私共は格別にこの世の交際において、また家族の中にあって、馨しき香を汚さぬように注意せねばなりません。
 いかにして素祭を献げましたかならば、幾分を壇の上において焼き尽くしました(二節の終わり)。また幾分を食べました。焼き尽くした部分は神に全く献げる意味を示します。食べました部分は人間のためにすることを指します。聖き生涯を送るならば、その幾分を全く神に献げます。またその残りを人間のために費やします。献身の生涯はただ神に献げる生涯のみではありません。また人間のために尽くす生涯であります。
 主イエスの生涯を見ますればこれは明らかです。主イエスは真にただ神のものでありました。けれども人間のために生命のパンとなりたまいました。私共も自分の力に応じて人間のパンになるべきはずです。主イエスは素祭のような生涯を送りたまいましたから、その生涯は私共の霊の糧となるはずです。ペテロ前書二・三をご覧なさい。『味わい』、これは信仰の比喩です。主を味わいて四福音を読むはずです。主によりて活けるパンを受け納れまして主の行いも話も読むはずです。
 これはまたいと聖き糧です。このレビ記二・三、十を見ますれば、『いと聖なる物である』とあります。そうですから主イエスの一代記をいと聖き糧と思うて読みとうございます。また自分も神の前に献身の生涯を送って、素祭のような献げ物を献げますならば、それは神の前にいと聖きことです。神は天より望みたもうて、そのような人を見て、汚れたる世の中に神を悦ばせ奉る小さき場所であると言いたまいます。
 素祭はたいがい火に当てられました(四、五、七節)。火の感化を受けました。私共は神に聖き生涯の献げ物を献げとうございますならば、必ず試みの火、苦しみの火に会わねばなりません。神はかように苦しみをもって私共をご自分の献げ物として献げしめたまいます。心中で身も霊も献げましても、かように火の感化を受けませんならば、未だ真に堅うせられたとは申されません。ペテロ前書五・十をご覧なさい、『しばらくの苦しみの後』。マルコ九・四十九をご覧なさい。『火をもってせられ』、その苦しみの時に私共はもはや苦しみを受けたもうた主イエスの助けを得ます。ヘブル二・十八をご覧なさい。主ご自身が試みられて苦しみたまいましたから、苦しみの時にも神を悦ばせることができます。たびたびかような苦しみの時に信者は、悦楽がありませんから恩寵を失ったと思います。そうですから神を悦ばしませなんだと思います。けれども苦しみを忍びて、信仰をもって神の恵を俟ち望んでおります者は、神に馨しき香の献げ物を献げます。かような時に忍びますことは、悦んでいる時よりもかえって神に悦ばれるかも知れません(詩篇六十六・十〜十二)。
 また素祭はただ火に当てられたのみではありません。全く砕かれました(六節)。聖餐の時に同じ模型を見ます。コリント前書十一・二十四、『擘かるるわが体なり。』主の体が砕かれましたごとくに、私共も砕かれた心を神に献げねばなりません。詩篇五十一・十七。その心はルカ十八・十三の税吏の心の通りです。神の前に、また人の前に、自分の不足、また自分の罪を考えて、己を卑くすることです。
 神は時によりてただ初穂をそのままに素祭として受け納れたまいました。麦が禾場に打ち落とされ、粉にせられ、菓子に造られて全き物となり、純粋なる献げ物となります。けれども神は私共の幼稚なる信仰をも受け納れたまいます。信仰また献身はたとい十分に熟しませんでも、正直でありますならば、神は一層熟したる者と共に受け納れたまいます。
 終わりに素祭を献げるに三つの規則があります。
 第一は麪酵(パンだね)を用いることを許しません(十一節)。麪酵の意味はコリント前書五・八に記してあります。すなわち悪意と邪悪です。また麪酵なきことは真実と至誠とを指します。邪悪は麪酵のように心を腫らせます。麪酵のように酸くします。神は必ず高慢なる心、酸くなった心を受け納れることはできません。他のことにおいて献身がありましても、十字架を負いましても、腫れたりまた酸くなった心は汚れたる心です。
 第二は蜜を用いません(十一節)。蜜は甘い物です。けれども火の感化を得た時は酸くなります。これは常に蜜のように甘くありまして真に麗しき性質を持っている信者と思われます。けれども苦しみの時には呟きます。神はかかる信者を願いたまいません。これはただ肉に属ける麗しさです。神はこのような味を願いたまいません。神の求めたもうところは乳香のような者です。すなわち火に焼けてますます馨しき香を出します。神は第二の信者を悦びたまいます。
 第三は塩を用いることです(十三節)。コロサイ書四・六にその説明を見ます。このような人は不断その言葉に真実の味があります。永遠の味もあります。
 どうぞ祈禱をもってこの素祭をよくお考えなさい。このところで聖き生涯はどういうものであるかを学ぶことができます。種々な点から聖き生涯を見ねばなりません。種々なことにおいて神の前に聖き生涯を送らねばなりません。けれども主イエスの生涯を見ますれば、主イエスを霊の糧として、心の養いとして、生涯を神に献げますならば、この通りに正しき献げ物を神に献げることができます。これを害するもの、妨げるものをみな棄てて、神の黙示に従いて聖き生涯を送りなさるように願います。



||| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 |
| 16 | 17 | 18 | 19,20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 目次 |